毛先まで気を抜かない!きっちり編みのサイドヘア 出典:Ruffled/Photography:DANFREDO PHOTOS + FILMS 髪を片側に寄せて下ろしたサイドダウンヘアは、人気のブライダルヘアスタイル♡ 肩周りや首筋が見えるので、女性らしさもアピールできます♪ 出典:Ruffled/Photography:DANFREDO PHOTOS + FILMS 毛先まできちんとまとめたスタイルはきちんと感も出るので、どんなシーンにも合いますよ☆ リーフにダークなバラをアレンジした冠をつけて大人っぽくまとめています。 Polka Dot Bride/Photography:Studio Sixty Photography 髪をサイドできゅっと細めに編み込んだヘアスタイルです☆ ニュアンスカラーの大きめ花冠が引き立っていますね♪ 出典:Wedding Chicks/Photography:Jennifer Blair Photography フィッシュボーンできっちりまとめた清楚なヘアスタイル♡…続きを読む

ふたりの息がぴったりのミュージカルパフォーマンス♡ 出典:NST PICTURES 今回は、ニューヨークのロングアイランドから届いた、にぎやかで楽しいウェディングをレポート! ゲストの方々の前で歌とタップダンスを披露した新婦ローレンと新郎ジェフリー。 ご友人の余興や、プロの演奏を披露宴で楽しむというのは定番ですが、主役のふたりが本格的なパフォーマンスをするというのは新しいスタイル! 出典:NST PICTURES ふたりはミュージカルの歌と一緒にタップダンスを披露♡ 技術も素晴らしいのですが、何よりもステキなのは、ふたりが心から楽しんでいることです。 見ている方もすごく楽しくて、幸せな気分にさせられますね♡ 正反対のふたり。だからこそ惹かれあうのかも? 出典:NST PICTURES 歌とダンスの息がピッタリなローレンとジェフリーですが、身長も体格も全く正反対。 それだけでなく、ふたりの友人ゲストによると、ローレンとジェフリーは性格も正反対とのこと。 小柄で華奢なローレンですが、実はものすごく決断力や行動力があるんだそう! それに対して、大柄なジェフリーは見かけによらず優柔不断だそうな♡ 出典:NST PICTURES ふたりの見た目から考えてちょっと意外な感じはしますが、正反対だからこそ磁石のようにひかれ合って、最高のパートナーシップが築けるのでしょう♡ 百聞は一見に如かず、ということで、ローレンとジェフリーの歌とダンスのパフォーマンス、ムービーでぜひチェックしてみてください♡ https://vimeo.com/174320773続きを読む

ブライズメイドの由来どおり!全員真っ白ドレスで統一♡ 出典:NOUBA/Photography:Todd Hunter McGaw 欧米では一般的な「ブライズメイド」。 日本でも耳にする機会が多くなってきたのではないでしょうか?♡ もともとは花嫁の幸せをねたむ悪魔から花嫁を守るため、同じような衣装を着て付き添い、目くらまししたのが始まりと言われています。 その由来どおり、ブライズメイドのドレスを「白」にしている海外花嫁さんも多いんです♪ もちろん、本当に花嫁さんが埋もれてしまわないように、ヘアやアクセサリー、ブーケなどで差をつけるのがポイントです。 出典:NOUBA/Photography:Gui George 森の妖精のような真っ白ブライズメイド♡ かすみ草の花冠が、アウトドアウェディングの会場にぴったりですね♪ ブライズメイドのドレスのデザインを2パターンにして変化を出しているのも素敵です☆ フォーマルにスタイルアップ♡ダークカラーのドレス 出典:NOUBA/Photography:Elleni Toumpas 教会やホテルなどのフォーマルな結婚式にぴったりなのが、ダークカラーのブライズメイドドレス♡ 会場にもマッチし、花嫁さんの純白のドレスも一層際立ちます♪ 重たくなりすぎないように、少し透け感のあるデザインにしたり、膝上丈にするのもおすすめです☆ 出典:Wedding Chicks 濃いネイビーのビスチェロングドレスで、シック&上品に決めたブライズメイドたち☆ 真っ白のブーケが良いアクセントになっています。 格調ある雰囲気を出すには、ダークカラーが大活躍ですね♡…続きを読む

太陽さんさん*カリフォルニアからレポート 出典:NST PICTURES つめたーい風が吹く毎日…。 暖かい春が待ち遠しいですね! さて今回のウェディングレポートの舞台は、いつも太陽がキラキラと輝いているイメージのカリフォルニア! 降り注ぐあたたかい日射しの中、まるでおとぎの国のようなウェディングを叶えたターニャとヘンリーの1日をご紹介します♡ 夢のように可愛らしいガーデン挙式!♡ 出典:NST PICTURES ふたりが式場として選んだのは、カリフォルニア州にある三つ星ホテル「ウェストレイクヴィレッジ・イン」。 ロサンゼルス、マリブ・ビーチやサンタバーバラにも近いロケーションは、ゲストのおもてなしの意味でも最高です! 出典:NST PICTURES イタリアのトスカナ州を連想させる「トスカン・ガーデン」と名付けられたガーデンスペースで挙式を行いました。 緑のアーチから伸びる道がそのままバージンロードに続いていて、ホテルの中なのに、まるでシークレットガーデン♡ ふしぎの国のアリスや童話に出てきそうな雰囲気はとっても印象的! 出典:NST PICTURES イタリア・トスカナ州と同じく、太陽の光に恵まれたカリフォルニア州ならではのロケーションを活かしたお庭ですね♡ 「結婚は目的地でなくて、旅そのものよ。」メッセージを胸に刻んで 出典:NST PICTURES 式の結びに、牧師さんからは、牧師として、そして人生の先輩としてふたりにメッセージが贈られました。 人を正しい目的地に連れて行ってくれるのは「愛」。…続きを読む

プロテアが主役の圧巻ブーケ☆ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI カリフォルニア州のパームスプリングスで式を挙げたキャリーとジェフ。 パームスプリングスは砂漠のリゾートで、ふたりはここの式場を一目で気に入って決めたそうです♪ 砂漠リゾートなので、カラフルな挙式ではなく、会場の雰囲気を活かしたいという希望を持っていたふたり。 シンプルでアットホームなウェディングになりました♡ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI 乾燥した地域に咲くプロテアは、まさにぴったりのお花です☆ アフリカ原産のプロテアは一度見たら忘れないインパクト抜群のシルエットを持つお花。 「王者の風格」「豊かな心」など、その見た目にぴったりの花言葉を持っています。 鮮やかすぎず、淡すぎないピンクの色も素敵ですよね♪ そのプロテアを3輪束ねただけのシンプルなアレンジですが、ゲストの視線を奪う迫力あるブーケになっています☆ プロテアに負けない凛々しい花嫁に♡ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI ショートカットにもよく似合うバードケージベールをまとい、アクセサリーは大振りのピアスのみ。 大人の魅力を最大限に引き出した花嫁コーデです♡ 腰の下まではタイトなマーメイドラインで、そこから裾まで一気にボリュームを出したドレス。 ひとつひとつのデザインが個性的でおしゃれですね☆ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI ブライズメイドも、ラスティックウェディングの雰囲気によく合った、淡いゴールドのロングドレス. シンプルなホワイトのブーケ、ダウンスタイルのヘアでお揃いにしています。…続きを読む

天井に広がるお花のアート、フローラルシャンデリア♡ 出典:Ruffled/Photography: AUSTIN GROS ”お花のシャンデリア”・・・まさに、名前の通りのお花アレンジたちを一挙ご紹介♡ 花嫁の手元、メインテーブルやゲストテーブルといった従来の低め位置に咲くお花たちをなんと天井にシフト。 花材次第で会場をゴージャスにもラスティックにもできちゃうので、そのパフォーマンス力は絶大です。 上からお花に見守られている感覚って、きっと新しくてとっても感動的なはず♡ 知名度がそこまで無い今こそ、フラワーシャンデリアにトライしてみませんか♪ *1:まるで空から降るお花のブレスシャワー♡ 出典:Wedding Chicks/Photo: RYAN PRICE 細長いグリーンを垂らしてラスティックなファーム風に。 お花部分の尺が長いとドラマティカルな印象になります。 アマランサスや、ストック、季節が合えば雪柳などでもアレンジできるかも♪ 出典:Ruffled こちらはあえて間隔を開けてアレンジ。その分個々のお花が際立ちます。 吊るす位置を下方にすることで、ゲストにより強くその存在をアピールできます♡ *2:実はDIYもアリ!カジュアル可愛い世界が会場を見下ろします 出典:weddingchicks/Photo:Honestly WTF 可憐なお花を組み併せたこちらは、なんと新婦によるDIY。 刺繍などで使う木枠を上手に使って、細めのリボンでお花を1本1本吊るしました。…続きを読む

王道?口元が見えるように正々堂々と♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:MCCARDELL PHOTOGRAPHY 一生に一度しかない結婚式☆そして更に一瞬で過ぎ去ってしまう、誓いのキスの瞬間。 まさに結婚式のクライマックスとも言えるこの一瞬をどのように残すか、あらかじめイメージしておくと、きっと満足のいく写真を撮ってもらえますよ♡ おすすめは、口元もしっかり映るように恥ずかしがらずに正々堂々と! 出典:Wedding Chicks/Photo:CHELSEA DAWN WEDDINGS 理想はゆっくりと3秒間静止すること☆ キスの間、心の中で「I」「Love」「You」と唱えるのがおすすめ♡ 焦ってしまうとキレイに写真に残らないので、恥ずかしさはぐっと堪えて! また背景も印象を大きく左右するので、結婚式場のバックドロップをどうするか会場と合わせてよくシミュレーションしておくといいですね♪ 式場全体を入れるよう引いて撮ってもらうのも◎ 出典:Burnetts Boards/Photo:CHELSEA DAWN WEDDINGS やっぱりアップのキスショットはちょっと恥ずかしい…という場合や、ゲストやブライズメイド達も含めた式場全体の空気感も一緒におさめて欲しいという場合は、引いたショットをリクエストしておくのがおすすめです♡ 臨場感が出るので、後で見返したときに、そのときの様子を鮮明に思い出すこともできますね♪ 祭壇側から写真をパチリ☆ゲストの表情も残ります 出典:NOUBA/Photo:Dave Pascoe…続きを読む

赤を効かせて*クリスマス花嫁コーディネート 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY クリスマス真っ只中、いよいよホリデーシーズンですね♡ 色んな場所がイルミネーションやクリスマスモチーフでデコレーションされて、お出かけするのも楽しい時期。 結婚式を挙げるなら、是非クリスマステーマを取り入れていきたいところ☆ 街の飾りつけに負けないように、これでもか!というくらい、前面にテーマを押し出していくくらいがちょうどいいですよ♪ 来年のクリスマスに近い日取りでウェディングを計画しているプレ花嫁さんは、今から少しずつ準備していきましょう♡ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY 花嫁ルックも、雪を思わせるような透き通った白いドレス&肌と、真っ赤な口紅でコントラストを効かせると一気に冬っぽくなりますね☆ また外に出る場面では、無理をして青ざめてしまうのは勿体ないので、ケープやストール、カーディガンなども活用しましょう。 もちろん、真っ赤な色をセレクトすれば、クリスマスのテーマカラーにもピッタリですね☆ ペーパーアイテムや小物にもクリスマス感を☆ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY ウェディングの雰囲気づくりは、招待状から始まっています! 受け取ったゲストの気分もクリスマスに向けて盛り上がるようなペーパーアイテムデザインにしたいところです☆ ヒイラギのモチーフをあえて赤一色でデザインすることで、大人っぽい招待状に仕上がっています♪ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA…続きを読む

男子だって「おしゃれ!」「似合う!」を求めてます♡ 出典:NOUBA/Photo:Brooke Adams 結婚式の主役は、新婦さんだけ…じゃ、ないですよね☆ 一生に一度の晴れ舞台ですから、新郎さんもバッチリおしゃれに決めましょう! 上下セパレートカラーのコーディネートは、ややハードルが高いかもしれませんが、海外の先輩グルームを参考に研究して。 お色直しや二次会、前撮りなどに積極的に取り入れてみたいですね。 紺ジャケット×白パンツで爽やかに決める☆ 出典:NOUBA/Photo:Todd Hunter McGaw 上下セパレートのコーディネートの中でも取り入れやすいのが、紺ジャケット×白パンツの組み合わせ♡ 間違いのない配色で、爽やかでおしゃれでありながらも、きちんと感が出せます。 出典:NOUBA/Photo:Todd Hunter McGaw 紺や黒などの蝶ネクタイにすると、顔周りが引き締まって、よりしっかりした印象になりますね☆ 出典:NOUBA/Photo:Brooke Adams カジュアルな会なら思いっきり遊んでみるのもおすすめです♡ 薄い紺色の柄ジャケット×白パンツのリラックスしたスタイルは、新婦のミニ丈ウェディングドレスとよく合っていますね! このように新郎新婦ふたりのバランスをそろえるのも、おしゃれなカップルになる秘訣です♪ アットホームなガーデンウェディングには紺ジャケット×カーキチノパンで♡ 出典:NOUBA/Photo:CJ Williams…続きを読む

ブーケは好きな色で!冬にも鮮やかなピンクが映える♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY カナダ・トロントに住むNiveenとRob。 もともと夏のガーデンウェディングをするつもりでしたが、新居を購入したことで急きょ予定変更! 半年で準備しなくてはいけなかった結婚式でしたが、オフシーズンの冬のメリットも活かして、素敵な一日を迎えることができました♪ そんなふたりの装花アイデアを見ていきましょう♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY 冬に人気の白系でまとめたウェディングではなく、明るい色を使いたかったと語る新婦Niveen。 その希望どおり、鮮やかなピンクのグラデーションでまとめたブーケが出来上がりました☆ 冬らしさは実をアレンジすることでプラスしています。 お花の色味と合わせたリボンも可愛いですね♪ アマランサスが垂れ下がるシャンデリアにため息♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY 会場のシャンデリアからアマランサスが垂れ下がり、とても幻想的♡ 室内にいることを忘れそうになってしまいます。 最初の希望どおりに冬でも「ガーデンウェディング」を実現させることができました! 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY ゴールドの大きなチェアサインも目立ちますね☆ 冬だからって、白や銀色でまとめる必要はないわ。 わたしたちのテーマカラーは、全く違ってゴールド、ネイビー、ピンク、パープルにしたの。…続きを読む

ニューヨーク・ラグジュアリー婚♡ 出典:NST PICTURES 読書が大好きだったり、新郎新婦どちらかが教職に就いている!という方も多いのではないでしょうか。 今回は、インテリジェンスなカップル、新婦ケイトリンと新郎ジョンのウェディングをご紹介いたします♡ 会場は、ニューヨークにある会員制クラブ「University Club of New York」。 早速その1日にクローズアップしていきましょう☆ University Club of New Yorkとは? 出典:NST PICTURES 200年近い歴史のあるUniversity Club of New York。 特定の大学に属する会員制クラブではなく、ニューヨークに位置する大学の卒業生たちが、卒業後も交流できる場を作りたい、との思いから設立されたクラブだそう。 出典:NST…続きを読む

上品でクラシカルな結婚式へようこそ♡ 出典:Ruffled/ Photography: TAMMY SWALES 可愛いものが大好きで、結婚式では映画「マリー・アントワネット」のような世界観を再現したいと思ったという新婦アレクサンドラ♡ 随所にロイヤルブルーを使った上品な配色で夢を形にしました♪ ハイウエストで切り返したふわふわスカートのウェディングドレスに合わせるのは、大きめリボンがガーリーなロイヤルブルーのシューズです☆ 出典:Ruffled/ Photography: TAMMY SWALES 英語のロマンティックな愛情表現の中に、「To the moon and back」、(月まで行って帰って来られるほど)あなたが大好き♡という言い回しがあります。 それを表現したかったという新郎新婦は、月や星、夜空をイメージしたペーパーアイテムを準備。 込められた意味も素敵ですし、落ち着いたネイビー&ブルーとゴールドの組み合わせが上品ですね♪ ブルー&ホワイトのブーケで爽やかに♪ 出典:Ruffled/ Photography: TAMMY SWALES お花の色もテーマカラーと同様、ロイヤルブルーを取り入れて♪…続きを読む

 新郎新婦さんの強ーい味方!ペーパーフラワーの上級活用術♡ 出典:Ruffled/Photography: EE Photography ペーパーフラワーは、可愛くって作るのも簡単、種類もいっぱい!! そしてお財布にも優しい…まさにウェディングを控えた新郎新婦さんにはスーパー級のお助けアイテム♪ ウェディングの後も、リビングや子供部屋に使ったり、ホリデーシーズンのオーナメントにしても♡ サイズやパターン、カラーも豊富なので、是非購入前のおさらいにごご活用ください! *1:ジャイアントペーパーフラワーは、今大注目のアイテム♡ 出典:Burnettsboards/Photo: K+B Photo ブーケの代わりにジャイアントペーパーフラワーを1輪携えて入場する…なんてサプライズ、いかがでしょう♡ 出典:Polkadotbride/Photo:Studio Castillero ブライズメイドとお揃いで持つのもフォトジェニック! *2:ロケーションフォトに最強パフォーマンス! 出典:Burnettsboards/Photo: Anna Gleave Photography 秋冬のちょっと寂しめロケーションでも、あっという間に春のような…? いえいえ、むしろ絵本の世界のようなロマンチックシーンに連れていってくれるペーパーフラワー♡ 使わない手はないですね!! ただ、お花サイズは大きくなればなるほど、茎の丈が長くなればなるほど、重みでバランスや形状が不安定になります。…続きを読む

冬と言えば雪!可愛い結晶にきゅん 出典:Polka Dot Bride/Photo:Emma Sandstorm 冬は一般的に結婚式のオフシーズンと言われますが、冬ならではの良さもたくさん! 冬らしさ全開の可愛いモチーフを使って、最高のウェディングにしちゃいましょう♡ 雪の結晶はどんなシーンにも使える万能アイテムです♪ ヘッドアクセサリーにシルバーの雪の結晶を使うのも素敵ですね! また外での撮影があるときは、寒さを我慢せず、逆にファーのケープやニットの手袋などを付けて防寒&見た目の可愛さを狙いましょう☆ 出典:Ruffled テーブルコーデの飾りつけにも、雪の結晶オブジェが大活躍! 白やシルバーを基調にしたデコレーションで、銀世界を連想させるような素敵な飾りつけにしましょう♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:JULIE WILLIAMS 一面の雪を思わせる白一色のウェディングケーキ♡ ケーキトッパーは、雪だるまのカップルと雪の結晶で! みんながほっこりしちゃうキュートなケーキです♪ キャンドルで心の中をぽかぽかに♡ 出典:Polka Dot Bride/Photo:Aubrey Strawberry Photography…続きを読む

出典:Ruffled/Photo:GABY J PHOTOGRAPHY フェザーとは英語で「羽」のこと☆ 今このフェザースカートのウェディングドレスが人気を集めています♡ その秘密は、ふわふわ軽くて女性らしいシルエット☆ 出典:Wedding Chicks 同じフェザードレスでも、そのデザインによって与える印象は様々です。 色々見比べて、自分の着てみたいデザインを見つけてみましょう! スタイリッシュにもロマンティックにもなれるフェザードレスがあつい♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:WITH LOVE & EMBERS トップはビジュー付きのキャミタイプ、スカートはフェザーをあしらったドレス。 大きめのしっかりフェザーなので、広がりすぎずシンプルなスカートラインになっています☆ シンプルながらもディテールが効いていて、アウトドアウェディングやラスティックウェディングによく映えそうなドレスですね! 出典:Polka Dot Bride/Photo:Marie Labbancz 気分は白鳥の湖♡ まるで鳥のように飛んで行けそうな、とってもロマンティックなシルエットのフェザードレスです♡…続きを読む

どっち派? 冬の透明な美しさorブランケットを思わせるぬくもり 出典:Polkadotbride 先日は各地で初雪が降り、いよいよ本気で冬支度の皆さん、多いのではないでしょうか? そこで!冬の美しさ、楽しさ、お家に帰ったときのホッとした幸せ感などをウェディングケーキに詰め込んだ ”Winter CAKE” を一挙ご紹介♡ 冬の素敵を色々な角度からフォーカスして、見た目にも美味しさもうっとり♡なケーキを手に入れましょう! 《美❤》 冬の空気を生花で表現 出典:Polkadotbride 白一色でありながら厚みのある模様が可憐な姿のペタルケーキ♪ ペタル(petal)とは花びらの意味で、このデコレーションを施すと一気にフェミニンな印象になってウェディング感もUP♡ 出典:Polkadotbride Xmasリースを思わせるようなこちらのアレンジ。 ゴールドにカラーリングされた実ものが目を引きますが、あくまでテーマはWinter cake。 ゴージャスにならぬよう、ホワイトの小花や深みグリーンとの配分を整えて。 出典:Polkadotbride クリームの深遠なホワイトにホットピンクとラベンダーカラーが目の醒める美しさ。 クリアなケーキ台や、グレーのバックドロップもシックな美しさを後押しです♡ 《美❤》 おめかしはリボンだけ♡ 出典:Polkadotbride/Photo:Jemma…続きを読む

ウェディングの色々なシーンで活躍してくれるバルーン☆ 出典:Ruffled/Photo:TINA JAY PHOTOGRAPHY 簡単に用意できるのに、インパクトは抜群とコスパの良い優秀アイテムです♪ これを使わないなんてもったいない!ということで、バルーンの色んな使い方をご紹介します。 コンフェッティや羽の入った『BIGバルーン』 出典:Burnetts Boards/Photo:We Are Origami Photography 色紙を小さく切ったコンフェッティを透明バルーンに入れるだけで、普通とは一味違うオシャレバルーンの出来上がり♪ 紐のところにフリンジを付けると、デコレーションも引き立ちますね。 テーブル周りを飾り付けたり、フォトアイテムにしたり、色んな場面で活躍してくれますよ。 出典:Burnetts Boards/Photo:Gillian Ellis Photography 紐の部分に葉っぱを飾ると、まるでバルーンの中のコンフェッティがお花のように見えて可愛いですね♡ 出典:NOUBA/Photo:Love Katie + Sarah ゴールド×白がテーマの結婚式♪…続きを読む

シンプルなバードケージベールは素材感で勝負♪ 出典:NOUBA/Photo:The Simple Things Studio バードケージとは英語で 「鳥かご」 という意味です。 鳥かごのように顔周りだけをふわっと覆うデザインで、ショートベールの中でも一番短いベールです♪ 長いベールと比べて、ややカジュアルな印象になりますが、顔が隠れるか隠れないかというデザインは、個性的でおしゃれと海外花嫁さんの間では大人気♡ シンプルなバードケージベールは、素材感で雰囲気が変わります☆ ざっくりとした編み目だと、大人カジュアルなイメージになりますね♪ 出典:Burnetts boards/Photo:Jamie and Jesse Loren 逆にきめの細かい繊細ベールだと、ぐんとクラシカル&エレガントな雰囲気に☆ 刺繍やビジュー付きのバードケージベールもおすすめ♡ 出典:NOUBA/Photo:Earthbound Images 小さな刺繍が散りばめられたバードケージベールは、髪にアクセサリーがついているみたいでオシャレです☆ シンプルなヘアスタイルとの相性が良さそうです! 出典:Ruffled/Photo:SLOAN PHOTOGRAPHERS…続きを読む

グリーンをセンターに、清らかなテーブルでゲストをお出迎え♡ 出典:Polkadotbride/Photo:EVENT Photography and Videography ブーケやテーブルの装花選びも、ウェディング ”To Do リスト” の中では楽しい時間♪ ただ、お花のチョイスは「好きだから♡」というだけで決めるわけにはいかず、長い時間や照明に耐えられるか、その季節に旬のお花で手に入りやすいか、そんな細かな現実ポイントも大事だったりします。 そんなときにちょっと視点を変えて、グリーンをメインピースにしたデコレーションはいかがでしょう♡ お花の種類がさみしくなる秋冬には特におススメかも♡ 欧米でもまだ珍しいこちらのアイデア、是非お楽しみください!! *グリーンをたっぷり お花はあくまで添える感じに♡ 出典:Polkadotbride/Photo:Zedphotography ユーカリのスモーキーなグリーンと、セージが絶妙なバランス♡ ホワイトのお花はあくまで脇役なので、ボリュームはしぼり気味で。 出典:Polkadotbride/Photo:LEV KUPERMAN 繊細な印象のシノブボウキ(asparagus fern)を柔らかく敷き詰めて、そこから時々すくっと咲いているローズやチューリップ。 個性的で目新しいけど、とっても優しくまとまってます。 琥珀色のビンにゆらめくキャンドルと一緒にロマンチックなシーンを演出* * グリーンだけの、極上の清涼テーブル…続きを読む

大きなガラスのウェルカムボードでお出迎え 出典:Ruffled/Photo:MARIA LAMB PHOTOGRAPHY 文字が浮いているみたい? ゲストを一瞬「あれっ?」と思わせてくれるガラスウェルカムボードです♪ ウェルカムボードは定番アイテムなので、マンネリになりがちですが、ガラスを使うというアイディアはまだ珍しいですよね☆ 後ろ側が透けて見えるので、屋外に置けば背景のキレイな景色が見えて素敵ですよ♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:AYLA SKORUPA PHOTOGRAPHY 手書きの文字を書いたガラスを、イーゼルに立てかけるだけで、オシャレなウェルカムボードの完成です♪ DIYも簡単なのでおすすめです! ウエルカムスペースの上にガラスウェルカムボードをON☆ 出典:Wedding Chicks/Photo:AWAKE PHOTOGRAPHY ウェルカムスペースの机の上に、さりげなくガラスのウェルカムボードを設置♡ 窓枠みたいで素敵ですね♪ 黒の文字にすると文字がくっきり見えます。 後ろのレンガの雰囲気も活かした、オシャレウェルカムボードです☆ 結婚式後に部屋に飾ってもインテリアとしてオシャレそう。 出典:Burnetts Boards/Photo:Catoski…続きを読む

1 2 3 21