ニューヨークのランドマーク・自由の女神を背景に 出典:NST PICTURES 世界中の人から愛されている自由の女神のそばでウェディングができたら… とってもロマンティックで最高ですよね♡ 自由の女神はアメリカの象徴的な建物で、全人類の自由、弾圧や抑圧からの解放を示すモニュメント。 勇気と愛を持った女性の像が持つパワーは、ウェディングにも幸せをもたらしてくれそうです♡ 今回は、そんな自由の女神が望めるロケーションでウェディングを叶えたNikkiとSteveの1日をご紹介します♡ NY唯一のロケーション?!The Liberty Warehouseでのウェディング 出典:NST PICTURES 今やNY観光では外せない超人気のエリア・ブルックリンと、ニュージャージー州のジャージー・シティの間にあるリバティ・アイランドにたたずむ自由の女神。 自由の女神自体が見える場所はたくさんあるのですが、自由の女神が正面を向いているのが見れるのは、 なんとニューヨークの中で、Liberty Warehouseだけとのこと! なんとも贅沢なロケーションです♡ ウェディングでの「誓いの言葉」自分なりにアレンジを加えて 出典:NST PICTURES 欧米のウェディングは日本で言う人前式に近いスタイルで、 挙式中に新郎新婦が「Vow」という誓いの言葉をお互いに伝えるのが一般的。 NikkiとSteveは、自分たちの気持ちを加えてアレンジしてみました♡ まずは新婦Nikkiから、Steveへこんな誓いを。…続きを読む

心地よさ×スタイリッシュの絶妙バランス♡ 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan シドニーの花嫁、Kristelleが選んだのは、流れるラインが美しいロングスリーブのドレス。 花嫁コーデのテーマは「洗練されたボヘミアンスタイル」 まさにそのテーマどおり、フリンジデザインやボリュームたっぷりのイヤリングを身につけて。 ボヘミアンな雰囲気が漂いつつも、全体的にとてもエレガントにまとまっていますね。 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan 腰のあたりまで深く開いたバックスタイルで、全方位抜かりない女性らしさが印象的なドレスに、 ブーケはグリーン一色で少し尖った雰囲気に。 さまざまな形の葉っぱをミックスしているので、寂しくならず、逆に存在感を放っています。 ゆるいポニーテールでカジュアルさもプラスして、ハンサムな花嫁に仕上がってますね♡ 挙式&パーティー会場の統一感☆ 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan KristelleとMylesが結婚式を準備するにあたって、最初に選んだのがパーティー会場! ユニークなパーティーにしたかったというふたりは、むき出しのレンガが印象的なヨーロッパ風のレストランに一目ぼれしたそう。 内階段があり、二層に分かれている内装は珍しいですよね。 会場が決まったら、あとは全部そこからイメージが膨らんだようです♡ 上から垂らしたライトやフライングリースがおしゃれですよね…♡ 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan 結婚式場もパーティー会場に合う雰囲気の教会をチョイス!…続きを読む

【いつもご覧いただいているみなさまへ♡】 いつもブライダルギャラリーをご覧いただき、本当にありがとうございます! ブライダルギャラリー編集部より、instagramのリニューアルについてお知らせします* 今回のリニューアルから、NYの最新ウェディングムービーを毎日投稿しています♡ 誓いの言葉や感動のゲストスピーチは英語での音声ですが、日本語字幕がついていますので、お気軽にチェックください* . . ピンクと白のお花に囲まれた ゴージャスウェディング😌✨ . 品のある高めのシニヨンが 大人可愛い花嫁さんです💕 . Movie: @nstpictures . . #twoofus #vowoflove #weddingidea #vowoflove #like4like #happilyeverafter #loveislove #ピンクウェディング…続きを読む

ガーリーな王道パステル 出典:Ruffled/Photo:MELISSA JILL PHOTOGRAPHY 仲良し女子が集まるなら、思いっきりガーリーに統一してみたいですよね♡ ブライズメイドのドレスは、優しい印象で女の子らしいパステルピンクが本命人気。 フォーマルからカジュアルまで、どんな結婚式にも合わせやすいのも魅力です。 出典:Burnetts Boards/Photo:Aaron and Jillian Photography 女の子らしさを出しつつも爽やかな印象にしたいなら、淡い水色のドレスもオシャレ! センスの良さを感じられる配色です。 ちびっこブライズメイドも、サッシュベルトを水色で統一していてキュート♡ オールホワイトはデザインや素材で勝負 出典:Polka Dot Bride/Photo:Boots Photography 花嫁を誰だか分からなくするという本来のブライズメイドの役割通り、オールホワイトで統一! ただし、現在のウェディングで誰が花嫁か分かりにくいのは残念なので、素材やデザインを工夫して。 花嫁がミディ丈のチュールスカートのドレス、ブライズメイドがすとんと落ちるロングスカートで変化をつけています☆ 出典:NOUBA/Photo:Love Made…続きを読む

出典:NST PICTURES 桜の開花も、もうすぐ♡ 春ウェディングのプレ花嫁さんは準備のラストスパートですね* 招待されたゲストのみなさんにとっても、 「どんな服を来ていこう?」「余興の練習しなきゃ!」 と、そわそわしている方も多いのではないでしょうか♡ 出典:NST PICTURES 今回ご紹介するのは、心に残る素敵な「親族スピーチ」そして、「友人代表スピーチ」。 結婚式においてゲストスピーチは、なくてはならない大切なひととき。 “スピーチされる側”の新郎新婦さんも、”スピーチする側” のゲストさんも、 「こんなことを話してくれるんだ♡」「こんなふうに話したい♡」 そんな瞬間を見つけてみてください* 「”いい夫の条件は何か?”って真剣に考えてみたんだ。 娘には幸せな結婚をして欲しいからね!」 出典:NST PICTURES NYでウェディングを叶えた新婦Triciaと新郎Troy。 ふたりとも、笑顔がとっても素敵なお似合いカップルですね♡ パーティーの中盤、新婦Triciaのパパはこんなエピソードをゲストにシェアしました。 出典:NST PICTURES 娘がTroyと結婚するって報告してきた時、…続きを読む

憧れの長テーブルコーディネート 出典:Burnetts Boards Photo:Susanne Wysocki 日本での披露宴は丸テーブルスタイルが多いですが、海外では長テーブルのスタイルが主流♪ 別名、「晩餐会スタイル」とも言われる長テーブルは、コーデ次第で色々な表情を見せてくれますよ♡ キャンドルを使った “THE晩餐会コーデ” 出典:Burnetts Boards Photo:Stefano Santucci ホテルウェディングやナイトウェディングなど、ゴージャスな雰囲気を出せるのは、背の高いキャンドルをたっぷり飾ったテーブルコーデ♡ キャンドルの光が揺れて、まるで美女と野獣の映画の世界に入ったみたい! ロマンティックな気分が盛り上がりますね♪ 出典:Wedding Chicks Photo:Serena Cevenini 背の低いキャンドルでも、長いテーブルにずらっと並べればかなり華やかな雰囲気に☆ このインパクトは、長テーブルならではのコーディネートですね♡ グリーンメインのセンターピースでナチュラルに 出典:NOUBA Photo:Motta…続きを読む

背中を反らせてしなやかに 出典:Burnetts Boards Photo:1783photography 美しく見せるには、猫背は絶対にNG! どちらかというと、背中を反らせると腰からスカートのラインにキレイにつながります♡ 少し辛い体勢かもしれませんが、頑張ってポージングしてみてください! 出典:Ruffled Photo:Jessica cooper photography 新郎に腰を抱きしめられているときには、そこを支点にして背中を反らせるとやりやすいですね♪ 背中にまで意識を配ると、それだけで美しい立ち姿になるのでおススメです☆ ブーケを持つときは、ひし形を意識 出典:Ruffled Photo:CHRISTA TAYLOR PHOTOGRAPHY ウエディングのときは、ブーケを前で持つ姿でいることが多いですよね。 ただ、だらんと持つのではなく、腕のラインがひし形になるように少し脇から浮かせるのがポイント♡ 出典:Ruffled ひし形にすると二の腕が華奢に見え、ウエストと手の間に隙間が出るので、くびれ効果も♡ ブーケを持つときは、これを基本姿勢にしておくといいですよ♪ 見返り美人は腰をひねって…続きを読む

おとぎ話のような結婚式を動画でレポート 出典:NST PICTURES 『シンデレラ』のように、おとぎ話に出てくるお城には、女子なら誰もが一度は憧れたことがあるはず♡ お城でウェディング、なんて夢のまた夢のような話ですが、こちらのカップルはその夢を現実にしてしまいました! 記事の最後から動画を視聴できますので、ぜひチェックしてくださいね* (お城の上から撮影したドローン映像は圧巻です!♡) プリンセスウェディングにはお城が必要♡ 出典:NST PICTURES ニューヨーク郊外にあるこちらのお城の名前は「ウィットビー城」。 中世を舞台にした映画から出てきたかのような、完璧なお城です♡ イギリス北部にある小さな港町ウィットビーにある、ウィットビー・アビーという修道院をモデルに、設計・デザインされたお城なんです。 ウィットビーは小さな港町ですが、あのクック船長も住んでいたことがあるのだとか…?! 馬車に乗って登場!お城ウェディングの醍醐味 出典:NST PICTURES お城に到着した一両の馬車。 乗っているのは、新婦と新婦のパパ♡ 出典:NST PICTURES 馬車から降りると、二人はそのままバージンロードへと進みます。 その先に待っているのは大好きな彼♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

タキシード、黒にするor白にする?問題。 出典:NST PICTURES 結婚式に向けて多くのプレ花嫁さんが最初に悩むポイント、ウェディングドレス。 その次のお悩みポイントは、、、彼の衣裳!ではないでしょうか♡ やっぱりクラシックな黒が良いかな? それとも、結婚式でしか着られなさそうな白にするべき? 出典:NST PICTURES 今回は、ニューヨークのリアルウェディングから黒のタキシードが素敵な新郎さんをご紹介♡ 自然体の結婚式に、フォーマルなスパイスを効かせた大人の結婚式コーデは必見です! クローズドな空間だからこそ、大人のフォーマルコーデで 出典:NST PICTURES 挙式と披露宴の会場は、1920年代にガレージとして使われていた建物がリノベーションされた「Senate Garage」。 外から見ると、カントリーハウスのようなヴィンテージ感がありますね♡ 出典:NST PICTURES ふたりにとって本当に大切な人たちだけ集まった、ガーデンスペースでの挙式。 芝生の緑に、新郎新婦がまとう白と黒が映えていますね。 あえてのクラシックな装いに、ひとつひとつを丁寧に、きちんと というふたりの気持ちを感じます♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

はじめてのブライダルフェアだからこそ♡ 出典:Wedding Chicks 式場選びをする時にとっても参考になるイベント、それがブライダルフェア♡ でも、初めて行くし、何から見たらいいのか、何を聞くべきなのか、正直わからない! >< そんなプレ花嫁さんのためのリストを作りました♡ 実際に式場で確認するべきポイントを一緒にチェックしていきましょう♡ 1. 式場のロケーション 出典:NOUBA ・駐車場 たとえ駅から近いロケーションであっても、ゲストの都合によっては車を使う場合があるはず。 車は何台停められるのか、スペースは十分にあるかチェックです! ・送迎バス 駐車場のスペースが限られていたり、特別なロケーションの場合は送迎バスの利用がベスト。 使用可能か、何台使用できるのか、料金も確認しましょう♡ 2. 式場の構造 出典:NOUBA/Photo:Sayher Heffernan’s ・お化粧室の数 お化粧室の数は、多くて困ることはないですよね♡ 赤ちゃん連れのゲストがいる場合は、披露宴会場からすぐに行ける位置かどうかも気配りポイントですね。 ・控え室、更衣室、クロークの場所…続きを読む

ハワイらしい新郎新婦コーデがしたい♡ 出典:Polka Dot Bride ハワイと言えば、首からかけるお花飾り「レイ」が人気♡ 白いお花を使ったレイは、ウエディングドレスやタキシードともよく馴染みつつ、リゾート気分も盛り上げてくれる万能アイテムです♪ 出典:Burnetts Boards Photo:Amber Johnson Photography せっかくのリゾートなら、カラフルに!と思うなら、鮮やかなピンクのお花をタップリ使うと、ぐっと華やかな雰囲気に♪ 花冠、レイ、ブーケ、装花を全部お揃いにすると、統一感もバッチリでフォトジェニックです。 出典:NOUBA Photo:Gabriella Katalin あくまで大人っぽいコーディネートを目指すなら、グリーンを主にすると素敵です♡ 白いウエディングドレスや、ダークなタキシードにもぐっと映える鮮やかな緑。 ハワイでは、花婿はマイレの葉っぱを使った「マイレレイ」を逆Uの字に肩からかけるのが伝統です。 トロピカルなお花たち! 出典:NOUBA せっかくならリゾート気分高まる、トロピカルなお花を取り入れたいですよね♪ ブーゲンビリアは、鮮やかなピンク色で、花嫁に大人気のお花です! ブーケなどの他、ウエディングケーキの装花に取り入れても華やかです♪ 出典:Burnetts…続きを読む

冬でも自然を楽しめるウェディング 出典:NST PICTURES 冬になると、寒い、風が冷たい…という理由で、どうしてもウェディングのロケーションは屋内に限られてきてしまいます。 でもでも、冬だけど屋外でウェディングがしたいっ!!というご希望を叶えたカップルが♡ 出典:NST PICTURES ニューヨーク郊外の自然に囲まれた「バターミルク・フォールズ・イン」というスパ施設をロケーションとして選んだ、新婦Abbyと新郎Bryan。 日本で「スパ」というと温泉施設をイメージしますが、アメリカではもっと広い意味で”健康的な生活を送ることができる場所”として、人気があるんです。 出典:NST PICTURES 「バターミルク・フォールズ・イン」は、牧場や散歩ができるコース、プール、レストランや宿泊施設を完備。 自然を感じながらゆっくりと過ごせる施設になっているようです♡ 今回はふたりが叶えた、森の中のテントを利用したセミアウトドアウェディングをレポート。 暖かなライトに包まれて 出典:NST PICTURES 屋外に張られたテントの中に、挙式スペースを準備! テントといっても、かなりしっかりとした造りのもので、広さもあるので安心して大人数で楽しむことができますね♡ 出典:NST PICTURES 日没の時刻が早まる冬、薄暗くなってきたら、パーティーを行うテントまでの道に明かりを。 松明のような感じの、オシャレなライトです♡ テント内も、キャンドルライトでしっかりと明かりを灯して。 無数のキャンドルがゲストをパーティー会場まで誘います♡…続きを読む

ふたりの歩んできた道のりは…? 出典:NST PICTURES 長期間の交際をしてから結婚する人、出会ってすぐに運命を感じて結婚するという人・・・ 結婚に至るまでのエピソードは、本当にそれぞれ♡ 新婦アニーと新郎オースティンは、ふたりが出会ってから結婚に至るまでの出来事を、結婚式でゲストの方々にシェアしました。 アニーがオースティンへの気持ちをやっと打ち明けてくれた時… 出典:NST PICTURES アニーとオースティンのウェディングで牧師さん役をつとめてくれたのは、 ブライドのアニーのお友達♡ 結婚式の宣誓を取り仕切るには、牧師さんとしての正式な資格がいるようですが、その資格がある方がお友達にいるなんて、すごいですよね! 出典:NST PICTURES ふたりは子どもの頃から友達だったんだけど、 数年経って、やっとアニーがオースティンへの気持ちを 私に打ち明けてくれたの。 あの時、私は心の中で、『よしっ!』って思ったのを覚えてるわ 出典:NST PICTURES 結婚とは大変なもの。 少なくとも私はそう教わってきたわ。 私はふたりをずっと見守ってきたけど、 アニーとオースティンは結婚に向けての準備がきちんとできてると思うわ。 ふたりがずっと夢見て、実現に向けて頑張ってきたことが…続きを読む

2018Springは、STARがくる!? 出典:Wedding Chicks おしゃれ海外ウェディング情報サイトとして、日本でもお馴染みの”Weddingchicks”が、2018年春のウェディングトレンドを大予測♡ ”2018 WEDDING TREND FORECAST: WE’RE SEEING STARS” まばゆいSTARたちがウェディング業界に降ってくるかも??ということなんです! キラキラに目がない女子の皆さん、要チェックです☆ まずは花嫁さんアイテムから❤ 出典:Wedding Chicks 先ほどのドレスのフロントショット。 生地も素肌に近く、胸元のVも深いのにセクシーになり過ぎないのは、STARモチーフがあるからこそ♡ POPで可愛い印象に着こなせます。 出典:Wedding Chicks 大小さまざまなサイズの☆が施されたベール。 ☆デザインは一見カジュアルになりがちなのに、こんな感じでしっかりロングだとしっとりした落ち着いた印象でも使えます。 でもベールに☆…ゲストたちの目をくぎ付けにすること間違いなしです! 出典:Wedding…続きを読む

長年にわたるパートナーシップをお祝い♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger オーストラリアの同性カップルKevinとChristian。 本当は正式な結婚を望んでいる2人でしたが、同性婚が認められていなかったため、2017年11月に15周年の記念パーティーを行いました (この直後12月に、オーストラリアでも同性婚がついに認められました!)。 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger それぞれ、ブルー&グレーのトーンと、紫&ベージュのトーンでまとめたスーツで爽やか&オシャレに決めています♪ 中の柄シャツとシューズでリンクコーデし、ワイルドフラワーでまとめた印象的なお揃いのブーケを持って一体感も出ていますね♡ お互いへの気持ちを手紙にしたためて♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 単なる食事だけではなく、セレモニーとして、お互いへの気持ちを手紙にして読みあいました♡ まるで美しい庭園のような装花とロウソクの光に囲まれ、気持ちが盛り上がる舞台セッティングもバッチリ♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 15年分の想いのこもった手紙の内容を聞いて、思わず涙してしまう一幕も♡ 節目節目に、こうして普段なかなか言えないお互いへの気持ちを伝えあえたら、本当に素敵ですね♪ クールなペーパーアイテム 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 活版印刷風デザインのペーパーアイテムは、とてもスタイリッシュでクール☆ 男性カップルならではのダークなトーンがとても素敵です♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana…続きを読む

* 温度や空気を美しく表現するケーキ 出典:Ruffled/Photo:Romance Weddings 新しい年を迎えて、一段と寒さも本格的。空は益々クリアなブルー。 空気も澄んで、輪郭が際立つ冬の美しい風景には、思わず心洗われます❄ 冬の美しさが感じられるのは外の景色だけじゃなく、実はケーキにだってできちゃうのです。 ”冬的たたずまい”にも何パターンかあるので、テーマごとに分けて一挙ご紹介♡ * 一面のホワイト。冷たい空気が立ち昇る 出典:Ruffled/Photo:Les Anagnou Photography ケーキナイフで模様をつけて、あとはベリーとグリーンをほんのちょっと。 白の美しさを引き立てるためにも、デコレーションは最小限が◎なのです。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 多肉植物のスモーキーグリーンが、真っ白なクリームにマッチ。 清らかで凛とした空間を提供できます。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 思い切って、ホワイトonly3段ケーキ。 静謐な佇まいに、思わずゲストたちも目を留めてくれるはず? さりげなく繊細な葉脈が浮き出るリーフでデコレーション。 大人ウエディングにもピッタリです。…続きを読む

気高く美しい太古の自然と、ウェディングが響きあう 出典:Wedding Chicks 「合成?」と疑いたくなるようなロケーションですが、正真正銘のリアルウェディング。 アメリカ・ユタ州モアブからのウェディングレポートは、地上120mからお届けします。 挑みたくなる 包まれたくなるモアブの渓谷 出典:Wedding Chicks 普段からトレーニングを積む花嫁が、夢のウェディングを叶えました。 ここまで特別な個性派ウェディングだから、フラワーシャワーももちろん想定外☆ フラワーガールが命綱付きで崖からジャンプし、背負ったリュックから花々を撒き散らすという、 世にも稀な冒険度の高いフラワーシャワーを実現しました。(写真が無いのが残念!) 人間の美しさが浮彫りになるから 飾りはあんまりいらない 出典:Wedding Chicks 花嫁がチョイスしたのは、褐色の大地に溶け合うアースカラーの刺繍が施されたドレス。 髪はダウンで、アクセサリーはあえて付けず。 強い風がベールやドレスをはためかし、景色の”静” 人物の”動”が、よりドラマティックな演出効果に。 人間の美しさが浮彫りになるから、飾りはあんまりいらない 出典:Wedding Chicks 巨大なドリームキャッチャーのようなネットが、ふたりを力強くキープ。 細かい血管のようにも、葉脈のようにも見えるのは、大小はりめぐる赤いネットに光が射しているせい? 永遠を感じさせるアートのような最高の1枚。…続きを読む

雪の中でのロマンティックウェディング 出典:NSTPICTURES 2017年も残り1ヶ月。 いよいよ寒い冬がやってきました! 冬は寒いけれど、冬には冬のいいところもあります♡ 特に雪が積もると、外に出て遊びたくなりますよね! 今回は、ハドソン川のそばの結婚式場でウェディングを叶えたLee-anとKerryをご紹介します♡ 窓の外には一面に広がる雪 ウェディング・イン・ザ・スノー! 出典:NSTPICTURES ウェディングの日の朝、式場の周りには積もった雪が♡ お天気も快晴で、爽やかな1日のはじまりです! 出典:NSTPICTURES 寒さも忘れてしまうぐらいのキレイでロマンチックな雪景色ですね♡ ウェディングでも、自分らしさを大切に♡ 出典:NSTPICTURES 新郎のKerryは、ハットをかぶって個性を演出。 スーツもネイビー×ブラックで、ダンディなコーディネート♡ 出典:NSTPICTURES カジュアルになりすぎず、あくまでもフォーマルにコーディネートできているケリー、さすがです! 出典:NSTPICTURES 新婦Lee-anは、ブライズメイドたちにドレスを用意していました。 美しいネイビーで、ひとりひとり違ったデザインがレディーな雰囲気♡ 冬のウェディングには、深めの色がお似合いですね* 特別な日に、思い出のギフトを…続きを読む

式場や高砂のバックドロップに活用 出典:Ruffled/Photo:ABIGAIL BRIDGES PHOTOGRAPHY タペストリー(壁掛け)を布1枚と侮ってはいけません! 飾り方次第で、主役級の存在感を放ってくれるデコレーションアイテムに変身♡ 黒地のお花柄タペストリーを掛ければ、アンティーク風の式場の完成! ドラマティックな雰囲気を演出できますね♪ 出典:Ruffled/Photo:SCARLET O’NEILL 結婚の宣誓の言葉や、好きな格言などの文字が書かれたタペストリーを飾れば気分が盛り上がりそう♡ 出典:Ruffled/Photo:JACOBY PHOTO AND DESIGN 白い壁に白地のタペストリーなら、全体の雰囲気は邪魔せずにオシャレ度をアップできます☆ 出典:Ruffled/Photo:CAROLANN MORGAN PHOTOGRAPHY 2人が座る高砂の背景はよく写真に映る場所なので、一工夫したいところ☆ その高砂のバックドロップとしてもタペストリーは◎。 さりげなく飾ってあるのがオシャレです。 木の枝に掛けるとフォトジェニック♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:Ryann…続きを読む

豪華な邸宅Wedding♡ 出典:NST PICTURES アメリカやヨーロッパにある歴史的なお城や建物。 新しくてモダンな建物も素敵ですが、歴史のある建物は、新しい建物とは違う独特の雰囲気を持っています♡ 今回は、100年以上の歴史のある邸宅を貸しきりにして、 夢のウェディングを実現させたシバーニとジョンのウェディングをレポートします♡ 出典:NST PICTURES 会場はアメリカのペンシルバニア州にあるCairnwood Estateという邸宅。 1895年に完成した建物で、ニューヨークの建築会社によって建てられたそう♡ 当時この邸宅の評判がものすごく良かったらしく、Cairnwood Estateを建てた建築会社は有名になったそうです。 出典:NST PICTURES オレンジ色の壁が特徴的で、可愛らしいですよね♡ 出典:NST PICTURES ただ可愛いだけでなく、長い歴史を持つCairnwood Estate。 こんな会場でウェディングができたら幸せすぎますよね♡ AWウェディングのドレスにぴったり♡ロングスリーブはいかが?♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

1 2 3 28