マンスリーアーカイブ: 2015年May

婚約記念♥にシューティング! 出典:Wedding Chicks Photography: Rachel Solomon Photography 海外ではエンゲージメント(=婚約)は結婚と同じくらい重要なイベント。 その証拠に、オリジナリティ溢れる、アイデア満載のエンゲージメントシュート(=撮影)を行うカップルがとても多いんです。 今回はその撮影アイデアをご紹介します♪ 二人の思い出の場所やお気に入りのデートスポットで 出典:Once Wed Photography: Eric Kelley 結婚前、つまり、まだ恋人同士のふたりの様子を残す特別な機会。 ウェディングのデコレーションやペーパーアイテムにも写真を入れたいのに、 ふたりの写真があまりないなぁ・・・というカップルにオススメです☆ 人気スポットは公園! 多くのカップルに選ばれる人気スポットは自然公園。 休日にふたりがよく過ごす思い出の場所として選ばれてるみたい。 出典:Wedding Chicks Photography: Rachel…続きを読む

ゲストが最初に目にするデコレーション♥ 日本の結婚式では、ゲストは到着後、受付で手渡される席次表で席を確認しますよね。 でも海外のウェディングパーティでは、「エスコートカード」を用いるのが一般的。 ゲストが会場に足を踏み入れたら、最初に目につく位置に、ゲスト一人一人の名前を書いたカードをディスプレイ。 自分の名前が書いてあるカードを探すと、そこにテーブル番号が書いてある、という仕組みです。 ゲストが最初に目を留め手にとるものだから、カップルそれぞれが、自分たちらしく趣向を凝らしているんです。 今回は、なかでも目を引く素敵アイデアをご紹介します♪ 1 ブルワリーでのウェディングは、ビンのキャップがアクセント! 出典:Wedding chicks Photography: Katie Jane Photography 小さなブルワリー(ビール醸造所)でのウェディングでは、こんな風に、ビンのキャップがアクセントに! カラフルさが加わって、これから始まる楽しいパーティを予感させる素敵なディスプレイに。 2 プチギフトのオリーブオイルに添えて 出典:Wedding chicks Photography: Boyd Harris Photography 海外でのウェディングでは、引出物の代わりに「wedding favor」というちょっとしたギフトを渡すのが一般的。…続きを読む

表現者である二人が生み出したハートウォーミングなウェディング ご紹介するウエディングは、NY・ブルックリンで行われた、Francesca とMattという俳優同士のカップル。 人から見られることに慣れているふたりは、セレモニーの随所を自分流にアレンジして、ふたりらしさを表現。 感動と、ふたりのクリエイティブな感性と、感染症のように人々に伝染してしまうありったけの愛にあふれた一日の様子をチェック! Francescaの感性で会場をデコレーション 出典:Ruffled パーティはアットホームに。くつろげる雰囲気を演出して 出典:Ruffled Mattと私は、来てくれたゲストがくつろげるのはもちろん、初対面同士あっても本物の関係をはぐくめるような会にしたかったの と花嫁のFrancesca。 LAからやってくるMattの家族。彼女の家族はNY。さらに、UKなど遠いところからくる家族の友達もいた。 だからこそ、とびきり心温まる一日にしたかったふたり。 鮮やかなピンクやラズベリーの色調が好きなFrancescaの感性が、会場の随所に溢れています。 ゲストへのギフトはMattのパパが家の裏庭で子供の頃に植えたキンカンでママが作ったマーマレードジャム。 それをふたりで茶色のペーパーでラッピングして、手書きのタグをつけました。 おもてなしのテーブルは、手作り感とハートウォーミングなカラーで 出典:Ruffled ろうそくの灯りと、ペルシャ絨毯のランナーと、風にゆれるタッセルのガーランド、そしてみずみずしい花々が雰囲気を盛り上げ、街中なのに、ゲストはまるで家にいるように感じられる、そんな雰囲気を目指したそう。 床に母が結婚祝いとしてくれたフロアピローで会場の床にラウンジを設けたりしてね! とFrancesca。Mattは占星術愛好家なので、ゲストのお楽しみのための星占いの本を隅っこに置いたりもしました。 会場内に設けられた即席のラウンジ 出典:Ruffled Just Marriedのガーランドで街の人々からの祝福も!…続きを読む

屋上の上?から空中ショット! 出典:Wedding Chicks JennyとTodd がニューヨーク高層でオリジナルウェディング。 と言ってもラグジュアリーな高層ビルの最上階ではないんです。 ビル屋上を貸し切り、文字通りの手作りウェディング。 グレーのコンクリートスペースと100名のゲスト。あとはニューヨークの空。 いかようにして、都会的で独創的、エネルギッシュなウェディングに仕立てあげたのか、とくとご覧あれ♪ 出典:Wedding Chicks 空からの会場見取り図↓ 出典:Wedding Chicks 軽やかなドレスを纏いつつ、足元はスニーカーをON! 出典:Wedding Chicks デザイン性あるホルターネックのミニに、ふんわり透け感のあるオーバードレスを重ねた、スタイリッシュでいて軽やかなドレス。 高い場所ならではの気持ちの良い風がドレスを揺らすと、のぞく足元はスニーカー! 自分らしいスタイルを楽しむ、彼女の美しさを最大限に魅せるコーディネートです。 バリエーションのあるコースターは、ゲストへのプチギフト♪ 出典:Wedding Chicks “青空”が究極の舞台演出なんだけれど、それだけだと色み的にはウェディングのHAPPY感がちょっと足りない。 そこで、ペーパー素材でつくったポンポンでヴィヴィッドピンクを差し色に♪。 歓声と祝福に包まれて…続きを読む

シンプル&スタイリッシュなビジュアルに一目惚れ 今、欧米のウェディングで、流行に敏感なカップルたちが続々と取り入れている、ウェディングケーキ、「Naked Cake」をご存知ですか? この名前、読んで字のごとく、“裸のケーキ”“むきだしのケーキ”という意味。 ニューヨークの人気スイーツショップ「Momofuku Milk Bar」が人気の火付け役で、側面にクリームを塗らないケーキのことなんです。 シンプルでやりすぎ感がないため、“いかにも”なケーキを好まない自然体のカップルや、低脂肪なケーキを望むヘルシー志向の人々に大人気♥ また、スポンジの生地そのものが見えるので、オリジナリティを出したい人は、ココアやストロベリーを練りこんだりして変化をつけることもできます。 いくつかご紹介するので、デザインを考えている花嫁さん ぜひ参考にしてみて♡ 1 キャスケードのように生花をあしらったNaked Cake 出典:Wedding Chicks Photography: Bumby Photography 側面の生地色をそのままにいかしたベーシックなNaked cakeに、ウェディングらしい華やかさをお花でプラスしたアレンジ。 飾り気のなさが持ち味のNaked cakeだけど、ウェディングらしさがほしいときは、こんな風に、まるでキャスケードのブーケのように生花をあしらうのも素敵。 2 トップは純白、下段は生地色をいかした2トーンのNaked Cake 出典:Wedding Chicks Photography: Jen…続きを読む