マンスリーアーカイブ: 2015年June

肩の力が抜けた大人の余裕♪ 気負わないパーティがゲストを心から笑顔に☆ 今回レポートするBenteとChristopherのウェディングの舞台となったのは、NY州最東端の街モントークのヨットクラブ。 https://vimeo.com/112492502 出典:NSTpictures ふたりの式が何より素敵なのは、常に自然体のふたりとゲストのリラックスした笑顔。 ふだん通りのふたりが一番素敵だってことを教えてくれる大人なふたりのパーティを早速チェック! エレガントなワンショルダードレスにシューズで遊び心をプラス 出典:NSTpictures ナチュラルにおろしたダウンヘアにシンプルなベールを少し低めの位置で飾り、ワンショルダードレスを着こなしたBente。 装飾を極力省いたシンプルビューティは、しなやかなで無駄のないBenteの細いボディにとてもよく映えます。 自分らしいファッションスタイルを、花嫁の日も忘れずない彼女。 シューズは大人花嫁の最愛ブランド「ジミーチュウ」ですが、ピンクのパンチングレザーをチョイスして、ちょっぴり遊び心をプラス。 ローズペタルにキャンドルライトが最高にロマンティック♡ 出典:NSTpictures チャペルの中はキャンドルライトと暖炉の炎の柔らかい光に照らされて、大人ロマンティックな雰囲気。 バージンロードには淡いピンクのローズペタルを散りばめて♡ ブライズメイドのドレスはお揃いにしないのが大人花嫁の余裕! 出典:NSTpictures ブライズメイドたちにはそれぞれ自分の好きな服装で出席してもらうスタイル。 柔らかい灯りに照らされた落ち着いた雰囲気の中で和やかに♡ ゲスト全員がふたりのテーブルを訪ねて祝福する演出が素敵♡ 出典:NSTpictures 日本では、カップルが各テーブルを回るキャンドルサービスが一般的ですが、BenteとChristopherの披露宴ではゲストが輪になってふたりの元を訪れて祝福する演出が! ゲストとふたりがとても近く、温かい雰囲気が素敵ですね♡ いつも通り自然体のふたりがとてもエレガントな大人ウェディング、みなさんもムービーでぜひチェックしてみてください♪続きを読む

たどり着いたのは家族や親友だけの“小さな結婚式” 出典:Burnett’s Boards 俳優Blair McDonoughと花嫁のKristiは当初、取材陣に囲まれた派手なパーティを検討。 でも“私たちだけ”で結婚式をする大切さに気づきました。 “私たちだけ”というのは、ふたりと家族、そして親友たち。 水入らずで長い時間を一緒に過ごせるようにと、ハワイのオアフ島でバカンスを兼ねた結婚式を計画☆ プログラムや演出は極力シンプルでいい。とにかく、みんなで笑ったり、食べたり、ダンスをして楽しく過ごしたい。 これがふたりの望んだ結婚式です。 親友がデザインしたドレスでハッピーオーラ倍増♡ 出典:Burnett’s Boards さらりと身にまとったナチュラルな装いは花嫁の親友がデザインした世界にひとつの宝物♡ 飾らない雰囲気がかえって洗練度を上げています。 足元はなんと、ヒールのない皮のサンダル! 芝生でもビーチでもサマになっていました。 海と空&たっぷりのお花でふたりだけの祭壇に♡ 出典:Burnett’s Boards 海を一望できるとびきり見晴らしのよい場所に台座を置いて、そこがふたりの祭壇に。 花嫁が一目惚れして選んだというこの景色。変わらぬ愛を海と空に誓いました。 白いパラソルはアウトドアパーティの必需品!? 出典:Burnett’s Boards…続きを読む

オリジナルのワインでゲストをおもてなし 出典:Ruffled ほのかなレトロ感を纏って、舞台はここNY。 都会的でシックなラスティックウエディングがしたかったの というReneeとJohnが会場に選んだのは、 マンハッタンにいながらにして自分のワインが作れる会員制の会場。 あったかくて懐かしい、そこがまたCOOLなマンハッタンウェディング、早速お届けします。  都会的要素とクラシカルな要素がスタイリッシュにMIX 出典:Ruffled ふたりらしさを大切に、そして招待したゲストに、みんながこのパーティの大切な一部だと感じてもらえるように。 そんなパーティを目指したというRenee。 彼女が求める温かさと都会的な雰囲気。そして家族、ゲストを大切にした親密な空気がパーティ全体に流れます。 ガラス越しに見えるNYを行きかう人々の横顔と喧噪、そしてスタイリッシュにパーティを楽しむゲスト。 この空気、やっぱりNYオリジナル。 ブライズメイドのドレスは“Cuteに♡” がオンリールール! 出典:Ruffled お揃いの衣装に身を包んだグルームズメンとブライズメイド。セレモニー感が高まって素敵ですよね♪ でもふたりからのオーダーは… 男性はグレーのタキシード。でも女の子たちは自分がcuteに見えるドレス でね♪ 自分スタイルをセレクトした色とりどりのブライズガールたちの笑顔がはじけてます☆ 両親のウェディングで活躍したケーキトップ 2度目の大役!! 出典:Ruffled 懐かしさ漂うケーキトップはかつて、新郎の両親のウェディングケーキを飾ってくれたもの。 大切にとっておいた両親の気持ちも一緒にのせて、今度は洗練のネイキッドケーキをデコレーション! 受け継ぐこと、歴史あるものに価値を置く欧米らしい思いやりスタイルです。…続きを読む

気取らない・作りすぎない、自然体の雰囲気が魅力のダウンスタイル 日本の結婚式では、花嫁のヘアスタイルはまとめ髪が主流ですが、海外の花嫁は、半々かそれ以上、ダウンスタイルが多いようです。 出典: Ruffled /Photography:Sposto Photography ダウンスタイルの魅力は… ・作りこみすぎていない、ナチュラルな感じ ・巻いたりすると、華やかさが出せるところ ・逆にストレートだと落ち着いた印象になるところ が挙げられます。 海外花嫁のダウンスタイルは、無造作におろしているようで、実は細かく計算されていることが。実例をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね♪ 太さの違うカールがやわらかな髪の質感を作り出し、ナチュラルに 出典: Ruffled /Photography:Gene’s Photography あえて作りこみすぎず、ナチュラルに見えるふんわりヘア。無造作な分け目と巻き方は、太さの違うカーラーを使うことで可能に。ぜひ、ヘアメイクさんに一度相談してみて♪ ボヘミアンなレースヘアバンドがアクセント! 出典: Ruffled /Photography:Emilydelamater 大人っぽくなりがちなダウンスタイルを、親しみのある雰囲気にしてくれるヘアバンド♡ トップにはボリュームを持たせつつ、真ん中から毛先にかけてやや強めにカールをつけているのもよく似合います。 ミディアムヘアの花嫁も、無造作ダウンがかわいい! 出典: Ruffled /Photography:Mariel Hannah Photo 快活な雰囲気のミディアムヘアのダウンスタイルには、はじける笑顔がお似合い♡トップの分け目をかっちりつけていないのがポイント! 大人ガーリーを狙うなら、束感ありの強めカール 出典: Ruffled /Photography:Patfureyphoto…続きを読む

結婚式の写真、できるだけたっくさん残したい! ひとつひとつ準備したウェディング。 当日はバタバタかもしれないから、あとで写真を見返してゆっくり余韻に浸りたい。。♡ 出典: Ruffled /Photography:Gene’s Photography プロの写真屋さんにはオーダーしたし、仲良しの友達にもちょっぴり頼んでるけど・・・ ゲストみんなが撮る写真、気になる花嫁は多いはず。。 そんな今どき花嫁におすすめするのが、コレ! 『SNSハッシュタグボード』が便利すぎ。 出典: Ruffled インスタグラムをはじめ、twitterやFacebookなどのSNSでは、”#” ハッシュタグを付けられた投稿が一覧で見れちゃいますよね♩ この便利な機能を、ウェディングで活用してる花嫁が増加中♡ 出典: Ruffled /Photography:KEN KIENOW “#” ハッシュタグから始まる、『オリジナルキーワード』をボードに書いてお知らせし、撮った写真を、“#+オリジナルキーワード”を付けてinstagramやfacebookに投稿してもらいましょう♡ 後日、わざわざLINEで送ってもらう面倒なし!当日後でも簡単に結婚式の写真を集められます◎ 写真を撮るためのフォトブースに、ハッピーなフォトアイテムと一緒に設置するのが、海外では定番。 出典: Ruffled /Photography:stephaniehunter photography 出典: Ruffled /Photography:kristenjoyphoto 準備OK?思わず手に取りたくなるフォトアイテムたち とは言っても、まずは写真を撮ってもらわなくちゃ始まりませんよね〜♩ それでは、ゲストと一緒にハッピーになれるフォトアイテム、おさらいです!…続きを読む

マリンボーダーをアイコンに、上品なカジュアルダウンに成功 出典:Burnett’s Boards 永遠の定番、女の子が大好きなマリンテイストを結婚式に取り入れたら!?とひらめいた花嫁のKara。 ブーケのリボンや、パーティのテーブルランナーにも!会場に陽気さとリラックス感が加わりました。 ポイントカラーのネイビーブルーを合わせてサマーウエディングの軽やかさを演出しています。 招待状や案内カードもホワイト、ブルー、ピンクで乙女心を刺激♡ 出典:Burnett’s Boards 白とネイビーブルー、そこにピンクをもってくることで、ウエディングシーンにマッチしたマリンに仕上がっています。 花嫁も心地よく過ごすために足元はエスパドリーユ! 出典:Burnett’s Boards ゲストと笑いあったり、花婿とダンスしたり……。 元気にふるまいたいからとリゾートで楽しむようなサンダルをチョイス。 正統派プリンセスラインのロマンチックドレスとのギャップがキュート♡ クラシックなケーキ×ストライプのリボンでマリン仕様 出典:Burnett’s Boards 定番の真っ白3段ケーキにもマリン風リボンをコーディネートしておしゃれ度倍増。 ディスプレイしたボタンの花はブーケや装花ともおそろいの、もうひとつのキーアイテム。 この組み合わせがカジュアルすぎないマリンに導いているのですね。 花嫁と花婿のチェアにもさりげない目印 出典:Burnett’s Boards…続きを読む

スウェーデンロイヤルウェディング 今週6月13日、スウェーデンのグスタフ国王の長男カール・フィリップ王子が、ソフィア・ヘルクビストさんと結婚式を挙げました♡ 出典: Polka Dot Bride カール王子、皇室でありながらこの美貌。 スウェーデン皇室の方々は美男美女で有名ですが、確かにイケメンです♡ 元モデルのソフィア妃はさすが、堂々としていますね* 式の途中、カール王子が感動のあまり涙ぐんでいたのが印象的。 あんな素敵な新郎・・・もとい、ロイヤルウェディングに少しでも近づきたい! そんな花嫁のみなさま♡まずは新郎ファッションアイテムをおさらいしましょう! タキシード/セレモニースーツ 出典: Ruffled /Photography:Katelyn James Photography まずは彼に似合うカラーをチョイス。参考記事を彼と一緒に読んでみて♡ 彼っぽい色をこっそりリサーチ♡惚れ直しちゃう新郎コーデ5選 ネクタイ/蝶ネクタイ 出典: Ruffled /Photography:Priscila Valentina 主役らしく、カラフルな色や柄を選んじゃいましょう♡ 出典: Ruffled /Photography:featherandstone ふたりのアイテムの色を合わせると、ペア感が出ておしゃれ◎ ブートニア 出典: Ruffled /Photography:youlooknicetodayphoto…続きを読む

事前打ち合わせが成功のポイント 出典:Wedding Chicks /Photography: Redfield Photography 結婚式当日のスナップ写真。どんなシーンを撮ってほしいか考えています? 「ふたりの自然な様子をそのままに…」なんて、 何もオーダーせずに当日を迎えるなんて、もったいない! 全部が全部、望み通りにはいかないかもしれないけれど、 「こんな風に…」と希望を伝えておくことは大切です。 見返すたびに、その瞬間がよみがえり、幸せをかみしめられるような写真。 そんな素敵なカットが撮ってもらえる、オーダーのコツをお伝えします♪ 1 花嫁じたく最中の写真。モノクロで仕上げてもらうのもいい雰囲気 出典:Ruffled /Photography: Rebekah Westover 挙式前の、期待と不安が入り混じった緊張の表情は、ぜひ撮ってほしい一枚。 お支度中の写真は、花嫁みんなの憧れだけど、 ヘアメイクさんが忙しく働く支度部屋は、ごちゃごちゃとした物が映り込んでしまうことも。 そこでメイク中の写真をオーダーする場合、 「モノクロで仕上げて」と、オーダーするのもおすすめです 2 ふたりの親密感が伝わる写真 出典:Ruffled /Photography: Rebekah Westover 「やっとこの日を迎えられた」というほっとした気持ちと、 永遠の愛を誓った幸せ。…続きを読む

会場の雰囲気を一気に変えられるキーアイテム♡ ウェディングをより華やかに飾れるアイテムと言えば、バルーン♡ 小物と一緒に添えたり、会場のアクセントとしてデコレーションしたり、フォトプロップにしたり、様々な演出方法があります♪ 装飾アイテムの中でも大きいのでパーティや会場全体の雰囲気をガラッと変えることができるのがオススメポイント♡ 今回はそんな、バルーンを使ったウェディング・アイデアをお届けします♡ 高砂のバックグラウンドアクセントに☆ 出典: Ruffled /Photography: Lara Hotz 高砂をもっと立体的にもっとオリジナルに☆ とにかく目立ちます!! 写真撮影のアイテムにも効果的♪ 出典:Ruffled /Photography: Simply Bloom Photography  このような広々とした空間でバルーンを入れると写真が引き締まります☆ 印象的な背景を活かして 出典:Wedding Chicks /Photography: Heather Gemmer, Gemmer Photography  鉄板の赤いバルーンはドリーミーな雰囲気…続きを読む

トロピカルだけがハワイじゃない! 2人がたどりついた結論は…… 出典:Ruffled カナダ出身のLisaとオーストラリア出身のMatt。 両方の家族や友達が集まる場所は、中間地点のハワイに決定! でも典型的なビーチウエディングではなくて、もっとユニークなものにしたかったの さて、どんなウェディングを叶えたのでしょう?今回は、そんな2人の結婚式をレポートします♪ クラシックインテリアと自然がマッチした幻想的なガーデンウエディング 出典:Ruffled 2人が選んだ会場は、マウイ島にあるHaiku Mill。 ヨーロッパのアンティーク家具などを備えたエレガントなインテリアと、ハワイの歴史的なムードがミックスされた 夢の中の世界のような独特の雰囲気は、ここでしか味わえないスペシャルなもの。 ハワイの青空が広がるガラスの天井にシャンデリアがきらめいて 出典:Ruffled パーティー会場のムードも素敵! 雨が降っても安心なガラス製の天井から中庭を照らすのは、フランス製の豪華なシャンデリア。 重厚な石の壁に囲まれて、緑の生い茂る中庭は、最高にエレガントでロマンティック♡ ゲストがリラックスして楽しめるようなカジュアルパーティ― 出典:Ruffled パーティーは、カジュアルに楽しく カントリー風をアクセントにしたラスティックなガーデンパーティー を目指したという2人は、 テーブルフラワーをたっぷりオーダー♡ ドリンクもジャーに入れて、気取らずに楽しめるように。 日が暮れるとロマンティックムードがますます高まって♡…続きを読む

1 2 3