マンスリーアーカイブ: 2015年September

まるで妖精たちの世界に迷い込んだかのよう…。 出典:burnett’s boards そんなガーデンウェディングのテーマカラーは、ライラックとレモン。この2色の取り合わせが、とにかくロマンティックなんです♪ テーマカラーのテーブルには、椅子でラスティック感を演出 出典:burnett’s boards ライラックのクロスで飾られたテーブルには、ウッディな椅子を合わせて素朴な雰囲気に。 デコレーションに本物のフルーツをプラスすることで、よりフレッシュでナチュラルなイメージになります♡ グラスやキャンドルもパープルのグラデで綺麗にそろえて♪。 ブーケもテーブルのお花にあわせて♪ 出典:burnett’s boards テーブルに飾ったお花と花嫁のブーケは、同じ花材を使ってトータルにスタイリング。 ただし、テーブルのアレンジメントはお花の量を増やしより華やかに。 ブーケにはグリーンの量を増やして、レーシーなドレスにラスティック感を添えています。 お花のアーチとドレスは、シンプルにグリーン+白一色 出典:burnett’s boards Photography:Olga Siyanko ブライズメイドのドレスも花嫁のドレスやベールも、白のみ。 アクセなどもあえてつけないことで、レースの贅沢な素材感が際立ち艶やか♡ アーチは白のライラックに見えますが、こちらもホワイトで統一することで葉のグリーンが引き立ちます。 ライラックの花にはこんな言い伝えも。…続きを読む

一つ一つはsmallでも、デコレーション技をかければこんな大役をしてくれるプチギフトたち! ウェディングの最後に ”ありがとう”の気持ちを込めてゲストに贈る ちょっとしたプレゼント♡ 海外では”Wedding Favor ”と呼ばれるスタンダードな存在です。 サイズ的には小ぶりなモノが一般的なのですが、並べ方やデコレーション次第でゲストに「まっ♡」と思ってもらえる演出ができちゃいます! ウェディングトーンに合わせた様々なタイプのプチギフトPHOTO集、是非お楽しみください♪ バリエーションに富んだプチギフト♡♡ 出典:Ruffled /Photography :Kate Miller Photography こちらはエスコートカード(披露宴パーティーのときに自分がどこの席かを知らせるカード)のお役目も兼ねたプチギフト。 このエスコートカードを、プチギフトと兼ねて最初にゲストにお配りするものよく見かけるパターンです。 ゲストが到着すると、まずは様々な動物たちがゲストのお名前タグを付けて皆さんをお出迎え♪ シェルフを使って高低をつくり、動物たちを自由な向きでセットしたら、オリジナルな世界が誕生しました。 小さい動物の置物というと可愛らしくなりがちですが、こちらのシリーズ シックな可愛さなので男性にも女性にも喜ばれそうですね♡ 美しい佇まいのモノを 美しく並べて 出典:Wedding chicks /Photography :Live View Studios…続きを読む

子どもの頃の思い出を随所にちりばめて 美しい湖畔のりんご果樹園を見つけたら…、ぜひそこで結婚式を! LieslとBlake’sのシンプル・カジュアルなウエディングは、Lieslのりんごにちなんだ子供時代の思い出を織りまぜた一日になりました♪ 出典: Wedding Chicks 私たちは、この美しいヴァリアン果樹園を結婚式の会場にしたいと思ったの とLiesl。ブライズメイドの友人の笑顔に囲まれ幸せそう♡ ここには、私の母が育った家、祖母が70年暮らした家があって。 祖父がフレッシュなアップルサイダーを作っている場所でもある。 私には、子供時代、そこらじゅうを走り回ったたくさんの思い出があるのよ。 出典: Wedding Chicks /Photography: Ashley West Photography Jennyがずっと夢見ていた、思い出深い場所で行うテントウエディング。 りんご果樹園らしい趣きを添えるために、お料理のテーブルは、並べたりんご樽に板を張って。 プチギフトはおばあちゃんが作ったアップルバターの瓶詰に! 出典: Wedding Chicks /Photography: Ashley West…続きを読む

今どき感も意識したナンバーチョイスを 結婚式、披露宴やパーティーのBGM、こだわって決めたいポイントですよね♡ 大好きな曲、大好きなテーマからセレクトするのも素敵だけど、やっぱり今どき感も欲しい♡ そんな時にお役立ちする、披露宴パーティーシーンで使いたい最新の洋楽を集めました! ♪Taylor Swift – Fearless https://www.youtube.com/watch?v=ptSjNWnzpjg 「もう何も怖くない」というタイトルの通り、爽やかな一曲♡ お気に入りのドレスを着てあなたと一緒にダンスするの、という歌詞が入場にぴったり♡ ♪Carly Rae Jepson – I Really Like You https://www.youtube.com/watch?v=qV5lzRHrGeg おじいちゃんの口パクでキュートなMVが話題になりました! ゲストみんなに『大好き!』を伝えたいならこの曲♡! ♪MIKA – Popular…続きを読む

初心者さん向け、ウェディング・ペーパーフラワー♡ 少し前からパーティーシーンを彩ってきたペーパーフラワー♡なのですが、最近ますますウェディングでのレパートリーが増幅中です♫ 日本でも雑貨屋さんなどで目にしますし、手作りキットもたくさんありますね。 こちら欧米でもやっぱり人気で、ウェディングの様々なシーンに活躍しているんです♡ ペーパーフラワーの醍醐味はやっぱりまず軽さ。 そして見た目の華やかさ・存在感にしては比較的お手頃感があります! ということで今回はペーパーフラワー大特集♡♡ サイズ、素材のご紹介や演出例だけじゃなく簡単な作り方もあるので、お楽しみください♪ 会場のメインモチーフとしてリュクスな存在感 出典:Wedding chicks photography: LH Photography こちらはペーパーフラワーから派生したフラワーデコレーションアイテム。 紙のような薄さと軽さ、素材感ですが、耐久性もあるという正にいいとこどり。 色々な種類とサイズを組み合わせて、流れるような配置がお花の柔らかい雰囲気をうまくまとめてますよね♪ あえてゴールドの枠でアウトラインを作ったことでオブジェとしての存在を主張しています♡ 小さなお運びさんたちに持ってもらうと最高にCUTE!! 出典:Wedding  chicks photography: LH Photography. こちらは上の写真と同じウェディングの中の1シーン。 crepe paper (クレープペーパー)という縮み感のあるちりめん紙素材を使って ウェディングのテーマーカラーのピンクで作りました。花嫁さんのお手製なんですよ♪…続きを読む

世界中のお祭りでも行われる美しい演出 海外のウエディングパーティで行われる,美しすぎる演出をご紹介します♡ その名も「Sky Lantern」。 新郎新婦とゲストが、パーティのお開きの頃に、火をともしたペーパーランタン(提灯)を一斉に夜空へ。暖かい光をはなちながら、ゆっくりと空に昇っていくランタンに、ふたりの未来にたくさんの幸せが訪れるよう願いをこめます。 これは、世界各国のお祭りでも時々見られる光景で、有名なのは、ポーランドで夏至の頃に行われる「聖ヨハネ祭」。また、タイの古都チェンマイでも、同様の「コムローイ」という盛大なお祭りがおこなわれており(こちらは厄を飛ばすためにランタンを飛ばします)、多くの観光客を注目を集めています。 ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」での1シーンで目にしたことがある人もいるかも。 そんな「Sky Lantern」の魅力を感じられる写真をご紹介します♡ ゲストと一緒にランタンの灯をともして♪ 出典:ruffled / Photographer:Taylor Lord ウエディングでゲストと一緒に盛り上がれる演出は貴重。 新郎新婦はもちろん、ゲスト達にもランタンに火を灯してもらって、感動の時間を共有できます☆ その幻想的な美しさに、皆でうっとり…♡ 出典:ruffled / Photographer:Taylor Lord ゆらゆらと暖かな光をたたえて夜空に上っていく様子が、ふたりの未来を祝福してくれているかのよう。 夕焼けのあかね空に飛ばすのもまた素敵 出典:Wedding Chicks…続きを読む

気品があって華がある♡大人気の花材・ピオニー(芍薬) テーマカラーやお花をモチーフにしたウェディングはいまや定番かもしれませんが、ピオニー(シャクヤク)を使ったウェディングもオススメ♪ ブーケや髪に飾るだけではなく、ケーキや小物にまでピオニーを散りばめた可憐なウェディングはいかがでしょう? ピオニーの花言葉、知っていますか? 出典:Polka Dot Bride /Photography:karenparrphotographer 諸説ありますが、ピオニーには「はじらい、はにかみ」「清浄」などの花言葉があると一般的に言われています。 ほかにも「思いやり」「謙遜」「威厳」など、花嫁にはぴったりな言葉があるだけでなく、和名「芍薬(シャクヤク)」は「綽約(しゃくやく)」に由来するとも。 綽約とは、しなやかで優しく、たおやかなさまを表します♪こんな花言葉や由来を持つピオニー、まさに花嫁さんのための花かも♡ ブーケはころんとした丸みを出して、可愛らしく 出典:Polka Dot Bride /Photography:karenparrphotographer まずはブーケ。ピオニーの花にあわせて丸みを持たせたブーケには、ピンクと白のピオニーが。 トップの写真にあるようにブライズメイドのブーケは+グリーンのアレンジですが、花嫁さんのブーケは少し大きめアレンジにしてお花だけを贅沢に♡ こちらのブーケは生花ではないので、永遠に咲き続けるピオニーを二人の新居に飾れるというのもまた素敵♪ ドレスのデザインは、いく重にも重なる花びらのよう♪ 出典:Polka Dot Bride /Photography:karenparrphotographer その丸い花からこぼれ落ちそうなくらいに溢れる、たくさんの花びらが特徴のピオニー。 マーメイドラインのドレスの下半分にはたっぷりとレースが重なりあい、ピオニーの花のイメージにもぴったり。 手染めのシューズにも、もちろんお花を♡ 出典:Polka…続きを読む

ウェディング会場のイメージを決める鍵アイテムが ”誓い”の場所 ふたりの大事な1日だから、ふたりらしくいろんな場所にこだわりたいウェディング♡でも、中でも重要なのが、ふたりが未来を誓い合うセレモニーの場所ですよね♪ チャペルで挙式する人は、どんなカラーのお花で飾ろうかな?とか、またアウトドアのお式や、人前式の花嫁さんは、場所全体のデザインをプランナーさんと相談する方もいるかもしれません。 今回は 会場の雰囲気を大きく左右する祭壇やアーチ、デコレーションお役立ちアイテムをまとめてご紹介しちゃいます。 ほんの少しのプラスアイテムが会場のイメージを一気にかえられることもあるのでぜひご参考に♪ 簡素な背景に あえて気品を感じさせるマテリアルを 出典:Wedding chicks 1920年代スピリッツが好きなカップルが選んだのはこちらの会場。 工場跡的な空気もあるし、古くて温かみがある。どんな空間にも塗り替えられる可能性を感じて上質のドレープファブリックをリング3点で留めるだけでオリジナルアーチを創りました。 窓近く、光が射しこむ場所にセッティングして、光を味方につけたのがナイスアイデア♪ ファッショナブルに エッジを効かせて 出典:Wedding chicks 黒×白の鮮やかなコントラストでファッショナブルなアーチは、淡いカラーでフェミニンにまとめたブーケで優しく留めて。  もちろん平凡じゃなくて、でもトレンド過ぎないように。 エッジの効いたオリジナルコーディネイトを目指したの インパクトのあるストライプは、テーブルランナーとして、カップケーキやウェディングケーキのデコレーションとして、そして参列した愛犬の首輪のボウタイとしても少しずつ顔を出し会場を彩り、花嫁の言葉通りのエッジの効いたウェディング空間を創りあげました♡ ゲストに「?!」のインパクトを誘うアイテム♪ 出典:Wedding chicks ゲストに「?!」のインパクトを持ってもらえるアイテムを用意するのも手♡ レンタルやセールでヴィンテージアイテムを上手にそろえたというこちらのカップルは、アーチの代わりにドアを少し離してセッティング。 ふたりの新たな出発に相応しく、趣のあるDoorがふたりを祝福します。 可憐に ナチュラルに…続きを読む

欧米ではもっと楽しんでる♡エンゲージメントphotoって? エンゲージメント(婚約)というと、日本の場合、お互いの家族の顔合わせをして、結婚の意思を伝えてというフォーマルな行事を連想しちゃいますが、欧米では婚約期間に残すエンゲージメントシュート(写真やムービー)というのがカップルにとっても重要で人気なんです。 結婚式当日は何かと忙しいし、今しかない婚約期間に、彼&彼女への想いを大切に残したい♡そう思うカップルがたくさんなんですね♡ ルールなし、自由で楽しく、自分たちらしさを表現できればOK!! この日をあけておいてね!の「SAVE  THE  DATE」カードとして使っても、ウェディングのときにふたりの紹介アイテムとしてゲストに配ってもNICE♡♡ 偶然とれた素敵な1枚を使ってもいいし、アイデア絞って工夫を詰め込んだ1枚も思い出に残ります。 ぜひお洒落なカップルたちのエンゲージPHOTO、ご参考ください♪ CUTEなサインやプロップスを使って♡ 出典:wedding chicks ピンクカラーや キラキラマテリアル、ウェディング感を上手に取り入れたこちら❤ 彼が持つサインには“I am her Sugar” 彼女が持つサインは“I am his sweetie” こんな風にポップなアイテムを使って、可愛く写真をデコレーション♡ 印象的なSomethingを取り入れて 出典:wedding…続きを読む

お手本にしたい、上品な正統派ウエディングをレポート https://vimeo.com/126480068 出典:NSTpictures 今回紹介するKaraとMichaelのウエディングは、とにかく落ち着いた雰囲気が素敵。 生憎の雨模様も、逆にしっとりとした雰囲気を演出してくれているようです。 結婚式が行なわれたのはNYの教会。重厚な石造りの建物が歴史を感じさせます。 リーンなシルエットのドレスは総レースでエレガントに 出典:NSTpictures Kara が選んだのは、スタイリッシュなスレンダーラインのドレス。シンプルなシルエットですが、総レースの素材使いや、シャンパンゴールドのベルト、バックコンシャスなカッティングで、上品さをキープしつつ華やかに仕上げています。 Michaelも正統派ブラックタイで雰囲気を合わせて。 歴史あるグランド・セントラル駅もふたりをお祝い 出典:NSTpictures NYを代表する建物のひとつ、グランド・セントラル駅内で写真撮影を行なったふたり。 ”駅=何かが始まる場所”という意味では、門出のシーンにピッタリですね。 忙しく通り過ぎる人たちの中でたたずむふたりの様子は本当に映画のワンシーンのよう。 ブライズメイド&グルームズマンも集合して、記念に残る1枚に。 披露宴は落ち着いた雰囲気のプライベートクラブで 出典:NSTpictures 披露宴が行なわれたのは、ラグジュアリーな会員制クラブ。 親しい友人や家族たちと、近い距離でお祝いの食事を楽しめるプライベートな雰囲気が魅力です。 正統派のウエディングケーキもやっぱり素敵 出典:NSTpictures リラックスしたムードの中、ケーキをカットするふたりがとても幸せそう♡…続きを読む