マンスリーアーカイブ: 2016年January

キッズも参加するお式がいまアツい! 出典:Wedding Chicks /Photography:Pamcooley Photo たくさんのゲストをお呼びして楽しいひとときを過ごしたい結婚式。 親戚や友達のお子さん、もちろん新郎新婦ふたりのキッズが参加することだって珍しくありません♡ 小さなエンジェルがふたりを一生懸命お祝いしている姿は、誰にとっても微笑ましく口元がゆるんでしまうもの。 せっかくご出席いただけるのなら、その笑顔で結婚式に華を添えていただきましょう♡ 小さなエンジェルのお役目は…? 出典:Wedding Chicks /Photography:Studio EMP エンジェルにお願いする主なお役目は、バージンロードに花びらをまくフラワーガール/ボーイ、新郎新婦のリングを運ぶリングガール/ボーイ、そして花嫁のベールを持って歩くベールガールがあります。 ただ、こちらのミッションを遂行するためには、身につけておかなければならないスキルがひとつ必要…。 それは、「ひとりで立って歩ける」ということ。 じゃあ…ひとりで歩けない小さなエンジェルさんはどうしたらいいのでしょう??* このガラガラは何っ?! 出典:Wedding Chicks /Photography:Nick Radford そんなご要望を受けて生まれたのが、いま海外花嫁に大変注目されている《ウェディングワゴン》。 ラジオフライヤーをウェディング仕様にデコレーションしたものなんです♡…続きを読む

人生の晴れ舞台ですもの 一生忘れられない風景を残したい♡ 出典:Juno&joy/ Photography:Richards Skins 紙吹雪(コンフェッティ)というと、少し昔の印象があるのが皆さんの本音かもしれません。 でも、海外ウェディングで紙吹雪は現役大活躍中。たくさんのドラマティックシーンをお届けしています♡ ということで、今回はウェディングの基本に戻って ”紙吹雪” の実力とレパートリー、たくさんお見せいたします! 淡いピンクはなんだかサクラ吹雪♡ 出典:Juno&joy/ Photography:Brignton 大人の余裕とゴージャス感を纏ったこちらの素敵なカップルは 淡いピンクカラーをチョイス。 みんなのはじける笑顔をバックに、ハラハラと舞い落ちる薄いピンク。なんとなく春の桜吹雪を想像しちゃいません?? 日本人はこのカラーがひらひら舞い落ちる姿に訳もなくジーンとしちゃうもの…。 ウェディングの感動を一段と深みのあるものにしてくれるかも♡ マルチカラーの大洪水はエキサイティング!! 出典:Juno&joy/ Photography:Babb Photo POPなマルチカラーがこんな密度で降ってきたら、、、♡ 大拍手が沸き上がること間違いなし! ついでに弾けんばかりの笑顔になること…お約束します! この瞬間を、上を向いて思わず目を閉じちゃう新郎のしぐさはなんともフォトジェニックですね♡ 紙吹雪をそのまま会場デコとして使いましょ♪…続きを読む

雨、降っちゃっても大丈夫です! 出典:NOUBA/ Photography:LJM Phorography ジョディとミッチが出会ったのは11歳のとき。 それ以来、良き友でもあり続ける二人は、とある冬の雨の日に結婚式を挙げました。 結婚式の誓いのキスの相手が、お互いのファーストキスの相手だなんてとっても素敵ですね♪ ウェディングの日はどうか晴れてほしい!と多くのプレ花嫁さん・花婿さんが願っていると思います。 が…お天気ばかりは予想できないもの。 もし雨が降ってしまっても大丈夫、雨の結婚式は幸せになれるというジンクスがあるんです♡ フランスには「天が二人の代わりに涙を流す」という素敵な言い伝えがありますし、日本でも「雨降って地固まる」と言いますよね。 雨の日に結婚式を挙げたふたりなら、今後の長い道のりもきっと手を取って歩いていけることでしょう! 傘をさしてウェディングフォト撮影。相合傘でまるで映画のワンシーンのように 出典:NOUBA/ Photography:LJM Phorography 雨でもお構いなしに、外での撮影を望んだふたり。 カメラマンも負けないように、雨を生かしたベストショットを写真におさめていきます! 出典:NOUBA/ Photography:LJM Phorography しっとりと濡れた景色の中での相合傘ショットは、まるで映画のワンシーンのようでとてもロマンティックです。 いくつか傘を用意して表情を変えてみるのもおすすめ♡ ふたりのリアルクローズを取り入れたると、ふたりの日常がスパイスとなってオリジナルな仕上がりが期待できます。 水たまりの反射も活用しちゃいましょう!映り込みでオリジナルの写真を…続きを読む

知ってる?かすみ草の花言葉 出典:Juno&Joy/ Photography:Hannah McClune かすみ草は、「切なる喜び」 「感謝」 「清い心」 などの、結婚式にピッタリな花言葉を持っています。 クリスティーンとダレンは、母国である韓国とアイルランドのそれぞれの伝統、文化やルーツを上手く融合させ、家族とひとつになれる、温かくも洗練されたウェディングを行いました☆ かすみ草の花冠で誰からも愛される花嫁に♪ 出典:Juno&Joy/ Photography:Hannah McClune かすみ草って白くてふわふわで、純白のウェディングドレスとの相性がとても良いですよね☆ かすみ草の花冠は、清楚な花嫁になれる最強ヘアアレンジです! ボリューム感や他のお花との組み合わせによって表情が変えられるのも、かすみ草ヘアアレンジの良いところです。 大人花嫁さんには、細めのシンプルな花冠が上品でお勧め♡ 花冠のほかにも、編み込みにかすみ草を散らしてラプンツェル風にするのも素敵です。 かすみ草が主役のキュートなブーケ!色ミックスで個性も出せます 出典:Juno&Joy/ Photography:Hannah McClune かすみ草って脇役のイメージがありましたが、今はブーケの主役のお花としても人気です! ボリューミーで真んまるなかすみ草ブーケも王道で可愛いですが、そこに色のある小花をちょこっと混ぜると、個性を出すことができます。 色ミックスするとアンティークな雰囲気もプラスされるので、更に素敵な印象になりますね♪…続きを読む

永遠の憧れ☆ おとぎの国のお姫様ウェディング 出典:Burnett’s Boards/ Photography:Pearls & Berries オーストリアのウィーンは今、舞踏会シーズン真っ盛り。 豪華なお城で華やかなドレス、ワルツの調べ♪ この街の花嫁&花婿は、女の子が憧れるお姫様と王子様そのまま。 優しいエスコートでファーストダンスする姿はシンデレラ? オーロラ姫?? 夢をぜんぶ詰め込んだようなロマンチックな結婚式なんです。 バロック様式の宮殿まで馬車がお迎えにきます 出典:Burnett’s Boards/ Photography:Pearls & Berries 結婚式の会場は街の中心地にある由緒ある宮殿。 新婦アリスと新郎ジャンは二頭立て馬車に乗ってやってきました。 天使が見守るチャペル。超ロング丈のベールが似合います 出典:Burnett’s Boards/ Photography:Pearls &…続きを読む

キュートな雰囲気作りに欠かせません♡ 出典:Queen for a day /Photo:HWTM 何かと準備が大変な会場装飾ですが、リーズナブルでお片づけも楽々できてしまうバルーンは、ウェディングデコレーションの鉄板アイテムのひとつ! 小さい頃にみんな一度は手にしたことのあるバルーン、ふんわりと飾るだけでこんなにもフォトジェニックなんです☆ 心地よい風になびくバルーンの形に注目! 出典:Queen for a day /Photo:oh joy! こちらは、レッド、ピンクカラーのハート形のバルーン。 たっぷりのフリンジが風に揺られ、光を反射してきらめきます♡ フリンジを付けることでバルーンの動きをダイナミックに見せられますね! バルーンの色が決まらないならマルチカラーをセレクト 出典:Queen for a day /Photo:Kojo designs…続きを読む

BOHOスタイルがついに進化 出典:Ruffled/Photography:CYN KAIN PHOTOGRAPHY 自由奔放なボヘミアンテイストでありながら、ちょっぴりシックなBOHOスタイルがウェディングで流行中ですが、今回ご紹介するのはそのBOHOから派生した新しいテイスト「BOHO GLAM」。 GLAMとはGLAMOROUSの略で、刺激的かつ、うっとりするような魅力を意味する言葉。 つまりBOHO GLAMって、人気のBOHOスタイルに、きらびやかなゴージャス感をミックスさせたスタイルのことなんです。 ウェディングらしい華やかさはもちろん、70年代風のレトロな雰囲気も醸し出すカラーコーデ、会場のデコレーションのアイデアなど、新しい風を感じてみて♡ 出会った街が見下ろせる屋外劇場でロマンティックセレモニー 出典:Ruffled/Photography:CYN KAIN PHOTOGRAPHY セレモニーは、街を見下ろせる石造りの野外劇場で行いました。 当日は天気もまずまずで、新婦クリスティーンと新郎パトリックはほっと一安心♡ 実際に屋外で挙式やパーティーを行う場合は、お天気によってどんな対策をするか、あらかじめプランしておくことが大切ですね! 出典:Ruffled/Photography:CYN KAIN PHOTOGRAPHY 誓いの場所は、大きな樽にユーカリとバラで飾り、シンプルでロマンティックな雰囲気に。 アッシャーのひとりが、ボブ・ディランの「Make you feel my…続きを読む

他の人と違うブーケを 出典:NOUBA /Photography:Heart&Colour 今回は、一風変わった、でもとってもファッショナブルで魅力的なブーケの特集です。 ブーケはドレスを引き立たせるとても重要な要素。 どんなお花を入れようかな? 何色を組み合わせる? 選ぶのもとっても楽しいですよね♡ 日本の結婚式はほとんどが、ラウンドブーケ、キャスケードブーケ、ボールブーケなどと大体の形が決まっています。 カラーは自分で自由に選ぶことが出来ますが、最初からオリジナルなブーケにこだわってみるのはいかが? ブーケでお目にかかるのは珍しい素材をチョイス 出典:NOUBA /Photography:Nina Claire キングプロテアを筆頭に、人気上昇中のネイティブフラワー。 たとえ一本入れるだけでも、モードな空気をまとえるのが魅力です。 サキュレント(多肉植物)も、海外で定番と言えるほど花嫁の支持を得ている花材♡ ぷっくり可愛らしいフォルムは、心をなごませること間違い無し! 手摘みの雰囲気をそのままに 出典:NOUBA /Photography:Jonathan Wherrett さて、こちらはワイルドフラワーの手摘み感をそのまま表現したブーケ♡ ワイルドフラワーといっても同じ色味で統一しているので、違和感なく、とても素敵なブーケに見えるのです。 大きめのお花を選んでいるところも華やかに見せるポイント。 今流行り!ボタニカルのブーケ 出典:NOUBA…続きを読む

教会で無事に式を終えた二人にキッズたちからのお知らせが! 出典:Queen for a day/Photography:Olivier Baron 緊張するなか、無事に式を執り行いほっと安心した時に、《ミッション完了》とメッセージ入りの黒板を持ったキュートなキッズたちが登場! 新郎新婦はもちろん、参列したゲストたちの表情も和みます☆ パーティ会場に向かう前にショートブレイク!? 出典:Queen for a day/Photography:Olivier Baron カメラマンさんからの提案で、パーティの前にカフェバーでほんの少しだけブレイクタイム! 準備に追われて4日間も食事がとれなかったという新婦マリーヌ、パーティ中もなかなか思うようにゆっくり出来ないことを想定したナイスフォローで笑顔がはじけます。 道行く人たちにも幸せのお裾分けができてしまうかも♡ 黒板とリボンを使ってゲスト参加型のDIYウェディング♪ 出典:Queen for a day/Photography:Olivier Baron 用意した小さな黒板にゲストからのメッセージを書き込んでもらい写真撮影に使用するアイデア! HAPPYやENJOYなど書き方の見本を用意しておくと、わかりやすくてゲストの手も伸びそう♡…続きを読む

余白を生かしたカラーコーデ術   出典:NOUBA/Photography:BRI HAMMOND 自分たちらしいオリジナリティーあふれる結婚式を行いたいと思っていた新婦コートニーと新郎ダンカン。 二人の結婚式のテーマカラーは、白を生かした《オトナなカラフル》♡ 出典:NOUBA/Photography:BRI HAMMOND 様々に散りばめられたお花はもちろん、新婦のシューズ、ハニカムボールなど、アイテムは確かにカラフル! でも、すべてがとにかく色とりどり…というわけではなく、白を基調とした空間の中で、あくまで色をポイントとして使うのが、オトナなカラフルの魅せ方。 出典:NOUBA/Photography:BRI HAMMOND チラリと見える新郎ダンカンの靴下までもがしっかりコーディネートされている周到さは見習いたい♡ ふたりのクリエイティブな感性を生かした一日をのぞいてみましょう! ボタニカルを取り入れて爽やかな印象に 出典:NOUBA/Photography:BRI HAMMOND ブーケ、ブートニアは主張のある赤・オレンジ・ピンクのポピーやチューリップを混ぜて、グリーンで統一感を持たせています。 春ウェディングのプレ花嫁さんなら、チューリップは可愛さ・清楚感はもちろん、程よいモード感もプラスできちゃうおすすめのお花。 「思いやり」という素敵な花言葉も込められています♡ ウェディングケーキはお好きなだけどうぞ?! 出典:NOUBA/Photography:BRI HAMMOND ウェディングケーキは結婚式の代名詞とも言えるキーアイテム。 でも実は、ケーキって好きじゃない…という方は、ふたりのように違うもので表現してみて♡…続きを読む

1 2 3