マンスリーアーカイブ: 2018年January

長年にわたるパートナーシップをお祝い♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger オーストラリアの同性カップルKevinとChristian。 本当は正式な結婚を望んでいる2人でしたが、同性婚が認められていなかったため、2017年11月に15周年の記念パーティーを行いました (この直後12月に、オーストラリアでも同性婚がついに認められました!)。 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger それぞれ、ブルー&グレーのトーンと、紫&ベージュのトーンでまとめたスーツで爽やか&オシャレに決めています♪ 中の柄シャツとシューズでリンクコーデし、ワイルドフラワーでまとめた印象的なお揃いのブーケを持って一体感も出ていますね♡ お互いへの気持ちを手紙にしたためて♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 単なる食事だけではなく、セレモニーとして、お互いへの気持ちを手紙にして読みあいました♡ まるで美しい庭園のような装花とロウソクの光に囲まれ、気持ちが盛り上がる舞台セッティングもバッチリ♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 15年分の想いのこもった手紙の内容を聞いて、思わず涙してしまう一幕も♡ 節目節目に、こうして普段なかなか言えないお互いへの気持ちを伝えあえたら、本当に素敵ですね♪ クールなペーパーアイテム 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 活版印刷風デザインのペーパーアイテムは、とてもスタイリッシュでクール☆ 男性カップルならではのダークなトーンがとても素敵です♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana…続きを読む

* 温度や空気を美しく表現するケーキ 出典:Ruffled/Photo:Romance Weddings 新しい年を迎えて、一段と寒さも本格的。空は益々クリアなブルー。 空気も澄んで、輪郭が際立つ冬の美しい風景には、思わず心洗われます❄ 冬の美しさが感じられるのは外の景色だけじゃなく、実はケーキにだってできちゃうのです。 ”冬的たたずまい”にも何パターンかあるので、テーマごとに分けて一挙ご紹介♡ * 一面のホワイト。冷たい空気が立ち昇る 出典:Ruffled/Photo:Les Anagnou Photography ケーキナイフで模様をつけて、あとはベリーとグリーンをほんのちょっと。 白の美しさを引き立てるためにも、デコレーションは最小限が◎なのです。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 多肉植物のスモーキーグリーンが、真っ白なクリームにマッチ。 清らかで凛とした空間を提供できます。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 思い切って、ホワイトonly3段ケーキ。 静謐な佇まいに、思わずゲストたちも目を留めてくれるはず? さりげなく繊細な葉脈が浮き出るリーフでデコレーション。 大人ウエディングにもピッタリです。…続きを読む