カテゴリー:
その他

長年にわたるパートナーシップをお祝い♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger オーストラリアの同性カップルKevinとChristian。 本当は正式な結婚を望んでいる2人でしたが、同性婚が認められていなかったため、2017年11月に15周年の記念パーティーを行いました (この直後12月に、オーストラリアでも同性婚がついに認められました!)。 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger それぞれ、ブルー&グレーのトーンと、紫&ベージュのトーンでまとめたスーツで爽やか&オシャレに決めています♪ 中の柄シャツとシューズでリンクコーデし、ワイルドフラワーでまとめた印象的なお揃いのブーケを持って一体感も出ていますね♡ お互いへの気持ちを手紙にしたためて♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 単なる食事だけではなく、セレモニーとして、お互いへの気持ちを手紙にして読みあいました♡ まるで美しい庭園のような装花とロウソクの光に囲まれ、気持ちが盛り上がる舞台セッティングもバッチリ♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 15年分の想いのこもった手紙の内容を聞いて、思わず涙してしまう一幕も♡ 節目節目に、こうして普段なかなか言えないお互いへの気持ちを伝えあえたら、本当に素敵ですね♪ クールなペーパーアイテム 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 活版印刷風デザインのペーパーアイテムは、とてもスタイリッシュでクール☆ 男性カップルならではのダークなトーンがとても素敵です♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana…続きを読む

気取らない、アットホームで温かい挙式&ガーデンパーティー 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin ニュージーランドの大自然の中でアットホームな式を挙げたケリーとジョシュ。 大切な家族や友人たちの他にも、大事な大事な存在がいました♡ それは、ふたりの娘、サニーちゃん。 愛娘と一緒に、特別な日を過ごしたいと準備をしてきました。 赤ちゃんがいるだけで、みんなが笑顔になれるってすごいことですね♪ お支度もブライズメイドとワイワイ楽しく♪ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin ブライズメイドのドレスは、ホワイトで統一し、スタイリッシュなコーデに揃えました。 ただ、その白いドレスのデザインは、それぞれに一番似合ったものを、ということで一人ひとり違うんです♡ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin 花嫁は、レースや柄が印象的なドレスを着るため、ブライズメイドは滑らかな生地にしたとのこと。 また足元に注目すると花嫁だけ白いシューズで、目立っていますね♪ 余計な装飾はなし!素晴らしい自然を背景に愛を誓う♡ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin シンプルな会場が、ふたりをより厳粛な気持ちにさせてくれます。 ラッキーなことに、式の直前に雨が上がってくれたので、周りの木々や草がみずみずしい空間を作り出しています♪ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin…続きを読む

ブドウ畑が広がるワイナリーでミニマムに 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 秋に挙式を控えているプレ花嫁さん、プランナーさんとの打ち合わせがスタートした方もいらっしゃるのではないでしょうか♡ いよいよ近づいてきたBIG DAY、準備期間もたっぷりあるなら、季節を感じるコーディネートで臨むのはいかがでしょう? 今回ご紹介するのは、ブドウ畑が広がるのどかな景観の中で行われたサラ&ジョンのウェディング! 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 舞台はオーストラリア。日本と季節が逆のオーストラリアの秋は、3月から5月なんです。 オーストラリアの南海岸に位置するユラデュラにあるワイナリーで開かれ、大自然の美しさを活かして装飾もミニマムに。 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 1850年代に建てられたという歴史あるブドウ酒貯蔵室の門戸の前で永遠の愛を誓った二人。 そんな素朴な魅力のウェディングからレポートをお伝えします♡ オータムカラーでコーディネート 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 胸元のスリットがエレガントなレースニットガウンを選んだサラに合わせて、ブライズメイドたちもシンプル&クラシカルなスタイルに。 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 花婿とグルームズマンたちはキャメルブラウンのトラウザーで揃え、ツイードとベルベットのブレザーをチョイス。 かしこまり過ぎず、程よく肩のチカラの抜けた感じが居心地の良さを感じさせます。 シックなカラーのフラワーアレンジがナチュラルな美しさを引き立てていてステキ♡ ナチュラルな素朴さが魅力…続きを読む

シンプルで無造作なのにおしゃれで垢抜けてる”塩系スタイル”って? 出典:NOUBA/Photographer:It’s Beautiful Here インテリアにこだわる人たちの間で、少し前から”塩系インテリア”が流行ってるって、知ってました? ラブリーで甘~い姫系インテリアに対して、無骨で無造作、クールでスタイリッシュなスタイルを‘塩系男子”ならぬ”塩系インテリア”と呼ぶそう。 アイアンや無垢の木材の質感を活かして、シンプルでありながらどこかぬくもりを感じさせるカッコ良さが”塩系”の特長なんです♪ 今回はそんな”塩系スタイル”を取り入れた、オシャレ結婚式の実例を紹介します! 工場跡を改装したユニークな古い教会 出典:NOUBA/Photographer:It’s Beautiful Here 色褪せた鉄製のドア、むきだしの梁はまさに塩系インテリアの無骨なカッコよさそのものです。 結婚式当日、このスカイブルーの扉はたっぷりのお花で豪華にデコレーション♡ 扉の色味に合わせた青み系ピンクの大輪のダリアが目を引きます! ドラマチックなエントランスに、ゲストの期待も高まりますね♪ 出典:NOUBA/Photographer:It’s Beautiful Here 「衣ずれの音がするような、ふんわりしたものには惹かれなくて…」 Kaliのこだわりのドレスは、カッティングとメッシュ使いが特徴的なスタイリッシュなもの。 ラスティックな雰囲気の会場とのコントラストがハッとするほど印象的です。 「モダンだけど時代を超越した良さのあるデザインを探していたの。だからこのドレスを見たときには…思わず立ちすくんじゃった!」 出典:NOUBA/Photographer:It’s Beautiful…続きを読む

出典:NOUBA/Photographer:Bayly & Moore 本当にお洒落な人って、結婚式だからと特別なことをしないのかも。 ニュージーランドに住むカップルは、ふたりの日常を結婚式の舞台に選びました♪ 誓いの言葉は、おうちの目の前の公園で 出典:NOUBA/Photographer:Bayly & Moore 結婚式と言えば、最もポピュラーなのはやはり教会ですよね。 けれどこのふたりが選んだのは、家の目の前にある公園でした! ふたりが普段からよくくつろぐ、癒しを与えてくれる場所。後ろにブランコも見えますね。 衣装もナチュラルな雰囲気にはまっています♡ 出典:NOUBA/Photographer:Bayly & Moore ふたりを良く知るゲストたちの心にも残る、あたたかな式となりました。 いつもの街で、ロケーションフォト 出典:NOUBA/Photographer:Bayly & Moore ふたりは写真だって街中で撮りました。 日頃からお洒落スポットを見つけておくと、真似できるかもしれませんね。 出典:NOUBA/Photographer:Bayly &…続きを読む

サマースプリングに祝福される花嫁に♡ 出典:NOUBA /Photo:Willow & Co. もうすぐ6月* 結婚すると幸せになれるという言い伝えのある “ジューンブライド” ですが、日本では雨が降りやすい季節であるというのも事実ですよね…。 今回ご紹介するキャサリーンとクリントンの結婚式は、シンプルでリラックスムードのウェディング。 最初のプランニングからずっと、アウトドアのロケーションに決めていました。 当日の朝、残念ながら天候はどんより雲…。 でも、お天気を吹き飛ばすようなテーマカラー、コーラルピンクがこの雰囲気を一掃してくれました! 大地の恩恵を受けて輝く、ふたりのウェディングを覗いてみましょう。 ロマンティック・フローラルなテーマカラー♡ 出典:NOUBA /Photo:Willow & Co. いきいきとしているブーケは、コーラルピンク×ホワイト×フレッシュグリーンの組み合わせ。 花びらが重なった大輪のお花がナチュラルでロマンティックな雰囲気♡ ブライズメイドたちの総レースドレスも、コーラルピンクが差し色となってキュートな彩りを添えていますね。 BoHo-シックなドレスで♡ 出典:NOUBA /Photo:Willow…続きを読む

ムード満天のラスティック・ウェディング♡ 出典:Ruffled/ Photography:Mike Olbinski オーストラリアを代表するワイン生産地のヤラバレーはメルボルン郊外にある人気のエリア。 広範な丘陵地帯に連なるように広がるブドウ畑。 ゆったりと流れる時間に素朴な温かさを添える特別な一日となることでしょう。 こだわりのDIYで工夫を凝らしたJade & Joelの素敵なラスティック・ウェディングにご招待♡ 思いつく限りのDIYを楽しみながら♡ 出典:Ruffled/ Photography:Mike Olbinski ウェディングの準備で花嫁のJadeは自分自身でも気づかなかった才能を発揮したみたい♪ インビテーション、室内装飾、コーサージュ、リングボックスからケーキのトッパーまで… 様々なところに工夫と熱意を込めたDIYで作り上げたウェディングはまさに花嫁の理想を現実のものにしました♡ 人気のカリグラフィーや水彩絵の具を使ったデコレーションなど様々なものに挑戦。 出典:Ruffled/ Photography:Mike Olbinski 美しいシルクフラワーのヘッドドレスまで彼女の手によるものだなんて、素敵すぎですよね♡ 特別感のあるドレスたち 出典:Ruffled/ Photography:Mike…続きを読む

プライベートロッジで素朴な暖かさを♡ 出典:NOUBA/ Photography:Todd Hunter McGaw 世界で4番目に長い山脈と言われる、オーストラリア・グレートディバイディング山脈。 壮大な景色を背景にしたウェディングは、アウトドアファンには最高のシチュエーションです♡ ボヘミアン・シックなJillian & Gavのウェディングの様子を、素朴な暖かさがRelaxingなプライベートロッジからレポートします♪ ボヘミアン・シックなツーピースドレス♡ 出典:NOUBA/ Photography:Todd Hunter McGaw ミルキーホワイトの色味がまろやかな印象のツーピースドレス。 繊細に編み上げられたクロッシェレースの装飾がバックスタイルにも施されていて、とても凝ったデザイン。 出典:NOUBA/ Photography:Todd Hunter McGaw 美的な色彩感覚の可憐な薔薇のブーケは、当日届けてくれたフローリストが美しい敷地に自生するゴムの木の葉を集めて即興で リアレンジしたもの。 アーティスティックな感性を感じますね♪ ゲストへのギフトはオーガニック愛にあふれたものを♡…続きを読む

トレンドスポットでボタニカルウェディング♡ 出典:NOUBA/ Photography:LJM Photography 実は最初は別のロケーションでのウェディングを考えていたふたり。 でも条件が合わず別のロケーションを探すことに…。 『でも、これってそういう運命なのかも?』 そんなポジティブなふたりは、すぐにぴったりの場所を見つけました! 出典:NOUBA/ Photography:LJM Photography メルボルンのホットな人たちが集まるアーティスティックなギャラリーカフェ。 夜な夜なクールなイベントも開かれる人気スポットで行われた、ちょっぴりボタニカルなShayeとBenのウェディングに潜入してみましょう! 運命の瞬間はドレスにも♡ 出典:NOUBA/ Photography:LJM Photography ドレス選びには慎重だったShaye。 自分のためのスペシャルな一枚を見つけることは、ウェディングのTO-DOリストの中でもかなりのウェイトを占めていたそう。 出典:NOUBA/ Photography:LJM Photography 思わず後回しにしていたある時、運命的に出会ったのがこのドレス♡ 袖を通してみると、これこそ探していたドレスだと実感! しかも、最後の一着だったとか!…続きを読む

水辺で幻想的なウェディング 出典:NOUBA/ Photography:Kait Photography 壮大な景色が広がる山々に囲まれた、静かな湖水に佇む「シークレッツ・オン・ザ・レイク」。 宿泊も出来て、アウトドアアクティビティも充実していてハネムーンにもぴったりの施設♩ 今回は、オーストラリアのカップル・デニースとアレックスのウェディングをレポートします。 ひまわりをふんだんに使って、大自然の中で叶えた結婚式、どんな1日になったのでしょうか♡ プロポーズも自然あふれる屋外で 出典:NOUBA/ Photography:Kait Photography ふたりが結婚することになったきっかけは、シドニー旅行。 アレックスが手配したハイヤーからは、なぜかデニースのお気に入りソングばかり流れてきて…♡ 終点の国立公園で、手紙に気持ちを託し、片膝を立ててエンゲージリングを差し出しました♡ 自然が大好きなデニースにとってロケーションもばっちり、答えはもちろん、イエス! シンプルで、気ままで…そんなふたりらしさを大切にしたいね、と、ウェディングも大自然の真ん中で行うことに決めました! スイート&フェミニン♡夢見るボヘミアン・ブライド 出典:NOUBA/ Photography:Kait Photography 繊細なレースがロマンティックな気分を盛り上げるツーピース。 透け感のあるフェミニンなスタイルは今年のトレンドでもありますね♪ 出典:NOUBA/ Photography:Kait…続きを読む

1 2 3 5