カテゴリー:
ニューヨーク, US

気高く美しい太古の自然と、ウェディングが響きあう 出典:Wedding Chicks 「合成?」と疑いたくなるようなロケーションですが、正真正銘のリアルウェディング。 アメリカ・ユタ州モアブからのウェディングレポートは、地上120mからお届けします。 挑みたくなる 包まれたくなるモアブの渓谷 出典:Wedding Chicks 普段からトレーニングを積む花嫁が、夢のウェディングを叶えました。 ここまで特別な個性派ウェディングだから、フラワーシャワーももちろん想定外☆ フラワーガールが命綱付きで崖からジャンプし、背負ったリュックから花々を撒き散らすという、 世にも稀な冒険度の高いフラワーシャワーを実現しました。(写真が無いのが残念!) 人間の美しさが浮彫りになるから 飾りはあんまりいらない 出典:Wedding Chicks 花嫁がチョイスしたのは、褐色の大地に溶け合うアースカラーの刺繍が施されたドレス。 髪はダウンで、アクセサリーはあえて付けず。 強い風がベールやドレスをはためかし、景色の”静” 人物の”動”が、よりドラマティックな演出効果に。 人間の美しさが浮彫りになるから、飾りはあんまりいらない 出典:Wedding Chicks 巨大なドリームキャッチャーのようなネットが、ふたりを力強くキープ。 細かい血管のようにも、葉脈のようにも見えるのは、大小はりめぐる赤いネットに光が射しているせい? 永遠を感じさせるアートのような最高の1枚。…続きを読む

出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY 寒~い冬が終わって、花が咲き乱れる春は、みんなが待ち望む楽しい季節♡ そんな季節に結婚式を挙げるなら、カラフルな色使いで最高にHappyなウエディングにしたいですよね♪ 春はパステルカラーも人気ですが、今回ご紹介するのは元気一杯のビビッドカラーであふれた結婚式です♡ 目にまぶしいオレンジが主役のブーケ&ドレス 出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY もこもこの形が可愛い多肉植物とオレンジやピンク、黄色などビビッドなカラーのお花をアレンジしたラウンドブーケはとってもキュート♡ 全体的に丸みを帯びていて、ガーリーな雰囲気です。 出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY ブライズメイドのドレスには、赤とオレンジの中間色であるポピー色をチョイス♡ 鮮やかな色で、とても華やかです。 ドレスの色の主張が強いので、ブライズメイドのブーケは多肉植物の淡いグリーンでバランスをとっています♪ 春の花嫁コーディネート☆ 出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY すとんと落ちるシンプルなラインのドレスですが、ポイントはレースのスリーブ♡ 透け感が上品でオシャレです。 出典:Ruffled/Photo:BRIAN…続きを読む

プロテアが主役の圧巻ブーケ☆ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI カリフォルニア州のパームスプリングスで式を挙げたキャリーとジェフ。 パームスプリングスは砂漠のリゾートで、ふたりはここの式場を一目で気に入って決めたそうです♪ 砂漠リゾートなので、カラフルな挙式ではなく、会場の雰囲気を活かしたいという希望を持っていたふたり。 シンプルでアットホームなウェディングになりました♡ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI 乾燥した地域に咲くプロテアは、まさにぴったりのお花です☆ アフリカ原産のプロテアは一度見たら忘れないインパクト抜群のシルエットを持つお花。 「王者の風格」「豊かな心」など、その見た目にぴったりの花言葉を持っています。 鮮やかすぎず、淡すぎないピンクの色も素敵ですよね♪ そのプロテアを3輪束ねただけのシンプルなアレンジですが、ゲストの視線を奪う迫力あるブーケになっています☆ プロテアに負けない凛々しい花嫁に♡ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI ショートカットにもよく似合うバードケージベールをまとい、アクセサリーは大振りのピアスのみ。 大人の魅力を最大限に引き出した花嫁コーデです♡ 腰の下まではタイトなマーメイドラインで、そこから裾まで一気にボリュームを出したドレス。 ひとつひとつのデザインが個性的でおしゃれですね☆ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI ブライズメイドも、ラスティックウェディングの雰囲気によく合った、淡いゴールドのロングドレス. シンプルなホワイトのブーケ、ダウンスタイルのヘアでお揃いにしています。…続きを読む

上品でクラシカルな結婚式へようこそ♡ 出典:Ruffled/ Photography: TAMMY SWALES 可愛いものが大好きで、結婚式では映画「マリー・アントワネット」のような世界観を再現したいと思ったという新婦アレクサンドラ♡ 随所にロイヤルブルーを使った上品な配色で夢を形にしました♪ ハイウエストで切り返したふわふわスカートのウェディングドレスに合わせるのは、大きめリボンがガーリーなロイヤルブルーのシューズです☆ 出典:Ruffled/ Photography: TAMMY SWALES 英語のロマンティックな愛情表現の中に、「To the moon and back」、(月まで行って帰って来られるほど)あなたが大好き♡という言い回しがあります。 それを表現したかったという新郎新婦は、月や星、夜空をイメージしたペーパーアイテムを準備。 込められた意味も素敵ですし、落ち着いたネイビー&ブルーとゴールドの組み合わせが上品ですね♪ ブルー&ホワイトのブーケで爽やかに♪ 出典:Ruffled/ Photography: TAMMY SWALES お花の色もテーマカラーと同様、ロイヤルブルーを取り入れて♪…続きを読む

ふたりの旅立ちを祝して♡テーマは『TRAVEL』 出典:Wedding Chicks/Photographer:A Guy + A Girl Photography 『結婚とは、新しい旅立ちである。』 …この言葉に誰もがうなずくのではないでしょうか? ふたりの旅の始まりにふさわしく、『TRAVEL』をテーマにした素敵なウェディングをご紹介します! ガーデンウエディングが気持ちいい! 出典:Wedding Chicks/Photographer:A Guy + A Girl Photography RonとDesileeが誓いの場所に選んだのは、 美しいツタが生い茂るガーデンの一角。 ふたりの旅のスタートを家族や友人、大切な人たちが見守ります♪ 出典:Wedding Chicks/Photographer:A Guy…続きを読む

多肉植物を使ったブーケ&ブートニアは、フォルムがキュート♡ 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder サンタモニカでガーデンウェディングを挙げたふたり♡ ふたりがやりたかったのは、「おしゃれだけど、くつろげる」「統一感があるけど、頑張りすぎてない」結婚式☆ このバランスを取るのって、実はとっても難しいのですが、見事にそれを実現しちゃいました! 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder そんなふたりが選んだのは、多肉植物をたっぷり使ったブーケ&ブートニア。 淡いピンクやオレンジのお花と、薄い緑色のもこもことした多肉植物でまとめています♡ 色味が全体的に薄いトーンなので、とてもナチュラルです。 ですが、ユニークな形の多肉植物を使うことで、一味違う、オシャレなブーケ&ブートニアになっていますね♪ 持ち手のリボンにブローチを飾るという小技も効いています。 ブライズメイドのドレスはテーマ色に合わせたグラデーションで♡ 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder 結婚式のテーマカラーは、グレーとピンクブラッシュ(チークのような透明感があって優しいピンク)。 そこで、その2色のグラデーションカラーの中からブライズメイドたちに選んでもらいました♪ 一人ひとりドレスの色は違うのに、生まれる統一感は素敵ですね! 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder 全員同じ色にしない場合、このグラデーション配色はとっても参考になりそうです☆ 多肉植物が彩るテーブル♡“こなれたオシャレ”コーデの完成です 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder…続きを読む

最高にハッピーな一日のテーマカラーはズバリ白!潔さが素敵です♡ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  白を中心にしたウェディングって意外とレアかも? 今回は、共通の友人を通じて知り合い、お互いすぐに夢中になったキャロリンとアンドリューのウェディングをご紹介していきます♡ 白とグリーンだけをテーマカラーにしたウェディングは、潔くて素敵ですね♪ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  会場は緑がまぶしい丘の上の教会☆ そして、この日のためにカスタマイズしたウェディングドレスは、ウエストの部分をちらりと露出させたモダンなデザインです! 花嫁ブーケもブライズメイドブーケも白!リラックスムードが心地よい♡ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  ブーケは白いお花オンリーのアレンジ♡ 無造作に束ねたナチュラルなブーケに仕上がりました。 ひと巻きしてあるリボンも真っ白というこだわりっぷり♡ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  グリーンのボリュームも多いので、白一色なのに見ごたえのあるブーケになっていますね! 出典:NOUBA/Photographer:Willow &…続きを読む

一生に一度、最高のセレモニーを演出するのは上質なヴィンテージスタイル 出典:Ruffled /Photo:Kim Smith Miller 派手なパーティーはしたくない…ピンクに囲まれた様子も、柄じゃないな。。 そんなプレ花嫁さんにおすすめの、ナチュラルヴィンテージスタイルをご紹介します♡ カラフルだけがフラワーアレンジではない! 出典:Ruffled /Photo:Kim Smith Miller フラワーアレンジは白とグリーンなどナチュラルカラーをベースに。 出典:Ruffled /Photo:Kim Smith Miller グリーンとホワイトだけでも、上品でとてもきれいなんです!♡ テーブルナンバーや小物アイテムに黒を使っているのも、全体の印象をただナチュラルなだけにさせないポイントです。 テーブルを彩るアイテムにもこだわって♡ 出典:Ruffled /Photo:Kim Smith Miller アレンジの花器、食器など、インテリアはヨーロッパ風のものを。…続きを読む

シアワセ色に包まれて♡ 出典:Ruffled/ Photography:Mike Olbinski りんごの香りにも似た爽やかでスィートな香りのカモミール。 可愛らしい小さなお花はアロマセラピーでも人気があり、私たちをリラックスさせてくれる優しい存在です。 CoriとJohnのウェディングは、そんなハーバルな香りの漂う素朴で温もりのある時間が流れています。 Coriが子供時代を過ごした緑豊かな牧場であげるフレンドリーで懐かしい雰囲気のブライダルは花嫁たっての願いでもありました。 カントリーサイドで過ごす心安らぐウェディングを目指してみませんか?♡ 光のカラーパレット♡ 出典:Ruffled/ Photography:Mike Olbinski ふたりのウェディングはイエロー×ホワイト×グレーのテーマカラーでコーディネートされて、飾らなくソフトで明るい印象♪ 素朴な魅力が人気のDIYデコ、ファブリックガーランドもカラーコーデして、色々な空間の演出に大活躍させています。 出典:Ruffled/ Photography:Mike Olbinski 会場となったCoriファミリーの牧場は天候の変わりやすいテキサス中部にあり、春から初夏にかけては雨量も多く、嵐の季節なんです。 出典:Ruffled/ Photography:Mike Olbinski 当日の朝も曇り空に雨粒が降り注ぐ中で迎えましたが、セレモニーの時になったら奇跡的に晴れ間が覗いて辺りの緑も輝き出しました。 テーマカラーともリンクして、雲の切れ間から明るい光が差し込んでいます♡ ルーラルな景色の中でシャビーシックなインテリアを♡…続きを読む

世界一キュートな花嫁になりたい♡ 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY PHOTOGRAPHY ウェディングのコーディネート、”可愛さ” は絶対欲しいけど、大人っぽさも意識したい… そんなプレ花嫁さんから熱い支持をうける、ちょいボヘミアンスタイル♡ 結婚式らしいロマンティックなムードをたっぷり加えると、今っぽさを感じる優雅なコーディネートが出来上がり! 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY PHOTOGRAPHY ユーカリ、オリーブの枝、レッドピアノローズ、ピーチジュリエット、ガーデンローズ…♡ センスよくセレクトされたそれらの草花が、ブーケや花冠に惜しみなくアレンジされ、ボタニカルな魅力のボヘミアン・ブライド♡ 鮮やかな薔薇に赤いリップがとってもキュートです。 個性を生かしたブライズメイズルック♡ 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY PHOTOGRAPHY ブライズメイドたちはピーチピンクやバーガーンディのドリーミーなドレスを、それぞれの個性に合わせてチョイス。 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY…続きを読む

1 2 3 9