Banner Flower Left

[ Webサイト移転のお知らせ ] BG Bridal Galleryがリニューアルしました!新しいサイトはこちらです♡

Banner Flower Right

ゲストに伝えたい「思い」が表現できる♡ Chalk Board(黒板) メッセージ集

グラフィックス1
出典:Weddingchicks /Photographers: H&H Photography

海外、特にアメリカのウエディングでは、画用紙より一回り大きいくらいの黒板(chalk board)に新郎新婦からのメッセージがよく書かれます。

入口にディスプレイしてウェルカムボードにしたり、パーティのプログラムを書いたり、お料理のメニューを載せたりetc….

挙式会場から披露宴へ移動する際の誘導にも使われたりして、使い方は自由自在♪

元々は、レストランやカフェの案内板やメニューボードとして利用されていたチョークボード。

でも徐々にグラフィカルに発展していき、最近は「チョークアート」という芸術のジャンルができるほどポピュラーに♡

これをウェディングでとりいれるメリットは、

  1. 結婚式のDIY感(手作り感)がアップすること
  2. 手書きなので、ふたりらしさが出せる
  3. ゲストへの感謝の気持ちやお願いが、自分たちの言葉で伝えられる

それでは早速上手に取り入れている海外花嫁の実例をたっぷりお見せしますね♡

挙式スペースの入り口に、ウエルカムボードとして♡

グラフィックス2
出典:Weddingchicks /Photographers: Nikki Mills

挙式に来てくれたゲストへ「ようこそ!」という歓迎の気持ちを表したウェルカムボード。

お好きなところにお座りください

のメッセージとともに♡

ゲストにお祝いメッセージをお願いするチョークボード

グラフィックス3
出典:Weddingchicks /Photographers: Matthew Morgan Photography

参列してくれたゲストたちに、お祝いのメッセージを書いて欲しい…

そんなお願いも、アンティークなフレーム入りのチョークボードでおしゃれに伝えています♡

撮った写真をインスタグラムで共有!ハッシュタグのお知らせもチョークボードで

グラフィックス4
出典:Weddingchicks /Photography: Izzy Hudgins Photography

インスタグラムをやっているゲストが多ければ、ハッシュタグを設けて、みんなで共有すればもっと楽しい!

タグをお知らせするのにも、チョークボードが役立ちます♪

結婚式では、こんな風に過ごしてほしい…そんな思いをユニークに♡

グラフィックス5
出典:Weddingchicks /Photographers: Matthew Morgan Photography

ウエディング中のアジェンダ(やること)は…

食べて、飲んで、愉快になること♡

…ふたりの結婚をお祝いするために駆けつけてくれたゲストだから、おなかいっぱい食べて、飲んで、楽しんでほしい…そんなふたりのメッセージをボードに託しています。

チョークボードのおかげでひと目でわかる♡バーカウンターのメニュー

グラフィックス6
出典:Weddingchicks /Photographers: H&H Photography

パーティ会場内にバーカウンターを設けていたら、そこにもチョークボードがお役立ち。

どんなドリンクがあるのか、皆に分かりやすくお知らせ。

ポップコーンバーでは、思わずクスッと笑えるシニカルなメッセージとともに♪

グラフィックス7
出典:Weddingchicks /Photographers: H&H Photography

ポップコーンバーには、ゲストが好みの味付けを楽しめるよう、ソルトや甘いフレーバーをいくつもそろえて。

その脇に置いたチョークボードのメッセージには

人生はしょっぱい、でも愛は甘い。お好きにどうぞ!

ですって!

スケジュールのお知らせにも、一役買います♡

グラフィックス9
出典:Wedding Chicks /Photographers: Unearthed Photography

このチョークボードを置いたカップルのウエディングは、最初にゲストと共に朝食を食べる披露パーティ、そして挙式、という流れ。

その一風かわったプログラムをチョークボードに記しています。

さりげなく

足元に気を付けてね

の注意書きも添えています。

ウエディングフォト用のメッセージも、チョークボードの出番♡

グラフィックス10
出典:Weddingchicks /Photographers: Nikki Mills

「Just married」(結婚しました!)と書かれたガーランドをかかげる新郎新婦は多いけれど、

「And they lived happily ever after」(末永く幸せに暮らしました)は、童話の最後のお決まりフレーズ。

子どもの頃から憧れていたお姫様の結婚の夢がかなったみたいで、なんだかロマンチックですよね♡

番外編:ボードじゃないけど…タペストリー風のチョークアートもご覧あれ♡

グラフィックス11
出典:Ruffled/PHOTOGRAPHY:BLUESPARK PHOTOGRAPHY

「待ちに待ったKori と Jaronウエディング」と表したタペストリー風のチョークアート。

両脇には両親の名や、花嫁介添え人、ベストマンの名も記して、グラフィカルにデザイン。

誰の目にも入りそうなお目立ち具合がいい感じです。

いかがでしたか?

カリグラフィのように書体を工夫したり、文字の組み方やレイアウトに凝っているものは多かったけど、中には、普段の文字で、気取らずにメッセージを伝えているものもたくさん!

おしゃれでも素朴でも、ふたりの思いや人柄が伝わってくるから不思議ですよね♪

どこかヴィンテージ感を感じる雰囲気も素敵なので、ぜひ取り入れてみてください♡

facebook twitter googlepinterestmail

ページトップへ