Banner Flower Left

[ Webサイト移転のお知らせ ] BG Bridal Galleryがリニューアルしました!新しいサイトはこちらです♡

Banner Flower Right

作っている過程を思い出に残そう♪ 誰でも簡単にできちゃう☆テーブルナンバーDIY例5選

テーブルナンバーをDIYしたい!

tablenumber1
出典:weddingchicks /Photography:volatilephoto

ウェディングのすべてをDIYするのはちょっと厳しいかも…

という方にオススメしたい“ちょこっとDIYアイテム”のひとつが、テーブルナンバー。

ゲストの皆さんの目に触れやすいアイテムなので、制作過程を撮影してムービー上映なんて演出もいかがですか?

テンプレートと水彩色鉛筆で、かんたんアート♪

1_watercolor1_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride /Photography:akimbo

ネット上の無料テンプレートを使って、水彩色鉛筆で色付けをするだけ。

絵の具ではなく水彩色鉛筆なので作業も簡単、色を塗ったうえから水を含ませた筆でぼかせばOK!

※テンプレートのダウンロードはこちらです♡
2_watercolor2_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride /Photography:akimbo

ペイントできたら、お気に入りのフレームにセットしてできあがりです。絵や工作がニガテ、というカップルにもオススメ!

ロープを貼った瓶と多肉植物がラスティックなイメージ☆

3_rope1_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride /Photography:akimbo

100均などで売っている瓶に、ボンドでロープを巻きつけるだけで素敵な容器に変身! 

4_rope2_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride /Photography:akimbo

ナンバーフラッグを作ります。ここではアイロン転写シートに無料テンプレートを印刷し、三角に切った布にプリントしていますが、紙などを使って時短してもよいかもしれませんね。

※テンプレートはこちらです

5_rope3_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride /Photography:akimbo

出来上がった容器に多肉植物を入れ、ナンバーフラッグを一緒に飾ります。

釘と糸で数字を作ったら、ナチュラルなのに幾何学模様風!

6_geometric1_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride /Photography:bentinmarcs

適当なサイズの板に、釘で数字を縁どります。

そこに、好きな色の糸や紐をランダムに渡していくだけ。

画像のように、数字をプリントした紙を使いましょう。太字のフォントを選ぶのがコツです。

7_geometric2_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride /Photography:bentinmarcs

テーブルごとに糸の色を変えたり、秋冬なら毛糸を使ったり。アレンジできるのも楽しい♪

本のページとゴールドが、アンティーク&エレガント♪

8_photoframe1_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride

フォトフレームはテーブルナンバーに大活躍するアイテム。

ここで紹介するのは、古い本のページをフレームに入れた例。

まずは市販の番号モチーフを、ゴールドにペインティングします。

フレームのサイズにあわせて切った本のページをフレームに入れて糊などで固定したら、そのうえにペイントした番号を貼り付けます。

9_photoframe1_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride

どんな本のページを選ぶかがポイント。この写真のようにイラストを使うなら、今流行の大人の塗り絵本などから探すのもいいかも。

イラスト以外にも、英語の本や古い絵本調のものを使うなど、アイデアが広がりますね!

自立するナンバーがユニーク! 簡単なのにオリジナル感たっぷり♪

10_number1_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride

ボードやファブリックに数字を書くのではなく、数字自体がオブジェになったテーブルナンバー。

この写真では、ラメパウダー(金と銀の2色)とモッドポッジ(接着剤とニスのような効果があるもの。

「モッドポッジ」で検索すればネット通販等で手に入ります)を混ぜたもので色付けしています。

モッドポッジは仕上がりがきれいになるのでオススメ。

12_number3_yamaoka_1019_1
出典:polkadotbride

数字モチーフのオブジェは、木製のものなど手に入りやすくいろいろなフォントがあるのでぜひ探してみて。自立するタイプのものを選ぶようにしましょう。

いかがでしたか? 自分なりにアレンジして、ウェディングのテーマやテーブルコーディネートに合わせてももちろん素敵!

ふたりで作れば、素敵な思い出にもなりますね♪

facebook twitter googlepinterestmail

ページトップへ