ロイヤルブルーとオレンジが爽やか♩ パリジェンヌのシックでエレガントな結婚式

パリジェンヌのウェディングには、大人婚に応用できる要素がたっぷり!

2015-10-17_0006
出典:queenforaday /Photography:alain. m

シンプルなのにドラマティック。そして、シックでエレガントな雰囲気を目指すために大切なのは、色を使いすぎないこと。

今回使用したカラーはロイヤルブルーとオレンジのみ。まずは自分達に似合うカラー選びから始めたいですね♡

今回のように反対色を選ぶコーディネートは、お互いを引き立てあう効果があるので、バランス良く見せる方法のひとつです。

主役ですもの♡ さりげないリンクがもっと心を近づけます

2015-10-17_0001
出典:queenforaday /Photography:alain. m

イヴサンローランのヒールと、デコルテとバックスタイルにたっぷりとビジューのついたジェニーペッカムのドレス。

オレンジをベースにしたメイクは軽めに、ヘアスタイルもラフに整えます。

新婦のネイルは元気なオレンジ。新郎の蝶ネクタイも、やっぱりオレンジです!♡

まずは籍を入れに区役所へ! その前に…ファーストルック♡

2015-10-17_0002
出典:queenforaday /Photography:alain. m

準備も整い区役所へ出発する前に、二人が対面。

この日を迎えることができた喜びの瞬間に、ドレスアップした二人の輝きが花を添えます!

区役所へは膝上丈のホワイトカラーのドレスをチョイス。ブルーのプリントでさりげなくサムシングブルーをオン。花嫁のためのおまじないも忘れずに味方につけて!

区役所で籍を入れた後は、いよいよ教会へ

2015-10-17_0005
出典:queenforaday /Photography:alain. m

実は、新郎側のゲストはブルーの装い、新婦側はオレンジ色の装いがこの日のドレスコード。新郎新婦のふたりと一体感が出て、なんだか親密な空気に。

ドレスコードとしてカラーを指定したい時には『ハンカチやブローチなど、どんな小さな物でもOK』と、招待状に一言書くのも親切ですね♡

ロイヤルブルーとオレンジに染まったライスシャワーのなかで祝福されるふたりはとても幸せそう♡

大人花嫁なら、背中で魅せて♡

2015-10-17_0007
出典:queenforaday /Photography:alain. m

ネックレスなしでもビジュー付きのドレスならこんなに華やか。

ヘアもふんわり無造作に、後ろ側にボリュームが出るようにまとめるとパリジェンヌ風に。

背中のあいたドレスでもノースリーブだとベアトップよりは隠れる部分が多いのでハードルは低め。がんばってチャレンジしたいですね!

結婚式後のパーティでもしっかりとカラーコーディネート

2015-10-17_0009
出典:queenforaday /Photography:alain. m

白を基調とした会場でテーブルランナーにブルーを、会場装飾のお花をオレンジでまとめます。

ゲストへのお土産もクリップやミニレターにカラーを取り入れて渡すとGood! パリジェンヌのセンスは本当に参考になります。

facebook twitter googlepinterestmail

ページトップへ