キーワード: オレンジ

“ふたりらしい”場所を求めて…♡ 出典:NST PICTURES これまでにも、ユニークなウェディングロケーションをたくさんご紹介してきました♡ それぞれのカップルが選ぶロケーションは本当に様々で、こだわりや”らしさ”が詰まっていて素敵ですよね♡ 今回は、ニューヨーク・ブロンクスの動物園で叶えたEmilyとBenの結婚式をご紹介します! ちょっぴりアートなNY動物園* 出典:NST PICTURES ウェディングで、お互いの姿を初めて見せ合うファーストミート。 EmilyとBenがロケーションに選んだのは、園内の動物のモニュメントがある場所♡ 出典:NST PICTURES ドラマティックでちょっとアートな雰囲気♡ ユニークで動物園ならではのナイスチョイスです♡ 出典:NST PICTURES ファーストミートのあとは、ふたりで動物園の中をちょっぴりデート! ウェディングの日は緊張してしまったりするかもしれませんが、可愛い動物たちが癒しを与えてくれそうです♡ ふたりが大好きな場所での結婚式にこだわると、力むことなく当日を楽しむことができるんですね♡ 式は動物園内のアウトドアスペースで 出典:NST PICTURES 動物園内のアウトドアスペースにイスなどを用意して、自分たちだけのウェディング会場を用意しました。 出典:NST…続きを読む

紅葉の季節♡カラフルなリーフに囲まれて 出典:NST PICTURES まもなくやってくる紅葉シーズン♡ 今回は、赤や黄色に色づいた美しい木々に囲まれた中で、ロマンティックなウェディングを叶えたAmandaとJosephをご紹介します♡ 思わず息を飲んでしまうほどキレイ! NYの教会、Monastery Church of the Sacred Heart 出典:NST PICTURES ふたりが結婚式を行ったのは、ニューヨークにある歴史ある教会「Monastery Church of the Sacred Heart」。 キリスト教のローマ・カトリック教会のもので、カラフルでゴージャスな内装が特徴です。 西洋美術や教会建築などに興味がある方にとっては、特に面白いのでは?♡ 出典:NST PICTURES 家族やブライズメイド、アッシャーをはじめ、ゲスト全員が待つ静粛な雰囲気。…続きを読む

出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY 寒~い冬が終わって、花が咲き乱れる春は、みんなが待ち望む楽しい季節♡ そんな季節に結婚式を挙げるなら、カラフルな色使いで最高にHappyなウエディングにしたいですよね♪ 春はパステルカラーも人気ですが、今回ご紹介するのは元気一杯のビビッドカラーであふれた結婚式です♡ 目にまぶしいオレンジが主役のブーケ&ドレス 出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY もこもこの形が可愛い多肉植物とオレンジやピンク、黄色などビビッドなカラーのお花をアレンジしたラウンドブーケはとってもキュート♡ 全体的に丸みを帯びていて、ガーリーな雰囲気です。 出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY ブライズメイドのドレスには、赤とオレンジの中間色であるポピー色をチョイス♡ 鮮やかな色で、とても華やかです。 ドレスの色の主張が強いので、ブライズメイドのブーケは多肉植物の淡いグリーンでバランスをとっています♪ 春の花嫁コーディネート☆ 出典:Ruffled/Photo:BRIAN EVANS PHOTOGRAPHY すとんと落ちるシンプルなラインのドレスですが、ポイントはレースのスリーブ♡ 透け感が上品でオシャレです。 出典:Ruffled/Photo:BRIAN…続きを読む

* シトラスが放つ爽やかさで会場をリフレッシュ♡ 出典:Weddingchicks/Photographer:Lavender & Twine レモンやオレンジが、ウェディングコーデの主役になるなんて知ってました? その名の通り、ビタミンカラーは空間を元気に明るくしてくれるし、シトラスのリアルアロマは最高級のリフレッシュ効果♡ 普段から身近にあるフルーツなので、親しみもありますよね♪ ということで、今回はシトラスウェディングが織り成す爽やかなウェディングシーンをお届けです! * テーブルウェア* 出典:Weddingchicks/Photographer: Lavender & Twine 白のプレートに置くだけでこの可愛さ♡眩しいイエローがなんとも☆ こんな風にピックをたてたり、少しカットしてカードスタンドにするのもおもしろいですね。 出典:Ruffled/Photographer: Sweet Monday Photography レモンイエローのテーブルランナーがゲストを明るく出迎えます♪ ビビッドな黄色だからといって臆せず、色々なカラーをコーディネートしてみてください。 ちっちゃく白・ピンク・赤などを乗せても、この通り可愛くまとまりますよ♡ * 花嫁さんにもシトラスカラーをON!!…続きを読む

白いカボチャでさりげなくハロウィンを意識☆ 出典:Wedding Chicks/Photo:NOI TRAN PHOTOGRAPHY ハロウィンと言えば、カボチャのジャック・ランタンを思い浮かべる方も多いですよね♡ 秋、特に10月ウェディングなら、ちらっとでもハロウィン要素を取り入れると季節感が出ます☆ ただ、全体の雰囲気を壊したくないという場合におすすめなのが、白いカボチャを使ったデコレーション♪ テーブルに置いて、席札やテーブルナンバーの代わりにしても可愛いですし、ウェルカムスペースに飾るのもオシャレです。 カボチャの丸っぽい形が愛らしく、色も白なので周りとよく馴染むので、取り入れやすいアイテムです! でかカボチャでゲストの視線をくぎ付け!とっても秋らしいデコレーション♡ 出典:Wedding Chicks ウェルカムボードの代わりとして、BIGなカボチャを重ねてみてはいかがでしょう? パッと目を引くこと間違いなしです! 文字の部分も流行りの多肉植物を使って、とってもオシャレなサインの完成です♪ 丸みのあるフォルムが可愛いですね♡ 出典:Ruffled/Photo:With Love & Embers イニシャルサインはスタイリッシュなブラック☆ その周りに形も大きさも色も異なるカボチャを並べることで、色とりどりのゴージャスなディスプレイになります♪ 写真の背景としても大活躍してくれます。 トリック・オア・トリート!スイーツでハロウィン感を演出♡…続きを読む

秋の代名詞、もみじを効果的に投入☆ 出典:Ruffled/Photo:JONATHAN ONG 秋は美しい紅葉の季節♡木々が色づいていくのは季節の変わり目を感じる瞬間。 そこで、ウェディングにももみじを取り入れてみてはいかがでしょうか? 出典:Wedding Chicks/Photo:Ashleigh Taylor 最もお手軽なのは、綺麗なもみじの葉っぱをテーブル装飾などに使うこと☆ 台にほんの少し散らすだけで、一気に秋を感じられます。 出典:Wedding Chicks/Photo:SAWYER BAIRD もみじに名前を書いて、席札として使うのもユニークで面白いですね! 出典:Ruffled/Photo:ANALISA JOY もみじそのものではなく、もみじモチーフのプレートを使用♪ 席に座った瞬間、お皿に目が行くデザインになっています。 出典:Ruffled/Photo:JODY ATKINSON PHOTOGRAPHY もみじの形のヘッドピース♡ ちょこっとビジューを付けて、ウェディング感もプラスしましょう。 子どもの頃よく拾った松ぼっくりを結婚式に☆ 出典:Wedding…続きを読む

カラーバリエーションが豊かなポピー。どんなお花? 出典:NOUBA  Photography:The Nichols 可愛らしい花を春先に咲かせるポピー♡ 黄色やオレンジ、白、赤、ピンクなど、実に色とりどり! ひょろりと伸びた茎も自由にゆらゆら…見ているだけで誰もがその可愛さにきゅん* あざといくらいに可愛いポピーを味方につけたブーケアレンジをチェックしましょ♡ まずは花言葉をチェック。 出典:NOUBA  Photography:Bows & Arrows Flowers ポピーの花言葉は、「思いやり」「いたわり」「恋の予感」「陽気で優しい」など。 その愛らしい外見にぴったりで、優しいイメージで包んでくれそう♩ 日本ではポピーの開花期は3~5月なので、春ウェディングの花嫁さんにおすすめです。 ピンク中心のミックスブーケ。ころんとまるいフォルムが可愛い♡ 出典:NOUBA  Photography:Bows & Arrows Flowers 春らしさ全開のピンク色ポピーを中心にしたアレンジです。 ちょこちょこと飛び出しているくねくねとした茎や、つぼみの丸っこい形がユニークでかわいい!…続きを読む

何度もデートに出かけたお気に入りの場所や、テーマパーク。 街中で見つけたら思わず買っちゃうような、心をくすぐるキャラクター。 今までのふたりを語るのに欠かせない、そんなモチーフありますか? 今回ご紹介するカリフォルニア州のカップル、エディとステファンはなんと、”フラミンゴ” が大好き♡ 様々な場所にフラミンゴのオブジェを置き、カラフルなコーディネートにこだわってオリジナルな1日を叶えました。 コーディネートのポイントをチェックしていきましょう♡ インディアンサマーカラーって? ふたりがテーマカラーに選んだのは、フラミンゴのピンク色に負けないくらい印象の強い、インディアンサマーカラー。 インディアンサマーとは、秋から冬にかけての穏やかな暖かい天気を指します。 日本で言う小春日和と同じようなイメージですね♡ タンジェリンオレンジとミントカラーの組み合わせがとてもカラフルで爽やか! ふたりはDIYにこだわっているので、こんな素敵な招待状カードを作ってしまいました♡ これはパーティーも期待できそう!とワクワクしてしまいますね。 こだわりのDIYを詰めたテーブルコーデ ナチュラルでオーガニックのものを使いたい!という新婦の希望で、テーブルランナーはオーガニック素材から作られた布を。 本物の小さなタンジェリンオレンジに、葉っぱのように見せたネームプレートが可愛い♡ お花もホワイトやタンジェリンオレンジを使ってカラフルに決まっていますね! ブライズメイドルックは個性を尊重♡ 親友たちのドレスはコンセプトとテーマカラーに合わせて用意しました。 ウェディング前に集まって、ドレス振り分け女子会みたいなパーティーを開いても素敵かも♡ アクセサリーやシューズはどれを合わせる?なんて、みんなで考えるとアイデアがふくらんでとっても楽しそうです♡ 愛着のあるフラミンゴグッズをご披露♡ 高砂のテーブルクロスにこのオレンジをふんだんに使い、さらにフラミンゴのオブジェも大胆に飾ってしまうというおしゃれっぷり♡ ドリンクストローはオレンジのストライプ、そのストローを入れているグラスは、IKEAで見つけたフラミンゴがプリントされたもの。…続きを読む

出典:Ruffled まだまだ寒い日は続きますが、そろそろ春服が気になってくる時期♡ 待ちに待った春を迎える前に、春を代表する《チューリップ》のウェディングアレンジをチェックしておきましょう! キュートな雰囲気づくりはお手の物 出典:NOUBA /Photography:I Love Wednesdays チューリップといえば、透明感があって、可憐で、キュートなイメージ。 パステルカラーだけどその立ち姿はシンプルだから、抜け感のあるラブリーな世界観をつくるのにぴったり。 出典:Ruffled 出典:Weddingchicks /Photography:Nancy Ray ピンクのチューリップの花言葉は “愛の芽生え” ♡ 結婚式にぴったりすぎて、ちょっと驚き! フラワーベースも丸みのあるものが雰囲気に合いますね♡ 出典:Weddingchicks フラワーベースの中にパステルカラーのタブレットを詰めて、とことん可愛いアレンジも素敵! ホワイトは洗練されたオトナ婚にも 出典:Ruffled なんと、白のチューリップを取り入れる海外のオトナ花嫁が続出中。 フォルムのシンプルさ、葉っぱや茎のまっすぐな凛々しさがその理由なんです。…続きを読む

元気でポップな色合いが、アクティブな花嫁さんにぴったり☆ パントーン社が発表した2016年春の流行色はぜんぶで10色。 今回はそのなかから、見ているだけでココロが踊りだしそうな、元気なビタミンカラー系の3色をご紹介しましょう♡ ※パントーン社公式ページはこちら! まぶしいほどに鮮やかなイエローは、はじける笑顔のよう♪ ~ BUTTERCUP 出典:polkadotbride /Photography:Tigs Macallan Photography 「Buttercup」はキンポウゲのこと。白との相性がとにかく抜群で、元気なイエローが白と出会うととってもスイートな印象になりますね♪ 明るい存在感のある色なので、アクセントカラーにするのもオススメ☆ 出典:polkadotbride /Photography:Sayher Heffernan こちらはブライズメイドのドレスと、花嫁のブーケのアクセントカラーを揃えて。 ポップな印象のカラーは、ミニ丈ドレスが◎ 新緑を思わせるグリーンがとってもフレッシュ! ~ GREEN FLASH 出典:polkadotbride /Photography:Lucy Leonardi 清々しい生命力を思わせるフレッシュなグリーンは、草木の息吹を感じる季節のウェディングにぴったり。 脇役に回りがちなグリーンを、思いっきり主役に抜擢しちゃいましょう☆ 出典:polkadotbride /Photography:…続きを読む