キーワード: ガーデン

気取らない、アットホームで温かい挙式&ガーデンパーティー 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin ニュージーランドの大自然の中でアットホームな式を挙げたケリーとジョシュ。 大切な家族や友人たちの他にも、大事な大事な存在がいました♡ それは、ふたりの娘、サニーちゃん。 愛娘と一緒に、特別な日を過ごしたいと準備をしてきました。 赤ちゃんがいるだけで、みんなが笑顔になれるってすごいことですね♪ お支度もブライズメイドとワイワイ楽しく♪ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin ブライズメイドのドレスは、ホワイトで統一し、スタイリッシュなコーデに揃えました。 ただ、その白いドレスのデザインは、それぞれに一番似合ったものを、ということで一人ひとり違うんです♡ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin 花嫁は、レースや柄が印象的なドレスを着るため、ブライズメイドは滑らかな生地にしたとのこと。 また足元に注目すると花嫁だけ白いシューズで、目立っていますね♪ 余計な装飾はなし!素晴らしい自然を背景に愛を誓う♡ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin シンプルな会場が、ふたりをより厳粛な気持ちにさせてくれます。 ラッキーなことに、式の直前に雨が上がってくれたので、周りの木々や草がみずみずしい空間を作り出しています♪ 出典:NOUBA/Photo:Tāne Coffin…続きを読む

ブドウ畑が広がるワイナリーでミニマムに 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 秋に挙式を控えているプレ花嫁さん、プランナーさんとの打ち合わせがスタートした方もいらっしゃるのではないでしょうか♡ いよいよ近づいてきたBIG DAY、準備期間もたっぷりあるなら、季節を感じるコーディネートで臨むのはいかがでしょう? 今回ご紹介するのは、ブドウ畑が広がるのどかな景観の中で行われたサラ&ジョンのウェディング! 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 舞台はオーストラリア。日本と季節が逆のオーストラリアの秋は、3月から5月なんです。 オーストラリアの南海岸に位置するユラデュラにあるワイナリーで開かれ、大自然の美しさを活かして装飾もミニマムに。 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 1850年代に建てられたという歴史あるブドウ酒貯蔵室の門戸の前で永遠の愛を誓った二人。 そんな素朴な魅力のウェディングからレポートをお伝えします♡ オータムカラーでコーディネート 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 胸元のスリットがエレガントなレースニットガウンを選んだサラに合わせて、ブライズメイドたちもシンプル&クラシカルなスタイルに。 出典:NOUBA/Photographer:Jimmy Raper 花婿とグルームズマンたちはキャメルブラウンのトラウザーで揃え、ツイードとベルベットのブレザーをチョイス。 かしこまり過ぎず、程よく肩のチカラの抜けた感じが居心地の良さを感じさせます。 シックなカラーのフラワーアレンジがナチュラルな美しさを引き立てていてステキ♡ ナチュラルな素朴さが魅力…続きを読む

サマースプリングに祝福される花嫁に♡ 出典:NOUBA /Photo:Willow & Co. もうすぐ6月* 結婚すると幸せになれるという言い伝えのある “ジューンブライド” ですが、日本では雨が降りやすい季節であるというのも事実ですよね…。 今回ご紹介するキャサリーンとクリントンの結婚式は、シンプルでリラックスムードのウェディング。 最初のプランニングからずっと、アウトドアのロケーションに決めていました。 当日の朝、残念ながら天候はどんより雲…。 でも、お天気を吹き飛ばすようなテーマカラー、コーラルピンクがこの雰囲気を一掃してくれました! 大地の恩恵を受けて輝く、ふたりのウェディングを覗いてみましょう。 ロマンティック・フローラルなテーマカラー♡ 出典:NOUBA /Photo:Willow & Co. いきいきとしているブーケは、コーラルピンク×ホワイト×フレッシュグリーンの組み合わせ。 花びらが重なった大輪のお花がナチュラルでロマンティックな雰囲気♡ ブライズメイドたちの総レースドレスも、コーラルピンクが差し色となってキュートな彩りを添えていますね。 BoHo-シックなドレスで♡ 出典:NOUBA /Photo:Willow…続きを読む

フレッシュピンクでハッピーオーラ満開♪ 出典:Wedding Chicks 南国リゾートで挙げるウェディングはリラックスムードが漂って憧れますよね♪  暖かな土地で陽気な人も多く、シアワセ気分も高まります。 今回は、夏ウェディング・でもテーマがまだ決まってない!というプレ花嫁さんへおくる、リゾート感たっぷりのウェディングコーデ! 出典:Wedding Chicks キュートなフレッシュピンクをテーマカラーにして、グラデーション豊かにコーデすれば、ハッピーオーラ満開♡ ブーケにあしらったロングリボンが風にゆられてフォトジェニックですよね。 ビジューで覆われたヌーディーなサンダルもリゾートウェディングを盛り上げます♪ 人気のウォーターカラー・デコ 出典:Wedding Chicks 透明感があり、淡い色合いがやさしい雰囲気のウォーターカラーはインビテーションや席次表などのペーパーアイテムに最適です♡ プチプライスで手軽に材料を揃えられるので、お式の前に練習してDIYするのも楽しそう♪ トロピカルなフルーツ&フラワー 出典:Wedding Chicks トロピカルなウェディングにぴったりのテーブルナンバー。 パイナップルに番号札を立てるなんてフルーティな香りが溢れてきそうで素敵なアイディアですよね。 フラワーアレンジメントとの相性も抜群です♪ ナチュラルな素材で自然と調和する♡ 出典:Wedding Chicks…続きを読む

ロケーションとふたりが馴染むおしゃれ婚 出典:NOUBA /Photography:Kim Cartmell 今回はオーストラリア・メルボルンの小さな庭で開かれた、コートニーとネイサンのウェディングパーティーについてご紹介します。 緑が美しい庭を活かして、気取らないリゾート感を演出しているウェディングスタイルをチェックしていきましょう♡ とにかく飾らずに、庭のグリーンを美しく見せる 出典:NOUBA /Photography:Kim Cartmell パーティー会場の庭にあるこの素敵なグリーンのアーチがとても素敵なので、ふたりは敢えて装飾をせず、そのままの自然を楽しむスタイルを選びました。 確かにこのグリーンのアーチは圧巻ですね…♡ ゲストの印象にも残る素敵なお庭です。リゾート感もたっぷり。 新婦のドレスとブーケもシンプルに、色数は少なく 出典:NOUBA /Photography:Kim Cartmell 新婦のドレスは森の妖精のような、ちょっと変わったデザイン。 エフォートレスな美しさがこの庭とも調和していて素敵なドレスです♡ ガウン調で少しボヘミアンなテイストも入っていて、自然を大切にするコンセプトにはぴったり。 ブーケも余計な色は使わずホワイトとグリーンだけで、お庭との統一感が出ています。 ゲストの笑顔が見たいなら♡ スイーツはたっぷり用意して! 出典:NOUBA /Photography:Kim…続きを読む

「こんなに美しい場所は他にないから。」 出典:Ruffled /Phorography:Feather Love ケイトとタイラーは早くから、結婚式・披露宴はふたりの故郷、アメリカ南部・サウスカロライナ州チャールストンで行おうと決めていました。 ゲストに、チャールストンの古い歴史と美しい街並みを紹介したかったからです。 会場に選んだのは、青々とした芝生の広がるプランテーションハウス。 約200年前に大農園主によって建てられたお屋敷です! ケイトとタイラーはこの歴史的な建物と芝庭の美しさに魅かれ、こちらの庭と建物で挙式と披露宴を行うことにしました。 大人っぽくシックなガーデンウェディング、ふたりはどのように作っていったのでしょうか? 場所からアイディアを得て 出典:Ruffled /Phorography:Feather Love もともと式・披露宴にはこだわりたかったというケイト。 会場であるプランテーションと、チャールストンのクラシカルな街の雰囲気の両方からインスピレーションを得て全体をイメージしたと言います。 スパニッシュモス(木からフワフワ下がっているグレーの植物)がシックな雰囲気を添えています。 英国キャサリン妃もお気に入りのブランド、ジェニーパッカムのドレスは、広がりを抑えた伝統的なスタイルでシックに。 ビーズとレースがロマンチックです♡ 出典:Ruffled /Phorography:Feather Love ペーパーアイテムも、字体や色合いを工夫するだけでとてもクラシカルになりました* 出典:Ruffled /Phorography:Feather…続きを読む

先祖代々守ってきたお庭での結婚式 出典:NOUBA  Photography:CJ Williams 今回ご紹介するのは、トムとケリーのシックなガーデンウェディング。 なんと、会場となる場所は、新婦ケリーの両親の大切にしているお庭* 小さな頃から、両親がお庭の手入れをしているのを見てきたというケリー。 そんな大切な庭が会場になるなんて、両親にとっても嬉しいですね♡ そして、驚くべきはお庭のコーディネート術! ガーデンウェディングらしく緑いっぱいの空間につくった、おしゃれなウェディングをチェックしていきましょう* 式は高校のチャペルでフォーマルに 出典:NOUBA  Photography:CJ Williams パーティーはガーデンでリラックスした雰囲気にしたかったから、式はフォーマルにして皆の印象に残るものにしたかったの。 と語るケリー。 出身高校に併設されているチャペルを借りて、神聖な雰囲気で結婚式が行われました。 クラシックで伝統的なスタイルは、どんな年代の人の胸も打つ美しさがありますね。 ドレスはとことん自分に似合うものを 出典:NOUBA  Photography:CJ Williams ケリーがオーダーしたドレスは、とても小さなレースや装飾が繊細でシンプルなデザイン。 適度にフェミニンで上品なのに、ガーデンにもよく合っています。 「こんなに私にぴったりで繊細なドレスが着ることができるなんて、夢のよう!」とケリー。…続きを読む

数年前から人気のラスティックウェディング♡ 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd ラスティック(Rustic)とは、直訳で “飾り気のない” “素朴な”という意味。 つまり、ラスティックウェディングとは、ゴージャスで派手な結婚式と対照的な、ナチュラルで温かみのある飾り気のない結婚式のことを指します。 海外花嫁さんの間では、数年前から大人気のウェディングスタイル♡ 今回は、自然の中で和気あいあいと行われたアシュリーとマークの1日をレポートします! アウトドアの会場はラスティックウェディングの象徴 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd 最初から、アウトドアの結婚式場がいいと決めていた新婦アシュリー。 色々と探した結果、オーストラリア最東端に位置するバイロン・ベイの素敵な会場にたどりつきました! 緑が美しい芝生の広場に椅子を並べ、花びらをまいたバージンロードを歩きます。 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd そして、カントリー風の木のセレモニーアーバーは新郎マークの手作り。 木の素材と手作り感が、より式を温かみのあるものにしてくれています* シンプルでナチュラルなブーケを持ち、花嫁姿は白一色に統一! ラスティックウェディングでは、素材感のあるドレスやアクセサリーで決めると、全体がよくまとまりますね♪ 木漏れ日が降りそそぐ、素敵な景色をふたり占め♡…続きを読む

何度もデートに出かけたお気に入りの場所や、テーマパーク。 街中で見つけたら思わず買っちゃうような、心をくすぐるキャラクター。 今までのふたりを語るのに欠かせない、そんなモチーフありますか? 今回ご紹介するカリフォルニア州のカップル、エディとステファンはなんと、”フラミンゴ” が大好き♡ 様々な場所にフラミンゴのオブジェを置き、カラフルなコーディネートにこだわってオリジナルな1日を叶えました。 コーディネートのポイントをチェックしていきましょう♡ インディアンサマーカラーって? ふたりがテーマカラーに選んだのは、フラミンゴのピンク色に負けないくらい印象の強い、インディアンサマーカラー。 インディアンサマーとは、秋から冬にかけての穏やかな暖かい天気を指します。 日本で言う小春日和と同じようなイメージですね♡ タンジェリンオレンジとミントカラーの組み合わせがとてもカラフルで爽やか! ふたりはDIYにこだわっているので、こんな素敵な招待状カードを作ってしまいました♡ これはパーティーも期待できそう!とワクワクしてしまいますね。 こだわりのDIYを詰めたテーブルコーデ ナチュラルでオーガニックのものを使いたい!という新婦の希望で、テーブルランナーはオーガニック素材から作られた布を。 本物の小さなタンジェリンオレンジに、葉っぱのように見せたネームプレートが可愛い♡ お花もホワイトやタンジェリンオレンジを使ってカラフルに決まっていますね! ブライズメイドルックは個性を尊重♡ 親友たちのドレスはコンセプトとテーマカラーに合わせて用意しました。 ウェディング前に集まって、ドレス振り分け女子会みたいなパーティーを開いても素敵かも♡ アクセサリーやシューズはどれを合わせる?なんて、みんなで考えるとアイデアがふくらんでとっても楽しそうです♡ 愛着のあるフラミンゴグッズをご披露♡ 高砂のテーブルクロスにこのオレンジをふんだんに使い、さらにフラミンゴのオブジェも大胆に飾ってしまうというおしゃれっぷり♡ ドリンクストローはオレンジのストライプ、そのストローを入れているグラスは、IKEAで見つけたフラミンゴがプリントされたもの。…続きを読む