キーワード: キャンドル

長年にわたるパートナーシップをお祝い♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger オーストラリアの同性カップルKevinとChristian。 本当は正式な結婚を望んでいる2人でしたが、同性婚が認められていなかったため、2017年11月に15周年の記念パーティーを行いました (この直後12月に、オーストラリアでも同性婚がついに認められました!)。 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger それぞれ、ブルー&グレーのトーンと、紫&ベージュのトーンでまとめたスーツで爽やか&オシャレに決めています♪ 中の柄シャツとシューズでリンクコーデし、ワイルドフラワーでまとめた印象的なお揃いのブーケを持って一体感も出ていますね♡ お互いへの気持ちを手紙にしたためて♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 単なる食事だけではなく、セレモニーとして、お互いへの気持ちを手紙にして読みあいました♡ まるで美しい庭園のような装花とロウソクの光に囲まれ、気持ちが盛り上がる舞台セッティングもバッチリ♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 15年分の想いのこもった手紙の内容を聞いて、思わず涙してしまう一幕も♡ 節目節目に、こうして普段なかなか言えないお互いへの気持ちを伝えあえたら、本当に素敵ですね♪ クールなペーパーアイテム 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 活版印刷風デザインのペーパーアイテムは、とてもスタイリッシュでクール☆ 男性カップルならではのダークなトーンがとても素敵です♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana…続きを読む

出典:NST PICTURES ニューヨークといえば、マンハッタン!というのは過去のお話。 今やNYいち有名なおしゃれスポットと言っても過言ではない『ブルックリン』からウェディングレポートをお届けします♡ 『ブルックリン』ってよく聞くけど、具体的にはどんなところ? 出典:NST PICTURES ブルックリンは、歴史的には労働者階級の人が多く住んでいたニューヨークの地区で、工場や倉庫が多くあるエリアでした。 最近になって、マンハッタンなどの家賃が上がったことによって若者やアーティストたちが移り住むようになり、クリエイティブでオシャレな地区に生まれ変わったのです♡ 現在では、工場や倉庫であった時代の面影を残したまま、おしゃれにリフォームされた建物が多く見られます。 ブルックリンのストリートにはグラフィティがたくさんあり、グラフィティを見てお散歩したり、写真を撮ったりしても楽しめるエリアです♡ 街角でファーストミート! 出典:NST PICTURES ウェディングの日、新郎新婦がお互いの姿を初めて見せ合うファーストミート。 TiffianyとLucaszは、ブルックリンのおしゃれな通りで叶えました♡ 後ろからLucaszに近づいていくティファニー。 なんと一般の車がストップしてしまいました! でも、たまたまこの瞬間に居合わせたドライバーたちは、ほっこりした気持ちで1日が過ごせたに違いありませんね♡ 出典:NST PICTURES Tiffanyは、Lucaszへのプレゼントを用意していたようです。 このブルーのショッパーはまさしく、Tiffanyでしょうか…?♡ プレゼントの中身はネクタイピン! ダブル”Tiffany”のサプライズプレゼントに、Lucaszはとっても嬉しそうです♡…続きを読む

出典:NST PICTURES 太陽の日差しがまぶしくなってきた今日このごろ♡ ビーチやガーデンなど、建物の外でウェディングを!とお考えの皆様、やはり気になるのは、お天気ですよね? 例年の状況からの予報が外れてしまうこともありますし、こればかりは予測ができません。 今回はそんなお天気対策も万全な、BrittanyとDougのウェディングをご紹介♡ お金を大きくかけなくても、ゲストやふたりが楽しめるアイディアが詰まっています* どんなお天気だって一緒なら…♡ 出典:NST PICTURES ふたりのBIG DAYは、あいにく曇り気味のお天気。 でも、BrittanyとDougのハッピーオーラは全開のよう♡ 霧がかった空気が、ロマンティックな雰囲気にふたりを包んでいます。 出典:NST PICTURES 会場は、ロードアイランド州・Castle Hill Inn(キャッスル・ヒル・イン)。 会場の裏側には岩肌がむき出しになったような場所もあって、ちょっとしたアドベンチャーですね! 映画でもよく見る!屋外のテントでレセプションパーティー♡ 出典:NST PICTURES レセプションは、屋外に設置されたテントで♡ 開放的なアウトドア感を楽しめる上に、お天気が少し崩れてしまった場合も安心です。…続きを読む

* 淡いブルーが織りなす世界は、気品溢れる大人の美しさ 出典:Ruffled/Photographer:EMILY MARCH PHOTOGRAPHY 「フレンチブルー」という言葉って、どんなイメージが湧きますか? 淡いブルー。柔らかみのあるブルー。ちょっとシックで大人なブルー。。。 このアンニュイなカラーが織りなす世界観に、大人花嫁さんからじわじわとアツイ支持が‼︎ 海外カップルのフレンチブルーウェディング♪ 是非ご覧ください! ▶ ウェディングケーキで…♡ 出典:Polka dot Bride/ 海外の絵本に出てきそうなくらい可憐なこちらのCake♡ ペーパーリボンを一巻きして、本物のパンジーでデコレーション。 しかもトップではなくサイドにです! 出典:Burnettsboards/Photographer:KT Merry 出典:Ruffled/Photographer:EMILY MARCH PHOTOGRAPHY アイシングたっぷりのこちらは、全体的に丸みがでてほんわり系♡ 花嫁は同じカラーのチュールドレス。 ドレス+1アイテムを同じカラーにするだけで、ウェディングのトータルコーデは十分可能です♪…続きを読む

Winter Weddingを、シーサイドで…?! 出典:NST PICTURES 海といえば、夏の風物詩。 あつーい日差しの中で泳いだり、ビーチでくつろいだり、と、夏ならではの楽しみ方は魅力的ですが、それ以外の季節でも、海はわたしたちに素敵なひとときを与えてくれます。 今回はロードアイランド州の海辺から、ロマンティックな大人ウェディングをレポートします♡ 親友たちといっしょに撮影* 出典:NST PICTURES せっかくのキレイな景色、楽しまなきゃ損! 新婦モリーと新郎ジュアンは、ドレスアップをしてシーサイドをお散歩。 出典:NST PICTURES あいにく曇りのお天気で、風も少し強そうな感じ… でも、そんな冬らしいお天気の中で寄り添うふたりは、とっても美しく映ります。 ビーチに到着した時に、少し太陽が見えました! 誰もいない冬のビーチだからこそ、思いっきり! 出典:NST PICTURES 海外の映画やドラマで見るような、誰もいないビーチでのパーティー、ちょっと憧れますよね♡ ふたりは、ブライズメイド&アッシャーたちのためにプロセッコのボトルを用意♡ プロセッコとは、イタリア産のワインに使われるブドウの品種名のこと。 主にスパークリングワインに使用されていることから、プロセッコ=スパークリングワインという意味合いでよく使われています♡ 出典:NST…続きを読む

赤を効かせて*クリスマス花嫁コーディネート 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY クリスマス真っ只中、いよいよホリデーシーズンですね♡ 色んな場所がイルミネーションやクリスマスモチーフでデコレーションされて、お出かけするのも楽しい時期。 結婚式を挙げるなら、是非クリスマステーマを取り入れていきたいところ☆ 街の飾りつけに負けないように、これでもか!というくらい、前面にテーマを押し出していくくらいがちょうどいいですよ♪ 来年のクリスマスに近い日取りでウェディングを計画しているプレ花嫁さんは、今から少しずつ準備していきましょう♡ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY 花嫁ルックも、雪を思わせるような透き通った白いドレス&肌と、真っ赤な口紅でコントラストを効かせると一気に冬っぽくなりますね☆ また外に出る場面では、無理をして青ざめてしまうのは勿体ないので、ケープやストール、カーディガンなども活用しましょう。 もちろん、真っ赤な色をセレクトすれば、クリスマスのテーマカラーにもピッタリですね☆ ペーパーアイテムや小物にもクリスマス感を☆ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY ウェディングの雰囲気づくりは、招待状から始まっています! 受け取ったゲストの気分もクリスマスに向けて盛り上がるようなペーパーアイテムデザインにしたいところです☆ ヒイラギのモチーフをあえて赤一色でデザインすることで、大人っぽい招待状に仕上がっています♪ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA…続きを読む

ネイビー×ピンクはシックで上品な最高の組み合わせ☆ 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM 結婚式が決まったら、まず最初に決めるべきは”テーマカラー”。 テーブルクロスやお花など、色の組み合わせがすっきりしていると、それだけでおしゃれな印象に♡ 簡単なようで悩んでしまうテーマカラー、どんな方にもおすすめな組み合わせがあります! それは”ネイビー×ピンク”♡ ネイビーは上品でクラシックなイメージ、そこにピンクを加えることで華やかさがプラスされます* 今日ご紹介するのはニュージャージー州のおしゃれ花嫁・ベッカのコーディネート。 テイラーもファンのKedsをブライダルシューズに選んだ彼女のコーデ、早速チェックしていきましょう! 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM ネイビー×白だとマリンな印象があり、夏のイメージが強いですが、そこにゴールドを投入すると途端にシックになります。 こんな素敵な招待状をもらったら、ウェディングへの期待が高まりますね♪ 切手はピンクのお花がデザインされているものを。こだわりが感じられますね! 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM 結婚式がちょうどハロウィンの時期だったため、さりげなくパンプキンで季節感を出しています☆ このカボチャのプチギフト、中に小さなお菓子が詰まっているので、ゲストも喜んでくれそうです!…続きを読む

優しいゆらめきでウェディングを包むヒーリングアイテム♡ 出典:Polkadotbride/Photo: IZO Photography レストランのテーブルで、疲れた日のバスタイムで、お誕生日のケーキの上で…♡ ふいに目の前に現れたキャンドルの優しい光、思わず心からの笑顔とリラックスを体験してきた方は多いはず! あのゆらゆらを見ると、思わずホッとため息がでちゃいますよね。 ハートウォーミングなウェディングをプランニング中の皆さんに、今回はキャンドル特集をお届けします♡ CANDLE1:大切な場所へと誘うアプローチ役♡ 出典:Polkadotbride/Photo:Christian Oth 教会へと続く階段に、ドラマティックに散りばめて♡ 出典:Polkadotbride/Photo:Fete NY,Rebecca Thuss 出典:Weddingchicks/Photo:SARA LYNN PHOTOGRAPHIC お花&キャンドル…♡ これだけで究極スイートな会場の完成ですね!!! フローティングキャンドルを使って、より親密的な雰囲気。 キャンドルがお水に浮かんでゆっくりと動く様は、本当に幻想的で目を奪われます。 CANDLE2:テーマカラーアイテムとして、会場デコレーション役♥ 出典:Burnetts Boards/Photo:Carmen…続きを読む

万能アイテム☆メイソンジャーの使い方は無限大! 出典:Ruffled/Photo:DIANE HU PHOTOGRAPHY 可愛いのに実用的な保存容器として、人気の高いメイソンジャー♡ 海外花嫁さんの間では、もはや定番のウェディングアイテムになっています! お花を入れて上から吊るしてみたり、ウェルカムドリンクのグラスにしたり、色んなシーンで活躍してくれます! 色んなデコアイデアをチェックしていきましょう♡ バージンロードを彩るお花の花瓶として♪ほっこり可愛い雰囲気に 出典:Ruffled/Photo:LINDSEY GOMES PHOTOGRAPHY バージンロードをお花で飾りつけるのは定番演出ですが、メイソンジャーを花瓶代わりにすれば一気に今っぽい雰囲気になりますね♪ 直接下に置くのもいいですが、スタンドを使って吊るすのも可愛いのでおすすめです! 出典:Burnetts Boards/Photo:Stephanie Ponce 一生に一度しか歩かないバージンロード、記憶に残る飾りつけをしてみてください☆ 色付きのメイソンジャーは涼し気で、透明感が魅力♪ 出典:Ruffled/Photo:Dave Richards メイソンジャーを花瓶代わりにするのが大流行中☆ 透明なものが主流ですが、色付きガラスで出来たメイソンジャーを使ってみるのも面白いかも♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:Jessica…続きを読む

今や祭壇だってDIY?! アイデアとちょっとした材料だけで素敵にハンドメイド♥ 出典:queenforaday /Photographer:Megan Thiele Studios 『なかなか時間がないのだけど、いざやってみると案外楽しい…♥』のが ”手作りあるある^^” ♪ 何かを目指してコツコツやるのはやってみると思いのほか楽しかったり、日々の雑事を忘れて没頭しちゃったり、できあがれば自分だけの達成感も得られたり。 なにより、”世界にただ一つの” と思うと愛おしさも格別なものです♡ ウェディングでもちょっとした小物やプチギフトなどの手作りは定番ですよね。 でももうすこし対象を大きくして、『誓いの場所(祭壇)』を作ってみませんか?! 驚いたかもしれませんが、もちろんトンカチ使ってトントン、、なんてものではありません! 女子でもできるパターンですのでまずは『こんな感じ、なんかいいな~♡』というイメージ創りからいかがでしょうか♪ ▷ グリーンやお花を使って… 出典:queenforaday /Photographer:Megan Thiele Studios なんにもない空間に ”誓いの場” をつくること、実はいくらでもできるんです。 こちらはホワイトのファブリックと、グリーンを上手につかって実現させました。 梁に布をかけたり、または天井から吊るすことで、空間の間仕切りができます。 こちらは透け感のあるドレープを使って、目にも涼やかな、それでいてドレッシーな祭壇ができました。…続きを読む