キーワード: グリーン

真っ赤なアマランサスが印象的なブーケ 出典:Ruffled/Photo:SHANE AND LAUREN PHOTOGRAPHY 小花が穂状に垂れ下がる「アマランサス」は、オシャレなウェディング装花には必須のアイテム♡ このアマランサスを片側からだけたくさん垂らせば、あっという間に左右非対称の独特なブーケの出来上がり♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:KENDRA SUE PHOTOGRAPHY アマランサスやグリーンが無造作にとび出ているデザインブーケ。 向かって左側は淡いピンクや白の花材、右側は真っ赤な花材を多めにし、あえて左右でアンバランスにしています☆ グリーン×ホワイトのナチュラルブーケは形を工夫して 出典:NOUBA/Photo:@sally_eagle_bridal グリーンとホワイトでまとめたナチュラルブーケは人気があり、特に珍しくはありませんよね。 そこで、よくある丸い形ではなく、アシンメトリーな形にすれば、オリジナリティ溢れるブーケになるんです♡ 出典:Ruffled/Photo:ALICIA WILEY PHOTOGRAPHY シダ植物が印象的なこちらのブーケは、平行四辺形風にまとめられたユニークなデザイン☆ 出典:Ruffled/Photo:PASHA BELMAN グリーンを長めに垂らすことで、三角形のようなフォルムになっています。 ぴょこんととび出た実がキュート♡…続きを読む

出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 今回ご紹介するのは、オーストラリアでアートイベントが行われる場所として人気の会場、「PSAS」でのウェディング。 1907年に建てられた、レンガと鉄がレトロで大人な雰囲気を醸し出す会場です。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 工業エリアにある会場は、木の梁が見える大きな天井や、ペンキが半分剥がれかけたレンガの壁、磨き上げられたコンクリートの床がアーバンな雰囲気。 パーティーで出会ったBecとMattは、その瞬間を再現するかのようなリラックスしたウエディングを希望していました。 そこで、立食のカクテルパーティースタイルのウエディングを計画。 誰もが笑顔になれちゃう楽しい一日をチェックしていきましょう♡ アーバン×ナチュラルのベストマッチ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera BecはデコルテのVラインとオフショルダーが印象的で、ヘルシーな色っぽさを持つドレスをチョイス♡ 胸元にアクセサリーはつけず、デコルテの美しさを引き立たせています。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 手に持つのは、たっぷりのグリーンが目をひくブーケ。 中央にはフワフワした真っ白なピオニーがアレンジされ、色合いはシンプル&ナチュラルながら、ボリューム感のあるブーケになっています。 ふたりのウェディングのテーマである「ナチュラル&オーガニック」と、硬質な印象の会場とは真逆のように思えますが、実はお互いを引き立たせるベストマッチ♡ 仲間たちと賑やかに♡ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera ブライズメイドとアッシャーと一緒に、会場の壁をバックに賑やかに☆ 会場から一歩外に踏み出すだけでも、全然雰囲気が違うので、時間が許す限り思い出の写真を撮るといいですね☆…続きを読む

出典:NST PICTURES ニューヨークといえば、マンハッタン!というのは過去のお話。 今やNYいち有名なおしゃれスポットと言っても過言ではない『ブルックリン』からウェディングレポートをお届けします♡ 『ブルックリン』ってよく聞くけど、具体的にはどんなところ? 出典:NST PICTURES ブルックリンは、歴史的には労働者階級の人が多く住んでいたニューヨークの地区で、工場や倉庫が多くあるエリアでした。 最近になって、マンハッタンなどの家賃が上がったことによって若者やアーティストたちが移り住むようになり、クリエイティブでオシャレな地区に生まれ変わったのです♡ 現在では、工場や倉庫であった時代の面影を残したまま、おしゃれにリフォームされた建物が多く見られます。 ブルックリンのストリートにはグラフィティがたくさんあり、グラフィティを見てお散歩したり、写真を撮ったりしても楽しめるエリアです♡ 街角でファーストミート! 出典:NST PICTURES ウェディングの日、新郎新婦がお互いの姿を初めて見せ合うファーストミート。 TiffianyとLucaszは、ブルックリンのおしゃれな通りで叶えました♡ 後ろからLucaszに近づいていくティファニー。 なんと一般の車がストップしてしまいました! でも、たまたまこの瞬間に居合わせたドライバーたちは、ほっこりした気持ちで1日が過ごせたに違いありませんね♡ 出典:NST PICTURES Tiffanyは、Lucaszへのプレゼントを用意していたようです。 このブルーのショッパーはまさしく、Tiffanyでしょうか…?♡ プレゼントの中身はネクタイピン! ダブル”Tiffany”のサプライズプレゼントに、Lucaszはとっても嬉しそうです♡…続きを読む

* シトラスが放つ爽やかさで会場をリフレッシュ♡ 出典:Weddingchicks/Photographer:Lavender & Twine レモンやオレンジが、ウェディングコーデの主役になるなんて知ってました? その名の通り、ビタミンカラーは空間を元気に明るくしてくれるし、シトラスのリアルアロマは最高級のリフレッシュ効果♡ 普段から身近にあるフルーツなので、親しみもありますよね♪ ということで、今回はシトラスウェディングが織り成す爽やかなウェディングシーンをお届けです! * テーブルウェア* 出典:Weddingchicks/Photographer: Lavender & Twine 白のプレートに置くだけでこの可愛さ♡眩しいイエローがなんとも☆ こんな風にピックをたてたり、少しカットしてカードスタンドにするのもおもしろいですね。 出典:Ruffled/Photographer: Sweet Monday Photography レモンイエローのテーブルランナーがゲストを明るく出迎えます♪ ビビッドな黄色だからといって臆せず、色々なカラーをコーディネートしてみてください。 ちっちゃく白・ピンク・赤などを乗せても、この通り可愛くまとまりますよ♡ * 花嫁さんにもシトラスカラーをON!!…続きを読む

知ってた?リースがもつ意味 出典:Ruffled/Photo:ERIN J SALDANA PHOTOGRAPHY クリスマスの時期に飾られることの多いリース☆ 永遠や幸運を表すリース飾りは、欧米ではお守りとして古くからドアなどに飾る風習があります。 ウェディングにぴったりなアイテムなので、取り入れ方をチェックしていきましょう! 一味違ったリースブーケで差をつけよう♡ 出典:Ruffled/Photo:DEISY PHOTOGRAPHY ブーケには色んな種類がありますが、リースブーケはまだまだ珍しいデザイン♪ リース状になったブーケを手で持ったり、腕にかけたりするアイテムです。 グリーンベースのリースに、ドレスと同様純白のリボンがアレンジされてます♡ 出典:Ruffled/Photo:DEARHEART PHOTOS 新婦は普通のクラッチブーケを持ち、ブライズメイドにはリースブーケを持ってもらえば、全員並んだときに変化が出て素敵です♪ 持つところを枝のみにして、反対側にお花やグリーンを集めたデザインになっています。ハンドバックみたいで可愛いですね☆ 特大リースを新郎新婦のふたりで持って永遠を誓う☆ 出典:Ruffled/Photo:LINDSEY GAGE PHOTOGRAPHY 特大リースをふたりで一緒に持って、永遠の愛を誓いましょう♡ ふたりを包み込むかのようなリースの輪っかが、とてもフォトジェニックです。 出典:Ruffled/Photo:Erika…続きを読む

出典:NST PICTURES ゴルフというと、紳士のスポーツというイメージも今や過去のもの。 最近は女性ゴルファーの方が活躍されていたり、おしゃれなウェアでゴルフを楽しむ女性も増えていますね♡ 今日ご紹介するのは、「ゴルフ場ウェディング」! ニュージャージー州の郊外で叶えた、おしゃれでセレブリティなウェディングをのぞいてみましょう! 世界中の乙女の憧れ!プリンセススタイル♡ 出典:NST PICTURES グリーンに映えるウェディングドレスに包まれた新婦ケイティー。 ヘアはふんわりとカールさせ、リップはローズピンクで♡ ブライズメイドの親友たちも、ケイティーのお支度部屋からすでにテンションUP! 出典:NST PICTURES ドレスやシューズの支度を手伝ってくれました! 花嫁からすると、こんなひとときが本当に嬉しかったりしますよね♡ サッシュベルトやシューズにはビジューが散りばめられていて、王道のプリンセススタイル。 女の子なら一度は憧れるルックです! 広々としたゴルフ場で、太陽の下で♡ 出典:NST PICTURES ゴルフ場のいいところは、緑に囲まれた広いスペースがあること♡ ゴージャスなお花がたっぷりのウェディングアーバーと椅子を用意して、太陽の光と自然に囲まれた中で永遠の愛を誓いました♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

出典:NST PICTURES 世界中にある結婚式のスタイルは、本当に様々! 宗教でいうと、信者数が最も多いとされているのはキリスト教ですが、一言でキリスト教と言っても、仏教と同じようにいろいろな宗派が存在しています。 出典:NST PICTURES 今回は、ギリシャや東ヨーロッパにルーツがある「正教会」のスタイルでウェディングを行った、ジョアンナとライジェムのウェディングをご紹介します♡ 日本で見ることは珍しい儀式や習わしも出てきますよ♡ 美しさと重厚感。正教会スタイルの挙式♡ 出典:NST PICTURES キリスト教正教会の教会は、教会内に聖人の絵があることが特徴のよう。 独特の色使いで素敵ですね! 正教会のウェディングでは、「ステファナ」と呼ばれるシルバーやゴールドで創られた冠を、新郎新婦の頭に乗せるのが習わしとされています。 出典:NST PICTURES そして、ステファナを着用したブライドとグルームは神父さんに手を引かれ、祭壇の周りを歩きます。 ふたりの頭から冠が落ちてしまわないように、ふたりの後ろには冠を支えてくれている付添人が♡ ふたつのステファナは白いリボンで結ばれていて、そのものの通り、新郎新婦がひとつになる意味があります。 儀式で大きな意味を持つものでありながらとても美しいので、結婚後もお家に飾ったり、一生大切にする結婚記念の品となるようです♡ 出典:NST PICTURES ブライズメイドはスモーキーなベージュのドレス、アッシャーは黒のスーツにタイと、エレガントな装い。 ヘアはかっちりとまとめずに、巻いて流しているのも大人っぽいふたりの雰囲気にお似合いです♡ 緑から癒しを♡ナチュラル&リラックスなレセプションテーブルセッティング…続きを読む

グリーンをセンターに、清らかなテーブルでゲストをお出迎え♡ 出典:Polkadotbride/Photo:EVENT Photography and Videography ブーケやテーブルの装花選びも、ウェディング ”To Do リスト” の中では楽しい時間♪ ただ、お花のチョイスは「好きだから♡」というだけで決めるわけにはいかず、長い時間や照明に耐えられるか、その季節に旬のお花で手に入りやすいか、そんな細かな現実ポイントも大事だったりします。 そんなときにちょっと視点を変えて、グリーンをメインピースにしたデコレーションはいかがでしょう♡ お花の種類がさみしくなる秋冬には特におススメかも♡ 欧米でもまだ珍しいこちらのアイデア、是非お楽しみください!! *グリーンをたっぷり お花はあくまで添える感じに♡ 出典:Polkadotbride/Photo:Zedphotography ユーカリのスモーキーなグリーンと、セージが絶妙なバランス♡ ホワイトのお花はあくまで脇役なので、ボリュームはしぼり気味で。 出典:Polkadotbride/Photo:LEV KUPERMAN 繊細な印象のシノブボウキ(asparagus fern)を柔らかく敷き詰めて、そこから時々すくっと咲いているローズやチューリップ。 個性的で目新しいけど、とっても優しくまとまってます。 琥珀色のビンにゆらめくキャンドルと一緒にロマンチックなシーンを演出* * グリーンだけの、極上の清涼テーブル…続きを読む

ゴルフ場クラブハウス内のシックなウェディングはいかが? 出典:Burnetts Boards/Photo:Trenholm Photo 女子のゴルフ人口も少しずつ増えてきている中、新郎新婦の共通趣味がゴルフ、ゴルフをきっかけに出会った…という方もいらっしゃるのではないでしょうか☆ そんなカップルにおすすめなのが、ゴルフをテーマにしたウェディング♪ ゴルフはもともと紳士のスポーツなので、シックなウェディングにはぴったりなんですよ☆ ゴルフをテーマにしたオシャレな本を小物として用意するのも素敵です。 ゴルフボールをかたどった真ん丸ペーパーアイテム○ 出典:Burnetts Boards/Photo:Trenholm Photo イメージづくりは招待状からしっかりと♡ ゴルフボールを連想させる真ん丸のペーパーアイテムは、何気に珍しくゲストの目にも留まりそう♪ 形が可愛らしいので、書体や色合いを大人っぽくして、バランスを取ってみましょう☆ クラシックな装いの花嫁スタイル♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Trenholm Photo ビスチェタイプのウェディングドレスはクラシックな魅力があるものをセレクト♪ レース加工の生地や、胸元を上品&華やかに彩ってくれるや、ハイウエストをマークしてスタイルアップできるパールやビジュが素敵です。 また、ロッカールームにドレスをかけるというのもゴルフ場ならではで面白いですね☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Trenholm Photo…続きを読む

香りも印象深いブーケを 出典:Wedding Chicks /Photo:David Grube Photography 海外で絶大な人気を誇っている「自然な」「気取らない」ラスティックウェディングやガーデンウェディング。 アットホームでくつろげる雰囲気は日本の花嫁さんも是非取り入れてみたい要素ですよね☆ そんなナチュラルなウェディングには、ブーケも一工夫したいもの♪ そこで今回は、見た目はもちろん、香りにもこだわった海外花嫁のこだわりブーケをご紹介します! 〉 WHITE×GREEN:ナチュラルなのにスタイリッシュ♡ 出典:Wedding Chicks /Photo:David Grube Photography 白とグリーンは王道の組み合わせ☆ 白で花嫁さんの清純さを、グリーンでナチュラルさを表現することができます。 白のバラを中心に、レモンツリーの花と葉っぱ、ジャスミンなどを使って香りも素敵なブーケに仕上がっています☆ 出典:Ruffled /Photo:David Grube Photography 白いバラ、スイートピー、香りのするゼラニウム、ローズマリー、ミントなどのハーブ植物、色々なシダ植物をアレンジしたブーケ♡…続きを読む