キーワード: ケーキトッパー

ハワイらしい新郎新婦コーデがしたい♡ 出典:Polka Dot Bride ハワイと言えば、首からかけるお花飾り「レイ」が人気♡ 白いお花を使ったレイは、ウエディングドレスやタキシードともよく馴染みつつ、リゾート気分も盛り上げてくれる万能アイテムです♪ 出典:Burnetts Boards Photo:Amber Johnson Photography せっかくのリゾートなら、カラフルに!と思うなら、鮮やかなピンクのお花をタップリ使うと、ぐっと華やかな雰囲気に♪ 花冠、レイ、ブーケ、装花を全部お揃いにすると、統一感もバッチリでフォトジェニックです。 出典:NOUBA Photo:Gabriella Katalin あくまで大人っぽいコーディネートを目指すなら、グリーンを主にすると素敵です♡ 白いウエディングドレスや、ダークなタキシードにもぐっと映える鮮やかな緑。 ハワイでは、花婿はマイレの葉っぱを使った「マイレレイ」を逆Uの字に肩からかけるのが伝統です。 トロピカルなお花たち! 出典:NOUBA せっかくならリゾート気分高まる、トロピカルなお花を取り入れたいですよね♪ ブーゲンビリアは、鮮やかなピンク色で、花嫁に大人気のお花です! ブーケなどの他、ウエディングケーキの装花に取り入れても華やかです♪ 出典:Burnetts…続きを読む

2018Springは、STARがくる!? 出典:Wedding Chicks おしゃれ海外ウェディング情報サイトとして、日本でもお馴染みの”Weddingchicks”が、2018年春のウェディングトレンドを大予測♡ ”2018 WEDDING TREND FORECAST: WE’RE SEEING STARS” まばゆいSTARたちがウェディング業界に降ってくるかも??ということなんです! キラキラに目がない女子の皆さん、要チェックです☆ まずは花嫁さんアイテムから❤ 出典:Wedding Chicks 先ほどのドレスのフロントショット。 生地も素肌に近く、胸元のVも深いのにセクシーになり過ぎないのは、STARモチーフがあるからこそ♡ POPで可愛い印象に着こなせます。 出典:Wedding Chicks 大小さまざまなサイズの☆が施されたベール。 ☆デザインは一見カジュアルになりがちなのに、こんな感じでしっかりロングだとしっとりした落ち着いた印象でも使えます。 でもベールに☆…ゲストたちの目をくぎ付けにすること間違いなしです! 出典:Wedding…続きを読む

* 温度や空気を美しく表現するケーキ 出典:Ruffled/Photo:Romance Weddings 新しい年を迎えて、一段と寒さも本格的。空は益々クリアなブルー。 空気も澄んで、輪郭が際立つ冬の美しい風景には、思わず心洗われます❄ 冬の美しさが感じられるのは外の景色だけじゃなく、実はケーキにだってできちゃうのです。 ”冬的たたずまい”にも何パターンかあるので、テーマごとに分けて一挙ご紹介♡ * 一面のホワイト。冷たい空気が立ち昇る 出典:Ruffled/Photo:Les Anagnou Photography ケーキナイフで模様をつけて、あとはベリーとグリーンをほんのちょっと。 白の美しさを引き立てるためにも、デコレーションは最小限が◎なのです。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 多肉植物のスモーキーグリーンが、真っ白なクリームにマッチ。 清らかで凛とした空間を提供できます。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 思い切って、ホワイトonly3段ケーキ。 静謐な佇まいに、思わずゲストたちも目を留めてくれるはず? さりげなく繊細な葉脈が浮き出るリーフでデコレーション。 大人ウエディングにもピッタリです。…続きを読む

NY高層ビルを背景に、アーバンウェディング 出典:NST PICTURES 映画や海外ドラマでよく見るニューヨーク、憧れますよね♡ 自然いっぱいのセントラルパーク、最先端のおしゃれでヒップなエリア、高層ビルに囲まれたハイクラスなエリアがあったりと、色々な顔を持った街。 エステールとロバートは、そんなニューヨークの中心の高層ビルで夢のウェディングを実現させました♡ 大切な日には、自分のルーツを表現する衣裳で 出典:NST PICTURES イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの主に4つの地域で構成されているイギリス。 今は1つの国ですが、それぞれの地域はかつて独立国だった時代があり、異なる文化を持っています。 新郎ロバートは、その中でもスコットランドに自身のゆかりがあるよう。 出典:NST PICTURES ウェディングの衣裳にスコットランドの民族衣装をチョイスしました♡ 男性用のスコットランドの民族衣装は、ボトムがスカートになっています。 ロバートの着ているスコットランドの民族衣装、どこかで見たことがある!という方もいらっしゃるかもしれません♡ 民族衣装を着る機会はそう多くありませんし、節目の日には自分のルーツをかえりみるということは素敵ですね♡ 出典:NST PICTURES スコットランドなどの地域の伝統的な楽器である、バグパイプで生演奏も。 実際に音色を聞いたことがある方は、なかなかいないのではないでしょうか? 珍しい体験や演出を用意することは、それだけでゲストを楽しませるプレゼントになりますね♡ 非現実的なひとときを♡ドリーミーな空間を創り出して 出典:NST…続きを読む

・定番“LOVE”は、デザインで差をつけよう 出典:Ruffled/Photo:CLAYTON AUSTIN 直球が魅力の、LOVE(愛)のケーキトッパーは、デザインに差をつけて脱マンネリを図るのが◎。 Oの文字の中に、二人のシルエットが入ったデザインはとてもフォトジェニック♡ ・“We Do”で皆の前で愛を誓う 出典:Wedding Chicks/Photo: H&H PHOTOGRAPHY 結婚式の言葉、「はい、誓います(I do)」を、新郎新婦の2人バージョンにした「We do」ケーキトッパー。 文字が少ないので、針金アートでもやりやすいですね♪ ・2人の世界に浸れる“Mr&Mrs” 出典:Wedding Chicks/Photo: RACHEL SOLOMON PHOTOGRAPHY 「Mr&Mrs(あなたと私)」というケーキトッパーで、2人の世界にどっぷり浸ってみるのもアリですね♪ ・言われてみたい”better together” 出典:Ruffled/Photo:EMILY…続きを読む

出典:NST PICTURES 今回ご紹介するのは、JasonとLouisのウェディング♡ 法制度ひとつをとっても、セクシャル・マイノリティーへの理解があるという意味で日本より先を行くアメリカでは、同性カップルの結婚式も増えてきました! 同性だから叶う衣装のコーディネート、ウェディングアイデアなどチェックしていきましょう♡ 準備も2人一緒で♡ 出典:NST PICTURES 新郎と新婦のお支度部屋は、別々であることが通例ですが、JasonとLouisは一緒に準備をすることに。 緊張しがちなお支度も、ふたりですれば楽しい思い出になります♡ 出典:NST PICTURES 協力しあってドレスアップ♡ ジャケットは同じタイプをパープルとブルーの色違いでオーダーしました。 出典:NST PICTURES シックなタキシードに、ソックスの柄が可愛いアクセント! お互いのジャケットの色ともリンクしています。 JasonもLouisも、見えないところにまで気を配れるおしゃれさんですね♡ 仲良しをアピール♡ママとおそろいのジャケットで 出典:NST PICTURES ラブラブな様子が伝わってくるJasonとLouis、ママともすごく仲がいい様子♡ 家族との絆をアピールできるアイテムを探し、お互いのママと同じ色のものを身につけることに! 出典:NST…続きを読む

どっち派? 冬の透明な美しさorブランケットを思わせるぬくもり 出典:Polkadotbride 先日は各地で初雪が降り、いよいよ本気で冬支度の皆さん、多いのではないでしょうか? そこで!冬の美しさ、楽しさ、お家に帰ったときのホッとした幸せ感などをウェディングケーキに詰め込んだ ”Winter CAKE” を一挙ご紹介♡ 冬の素敵を色々な角度からフォーカスして、見た目にも美味しさもうっとり♡なケーキを手に入れましょう! 《美❤》 冬の空気を生花で表現 出典:Polkadotbride 白一色でありながら厚みのある模様が可憐な姿のペタルケーキ♪ ペタル(petal)とは花びらの意味で、このデコレーションを施すと一気にフェミニンな印象になってウェディング感もUP♡ 出典:Polkadotbride Xmasリースを思わせるようなこちらのアレンジ。 ゴールドにカラーリングされた実ものが目を引きますが、あくまでテーマはWinter cake。 ゴージャスにならぬよう、ホワイトの小花や深みグリーンとの配分を整えて。 出典:Polkadotbride クリームの深遠なホワイトにホットピンクとラベンダーカラーが目の醒める美しさ。 クリアなケーキ台や、グレーのバックドロップもシックな美しさを後押しです♡ 《美❤》 おめかしはリボンだけ♡ 出典:Polkadotbride/Photo:Jemma…続きを読む

定番ものもいいけれど… 出典:Ruffled /Photo:Tulle & Grace “JUST MARRIED” “MR&MRS” など、もはやウェディングで使われるフレーズはかなりの勢いで浸透中! フォトプロップスやガーランド、ウェルカムボードなどなど… ちょっとしたアイテムに結婚式らしさをプラスしてくれて、ちょっぴりおしゃれな雰囲気を出してくれるキュートな英文たち♡ 海外花嫁さんのトレンドからご紹介します♡ : ”We Do” 出典:Ruffled /Photo:HIGH FIVE FOR LOVE PHOTOGRAPHY お式での「誓いますか?」の後に答える言葉、「はい♡」は英語で言うと「I Do」となりますよね* この「I Do」、お式の中ではお互いが相手に向かってそれぞれ発しますが、つまりは「We Do」ということ! 出典:Ruffled…続きを読む

ラベンダーはいつだって 誰からだって 愛されフラワー♡ 出典:Weddingchicks/Photographer:Warmphoto ラベンダーというと何が浮かびますか?? ”ブーケ” “アロマ” “ガーデン” ? それとも”リラックス”?? あら。。どれもウェディングアイテムにピッタリじゃありません?♡ 今や色々な姿で多くの現代人の日常にリラックス&ハッピーを提供しているラベンダー。 今回は、こちらをウェディングのシーンにも可愛くお手伝いしてもらう♡というアイデア集です! 見ているだけで鎮静効果があるかも…♪ *まずは、bouquetを♡♡ 出典:Weddingchicks/ ラベンダーだけをザクッと束ねたスクラッチブーケ♡ シンプルだからこその可愛さです! 出典:Weddingchicks /Photographer:Jaephoto&design ラベンダーのお花の特徴は縦長シェイプのお花がピン!と立ってくれること。 ブーケにいれると高低を作れて、ブーケに空間と可愛いリズムが生まれます♡ *ブートニアにもさりげなく馴染みます♡ 出典:Weddingchicks/Photographer:Adriane White Photography ラベンダーカラーのサスペンダーに、こんなブートニアはいかがでしょう?…続きを読む

おしゃれにさりげなく仲良しアピール♡ 出典:Wedding Chicks /Photo: MATT LIEN 日本でのウェディングでもかなり見かけるようになってきた『イニシャルオブジェ』。 人気の秘密は、初心者でもDIYしやすいことや、写真撮影に映えること♪ ふたりのオリジナルを取り入れられるのも大きな魅力ですね。 そこで今回は、様々なシーンで活躍してくれるイニシャルオブジェの活用法をチェックしていきましょう! メインテーブルの前に置いてオシャレ度アップ♡ 出典:Wedding Chicks /Photo:The Bird The Bear まずは定番☆メインテーブルの新郎新婦が座る前に置くパターンです♡ 写真撮影されることが一番多い新郎新婦の座席。 その前にテーマになじむイニシャルオブジェを置いておけば、センスの良さをアピール出来ちゃいます♡ ウェルカムスペースやゲストブックテーブルのデコレーションとして☆ 出典:Ruffled ゲストブックテーブルにちょこんと置いておくのも定番の使い方♡ ふたりのイニシャルが仲良く並んでいることで、ゲストにも親しみを感じてもらえるかも☆ また木のブロックを買ってきて、このように自分でレースやテープ、ペンキで簡単にDIYすることが出来ます♪…続きを読む

1 2 3