キーワード: ケーキ

ハワイらしい新郎新婦コーデがしたい♡ 出典:Polka Dot Bride ハワイと言えば、首からかけるお花飾り「レイ」が人気♡ 白いお花を使ったレイは、ウエディングドレスやタキシードともよく馴染みつつ、リゾート気分も盛り上げてくれる万能アイテムです♪ 出典:Burnetts Boards Photo:Amber Johnson Photography せっかくのリゾートなら、カラフルに!と思うなら、鮮やかなピンクのお花をタップリ使うと、ぐっと華やかな雰囲気に♪ 花冠、レイ、ブーケ、装花を全部お揃いにすると、統一感もバッチリでフォトジェニックです。 出典:NOUBA Photo:Gabriella Katalin あくまで大人っぽいコーディネートを目指すなら、グリーンを主にすると素敵です♡ 白いウエディングドレスや、ダークなタキシードにもぐっと映える鮮やかな緑。 ハワイでは、花婿はマイレの葉っぱを使った「マイレレイ」を逆Uの字に肩からかけるのが伝統です。 トロピカルなお花たち! 出典:NOUBA せっかくならリゾート気分高まる、トロピカルなお花を取り入れたいですよね♪ ブーゲンビリアは、鮮やかなピンク色で、花嫁に大人気のお花です! ブーケなどの他、ウエディングケーキの装花に取り入れても華やかです♪ 出典:Burnetts…続きを読む

・定番“LOVE”は、デザインで差をつけよう 出典:Ruffled/Photo:CLAYTON AUSTIN 直球が魅力の、LOVE(愛)のケーキトッパーは、デザインに差をつけて脱マンネリを図るのが◎。 Oの文字の中に、二人のシルエットが入ったデザインはとてもフォトジェニック♡ ・“We Do”で皆の前で愛を誓う 出典:Wedding Chicks/Photo: H&H PHOTOGRAPHY 結婚式の言葉、「はい、誓います(I do)」を、新郎新婦の2人バージョンにした「We do」ケーキトッパー。 文字が少ないので、針金アートでもやりやすいですね♪ ・2人の世界に浸れる“Mr&Mrs” 出典:Wedding Chicks/Photo: RACHEL SOLOMON PHOTOGRAPHY 「Mr&Mrs(あなたと私)」というケーキトッパーで、2人の世界にどっぷり浸ってみるのもアリですね♪ ・言われてみたい”better together” 出典:Ruffled/Photo:EMILY…続きを読む

とろ~りと垂れるシロップが可愛すぎる♡ 出典:NOUBA/Photo:Cordy’s Cakes その名のとおり上からシロップやソースを垂らしたケーキ、Melting Cake。 日本のプレ花嫁さんの間では「たらしこみケーキ」「カラードリップケーキ」とも呼ばれています♡ 見た目も可愛く、ケーキ入刀の代わりの演出としても使えるとあって、海外花嫁さんの間でもすでに大人気! シロップ毎にデザインを集めてみましたので、「こんなデザインまねしたいな〜♡」というケーキを探してみてください! 1.キャラメルシロップ/メープルシロップ 出典:Wedding Chicks/Photo:ARIEL PERRY 比較的シンプルな三段ケーキですが、上からたっぷりシロップをかけることで、あっという間にフォトジェニックなケーキに大変身♡ たら~りと垂れる美味しそうなシロップを目立たせたい場合は、装花などは控えめにするのがおすすめ♪ 出典:NOUBA/Photo:Kate Drennan たっぷり装花のメルティングケーキは、キュートな印象が際立ちます♡ 見ているだけで幸せな気持ちに♪ 出典:NOUBA/Photo:Kim Cartmell 一段のケーキでは、上から垂れるシロップがそのままお皿までまっすぐとろ~り♡ プレートに溜まっているキャラメルシロップが甘くて美味しそうで、食欲を誘いますね! 2.チョコソース 出典:Ruffled チョコレートスポンジに生クリームを薄塗りしたケーキに、チョコソースを垂らしこみ♡…続きを読む

* 春ウェディング オンブレカラーで迎えましょ♡ 出典:Ruffled/Photographer:emilymarchphotography 今回ご紹介するのは “オンブレ” なウェディングアイデア。 初耳の方もいらっしゃるでしょうか♡ フランス語で “段階的に濃淡をつけたグラデーション” の意味なんです。 自然と明るいカラーに目が惹かれちゃう春はもうすぐ♡ こんな時期は、色を幾重にもぼかして柔らかい色の移り変わりを表現すると、世界が一段深まって見えたりするから不思議… おひさまの色が1トーン明るくなった春にこそ、ぜひ取り入れて欲しいのがオンブレなのです♡ ▶ そこはかとなく淡いオンブレドレスは上品な世界 出典:Ruffled/Photographer:Megan Welker Photography 淡いサクラ貝を敷き詰めたような大人フェミニンなこちらのドレス。 ソメイヨシノにも似た、この儚くて繊細なピンクにはDNA的にもきゅんとしてしまうはず。。。 出典:Ruffled/Photographer:EMILY MARCH PHOTOGRAPHY シルバーグレーのオムブレドレス。 着るだけでぐっとシックに、大人花嫁にしてくれる1着です。…続きを読む

* 淡いブルーが織りなす世界は、気品溢れる大人の美しさ 出典:Ruffled/Photographer:EMILY MARCH PHOTOGRAPHY 「フレンチブルー」という言葉って、どんなイメージが湧きますか? 淡いブルー。柔らかみのあるブルー。ちょっとシックで大人なブルー。。。 このアンニュイなカラーが織りなす世界観に、大人花嫁さんからじわじわとアツイ支持が‼︎ 海外カップルのフレンチブルーウェディング♪ 是非ご覧ください! ▶ ウェディングケーキで…♡ 出典:Polka dot Bride/ 海外の絵本に出てきそうなくらい可憐なこちらのCake♡ ペーパーリボンを一巻きして、本物のパンジーでデコレーション。 しかもトップではなくサイドにです! 出典:Burnettsboards/Photographer:KT Merry 出典:Ruffled/Photographer:EMILY MARCH PHOTOGRAPHY アイシングたっぷりのこちらは、全体的に丸みがでてほんわり系♡ 花嫁は同じカラーのチュールドレス。 ドレス+1アイテムを同じカラーにするだけで、ウェディングのトータルコーデは十分可能です♪…続きを読む

マリンストライプの招待状で、ゲストの期待度を高めちゃおう☆ 出典:Wedding Chicks ストライプ柄は常に人気ですが、夏のウェディングシーンでは特に大活躍してくれます♪ マリンストライプをテーマにすれば、会場も爽やかでおしゃれに統一することができるので、夏の花嫁さんには有効に活用して頂きたいと思います♡ まずは、ゲストの第一印象を左右する招待状から♪ ぱっと開けた瞬間に、鮮やかなストライプが目に飛び込んでくるので、ゲストの期待も高まります。 出典:Wedding Chicks 山型のシェブロンストライプも人気です♪ 普通のストライプよりも動きが出て、しかも波型にも見えるので、夏らしさがよく出ますよね☆ また、薄い色の組み合わせも涼し気ですね。 ウェディングブーケを、ストライプのリボンでくるり♡ 出典:Ruffled サマーウェディングにおすすめしたいのが、マリンストライプのブーケリボン♪ ワンポイントなので取り入れやすいのに、夏らしさがぐぐっとアップする一工夫です☆ 出典:Ruffled 特に明るいピンクや白などのブーケとは相性抜群なので、リボンには是非こだわってみてくださいね! バージンロードもマリンストライプに変身? 出典:Ruffled なんとバージンロードまで、マリンストライプにしちゃいました☆ 勇気がいる装飾かもしれませんが、ビーチサイドや、ウッドデッキでのカジュアルウェディングには、相性が良いですね♪ 写真映えもするので、海沿いでの堅苦しくない結婚式で、取り入れてみるのも良いかもしれません! 人とは違う個性的な夏挙式をしたい方は必見です☆…続きを読む

ピンクはいつまでも女子の味方♡ 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers Photography 女の子に愛され続ける色、ピンク。 ウェディングでもやっぱりピンクのコーディネートに心惹かれてしまう…♡ そんなプレ花嫁さんに参考にしてほしいのが、ピンクにゴールドをプラスしたコーディネート。 ゴールドはシルバーよりも目立つような気がして、なんだか気がひけるって思いがちですが、ピンクと組み合わせることで、上品であたたかい雰囲気が演出できるんです♡ ピンクのお花で彩って、ゴールドのアイテムをアクセントに 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers Photography 真っ白なテーブルクロスに映えるピンク色をベースにしたフラワーアレンジ。 ゴールドのフレームでテーブルナンバーを縁取って、ゴージャスで上品なイメージに早変わり。 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers Photography テーブルランナーにゴールドのファブリックを。 お花のボリュームが少なくても、華やかな空間に見せてくれます。 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers…続きを読む

先祖代々守ってきたお庭での結婚式 出典:NOUBA  Photography:CJ Williams 今回ご紹介するのは、トムとケリーのシックなガーデンウェディング。 なんと、会場となる場所は、新婦ケリーの両親の大切にしているお庭* 小さな頃から、両親がお庭の手入れをしているのを見てきたというケリー。 そんな大切な庭が会場になるなんて、両親にとっても嬉しいですね♡ そして、驚くべきはお庭のコーディネート術! ガーデンウェディングらしく緑いっぱいの空間につくった、おしゃれなウェディングをチェックしていきましょう* 式は高校のチャペルでフォーマルに 出典:NOUBA  Photography:CJ Williams パーティーはガーデンでリラックスした雰囲気にしたかったから、式はフォーマルにして皆の印象に残るものにしたかったの。 と語るケリー。 出身高校に併設されているチャペルを借りて、神聖な雰囲気で結婚式が行われました。 クラシックで伝統的なスタイルは、どんな年代の人の胸も打つ美しさがありますね。 ドレスはとことん自分に似合うものを 出典:NOUBA  Photography:CJ Williams ケリーがオーダーしたドレスは、とても小さなレースや装飾が繊細でシンプルなデザイン。 適度にフェミニンで上品なのに、ガーデンにもよく合っています。 「こんなに私にぴったりで繊細なドレスが着ることができるなんて、夢のよう!」とケリー。…続きを読む

結婚式だからって気取らない! 出典:NOUBA  Photography:Van Middleton 結婚式って一生に一回と思うからこそ、背伸びして頑張ってしまいがち。 でも、変に気取らず、ふたりの好きなこと、好きなもので溢れたウェディングも素敵だと思いませんか? 今回は、お気に入りのものを随所に散りばめた、スーザンとタイの結婚式をご紹介します♩ プロポーズされたとき、思わず「結婚式の準備やだ~…!」と口走ってしまったという新婦スーザン。 結局、ふたりの好きなものばかりを取り入れた、個性的なウェディングになりました♡ DIYでオリジナリティーを出そう! 印象的な結婚式に 出典:NOUBA  Photography:Van Middleton スーザンとタイが好きなもの、それは、SF、スーパーヒーロー、カンフー、どーもくん、明るい色、ハンドクラフト、ティーポットにゾンビ(!)。 ウェディングのウェルカムボードは、昔のSF映画の宣伝のようでオシャレ☆ 出典:NOUBA  Photography:Van Middleton そして、ウェルカムスペースやウェディングケーキのトッパーにもどーもくんが! どーもくんは、日本のNHKのキャラクターですが、実は海外でかなり人気なんです☆ インターネット上で紹介されたことで広まって、欧米やアジア各国でキャラクターグッズが発売されるほどになっているんですよ♪ 挙式はビーチ沿いのガーデンで☆リラックスムードで自然と笑顔♡ 出典:NOUBA  Photography:Van…続きを読む

数年前から人気のラスティックウェディング♡ 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd ラスティック(Rustic)とは、直訳で “飾り気のない” “素朴な”という意味。 つまり、ラスティックウェディングとは、ゴージャスで派手な結婚式と対照的な、ナチュラルで温かみのある飾り気のない結婚式のことを指します。 海外花嫁さんの間では、数年前から大人気のウェディングスタイル♡ 今回は、自然の中で和気あいあいと行われたアシュリーとマークの1日をレポートします! アウトドアの会場はラスティックウェディングの象徴 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd 最初から、アウトドアの結婚式場がいいと決めていた新婦アシュリー。 色々と探した結果、オーストラリア最東端に位置するバイロン・ベイの素敵な会場にたどりつきました! 緑が美しい芝生の広場に椅子を並べ、花びらをまいたバージンロードを歩きます。 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd そして、カントリー風の木のセレモニーアーバーは新郎マークの手作り。 木の素材と手作り感が、より式を温かみのあるものにしてくれています* シンプルでナチュラルなブーケを持ち、花嫁姿は白一色に統一! ラスティックウェディングでは、素材感のあるドレスやアクセサリーで決めると、全体がよくまとまりますね♪ 木漏れ日が降りそそぐ、素敵な景色をふたり占め♡…続きを読む

1 2 3 4