キーワード: サマーウェディング

出典:NST PICTURES 海に行く予定が待ち遠しい今日この頃♡ 泳ぐのはもちろん日光浴をしたり、ビーチでバーベキューをしたり、本気でサーフィンをするのもあり! マリンスポーツを愛する方は特に、海をウェディングのロケーションの候補として考えてみてはいかがでしょうか? 今回は、ビーチで行われたErinとZacharyのウェディングをレポートします♡ 足跡ひとつない砂浜で、永遠の愛を♡ 出典:NST PICTURES ニューヨーク州の郊外にある静かなビーチをウェディングのロケーションとしてチョイス。 ウェディングの前に、スタッフが砂浜を整備しています。 アウトドアだからこそ空間のコンディションには気を配って、安心できる状態でウェディングに臨みたいですね! 出典:NST PICTURES 会場の目の前にあるのは、美しい海。 お天気にも恵まれて、最高のロケーションです♡ ふたりの好きなものを詰め込んで 出典:NST PICTURES 初めての共同作業としてよく行われる「ケーキ入刀」。 高砂の近くまで移動して写真を撮るゲストも多いので、ケーキのデコレーションにはこだわっておきたいですよね。 サーフィンが大好きなErinとZachary、ケーキの上でサーフボードを手にしています!♡ 出典:NST PICTURES マジパンで作られた、ハイビスカスのような南国らしいお花が添えられています。…続きを読む

お気に入りのサングラスをかけて、最高の一日を楽しもう♪ 出典:Burnetts Boards/Photo:Hello Miss Lovely 降り注ぐ日差しがまぶしい真夏のウェディング♡ ビーチサイドでの挙式や、アウトドアウェディングなど、屋外で楽しむことも多いですよね! そこで、参考にして欲しいのがサングラスコーディネート。 クールにもポップにも、キュートにもなれて、印象は自由自在♡ お気に入りのサングラスをかけて、素敵写真をたくさん残しましょう♪ ロケーションフォトはサングラスでビシッと決めましょ♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Everly Studios あら不思議♡サングラスをかければ、自然とカッコいいポージングが出来るんですね! 新郎新婦のクールな一面、見せつけちゃいましょう。 出典:Ruffled/Photo:Love me Do ビーチサイドだけではなく、このようにシティでのロケフォトや、草原の中のロケフォトでも決まりますよ☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Miguel Varona 一生残る写真です! 恥ずかしさや照れは捨てて、モデルさんになったつもりで、雑誌のように素敵な写真を撮ってもらいましょう☆…続きを読む

夏のウェディングには、ゲストに喜ばれるうちわ型プログラムを用意して☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Natasja Kremers あっつーい夏のウェディング☆ 参加してもらうゲストたちに、何か仰げるものがあると親切ですよね。 そこで、今回ご紹介するのは 〈うちわ型プログラム(fan program)〉 です! 出典:Ruffled/Photo:Heidi Vail 式次第やプログラムは結婚式に必須のアイテムですが、それをうちわにしてしまおうという斬新なアイディア♪ 見た目も可愛くて、実用的♡ 取り入れない手はないですよね! DIYもしやすいスクエア型は、アイスキャンディーみたいな可愛さ♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:Anna Marks 一番準備しやすい王道の形が四角型のプログラム☆ 見た目もアイスキャンディーみたいで、涼しい感じがしますね♪ テーマカラーに沿ったデザインで統一感を出しましょう。 出典:Ruffled/Photo: Nadia…続きを読む

サンドセレモニーってどんなもの?その意味って? 出典:Wedding Chicks 出典:Wedding Chicks 結婚式での『サンドセレモニー』という演出、知っていますか? 海外では取り入られることも多いのですが、日本ではまだ珍しい演出かもしれません☆ サンドセレモニーとは、新郎新婦を表す別々の砂を一つのボトルなどに入れ、これからは一つの家族として生きていくことを意味する儀式です。 砂は一度混ぜてしまうと、もう二度と分けることは出来ません。 今まで別々の人生を歩いてきた二人が、結婚という絆で家族となることを表す感動的なセレモニーなんです♡ 砂の色やボトルのデザインなどは自由自在!結婚式のイメージに合わせて♪ 出典:Wedding Chicks サンドセレモニーには特に厳格な決まりがあるわけではないので、自分たちならではのアレンジが出来るのが魅力です♪ たとえばシックな結婚式なら、水色や緑のボトルに、新郎新婦の好きな色の砂を入れれば、引き締まった印象のおしゃれなサンドセレモニーにすることもできますよ☆ 出典:Wedding Chicks ピンクやパープルなど、テーマに合わせて用意してみましょう* DIYで砂に色を付けるなら、アクリル絵の具がおすすめです! 入れるのはボトルじゃなくてもOK! ずっと残ることまで考えて♪ 出典:Wedding Chicks 砂を入れるのはボトルじゃなくてもいいんです! サンドセレモニーは、式の後もずっと形として残るものなので、思い出として新居に飾るのも素敵です♪ 出典:Wedding…続きを読む