キーワード: テーブルコーデ

多肉植物を使ったブーケ&ブートニアは、フォルムがキュート♡ 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder サンタモニカでガーデンウェディングを挙げたふたり♡ ふたりがやりたかったのは、「おしゃれだけど、くつろげる」「統一感があるけど、頑張りすぎてない」結婚式☆ このバランスを取るのって、実はとっても難しいのですが、見事にそれを実現しちゃいました! 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder そんなふたりが選んだのは、多肉植物をたっぷり使ったブーケ&ブートニア。 淡いピンクやオレンジのお花と、薄い緑色のもこもことした多肉植物でまとめています♡ 色味が全体的に薄いトーンなので、とてもナチュラルです。 ですが、ユニークな形の多肉植物を使うことで、一味違う、オシャレなブーケ&ブートニアになっていますね♪ 持ち手のリボンにブローチを飾るという小技も効いています。 ブライズメイドのドレスはテーマ色に合わせたグラデーションで♡ 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder 結婚式のテーマカラーは、グレーとピンクブラッシュ(チークのような透明感があって優しいピンク)。 そこで、その2色のグラデーションカラーの中からブライズメイドたちに選んでもらいました♪ 一人ひとりドレスの色は違うのに、生まれる統一感は素敵ですね! 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder 全員同じ色にしない場合、このグラデーション配色はとっても参考になりそうです☆ 多肉植物が彩るテーブル♡“こなれたオシャレ”コーデの完成です 出典:Ruffled/Photographer:Heidi Ryder…続きを読む

世界一キュートな花嫁になりたい♡ 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY PHOTOGRAPHY ウェディングのコーディネート、”可愛さ” は絶対欲しいけど、大人っぽさも意識したい… そんなプレ花嫁さんから熱い支持をうける、ちょいボヘミアンスタイル♡ 結婚式らしいロマンティックなムードをたっぷり加えると、今っぽさを感じる優雅なコーディネートが出来上がり! 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY PHOTOGRAPHY ユーカリ、オリーブの枝、レッドピアノローズ、ピーチジュリエット、ガーデンローズ…♡ センスよくセレクトされたそれらの草花が、ブーケや花冠に惜しみなくアレンジされ、ボタニカルな魅力のボヘミアン・ブライド♡ 鮮やかな薔薇に赤いリップがとってもキュートです。 個性を生かしたブライズメイズルック♡ 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY PHOTOGRAPHY ブライズメイドたちはピーチピンクやバーガーンディのドリーミーなドレスを、それぞれの個性に合わせてチョイス。 出典:Ruffled/ Photography:KRISTEN JOY…続きを読む

14歳の頃から付き合っていた彼とついにゴールイン! 出典:Ruffled /Photography:PRISCILA VALENTINA 今回ご紹介するのは、14歳の頃から交際しているダニエラとエリックの結婚式。 12年間の交際を経て、ついに結婚式を挙げることに!♡ 今回のパーティーのテーマは “ボヘミアンで少しラスティック、ヴィンテージの要素が入ったイメージ” と話す新婦ダニエラ。 ふたりによるDIYアイテム盛りだくさんの一日、チェックしていきましょう* ナチュラルなソフトピンク×グレーの衣装 出典:Ruffled /Photography:PRISCILA VALENTINA 男性がグレーのスーツで女性のブライズメイトがナチュラルピンクなんて、絶対にパーフェクトの組み合わせだと思ったの! と話すダニエラ。 少し淡くてヴィンテージチックな雰囲気が、今回のパーティーのコンセプトにぴったりです。 ブライズメイドひとりひとりの個性に合わせてドレスのデザインが違うのも、うれしいポイント* ブートニア&ブーケにはボヘミアンなグリーンを取り込んで 出典:Ruffled /Photography:PRISCILA VALENTINA ボヘミアンな要素に必ず必要なグリーン。 今回もサキュレントやワイルドフラワーで、ブートニアに上手に取り入れています。 出典:Ruffled…続きを読む

鹿がテーマの結婚式♪今流行りのラスティックウェディングとも相性抜群☆ 出典:Ruffled  Photography:ALLIE SIARTO PHOTOGRAPHY 新郎ジョシュアと新婦テイラーが出会ったのは、なんと日本の奈良! ご存知の通り、奈良公園にはたくさんの鹿がいますよね。 そんな運命の場所を象徴する鹿は、自然の流れでふたりのウェディングのテーマになりました☆ 伯父夫妻が持っている納屋を借りて行われた結婚式は、まさにテーマにぴったりの会場。 まるで森の中にいるような気分を味わえる、温かくてほっこりするウェディングをチェックしていきましょう! 出典:Ruffled  Photography:ALLIE SIARTO PHOTOGRAPHY 招待状から気分を上げて♪さりげない鹿のモチーフがとってもキュート♡ テーマカラーは白✖緑。ブーケ、ブートニアアレンジを拝見♪ 出典:Ruffled  Photography:ALLIE SIARTO PHOTOGRAPHY 森の中のウェディングにふさわしいブーケ、ブートニアは白と緑の色で統一。 ナチュラルな抜け感のある、ツートーンのシンプルな配色ですが、よ~く見ると色んなお花や実、綿毛などきめ細かく計算され尽したアレンジになっています! 出典:Ruffled  Photography:ALLIE SIARTO…続きを読む

出典:Wedding Chicks  Photography:Katie Beverley 今回ご紹介するのは《メキシカンウェディング》。 なかなか日本では見ませんが、実はとってもおしゃれで楽しいウェディングテーマなんです♡ メキシカンと聞くとイメージするのは、灼熱の太陽・砂漠・サボテンなど、色彩的にも、コーディネートとしても “濃い!” テイストを想像しますよね…? ホワイトとベビーピンク、ベビーブルーを組み合わせたカラーをコンセプトに、ファッショナブルなウェディングを作り上げることもできちゃいます♡ ボタニカルな要素とカラフルなフラワーで、メキシカンブーケに 出典:Wedding Chicks  Photography:Katie Beverley 花嫁ルックに欠かせないブーケはボタニカルな要素の多肉植物を程よく取り入れ、カラフルでビビットなお花を組み合わせることで、よりメキシカンらしいブーケを作っています。 とっても目立つこのブーケは純白のドレスと良く合います。 また、クラッチブーケにすることで、メキシカンの明るい活発なイメージを作り出しています。 メキシカンウェディングにメキシカンハットは必須アイテム! 出典:Wedding Chicks  Photography:Katie Beverley 遊び心たっぷりのメキシカンハットはこのウェディングには必須アイテム。 新郎がかぶって写真を撮ったり、ゲストが使って遊んだり、パーティーにはもってこいのアイテムですね。…続きを読む

何度もデートに出かけたお気に入りの場所や、テーマパーク。 街中で見つけたら思わず買っちゃうような、心をくすぐるキャラクター。 今までのふたりを語るのに欠かせない、そんなモチーフありますか? 今回ご紹介するカリフォルニア州のカップル、エディとステファンはなんと、”フラミンゴ” が大好き♡ 様々な場所にフラミンゴのオブジェを置き、カラフルなコーディネートにこだわってオリジナルな1日を叶えました。 コーディネートのポイントをチェックしていきましょう♡ インディアンサマーカラーって? ふたりがテーマカラーに選んだのは、フラミンゴのピンク色に負けないくらい印象の強い、インディアンサマーカラー。 インディアンサマーとは、秋から冬にかけての穏やかな暖かい天気を指します。 日本で言う小春日和と同じようなイメージですね♡ タンジェリンオレンジとミントカラーの組み合わせがとてもカラフルで爽やか! ふたりはDIYにこだわっているので、こんな素敵な招待状カードを作ってしまいました♡ これはパーティーも期待できそう!とワクワクしてしまいますね。 こだわりのDIYを詰めたテーブルコーデ ナチュラルでオーガニックのものを使いたい!という新婦の希望で、テーブルランナーはオーガニック素材から作られた布を。 本物の小さなタンジェリンオレンジに、葉っぱのように見せたネームプレートが可愛い♡ お花もホワイトやタンジェリンオレンジを使ってカラフルに決まっていますね! ブライズメイドルックは個性を尊重♡ 親友たちのドレスはコンセプトとテーマカラーに合わせて用意しました。 ウェディング前に集まって、ドレス振り分け女子会みたいなパーティーを開いても素敵かも♡ アクセサリーやシューズはどれを合わせる?なんて、みんなで考えるとアイデアがふくらんでとっても楽しそうです♡ 愛着のあるフラミンゴグッズをご披露♡ 高砂のテーブルクロスにこのオレンジをふんだんに使い、さらにフラミンゴのオブジェも大胆に飾ってしまうというおしゃれっぷり♡ ドリンクストローはオレンジのストライプ、そのストローを入れているグラスは、IKEAで見つけたフラミンゴがプリントされたもの。…続きを読む

使う色の数を抑えて、つくり出す大人感 出典:Ruffled /Photography:Cararobbins Studio 今回はラスベガスの新婦ゾエと新郎ジェームスのガーデンウェディングについてご紹介します♡ ふたりのコンセプトは、タイムレスで美しい、シンプルな結婚式。 派手な演出を入れず、自然の美しさを生かして隙のないカラーコーディネートを行ったガーデンウェディングはとても印象的な1日となりました♡ 花嫁ルックはすべてが白♡ 出典:Ruffled /Photography:Cararobbins Studio 新婦の花嫁ルックは、ブーケやストリングスタイプのヘッドアクセに付けた小ぶりなお花も含めてすべて白一色♡ 真っ白で統一すると花嫁感が倍増して素敵ですよね♡ 芍薬、ローズ、あじさいで作ったクラッチブーケは茎の緑色がアクセントになり、ガーデンウェディングにぴったりです! 反対色のコーディネートを成功させる秘密って? 出典:Ruffled /Photography:Cararobbins Studio 花嫁らしい白とグレーがかったシュノーケルブルーで全体をまとめたふたりですが、ブライズメイドのドレスはピーチエコーを中心としてボルドーなどの赤系。空間全体にアクセントを加えています。 こんな風に、ベースとなる色を決めて、その「反対色」をポイントとして一部に取り入れることで、相互の色味が十分に引き出された美しいコーディネートが仕上がります。 出典:Ruffled /Photography:Cararobbins Studio ブライズメイドの持つブーケにはブルーのアザミを少し入れているのもまた上品です。 花嫁もブライズメイドもエフォートレススタイルのヘアで、ゆったりとした余裕を感じますね♡…続きを読む

BOHOスタイルがついに進化 出典:Ruffled/Photography:CYN KAIN PHOTOGRAPHY 自由奔放なボヘミアンテイストでありながら、ちょっぴりシックなBOHOスタイルがウェディングで流行中ですが、今回ご紹介するのはそのBOHOから派生した新しいテイスト「BOHO GLAM」。 GLAMとはGLAMOROUSの略で、刺激的かつ、うっとりするような魅力を意味する言葉。 つまりBOHO GLAMって、人気のBOHOスタイルに、きらびやかなゴージャス感をミックスさせたスタイルのことなんです。 ウェディングらしい華やかさはもちろん、70年代風のレトロな雰囲気も醸し出すカラーコーデ、会場のデコレーションのアイデアなど、新しい風を感じてみて♡ 出会った街が見下ろせる屋外劇場でロマンティックセレモニー 出典:Ruffled/Photography:CYN KAIN PHOTOGRAPHY セレモニーは、街を見下ろせる石造りの野外劇場で行いました。 当日は天気もまずまずで、新婦クリスティーンと新郎パトリックはほっと一安心♡ 実際に屋外で挙式やパーティーを行う場合は、お天気によってどんな対策をするか、あらかじめプランしておくことが大切ですね! 出典:Ruffled/Photography:CYN KAIN PHOTOGRAPHY 誓いの場所は、大きな樽にユーカリとバラで飾り、シンプルでロマンティックな雰囲気に。 アッシャーのひとりが、ボブ・ディランの「Make you feel my…続きを読む

多肉植物やボタニカル、人気急上昇中のトレンドワードはもうチェック済みですか? 出典:Polka Dot Bride/Photography:Jane Allen 海外のウェディングで最近よく見かけるのが、多肉植物を使ったデコレーション。 ボタニカルテーマは日本でも人気が出始めているので、春夏のウェディングにはぷっくり可愛い多肉植物を飾ってボタニカルを意識したデコレーションをいかが? 上の写真のようにブーケはもちろんですが… 出典:Polka Dot Bride/Photography:Luminarie Photography by Wendy Chung こんなふうにセンターピースとしてテーブルの真ん中にドーンと飾ったり、テーブルナンバーに多肉植物を使ったり。海外のウェディングでは人気のデコレーションなんです♪ これから暖かくなる季節には特にオススメの多肉植物デコレーション、せっかくなら容器にもこだわって、ウェディングのテーマカラーやお好きな色にペインティングしてみませんか? どなたにも手軽に出来ちゃうDIYアイデアなので、ぜひトライしてみて♪ 100円ショップでもすべて揃えられちゃう♪ :準備編 出典:Polka Dot Bride /Tutorial&Photography:Alica Parsons 用意するものはたったこれだけ。…続きを読む

モノトーンコーデの結婚式がおしゃれ♡ 出典:Wedding Chicks /Photography:Jamie Lauren Photography ブラックをコーディネートに取り入れることって、結婚式ではよろしくないのかしら? とお思いのプレ花嫁さん♡ いえいえ、黒を使ったウェディングはもはや新定番とも言えます! お色直しのドレスにブラックのチョイスだってあり!ですし、なんと海外では、黒いウェディングケーキが流行中…?! 普段のファッションで実感するように、とってもシックでモダンな空気を演出してくれるモノトーン。 この色合いをベースにすることで、大人らしい、且つおしゃれな結婚式を演出することができちゃいます♡ キラッキラのゴールドの力を借りて、より華やかに 出典:Wedding Chicks /Photography:Jamie Lauren Photography ホワイトのドット柄が可愛いテーブルクロスはポップな印象を受けますが、カトラリーやお皿、ナプキン、キャンドルはすべてをゴールドに統一します。 シルバーではなくゴールドを選ぶことで、モノトーンを基調としていても、断然華やかに見えますね♡ 欧米で大注目のブラックケーキ?! 出典:Wedding Chicks /Photography:Jamie Lauren Photography…続きを読む

1 2 3