キーワード: テーブル装花

憧れの長テーブルコーディネート 出典:Burnetts Boards Photo:Susanne Wysocki 日本での披露宴は丸テーブルスタイルが多いですが、海外では長テーブルのスタイルが主流♪ 別名、「晩餐会スタイル」とも言われる長テーブルは、コーデ次第で色々な表情を見せてくれますよ♡ キャンドルを使った “THE晩餐会コーデ” 出典:Burnetts Boards Photo:Stefano Santucci ホテルウェディングやナイトウェディングなど、ゴージャスな雰囲気を出せるのは、背の高いキャンドルをたっぷり飾ったテーブルコーデ♡ キャンドルの光が揺れて、まるで美女と野獣の映画の世界に入ったみたい! ロマンティックな気分が盛り上がりますね♪ 出典:Wedding Chicks Photo:Serena Cevenini 背の低いキャンドルでも、長いテーブルにずらっと並べればかなり華やかな雰囲気に☆ このインパクトは、長テーブルならではのコーディネートですね♡ グリーンメインのセンターピースでナチュラルに 出典:NOUBA Photo:Motta…続きを読む

出典:Burnetts Boards/Photo:Kate Nielen Photography 細長く伸びた茎から、青い花が咲き誇るデルフィニウム。 花言葉は、「清明」「高貴」「あなたは幸福をふりまく」と、まさに結婚式にふさわしいものばかり♡ また、幸せになれるおまじない「サムシングフォー」の中のひとつ「サムシングブルー」は、何か青いものを結婚式に取り入れるとハッピーになれるというジンクスですが、デルフィニウムを使えばバッチリ取り入れられますね! 表情色々!花嫁さんのイメージに合わせたブーケ 出典:Wedding Chicks/Photo: IVY AND GOLD デルフィニウムの鮮やかなブルーが爽やかな印象の縦長ブーケ☆ かすみ草や実などと合わせて、小花が散りばめられた優しい印象のブーケになっています。 出典:Burnetts Boards/Photo: IVY AND GOLD 淡いピンクや白のお花と一緒にアレンジされた淡い青色のデルフィニウム。 全体的に丸みを帯びたフォルムが、ガーリーでキュートです。 デルフィニウムはすずらんとの相性もいいですね♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:…続きを読む

カラフルすぎて夢みたいな空間* 出典:NST PICTURES お花には、人の心を癒したり元気にしたりしてくれる不思議な力がありますよね* AnastasiyaとEricは、ニュージャージー州のレストランで夢のウェディングを叶えました。 出典:NST PICTURES レストランの外には大きなフラワーガーデンが広がっていて、ウェディングやイベントを行うことができるよう。 可愛らしいフラワーアーチが特徴のガーデンスペースをウェディングロケーションとしてチョイス♡ 色とりどりのお花が咲く季節に合わせて、結婚式を計画したいですね♡ ファーストルックは大きな空の下で! 出典:NST PICTURES ウェディングの日に、ブライドとグルームがお互いの姿を初めて見せ合うファーストルック。 アナスタシアとエリックは、ファーストルックもお花に囲まれて行いました♡ アナスタシアを待つエリック。 そして、後ろからそーっと近づくアナスタシア* 出典:NST PICTURES ふたりとも、お互いの姿を見て大喜び♡ 一度しかないウェディングの瞬間を、映像や写真で残しておきたいですよね♡ お花モチーフのアイテムで統一♡ 出典:NST PICTURES Anastasiyaは、お支度部屋でのルームウェアをブライズメイドたちに用意していました。…続きを読む

プロテアが主役の圧巻ブーケ☆ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI カリフォルニア州のパームスプリングスで式を挙げたキャリーとジェフ。 パームスプリングスは砂漠のリゾートで、ふたりはここの式場を一目で気に入って決めたそうです♪ 砂漠リゾートなので、カラフルな挙式ではなく、会場の雰囲気を活かしたいという希望を持っていたふたり。 シンプルでアットホームなウェディングになりました♡ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI 乾燥した地域に咲くプロテアは、まさにぴったりのお花です☆ アフリカ原産のプロテアは一度見たら忘れないインパクト抜群のシルエットを持つお花。 「王者の風格」「豊かな心」など、その見た目にぴったりの花言葉を持っています。 鮮やかすぎず、淡すぎないピンクの色も素敵ですよね♪ そのプロテアを3輪束ねただけのシンプルなアレンジですが、ゲストの視線を奪う迫力あるブーケになっています☆ プロテアに負けない凛々しい花嫁に♡ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI ショートカットにもよく似合うバードケージベールをまとい、アクセサリーは大振りのピアスのみ。 大人の魅力を最大限に引き出した花嫁コーデです♡ 腰の下まではタイトなマーメイドラインで、そこから裾まで一気にボリュームを出したドレス。 ひとつひとつのデザインが個性的でおしゃれですね☆ 出典:Ruffled/Photography:LAUREN SCOTTI ブライズメイドも、ラスティックウェディングの雰囲気によく合った、淡いゴールドのロングドレス. シンプルなホワイトのブーケ、ダウンスタイルのヘアでお揃いにしています。…続きを読む