キーワード: デザイン

1.旅行気分が盛り上がるデザイン♡ 出典:Ruffled 「この日を空けておいてね」という意味のSave the Dateカード。 デスティネーションウェディングの場合は、特に前もって日にちをお知らせする必要がありますよね。 そんな場合ぴったりなのは、行先の地図がデザインされたカード♡ リゾート気分が盛り上がりますね! 出典:Polka Dot Bride/Photo:Tamiz Photography 手描きイラストでフィジーの地図がデザインされたカードは、温かみがあってとっても素敵♡ 絵心に自信がある場合は、チャレンジしてみたいですね! 出典:Polka Dot Bride 旅行のラゲージタグ風の形にするのもオシャレです♪ 飛行機のマークや、出国スタンプのようなデザインが可愛らしいですね。 参加するのが待ち遠しくなるようなSave the Dateカードです。 2.植物の水彩アートデザイン 出典:NOUBA 結婚式を挙げる場所が連想できるような、ハイビスカスがメインのトロピカルなデザイン☆…続きを読む

定番はやっぱり数字やアルファベット☆準備のしやすさはNo.1♪ 出典:Ruffled/Photo:CARLIE STATSKY ゲストテーブルに必ず必要なのが名前付け。席次表にも登場し、ゲストのみなさんはテーブルの名前を目印に、自分の席を探します☆ 一番メジャーなのが、数字やアルファベット! 誰が見ても分かりやすいのが魅力です☆ また、既製品でもDIYする場合でも、商品や素材のテンプレートがかなり多いので、自分の好みのデザインを見つけやすいのもメリットです。 味気なくならないように、装飾にこだわってみると素敵なテーブルナンバーになるでしょう♪ 思い出の国の都市名をつけて、ドラマティックに♡ 出典:Polka Dot Bride/Photo:Mark Condon of Gold Hat Photography もしふたりの思い出の国があれば、その国の都市名をつけてもオシャレ☆ 「ロンドンで出会い、ニューヨークに住み、パリで婚約し、故郷はシドニー」 …と、どこで何があったのかエピソードも交えてあるので、ストーリー性のあるテーブル名になっています。 もちろん実際行ったことがなくても、旅がテーマの結婚の場合など、色んな国名をテーブル名にするのも雰囲気が出て素敵です♪ 同じ国の都市名を並べて、テーマ性を出して☆ 出典:Wedding Chicks/Photo:TAYLOR COLE…続きを読む