キーワード: ドレス

ショルダーにふわりとリボンでロマンティックに♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Tanya Mutalipova 女の子なら小さい頃、誰もが好きだった「リボン」。 人生で最高に可愛くなりたい結婚式の日に、気になるのはやっぱりリボン付きのドレスですね♡ そこで今回は、リボンがデザインされたキュートなドレスをご紹介していきます♪ まずは肩にリボンが付いているタイプ♡ ショルダーをふわっとリボンで結べば、お姫様のようなキュートな花嫁さんになることができます☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Orange Photographie 長めに垂らせば、少し大人っぽい印象に変わりますね☆ バックのBIGリボンでインパクト大♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Onelove Photography 腰の幅よりもちょっと大きめのでかリボンで、バックスタイルをエレガントに♪ 後ろに大きなリボンがあることで、ウエストが細く見える効果も期待できますね♪ 出典:Polka Dot Bride 大きめリボンは光沢のある素材のドレスなら、子供っぽくならず、むしろモードな印象にすることもできます☆ 二次会などで、このようにインパクトのあるデザインにしてみてもいいですね♪ バックスタイルを最高にキュートに見せてくれるリボンデザイン☆…続きを読む

体形カバーもお任せ♪定番のVネックドレス 出典:Wedding Chicks/Photo:ONELOVE PHOTOGRAPHY デコルテラインは顔に近く、かなり注目される部分ですよね☆ がんばってお手入れをしても自信満々!というにはなかなか難しいところ…。 そこで、ドレスのデザインの力も味方につけるのがおすすめなんです! 出典:Polka Dot Bride/Photo:It’s Beautiful Here Vネックは縦のラインが際立つので、首の太さや短さをカバーしてくれて、あごのほっそり見せ効果も狙える嬉しいデザイン♡ 肩周りを太目のレースにすれば、華奢な印象も演出できちゃうんです♪ 深いVで大人の色気たっぷりの花嫁に♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:RHYTHM PHOTOGRAPHY 胸元の下までのびる深いVネックは、色気たっぷり♡ せっかくの結婚式なので、女性としての美しさを存分に発揮して、新郎やゲストの視線を釘づけにしちゃいましょう! 出典:NOUBA/Photo:Terralogical ちょっとセクシーすぎるかなという場合は、袖付きのドレスにして露出を少しおさえるのがおすすめ♪ キャサリン妃もロングスリーブにVネックのドレスを選んでいましたね♡ 品格も女性らしさもアピールできるデザインです。 Vネック&ボートネックの合わせ技!…続きを読む

総レースのドレスで特別な日をより一層素敵に♪ 出典:NOUBA/ Photography:Trent & Jessie レースをふんだんに使った華奢なドレスは、花嫁をより一層美しく見せてくれます! レースがふちどってくれるので、デコルテラインがキレイに見えますね♡ 実は、花嫁のドレス姿の最重要ポイントとも言えるのがデコルテ周り。 顔にも近いので、一番ケアしたいところでもあります! 出典:Ruffled/ Photography:Emily katharine そこで、デコルテ周りに特徴のあるドレスを海外おしゃれ花嫁さんのスナップ写真から集めてみました! 体形やなりたいイメージを考えて、自分にもっとも合ったドレスを選びましょう♡ ちょっと大胆に!?深いVネックで胸のラインがキレイに見えます♡ 出典:Wedding Chicks 出典:Wedding Chicks/Photography:Ashley Monogue 深いVネックで、胸のラインがキレイに見えるちょっとセクシーなデザイン☆ ですが、レースのVネックなら、いやらしくなることなく女性らしさが出せます♡ 大人花嫁さんや、ナイトウェディングをされる方ににおすすめのムーディーなドレスですね♪ ワンショルダーのアシンメトリーなドレスを楽しもう♪ 出典:Polka…続きを読む

横一線に並ぶのが王道☆ 出典:Ruffled/ Photography:Ben Q Photography ブライズメイドは、海外花嫁には欠かせない存在☆ おそろいのドレスを着て、ブーケを持って、花嫁のお支度や式の介添えなどを行ってくれる親友たちのことです。 とっても可愛くてフォトジェニックなので日本でも少しずつ広がりつつありますね♡ 花嫁を真ん中にして、横一直線で記念撮影っぽく撮るのが王道です! 出典:Wedding Chicks/ Photography:Capture the Story が、ただまっすぐ立つのではなくて、顔を中央にぎゅっと寄せ合ってみたり、花嫁をみんなで見つめたりするのがおすすめ♡ お祝いのハッピームードが増しますよ♪ おしゃべりに花を咲かせている自然な瞬間をパチリ☆ 出典:Wedding Chicks/ Photography:Burnetts Boards 記念写真っぽくなく、もう少し自然な瞬間を納めたければ、カメラを意識するのをやめてみて! ブライズメイドは大好きな友人たちばかりなので、勝手に盛り上がってしまうもの♡ ガールズトークはとまらないですもんね☆ 出典:NOUBA/…続きを読む

お出かけ着風なドレス+αアイデア でオシャレなブライズメイド完成♡ 出典:NOUBA/ Photography:Beck Rocchi 日本でも随分と耳慣れてきた”ブライズメイド”。 元々は欧米発の伝統で、お揃いのオーダードレスでウェディングの色々なシーンで花嫁さんをお手伝いするのがミッション♡ ただ、「今まで参列したウェディングでは見たことがない…」というプレ花嫁さんには取り入れるにはちょっとした勇気が要ったりすることも?? そこでご紹介したいのが最近の注目の、カジュアル可愛いブライズメイド♡ 普段着風なワンピースでも、ましてやお揃いじゃないワンピースでも、ちょっとした一工夫でCUTEなブライズメイドが完成しちゃうのです! 「これなら、お願いできるかも♡」と思っていただける写真を揃えてみましたので是非ご参考ください♪ お揃いは 小さな1アイテムだけでもOK! 出典:Queen for a day/ Photography:Pinterest  こちらは「白のワンピースに、何かベルトを♪」というドレスコード。 ふむふむ、これならハードルは高くないですね。 見渡す限りの草原をバックにブライズメイドたちの笑顔と 吹き抜ける風。なんともフォトジェニックです♡ 足元お揃いシリーズ♡ 出典:Queen for…続きを読む

小さい頃から夢見てきた憧れのウェディング 出典:Polka Dot Bride /Photography:Milk Photography 4歳の頃からウェディングが大好きで、憧れが募ってなんとプロのウェディングプランナーになってしまった花嫁Candice♡。 その情熱とプロのセンスで女子なら絶対キュンとしちゃうSWEETなオンブレPINKウェディングを叶えました。 「オンブレ」とは濃淡をつけたグラデーションの全体を彩るデザイン。今ウェディングのみならず様々なデザインで人気ですね。 今回はその可愛すぎるピンクオンブレウエディングの全貌をドレスからデコレーション、小物までご紹介します♪ 長いトレーンがお花で飾られた ”オンブレピンク” ウェディングガウン 出典:Polka Dot Bride /Photography: Milk Photography Candiceがオーダーメイドしたのはフロントがミニ、バックは長くトレーンを引く360度美人なウェディングガウン♪ そしてなんといっても美しいのは、そのトレーンと飾られた花びらがグラデーションのピンクになって裾にいくほど濃いピンクになっているところ☆ 花びらのピンクに染まっていくような裾へのラインはため息をさそう美しさ♡ 出典:Polka Dot Bride…続きを読む

数年前から人気のラスティックウェディング♡ 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd ラスティック(Rustic)とは、直訳で “飾り気のない” “素朴な”という意味。 つまり、ラスティックウェディングとは、ゴージャスで派手な結婚式と対照的な、ナチュラルで温かみのある飾り気のない結婚式のことを指します。 海外花嫁さんの間では、数年前から大人気のウェディングスタイル♡ 今回は、自然の中で和気あいあいと行われたアシュリーとマークの1日をレポートします! アウトドアの会場はラスティックウェディングの象徴 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd 最初から、アウトドアの結婚式場がいいと決めていた新婦アシュリー。 色々と探した結果、オーストラリア最東端に位置するバイロン・ベイの素敵な会場にたどりつきました! 緑が美しい芝生の広場に椅子を並べ、花びらをまいたバージンロードを歩きます。 出典:NOUBA  Photography:Shane Shepherd そして、カントリー風の木のセレモニーアーバーは新郎マークの手作り。 木の素材と手作り感が、より式を温かみのあるものにしてくれています* シンプルでナチュラルなブーケを持ち、花嫁姿は白一色に統一! ラスティックウェディングでは、素材感のあるドレスやアクセサリーで決めると、全体がよくまとまりますね♪ 木漏れ日が降りそそぐ、素敵な景色をふたり占め♡…続きを読む

テーマカラーは “真紅” ♡ 真紅と、純白。相性抜群のこの組み合わせ♡ ウェディングドレスと相まって、結婚式にぐっと深みを出してくれるのが “真紅” の色。 オンナ度を上げてくれるのはもちろん、印象に残るウェディングにするために、効果的に取り入れましょう♩ 今回はロサンゼルスで素敵な結婚式を挙げたアレサンドラとジェレミーをご紹介します。 ブーケはもちろん、ネイルやリングにも赤の差し色が効いています♡ ペーパーアイテムから統一感を 新婦自身がデザインしたオリジナルのペーパーアイテム。 返信用はがきのフォーマットもふたりらしいものにしたそうです☆ デフォルメされた似顔絵がおしゃれ♡ ウェルカムボードやプチギフトにつけるタグとリンクさせたい♡ 結婚式前はやるべきことがたくさんあり、大忙し! ついバタバタしてしまう時期ですが、招待状はゲストに結婚式のイメージをさせる最初のアイテム。 そのときまでには、テーマやイメージを決めて、それに沿ったデザインを選びたいですね。 ブライズメイドとアッシャーも真紅でまとめて、絵画的に 映画のワンシーンのようなウェディングフォトを実現したふたり。 ブライズメイドのドレスや、ブーケも真紅にまとめていて、ドラマティックですね♩ アッシャーのタイの色も真紅で統一感が増しています。 ドレスの真紅の色味も2パターンほどのグラデーションで変化をつけています。 簡単DIYでおしゃれに!黒板を使ったチョークアート プレ花嫁さんの間ではおなじみのチョークアート。…続きを読む

ワンランク上のコンセプトウェディング “ウェディングでのおもてなし” といえば、お料理、演出、引き出物… ふたりが選択したこだわりのアイテムたちも重要ですが、会場コーディネートそのもので、ちょっぴり特別な気分をプレゼントすることだって “おもてなし”。 今回は、正統派ウェディングにアートのエッセンスをひとさじ、大人の遊び心がくすっと楽しいコンセプトウェディングをレポートします♡ おしゃれで上質感たっぷりなコーディネートテクを見つけましょ♡ なかなかお目にかかれない!?ブーケへのこだわり まず、ご紹介したいのは新婦の持っているこのブーケ。 モダンなカラーの代表、濃いレッドカラーでまとめたこのブーケ、形がとってもアーティスティック♡ ラウンドブーケ、キャスケードブーケ、クラッチブーケなど定番ブーケの常識を覆す、斜めに広がる形のブーケは圧巻です! 真っ白で張りのある生地のマーメイドドレスにも良く合っていますね♡ ちょこっと工夫がポイント。ペーパーアイテム ふたりがDIYした招待状♡ 封筒の内側をリメイクして、ちょっとアーティスティックな要素をここでも取り入れています。 ファブリックやリバティ柄の紙を敷いたり、マスキングテープやスタンプでちょこっと工夫するだけでも「あらっ♡」と印象付けられるポイントです! 招待状自体を可愛い丸形にしたのもゲストの印象に残ってナイス♡ お食事のメニューにはタッセルを付けたリーフを添えて、ますますお食事が楽しみになる一工夫を。 決して目立ちはしませんが、ふたりのセンスが光っています♡ モダンなカラーコーディネート テーブルコーディネートは、ブルー&ホワイトの組み合わせで、モダンなカラーコーディネート。 お互いの色がはっきりと引き立ち、より上質な色に見えます♡ お花のかわりに背の高いキャンドルホルダーをたっぷり使って、正統派なラグジュアリー感を出しています。 いつも結婚式で見かけるアイテムを、高さや形などをちょっと変えるだけで、豪華に見えたり、上品に見えるカラーを使うことで、アーティスティックでモダンな印象に早変わり♡ 上質感を求めたい方にとてもおすすめなコンセプトウェディングです!…続きを読む

青空のもと、大好きな会場で愛を誓います♡ オーストラリアのクイーンズランド州で、ジェシカとデイビッドは素敵な式を挙げました☆ 美術大学で恋に落ち、プロポーズはなんとたくさんのキャンドルで飾られたツリーハウスで。 そんなふたりが選んだのは、余暇地として人気の高いモントビルに新しくオープンしたThe Chapelという会場。 完成する前に見学に来て、ひとめぼれしたの。石レンガやスワロフスキーのクリスタルが散りばめられたステンドグラスが素敵で、こんなところは他に見たことがなかった。この会場でいち早く結婚式を挙げられてとってもラッキーだった☆ と語る新婦ジェシカ。 運命の場所で式を挙げたふたりの一日を詳しくみていきましょう! こだわりの一着!VERA WONGのガウンで存在感を放って VERA WANG(ヴェラウォン)と言えば、世界中の花嫁の憧れのブランドですよね♡ マライア・キャリーやジェニファー・ロペスなど海外セレブが挙式で着たり、ゴシップガールのブレアが選んだのもこちらのブランド。 ジェシカが選んだのはVERA WONGのロングスリーブのガウンドレス。 ヴィンテージ風で、透け感がとてもおしゃれです! 星の刺繍が施されたロングヴェールはドレスと完璧にマッチしていますね! ヴェールも花嫁の印象を決める重要な一要素です♪ ショート、ミディアム、ロングや素材など意外と種類豊富なので、真剣に選びたいですね。 オールホワイトのブーケで、モダンクラシックを追求 ドレスとヴェールが決まったら、次はブーケです☆ ジェシカが選択したのは、いつの時代でも大人気、オールホワイトの純白ブーケ。 モダンクラシックの花嫁の完成です♪ 印象がボケてしまわないように、ある程度のボリュームを出しています。 フラワーガールや、ブライズメイドも同じブーケを持っているので、一体感があって良いですね♪…続きを読む

1 2 3 4 7