キーワード: ドレス

“家族愛”にフォーカスした忘れられないウェディングday 出典:Burnett’s Boards /Photography:Rachel Couch from A Muse Photography 「家族に愛を伝えるために」「友だちが来てよかったと思うように」 プランニングの途中で迷ったら、いつもこのふたつに立ち返ったブリトニーとブライアン。 ふたりのテーマは、最良の日を家族と友人に捧げる……! 選んだ会場も、生まれ育った故郷の美しい山の麓でした。 パパのポケットチーフに「ありがとう」の手紙を刺繍 出典:Burnett’s Boards /Photography:Rachel Couch from A Muse Photography パパには当日の朝、花嫁のメッセージを刺繍したチーフをプレゼント。 日本では披露宴の最後に花束やプレゼント贈呈があるけれど、最初に感謝を示しておくと、朝から幸せ気分が倍増します! アイテムも、すべて家族にゆかりのあるもの…続きを読む

ブライダルホワイトをふんだんに使った、スタイリッシュなコーディネートが魅力的♪ 出典:Polka Dot Bride /Photography:Joseph Koprek 白は特にこの時期、雪を連想させるので、ソリッドながらもどこかふんわり優しい雰囲気を感じさせてくれるオススメのテーマカラー。 ニコルとロブのウェディングは、ホワイトに徹底的にこだわったオールホワイト・ウェディング♪ とても洗練された、都会的なホワイトのデコレーションアイデアは、必見です! ビジューが上品に散りばめられたドレスには、イヴ・サンローランのシューズを合わせて♡ 胸から肩へかけてまるでお花を散らしたかのような装飾が美しいマーメイドラインのドレスは、ビジューを使った細工もうっとりするほど素敵…♪ 遠目に見るとわからないほど繊細で透明感のあるシフォンが、薄く腕を覆っている長袖になったタイプ。 出典:Polka Dot Bride /Photography:Joseph Koprek 上品&ゴージャスなドレスに合わせたのは、光沢がありながらも形はごくシンプルなイヴ・サンローランのブライダルシューズ。引き算コーデが効いていますね☆ ブーケもブライズメイドも、とにかく白にこだわって♪ ホワイトをテーマカラーにしても、ブーケやブライズメイドには差し色を使うケースも多いと思いますが、このふたりのウェディングはとにかく白にこだわっています。 ブーケの葉だって、白くスモーキーなものを選ぶ徹底ぶり! 出典:Polka Dot Bride /Photography:Joseph…続きを読む

森林をテーマにした、オーガニックでラスティックな癒し系ウェディング☆ 出典:Polka Dot Bride /Photography:Elleni Toumpas この会場は、緑がたっぷりのロケーションに歴史ある建物が残る場所。 純白のドレスに、会場のグリーンがとっても鮮やか♪ ブーケもシンプルにホワイト×グリーンでまとめて。 ウェディングアーバーをグリーンだけで飾る潔さも素敵です☆ セレモニーはもちろんアウトドア♪ 自然の緑にこだわりアイテムをプラス☆ 出典:Polka Dot Bride /Photography:Elleni Toumpas 会場には、自然のグリーンを活かしながらも、森林テーマのアイテムを控えめにデコレーション。 ウッドのキャンドルがグリーンと並ぶと、森らしい雰囲気に♪ 花嫁のヘッドピースに合わせて、花婿のアイテムもボタニカルに♪ 出典:Polka Dot Bride /Photography:Elleni Toumpas 花嫁のヘッドピースは細かな細工がうっとりするほど美しいクラウン♡ このヘッドピースは、花嫁さんのお家に伝わる歴史あるものなのだとか。…続きを読む

ショートのままで、思い通りの花嫁ヘアアレンジを実現したい! とびっきりの笑顔が似合う、ショートヘア。なのに、ウェディングのために髪を伸ばす、という髪の短いプレ花嫁さんの話もよく聞きます。 でも、ちょっと待って! 海外のショートヘアさんたちの花嫁姿が、とにかく可愛いんです♪  晴れの日を、ショートスタイルだからこそ楽しめるヘアアレンジで迎えてみるのもいいんじゃない? ベリーショートは、そのままで十分美しい☆ 思い切って肩を見せて♪ 出典:QUEEN FOR A DAY 出典:polkadotbride /Photography:Xiss Photography 出典:QUEEN FOR A DAY /Photography:Laurent Brouzet ミニマムな髪型だからこそ、鎖骨から肩への女性らしいラインがとっても映えます♪ 袖なし+肩見せに挑戦してみては? ショート+大きなお花で、ポップ&キュートに☆ 出典:QUEEN FOR A DAY 出典:QUEEN…続きを読む

フェミニンにもラスティックにも☆ やっぱりレースは女の子の永遠の憧れ♡ 数あるウェディングドレスのデザインのなかでも、レースは定番の人気。 クラシカルな雰囲気にもなれば、ガーリーやフェミニン、ボヘミアンやカントリー風にも合ったり、いろいろなスタイルから選べるのも楽しいところ。 今回は、海外の最新ドレスコレクションからレースが美しいドレスをご紹介しましょう。 2016年のレース×ウェディングドレスに注目♪ レースならではのラグジュアリー感で魅せたい☆リュクスなドレス 大人っぽい雰囲気の上半身からドレスの裾に向けて、流れるようなラインのレース模様がとっても美しいデザイン♪ ほとんど肌を見せないドレスですが、全体的にレーシーなので軽い印象に。 出典:NOUBA /Dress&Photography:George Wu オフショルダーも最新トレンドのひとつ。細かいモチーフがびっしり散りばめられたレースはうっとりするほどフェミニンな印象ですが、オフショルダー×マーメイドラインで甘くなりすぎずエレガント☆ 人気のボヘミアンスタイルは、レース×お花でオトナ可愛い抜け感を目指そう♪ ボヘミアン調の袖に、ややタイトなシルエットのドレス部分の大きめレース模様がリュクスな雰囲気で、ほどよいミスマッチにも見えるドレス。 袖ありのドレスはキャサリン妃のロイヤルウェディングからのトレンドだそうです♪ 小花がドレスを覆い尽くすように、可憐なレース模様が全体に施された1枚。 上のドレスもそうですが、ボヘミアンスタイルには花冠がとってもよく合います♡ 出典:NOUBA /Photography:Fiona Vail Photography /Dress:Through the White Door…続きを読む

大切な瞬間を重ねてきた場所で 出典:QUEEN FOR A DAY /Photography:Elodie CACHAT 出会いは13年前の友人からの紹介、すぐに意気投合し、初デートの場所を結婚式の場所に選んだアデリーヌとロビン。 満月の夜に家族や友人が見守る中でロビンがプロポーズをしたのもこちら、というロマンチックなエピソードもある場所♡ ゆかりのある森に身近な人たちを招待して、アットホームな幸せにあふれた一日をレポートします! コーラルオレンジとミントグリーン×ハーブとフラワーがテーマ☆ 出典:QUEEN FOR A DAY /Photography:Elodie CACHAT くるみボタンがクラシックな、柔らかいアイボリーカラーのドレス。 シューズはグリーンでコーディネートして、ドレスの裾から少し見える華やかな差し色に♡ リングピローにはボタニカルなグリーンを使用して、カントリー風にアレンジ。 13年越しの花嫁姿に感動♡ 出典:QUEEN FOR A DAY…続きを読む

スイートすぎる♡ 大人気のオンブレをもう一度おさらいしよう♪ 出典:polkadotbride /Photography:Mel Silva Photography オンブレケーキやオンブレカラー(ヘア)など、「オンブレ」という言葉を耳にされた方もきっと多いことでしょう。 段階的に濃淡をつけたグラデーションで全体を彩るデザインのことで、その繊細で優しい色合いがウェディングでも大人気♪  そんなオンブレを、ケーキはもちろんのことウェディングにたっぷり使いたい!というプレ花嫁さん必見のアイデアをご紹介しましょう! ドレス: 純白のドレスが少しずつ色づいていくかのようなデザインにうっとり♡ 出典:polkadotbride /Photography:Milk Photography ベールもドレスも、白から少しずつピンクに変化していく色合いがとにかく美しいデザイン。 ドレスの裾には、お花のモチーフが散りばめられている凝ったデザインに、思わずため息がでそう…♡ 出典:polkadotbride /Photography:Fi Mims Photography こちらは明るいブルーのドレスで、ビーチ婚やアウトドアウェディングにも合いそう☆ 甘さを少し抑えたい花嫁さんなら、こんなドレスはいかが? 出典:polkadotbride /Photography:Andrew Maccoll and Bill Jackson-Martin…続きを読む

肌を見せるタイプも見せないタイプも…2ピースドレスが最新トレンド☆ 出典:queenforaday /Photography:Laure de Sagazan 2016年春夏のウェディングドレスコレクションがこの秋から次々とお披露目されていますが、最新トレンドのひとつが、2ピースになったセパレートタイプ。 なかでも、トップスがクロップ丈になったものに特に人気が集まりそう♪ デザインにもよりますが、かしこまりすぎないので二次会ドレスとしてもオススメの2ピースタイプを最新コレクションからいくつかご紹介しましょう。 セパレートタイプながら、きちんとフォーマル感も残した”いいとこどり”ドレス♪ 出典:queenforaday /Photography: Rime Arodaky 前から見るとワンピースに見えるのに、バックスタイルがセパレートタイプになって、背中がちょっとだけ見える可愛らしいデザイン。 バックの繊細なレースとほどよいボリュームのドレスがフェミニンで、挙式にも着られそうなドレスです♪ 出典:queenforaday /Photography:Laure de Sagazan 全体的にレースをあしらったゴージャス感と、短すぎないトップスがきちんとした印象。 やや長めの袖が二の腕をカバーしてくれるのも嬉しいデザインです☆ 出典:queenforaday /Photography:Au Fil d’Elise…続きを読む

やさしいピンクの《ローズクォーツカラー》が素敵すぎ♡ 出典:Ruffled/Photography:Elizabeth Fogarty 愛を育み、女性の内面を輝かせる女神であるアフロディーテの石とされる《ローズクォーツ》。 そのカラーを取り入れて、輝く一日をコーディネートしたKevanとMichaelのウェディングをレポートします♡ 出典:Ruffled/Photography:Elizabeth Fogarty ペーパーアイテムからテーマカラーをしっかりと表現していたふたり。 Kavenのドレスはシフォンたっぷり!光をうけてやわらかな透明感が乙女心をくすぐります♡ 寄り添うMichaelはローズクォーツカラーと相性ぴったりのネイビーのパンツ、うっすらと細く淡いオレンジ色のチェックが入ったグレーのジャケットで、新婦のやさしい空気を盛り立てます。 愛犬にもおしゃれをさせて、お気に入りのパーティーに♪ 出典:Ruffled/Photography:Elizabeth Fogarty 屋外でのセレモニーにはふたりの愛犬たちもおめかしをして参加します! ピンクのネックレスでおしゃれをして、ちょっと誇らしげ♡ できるだけストレスがかからないよう、リボンなどの軽い素材で作ってあげたいですね! 宣誓は気持ちのいい日差しと風に祝福されて…♡ 出典:Ruffled/Photography:Elizabeth Fogarty セレモニーではヘアスタイルをアップにして、フォーマルな空気感を身にまといますが、飾り立てすぎないスタイルでいつもの自然体の二人。 日差しがたくさん降り注ぐガーデンでの挙式は、光と風に祝福されてそれだけで素敵♩ 開放的なガーデン挙式はきっとゲストの記憶にも素敵な思い出として残ることでしょう。 緑が光る明るいガーデンでのお食事は、ローズクォーツのテーブルクロスでやさしさいっぱいに♡ 出典:Ruffled/Photography:Elizabeth Fogarty…続きを読む

フランスの最新コレクションには、バックスタイルが素敵なドレスがたくさん♪ 出典:queenforaday /Photography:Caroline Takvorian バックスタイルが美しいウェディングドレスは、360度おしゃれにこだわりたい花嫁さんにぴったり♪ フランスの最新コレクションから、後ろ姿がとっても可愛らしいドレスをご紹介しましょう。 思いっきり背中を見せたヌーディーなスタイルを、可憐に着こなしたい♪ 出典:queenforaday /Photography:Ce jour-là /Dress:Mademoiselle de Guise 背中の露出は多いものの、クロスしたデザインが可憐な印象のドレス♪ ヘアはダウンスタイルであえて抜け感を出しつつ、髪が揺れるたびに背中が見えたりすると良いかも☆ 出典:queenforaday /Photography&Dress:Grace & Kate お花のモチーフがつながってクロスになったドレスは、夏のリゾートウェディングやビーチ婚にマッチしそう♡ 元気で明るい花嫁さんにオススメしたいスタイルです。 出典:queenforaday /Photography&Dress:Gwel /Dress:Marion Kenezi レーシーなストラップがゆるくレースアップされたようなバックスタイルは、セクシーなのにどこか少女っぽい雰囲気も感じさせます。…続きを読む

1 3 4 5 6 7