キーワード: ナチュラル

ツーピースドレスはこなれたオシャレ感が素敵♡ 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin ツーピースドレスとは、トップスとスカートが分かれているドレスのこと。 昨年ごろから、海外花嫁を中心に支持を集めているデザインです。 お腹がちらりと見えるので、着崩した自然体の雰囲気がありつつ、フェミニンなエレガントさも香るのでとてもオシャレなんです♡ ウェディングドレスはワンピースが大半なので、ほかの人とは少し違う花嫁になりたい方におススメ♪ お色直しや二次会で着ても良いですね! 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin シドニー郊外で式を挙げたオシャレ花嫁Elsaも、レースが美しいツーピースドレスをチョイス。 ラフでアットホームな結婚式というコンセプトに、惚れ惚れするほどぴったりですね♡ 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin ロケーションフォトではライダースを羽織って、遊び心をプラス☆ ロケーションフォトの時には、ライダースを羽織って変化をつけています♡ 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin お色直しまでいかなくても、ジャケットを一枚プラスするだけで大分イメージが変わりますね♪ カッコいいライダースと、ヴァレンティノのロックスタッズのパンプスがよく似合っています♡ 前が短くて後ろが長いテールスカートなので、シューズがしっかり見えるようにしてあるのが流石ですね。 前撮りや後撮りで参考にしたいコーディネートと雰囲気です♡ ビーチサイドレストランでのアットホームなパーティー 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin…続きを読む

出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 今回ご紹介するのは、オーストラリアでアートイベントが行われる場所として人気の会場、「PSAS」でのウェディング。 1907年に建てられた、レンガと鉄がレトロで大人な雰囲気を醸し出す会場です。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 工業エリアにある会場は、木の梁が見える大きな天井や、ペンキが半分剥がれかけたレンガの壁、磨き上げられたコンクリートの床がアーバンな雰囲気。 パーティーで出会ったBecとMattは、その瞬間を再現するかのようなリラックスしたウエディングを希望していました。 そこで、立食のカクテルパーティースタイルのウエディングを計画。 誰もが笑顔になれちゃう楽しい一日をチェックしていきましょう♡ アーバン×ナチュラルのベストマッチ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera BecはデコルテのVラインとオフショルダーが印象的で、ヘルシーな色っぽさを持つドレスをチョイス♡ 胸元にアクセサリーはつけず、デコルテの美しさを引き立たせています。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 手に持つのは、たっぷりのグリーンが目をひくブーケ。 中央にはフワフワした真っ白なピオニーがアレンジされ、色合いはシンプル&ナチュラルながら、ボリューム感のあるブーケになっています。 ふたりのウェディングのテーマである「ナチュラル&オーガニック」と、硬質な印象の会場とは真逆のように思えますが、実はお互いを引き立たせるベストマッチ♡ 仲間たちと賑やかに♡ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera ブライズメイドとアッシャーと一緒に、会場の壁をバックに賑やかに☆ 会場から一歩外に踏み出すだけでも、全然雰囲気が違うので、時間が許す限り思い出の写真を撮るといいですね☆…続きを読む

紅葉の季節♡カラフルなリーフに囲まれて 出典:NST PICTURES まもなくやってくる紅葉シーズン♡ 今回は、赤や黄色に色づいた美しい木々に囲まれた中で、ロマンティックなウェディングを叶えたAmandaとJosephをご紹介します♡ 思わず息を飲んでしまうほどキレイ! NYの教会、Monastery Church of the Sacred Heart 出典:NST PICTURES ふたりが結婚式を行ったのは、ニューヨークにある歴史ある教会「Monastery Church of the Sacred Heart」。 キリスト教のローマ・カトリック教会のもので、カラフルでゴージャスな内装が特徴です。 西洋美術や教会建築などに興味がある方にとっては、特に面白いのでは?♡ 出典:NST PICTURES 家族やブライズメイド、アッシャーをはじめ、ゲスト全員が待つ静粛な雰囲気。…続きを読む

出典:NST PICTURES ニューヨークといえば、マンハッタン!というのは過去のお話。 今やNYいち有名なおしゃれスポットと言っても過言ではない『ブルックリン』からウェディングレポートをお届けします♡ 『ブルックリン』ってよく聞くけど、具体的にはどんなところ? 出典:NST PICTURES ブルックリンは、歴史的には労働者階級の人が多く住んでいたニューヨークの地区で、工場や倉庫が多くあるエリアでした。 最近になって、マンハッタンなどの家賃が上がったことによって若者やアーティストたちが移り住むようになり、クリエイティブでオシャレな地区に生まれ変わったのです♡ 現在では、工場や倉庫であった時代の面影を残したまま、おしゃれにリフォームされた建物が多く見られます。 ブルックリンのストリートにはグラフィティがたくさんあり、グラフィティを見てお散歩したり、写真を撮ったりしても楽しめるエリアです♡ 街角でファーストミート! 出典:NST PICTURES ウェディングの日、新郎新婦がお互いの姿を初めて見せ合うファーストミート。 TiffianyとLucaszは、ブルックリンのおしゃれな通りで叶えました♡ 後ろからLucaszに近づいていくティファニー。 なんと一般の車がストップしてしまいました! でも、たまたまこの瞬間に居合わせたドライバーたちは、ほっこりした気持ちで1日が過ごせたに違いありませんね♡ 出典:NST PICTURES Tiffanyは、Lucaszへのプレゼントを用意していたようです。 このブルーのショッパーはまさしく、Tiffanyでしょうか…?♡ プレゼントの中身はネクタイピン! ダブル”Tiffany”のサプライズプレゼントに、Lucaszはとっても嬉しそうです♡…続きを読む

出典:NST PICTURES お酒が大好き♡という女子のみなさま♡ カクテル、ビールも好きだけど、ワインも大好き!という方も多いのではないでしょうか♡ 今回は、ワインの造られる場所「ワイナリー」でのウェディングをご紹介。 すこしオトナな、オリジナリティにあふれる結婚式をレポートします! どこまでも広がるブドウ畑! 出典:NST PICTURES ステファニーとジョナサンは、Pellegrini Vineyardsの中のぶどう畑でお散歩しながら撮影♪ 敷地はとても広く、ぶどうの木は高さがあるので、フォトジェニック♡ 式の前の時間など、こんな風にふたりで撮影する時間を大切にしたいですね♡ 出典:NST PICTURES 建物の中には、オリジナルワインが寝かされている貯蔵庫が。 映画のセットの中に入り込んだみたい!♡ この瞬間をお部屋にずっと飾っておきたいくらいロマンティックですね* 最高のロケーション!輝く太陽の下で誓う永遠の愛 出典:NST PICTURES 式のロケーションには、ぶどう畑のそばの、少し開けた場所をチョイス♡ 太陽の光をたくさん浴びながら行う式は最高にフォトジェニック! 出典:NST PICTURES…続きを読む

出典:NST PICTURES おとぎ話の世界から出て来たような、美しい場所で永遠の愛を誓う…♡ 女子にとって永遠の憧れです! そんな世界中の女子が憧れるロマンチックなウェディングを叶えた、GloriaとJosephをご紹介します♡ まさに理想の世界!シークレットウェディング♡ 出典:NST PICTURES グロリアとジョセフがウェディング会場としてチョイスしたのは「The Estate at Florentine Gardens」。 ニュージャージー州にある、ガーデン付きの邸宅です。 プライベート感もしっかりとあり、自分たちの世界にひたれそう♡ 出典:NST PICTURES ファーストルックもガーデンの緑の中、ドレスが映えます* 美しい新婦を目にした新郎Joseph、とっても嬉しそう♡ 出典:NST PICTURES ガーデンスペースだけでなく、邸宅の中も格調高く、上品なムード。 少しアンティーク感もあって、アットホームな雰囲気のウェディングが叶いそうですね♡ 「愛があれば、なんでもできる」牧師さんからの深イイメッセージ 出典:NST…続きを読む

ロケーションフォトで大切な時間を残そう☆ 出典:NOUBA/Photo:All Grown Up Weddings オーストラリアの大自然の中で結婚式を挙げたPhoebeとLiam♡ ロケーションフォトで、屋外ならではの写真をたくさん残しました♪ 写真撮影は、結婚式と披露宴の合間に行われることが多いですが、大切なゲストを長く待たせないような配慮が必要。 あらかじめ、撮っておきたい構図やポーズをしっかりイメージしておくのが、ロケフォト成功の秘訣です♡ ほぼ全面が空の写真は、空の広がりを感じさせてくれる印象的な一枚☆ 出典:NOUBA/Photo:All Grown Up Weddings ファーストルックのポーズでパチリ☆ いたずらっぽい新婦の表情と、ドキドキしている新郎の表情がキュート♪ もし、もう花嫁姿を見ていたとしても、写真のポーズとして取り入れてみるのも面白いですね♪ ひざまずいてプロポーズ!なんていう写真もおススメです♡ ナチュラルさが素敵♪ 頑張りすぎないブライズメイドコーデ 出典:NOUBA/Photo:All Grown Up Weddings…続きを読む

知ってた?リースがもつ意味 出典:Ruffled/Photo:ERIN J SALDANA PHOTOGRAPHY クリスマスの時期に飾られることの多いリース☆ 永遠や幸運を表すリース飾りは、欧米ではお守りとして古くからドアなどに飾る風習があります。 ウェディングにぴったりなアイテムなので、取り入れ方をチェックしていきましょう! 一味違ったリースブーケで差をつけよう♡ 出典:Ruffled/Photo:DEISY PHOTOGRAPHY ブーケには色んな種類がありますが、リースブーケはまだまだ珍しいデザイン♪ リース状になったブーケを手で持ったり、腕にかけたりするアイテムです。 グリーンベースのリースに、ドレスと同様純白のリボンがアレンジされてます♡ 出典:Ruffled/Photo:DEARHEART PHOTOS 新婦は普通のクラッチブーケを持ち、ブライズメイドにはリースブーケを持ってもらえば、全員並んだときに変化が出て素敵です♪ 持つところを枝のみにして、反対側にお花やグリーンを集めたデザインになっています。ハンドバックみたいで可愛いですね☆ 特大リースを新郎新婦のふたりで持って永遠を誓う☆ 出典:Ruffled/Photo:LINDSEY GAGE PHOTOGRAPHY 特大リースをふたりで一緒に持って、永遠の愛を誓いましょう♡ ふたりを包み込むかのようなリースの輪っかが、とてもフォトジェニックです。 出典:Ruffled/Photo:Erika…続きを読む

* みんながリラックスできるウェディングが一番の理想♡ 出典Burnettsboards/Photographer:Susanne Ashby Photography ”ラスティック(rustic)”といえば、素朴でナチュラル。 木目やアイアン、グリーンやワイルドフラワーなど、子供の頃を思い出しちゃうような、懐かしくて味のある自然アイテムを取り入れるスタイルのこと。 最近はインテリアでも、ラスティックは人気ですよね。 日本だと広大な自然とともに…というのは少々ハードルがあがりますが、ラスティックアイテムやデコレーションで雰囲気を出しちゃうのは意外と簡単♡ 海外の洗練されたラスティックフォトを集めてみましたので、是非ご覧ください♪ ▶ 装花はグリーンやさりげない小花が しっくりいい感じ♡ 出典:Ruffled/Photographer:Louisa Bailey S字のカーブがの~んびり♪なこちら。 センターピースには色々な顔のグリーンを重ねて、ふっくらと♡ テーブルウェアは清潔な白リネンと白プレート。 ワイワイと楽しいお喋りも、芝生を吹き抜ける風に溶けていきそう。 出典:Ruffled/Photographer:Amelia Lyon Photography 空き瓶やグラスを使って、何気ない野草を飾る。それだけで充分ラスティック♪ 誰もが不思議と懐かしくなっちゃうあたたかみが嬉しい♡ 出典:polkadotbride/Photographer: Erin…続きを読む

フェスのように野外で思いっきり楽しもう♪ 出典:Nouba/Photography:Barefoot & Bearded オーストラリアのシドニー郊外にあるブルー・マウンテンズ国立公園で式を挙げたGessとJim。 フェスが好きなふたりは、ウェディングとフェスを融合させた“Wedstival”を計画しました♪ 大自然の中で心ゆくまでゲストたちと楽しむ、そんなユニークなふたりの一日を見ていきましょう! 出典:Nouba/Photography:Barefoot & Bearded 動き回れるように、ウェディングドレスはショート丈をチョイス。 たっぷりレースの入ったベルスリーブが可愛いですね♪ 出典:Nouba/Photography:Barefoot & Bearded また、ヘアアレンジとブーケには、フェザーを取り入れてヒッピー風の花嫁に☆ ショートブーツも全体の雰囲気によくマッチしています。 また、新郎はオーダーメイドのシャツとベストとハーフパンツでカジュアルにトータルコーディネート。 ふたりの空気感がピッタリのオシャレコーデです☆ 川の真ん中で愛を誓う♡ 出典:Nouba/Photography:Barefoot & Bearded 結婚の誓いは、川の中にある中州で行いました☆ 新郎新婦はなんと裸足です!…続きを読む

1 2 3 6