キーワード: バーガンディー

ニューヨークのランドマーク・自由の女神を背景に 出典:NST PICTURES 世界中の人から愛されている自由の女神のそばでウェディングができたら… とってもロマンティックで最高ですよね♡ 自由の女神はアメリカの象徴的な建物で、全人類の自由、弾圧や抑圧からの解放を示すモニュメント。 勇気と愛を持った女性の像が持つパワーは、ウェディングにも幸せをもたらしてくれそうです♡ 今回は、そんな自由の女神が望めるロケーションでウェディングを叶えたNikkiとSteveの1日をご紹介します♡ NY唯一のロケーション?!The Liberty Warehouseでのウェディング 出典:NST PICTURES 今やNY観光では外せない超人気のエリア・ブルックリンと、ニュージャージー州のジャージー・シティの間にあるリバティ・アイランドにたたずむ自由の女神。 自由の女神自体が見える場所はたくさんあるのですが、自由の女神が正面を向いているのが見れるのは、 なんとニューヨークの中で、Liberty Warehouseだけとのこと! なんとも贅沢なロケーションです♡ ウェディングでの「誓いの言葉」自分なりにアレンジを加えて 出典:NST PICTURES 欧米のウェディングは日本で言う人前式に近いスタイルで、 挙式中に新郎新婦が「Vow」という誓いの言葉をお互いに伝えるのが一般的。 NikkiとSteveは、自分たちの気持ちを加えてアレンジしてみました♡ まずは新婦Nikkiから、Steveへこんな誓いを。…続きを読む

出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 今回ご紹介するのは、オーストラリアでアートイベントが行われる場所として人気の会場、「PSAS」でのウェディング。 1907年に建てられた、レンガと鉄がレトロで大人な雰囲気を醸し出す会場です。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 工業エリアにある会場は、木の梁が見える大きな天井や、ペンキが半分剥がれかけたレンガの壁、磨き上げられたコンクリートの床がアーバンな雰囲気。 パーティーで出会ったBecとMattは、その瞬間を再現するかのようなリラックスしたウエディングを希望していました。 そこで、立食のカクテルパーティースタイルのウエディングを計画。 誰もが笑顔になれちゃう楽しい一日をチェックしていきましょう♡ アーバン×ナチュラルのベストマッチ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera BecはデコルテのVラインとオフショルダーが印象的で、ヘルシーな色っぽさを持つドレスをチョイス♡ 胸元にアクセサリーはつけず、デコルテの美しさを引き立たせています。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 手に持つのは、たっぷりのグリーンが目をひくブーケ。 中央にはフワフワした真っ白なピオニーがアレンジされ、色合いはシンプル&ナチュラルながら、ボリューム感のあるブーケになっています。 ふたりのウェディングのテーマである「ナチュラル&オーガニック」と、硬質な印象の会場とは真逆のように思えますが、実はお互いを引き立たせるベストマッチ♡ 仲間たちと賑やかに♡ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera ブライズメイドとアッシャーと一緒に、会場の壁をバックに賑やかに☆ 会場から一歩外に踏み出すだけでも、全然雰囲気が違うので、時間が許す限り思い出の写真を撮るといいですね☆…続きを読む

バーガンディーを差し色にした冬らしいブーケ☆ 出典:Wedding Chicks 「バーガンディー」色とは、ワインレッドの深みをさらに増したような色☆ 大人っぽくて上品な色なので、結婚式のシーンにもとてもよく合うカラーです。 特に晩秋から冬にかけての時期にピッタリ! 今回はそんなバーガンディーカラーのアイテムをご紹介していきます。 出典:Wedding Chicks/Photo:Rossella Putino Photographys 白や淡いピンクのお花の中に、バーガンディーカラーのお花をアレンジするだけで、ぐっとブーケが引き締まり、ドラマティックな印象になります☆ バーガンディーの比率を変えることで、ブーケの持つ雰囲気も変わってくるので、どのくらいの大人っぽさにしたいのか配分を考えてみるといいですね♪ 出典:Ruffled/Photo:KATE ANN PHOTOGRAPHY こちらは、大人可愛いニュアンスカラーのローズに、色の深いプロテアや実などをアレンジしたブーケ♡ 長く垂れ下がる実が印象的で、秋から冬の花嫁さんにピッタリのブーケです♪ バーガンディーが主役のドラマティックなブーケ♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Bit of Ivory Photography 出典:Polka…続きを読む