キーワード: バージンロード

ニューヨークのランドマーク・自由の女神を背景に 出典:NST PICTURES 世界中の人から愛されている自由の女神のそばでウェディングができたら… とってもロマンティックで最高ですよね♡ 自由の女神はアメリカの象徴的な建物で、全人類の自由、弾圧や抑圧からの解放を示すモニュメント。 勇気と愛を持った女性の像が持つパワーは、ウェディングにも幸せをもたらしてくれそうです♡ 今回は、そんな自由の女神が望めるロケーションでウェディングを叶えたNikkiとSteveの1日をご紹介します♡ NY唯一のロケーション?!The Liberty Warehouseでのウェディング 出典:NST PICTURES 今やNY観光では外せない超人気のエリア・ブルックリンと、ニュージャージー州のジャージー・シティの間にあるリバティ・アイランドにたたずむ自由の女神。 自由の女神自体が見える場所はたくさんあるのですが、自由の女神が正面を向いているのが見れるのは、 なんとニューヨークの中で、Liberty Warehouseだけとのこと! なんとも贅沢なロケーションです♡ ウェディングでの「誓いの言葉」自分なりにアレンジを加えて 出典:NST PICTURES 欧米のウェディングは日本で言う人前式に近いスタイルで、 挙式中に新郎新婦が「Vow」という誓いの言葉をお互いに伝えるのが一般的。 NikkiとSteveは、自分たちの気持ちを加えてアレンジしてみました♡ まずは新婦Nikkiから、Steveへこんな誓いを。…続きを読む

カラフルすぎて夢みたいな空間* 出典:NST PICTURES お花には、人の心を癒したり元気にしたりしてくれる不思議な力がありますよね* AnastasiyaとEricは、ニュージャージー州のレストランで夢のウェディングを叶えました。 出典:NST PICTURES レストランの外には大きなフラワーガーデンが広がっていて、ウェディングやイベントを行うことができるよう。 可愛らしいフラワーアーチが特徴のガーデンスペースをウェディングロケーションとしてチョイス♡ 色とりどりのお花が咲く季節に合わせて、結婚式を計画したいですね♡ ファーストルックは大きな空の下で! 出典:NST PICTURES ウェディングの日に、ブライドとグルームがお互いの姿を初めて見せ合うファーストルック。 アナスタシアとエリックは、ファーストルックもお花に囲まれて行いました♡ アナスタシアを待つエリック。 そして、後ろからそーっと近づくアナスタシア* 出典:NST PICTURES ふたりとも、お互いの姿を見て大喜び♡ 一度しかないウェディングの瞬間を、映像や写真で残しておきたいですよね♡ お花モチーフのアイテムで統一♡ 出典:NST PICTURES Anastasiyaは、お支度部屋でのルームウェアをブライズメイドたちに用意していました。…続きを読む

星モチーフをテーブルに置いてゲストをお出迎え♪ 出典:Ruffled/Photo:Aneris Photography 星型のキャンドル入れは、存在感抜群の置き物☆ 実際にキャンドルを灯せば、キラキラと輝き、本物のお星さまのようになります♪ また、星モチーフと相性がいいのが、地球儀や天球義♡ ヴィンテージ感も出るので、グッとオシャレになります。 出典:Ruffled テーブルナンバーにも星を散りばめて、星空ウェディングへゲストを誘いましょう♡ 夜空の紺×星のゴールドの色の組み合わせはおすすめです! プレートにお星さまを発見☆ 出典:Polka Dot Bride/Photo:Martha Stewart 目の前に置かれるプレートは、一番ゲストの目に留まるところ☆ 星型のカードで、ナプキンを挟むのは面白いアイディアですね♪ 星型に切り込みを入れるだけで出来ちゃう簡単アレンジです。 札として使ってもいいですね! 出典:Ruffled/Photo:TODD WHITE PHOTOGRAPHY 星の舞うキュートなプレートでサーブされれば、お料理も一層美味しく感じそう♡ 星がテーマのウェディングケーキ☆ 出典:Polka…続きを読む

いてくれるだけで会場を笑顔にしてくれる存在♡ 出典:Burnettsboards/Photo: Natasja Kremers 今回は、小さなお客様コーディネートのご紹介です☆ お子さんゲストの予定がない方も、思わず笑顔になっちゃうエンジェルたちの写真の数々をお楽しみいただけたら…♡ 以前はウェディングに招待されるとなると、いわゆるフォーマルドレスのチョイスが無難でしたよね。 でも最近はプレーンなワンピに小物をプラスしたり、鮮やかカラーで遊んでみたりと、大人顔負けのおチビさんファッション♪ なにより、大人と違って、何をどう着ても可愛くおさまります! しばし目の保養をお楽しみください♡ *1 フラワーガールの大役をお願いするなら 出典:Ruffled/Photo:LEO CABAL 花嫁お出ましの前に、バージンロードにお花を散らしながら歩くのが、古来からのフラワーガールのお仕事。 お花でその場を清めるという大切な意味合いがあります。 軽やかなオレンジ色のプリーツワンピにサンダル・花冠と、軽めアイテムのあわせ技。 キッズにやさしい着心地も叶えながら、上手にパーティー用に仕上がってます! 出典:Polkadotbride/Photo:Fete NY,Jonas Peterson こちらは大人っぽいパターンワンピをお揃いで♡ 手をつないで入場してくれるだけで、周りは自然とほっこりムード。 ウェディングの後も日常使いできるお洋服が、キッズママにはありがたい♪ 出典:Ruffled/Photo:BRETT AND…続きを読む

太陽さんさん*カリフォルニアからレポート 出典:NST PICTURES つめたーい風が吹く毎日…。 暖かい春が待ち遠しいですね! さて今回のウェディングレポートの舞台は、いつも太陽がキラキラと輝いているイメージのカリフォルニア! 降り注ぐあたたかい日射しの中、まるでおとぎの国のようなウェディングを叶えたターニャとヘンリーの1日をご紹介します♡ 夢のように可愛らしいガーデン挙式!♡ 出典:NST PICTURES ふたりが式場として選んだのは、カリフォルニア州にある三つ星ホテル「ウェストレイクヴィレッジ・イン」。 ロサンゼルス、マリブ・ビーチやサンタバーバラにも近いロケーションは、ゲストのおもてなしの意味でも最高です! 出典:NST PICTURES イタリアのトスカナ州を連想させる「トスカン・ガーデン」と名付けられたガーデンスペースで挙式を行いました。 緑のアーチから伸びる道がそのままバージンロードに続いていて、ホテルの中なのに、まるでシークレットガーデン♡ ふしぎの国のアリスや童話に出てきそうな雰囲気はとっても印象的! 出典:NST PICTURES イタリア・トスカナ州と同じく、太陽の光に恵まれたカリフォルニア州ならではのロケーションを活かしたお庭ですね♡ 「結婚は目的地でなくて、旅そのものよ。」メッセージを胸に刻んで 出典:NST PICTURES 式の結びに、牧師さんからは、牧師として、そして人生の先輩としてふたりにメッセージが贈られました。 人を正しい目的地に連れて行ってくれるのは「愛」。…続きを読む

今日まで大切に守ってきてくれたパパと、大切な写真を残す 出典:Polkadotbride/Photo:Ebony Sugg Photographer この1枚だけで、もうすぐ結婚のプレ花嫁さんたちは思わず鼻がツンときてしまうのではないでしょうか…? 生まれてから大切に大切に育ててもらったご両親。 なかでもパパとはなんとなく成長とともに過ごす時間が少なくなってしまって…なんてこともよく聞きます。 日本文化的にも、パパと娘のスキンシップってなんだかちょっと照れもありますよね。 でも今までのありったけのありがとうを伝えるチャンス。 花嫁さん以上に、きっと嬉しさも寂しさもさまざまな想いがめぐるパパに、最高の1枚をお届けしてみませんか。 *PATTERN:1 彼とだけじゃなくて、パパとのファーストルックも❤ 出典:Polkadotbride/Photo:Zedphotography 仕度が整ったところで初めて花嫁さんを見る劇的瞬間=ファーストルック♡ 新郎さんとのファーストルックをシューティングするのが一般的ですが、パパとの瞬間も是非おさめておきたい! 出典:Polkadotbride/Photo:LEV KUPERMAN カメラマンには目立たない場所でスタンバイしてもらって、その瞬間のリアルな表情がとれたら素敵ですね♡ *PATTERN:2 パパのお仕度をお手伝い❤ 出典:Polkadotbride/Photo:Photography By Emma Pointon パパのお仕度を手伝うなんて生まれて初めて!という花嫁さんがほとんどかも?…続きを読む

ママとの思い出はありすぎて数えきれません 出典:Polka Dot Bride/Photo:Darin Collison Photography 出典:Polka Dot Bride/Photo:Joseph Koprek 手塩にかけて育ててきた可愛い我が子の晴れ姿を見て、思わず感極まってしまうママ。 娘が愛する人と一緒になることは、もちろん最高にハッピーなことだけど、寂しくないと言ったらウソになる。 そんな複雑な表情があふれる感動的な写真ですね☆ ママへの感謝を忘れないためにも、ベールダウンのときだけではなく、ママの表情を追ってもらえるようカメラマンさんにリクエストしておくのもいいかもしれません。 出典:NOUBA/Photo:Natalie McNally 出典:Polka Dot Bride/Photo:Darin Collison Photography ママには最後まで甘えてもいいですよね…? 花嫁姿の完成には、ママの手を借りちゃいましょう。 ブレスレットやネックレスなど、ママの温かい手でつけてもらうのも素敵です。 結婚式にはやっぱり笑顔が一番♡母娘の決めポーズでパチリ…続きを読む

”ファーストルック”は ずーっと昔から世界中のウェディングで行われてきました♡ 出典:Ruffled/Photographer:PAIGE JONES PHOTOGRAPHY 日本でもだいぶんお馴染になってきた”ファーストルック”。 「興味はあるんだけど、でもリアルなイメージがわかなくて…」というプレ花嫁さんの声もよくききます。 セレモニー仕立てにしなくても、ファーストルックな瞬間はどのカップルにも訪れているんですよね。 でも、その瞬間を”ファーストルック”とよぶだけで、急に感動も 思い出も深くなるから使わない手はないのです! 特別な準備は要りません。 そして一生大切にしたくなるようなスペシャルな1枚も必ず撮れるので是非トライしてみて♡ *まずは 歴史と意味を紐ときましょう♡ 出典:Weddingchicks/Photographer:The Rasers First look(ファーストルック)とは、結婚式のための支度を整えた花嫁と花婿が初めてお互いを見ること、またはその瞬間を呼びます♡ 欧米のウェディングでは一般的に行われる胸キュンセレモニーです。 家族やブライズメイドがお手伝いをすることもあれば、カメラマンと二人だけ…という場合もありますし、ゲストたちに見守られながらバージンロードを歩くその時がファーストルックになることもあります。 欧米では、結婚前に花嫁姿を見せるとそのカップルは幸せになれないという古い言い伝えがあり、それがファーストルックという可愛いセレモニーにつながったといわれています。 *PATTERN1:背中を向けて…♡ 出典:Weddingchicks/Photographer:Meg Ruth Photo…続きを読む

フレッシュピンクでハッピーオーラ満開♪ 出典:Wedding Chicks 南国リゾートで挙げるウェディングはリラックスムードが漂って憧れますよね♪  暖かな土地で陽気な人も多く、シアワセ気分も高まります。 今回は、夏ウェディング・でもテーマがまだ決まってない!というプレ花嫁さんへおくる、リゾート感たっぷりのウェディングコーデ! 出典:Wedding Chicks キュートなフレッシュピンクをテーマカラーにして、グラデーション豊かにコーデすれば、ハッピーオーラ満開♡ ブーケにあしらったロングリボンが風にゆられてフォトジェニックですよね。 ビジューで覆われたヌーディーなサンダルもリゾートウェディングを盛り上げます♪ 人気のウォーターカラー・デコ 出典:Wedding Chicks 透明感があり、淡い色合いがやさしい雰囲気のウォーターカラーはインビテーションや席次表などのペーパーアイテムに最適です♡ プチプライスで手軽に材料を揃えられるので、お式の前に練習してDIYするのも楽しそう♪ トロピカルなフルーツ&フラワー 出典:Wedding Chicks トロピカルなウェディングにぴったりのテーブルナンバー。 パイナップルに番号札を立てるなんてフルーティな香りが溢れてきそうで素敵なアイディアですよね。 フラワーアレンジメントとの相性も抜群です♪ ナチュラルな素材で自然と調和する♡ 出典:Wedding Chicks…続きを読む