キーワード: ピンク

出典:NST PICTURES 本格的な夏の到来が近づいてきました! やっぱり気になるのは、白い砂浜、青い海♡ そして、ビーチでのウェディングを計画しているプレ花嫁さんもいらっしゃるのでは♡ 沖縄や海外の美しいビーチでウェディングが実現したら…最高ですよね! 今回は、NY郊外のAtlantic Beachで行われたゴージャスなウェディングをご紹介。 一足早いサマーウェディングの模様をのぞいてみましょう* ピンクで夏っぽさを♡ 出典:NST PICTURES ジャッキーとケビンのウェディングでたくさん取り入れられているのが、ローズピンク。 ゲストの方々が登場して一番に目にするウェルカムボードにも、ピンクのお花のイラストが♡ 出典:NST PICTURES ゲストの方々の座席表も、ビビッドなピンクでデザイン。 いま人気の水彩画アート風ですね♡ 出典:NST PICTURES ウェディングケーキにも、ウェルカムボードと同じようなフラワーをデコレーション! さりげなく小物に統一感を出していて、細かいところまでコーディネートしていますね♡ ビーチで乾杯♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

カラフルすぎて夢みたいな空間* 出典:NST PICTURES お花には、人の心を癒したり元気にしたりしてくれる不思議な力がありますよね* AnastasiyaとEricは、ニュージャージー州のレストランで夢のウェディングを叶えました。 出典:NST PICTURES レストランの外には大きなフラワーガーデンが広がっていて、ウェディングやイベントを行うことができるよう。 可愛らしいフラワーアーチが特徴のガーデンスペースをウェディングロケーションとしてチョイス♡ 色とりどりのお花が咲く季節に合わせて、結婚式を計画したいですね♡ ファーストルックは大きな空の下で! 出典:NST PICTURES ウェディングの日に、ブライドとグルームがお互いの姿を初めて見せ合うファーストルック。 アナスタシアとエリックは、ファーストルックもお花に囲まれて行いました♡ アナスタシアを待つエリック。 そして、後ろからそーっと近づくアナスタシア* 出典:NST PICTURES ふたりとも、お互いの姿を見て大喜び♡ 一度しかないウェディングの瞬間を、映像や写真で残しておきたいですよね♡ お花モチーフのアイテムで統一♡ 出典:NST PICTURES Anastasiyaは、お支度部屋でのルームウェアをブライズメイドたちに用意していました。…続きを読む

ちょっぴり人と違ったニュアンスのブーケアレンジ 出典:Ruffled/Photo:LAUREN LEE PHOTOGRAPHY ウェディングブーケといえば、可愛らしい丸い形のラウンドブーケなどを選ぶ花嫁さんが多いですが、今回ご紹介するのは「横に広がったブーケ」♡ あんまり見ない形だからこそ、差をつけられるオシャレアイテムです! 色別・雰囲気別にご紹介していくので、参考にしてみてくださいね♪ グリーンがメインの無造作ナチュラルなブーケ 出典:NOUBA/Photo:Keelan Christopher Photography 色んな種類のグリーンを束ねた横広がりのブーケ。 ボリュームのあるブーケは存在感がありますね! 出典:NOUBA/Photo:Keelan Christopher Photography 両端からぴょこんと伸びた葉っぱも無造作でおしゃれです。 出典:NOUBA/Photo:The Official Photographers グリーンとホワイトの花材を使ったナチュラルブーケ。 横にも縦にも伸びており、インパクト抜群♡ 出典:NOUBA/Photo:The Official Photographers…続きを読む

ブライズメイドの由来どおり!全員真っ白ドレスで統一♡ 出典:NOUBA/Photography:Todd Hunter McGaw 欧米では一般的な「ブライズメイド」。 日本でも耳にする機会が多くなってきたのではないでしょうか?♡ もともとは花嫁の幸せをねたむ悪魔から花嫁を守るため、同じような衣装を着て付き添い、目くらまししたのが始まりと言われています。 その由来どおり、ブライズメイドのドレスを「白」にしている海外花嫁さんも多いんです♪ もちろん、本当に花嫁さんが埋もれてしまわないように、ヘアやアクセサリー、ブーケなどで差をつけるのがポイントです。 出典:NOUBA/Photography:Gui George 森の妖精のような真っ白ブライズメイド♡ かすみ草の花冠が、アウトドアウェディングの会場にぴったりですね♪ ブライズメイドのドレスのデザインを2パターンにして変化を出しているのも素敵です☆ フォーマルにスタイルアップ♡ダークカラーのドレス 出典:NOUBA/Photography:Elleni Toumpas 教会やホテルなどのフォーマルな結婚式にぴったりなのが、ダークカラーのブライズメイドドレス♡ 会場にもマッチし、花嫁さんの純白のドレスも一層際立ちます♪ 重たくなりすぎないように、少し透け感のあるデザインにしたり、膝上丈にするのもおすすめです☆ 出典:Wedding Chicks 濃いネイビーのビスチェロングドレスで、シック&上品に決めたブライズメイドたち☆ 真っ白のブーケが良いアクセントになっています。 格調ある雰囲気を出すには、ダークカラーが大活躍ですね♡…続きを読む

ブーケは好きな色で!冬にも鮮やかなピンクが映える♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY カナダ・トロントに住むNiveenとRob。 もともと夏のガーデンウェディングをするつもりでしたが、新居を購入したことで急きょ予定変更! 半年で準備しなくてはいけなかった結婚式でしたが、オフシーズンの冬のメリットも活かして、素敵な一日を迎えることができました♪ そんなふたりの装花アイデアを見ていきましょう♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY 冬に人気の白系でまとめたウェディングではなく、明るい色を使いたかったと語る新婦Niveen。 その希望どおり、鮮やかなピンクのグラデーションでまとめたブーケが出来上がりました☆ 冬らしさは実をアレンジすることでプラスしています。 お花の色味と合わせたリボンも可愛いですね♪ アマランサスが垂れ下がるシャンデリアにため息♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY 会場のシャンデリアからアマランサスが垂れ下がり、とても幻想的♡ 室内にいることを忘れそうになってしまいます。 最初の希望どおりに冬でも「ガーデンウェディング」を実現させることができました! 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY ゴールドの大きなチェアサインも目立ちますね☆ 冬だからって、白や銀色でまとめる必要はないわ。 わたしたちのテーマカラーは、全く違ってゴールド、ネイビー、ピンク、パープルにしたの。…続きを読む

ネイビー×ピンクはシックで上品な最高の組み合わせ☆ 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM 結婚式が決まったら、まず最初に決めるべきは”テーマカラー”。 テーブルクロスやお花など、色の組み合わせがすっきりしていると、それだけでおしゃれな印象に♡ 簡単なようで悩んでしまうテーマカラー、どんな方にもおすすめな組み合わせがあります! それは”ネイビー×ピンク”♡ ネイビーは上品でクラシックなイメージ、そこにピンクを加えることで華やかさがプラスされます* 今日ご紹介するのはニュージャージー州のおしゃれ花嫁・ベッカのコーディネート。 テイラーもファンのKedsをブライダルシューズに選んだ彼女のコーデ、早速チェックしていきましょう! 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM ネイビー×白だとマリンな印象があり、夏のイメージが強いですが、そこにゴールドを投入すると途端にシックになります。 こんな素敵な招待状をもらったら、ウェディングへの期待が高まりますね♪ 切手はピンクのお花がデザインされているものを。こだわりが感じられますね! 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM 結婚式がちょうどハロウィンの時期だったため、さりげなくパンプキンで季節感を出しています☆ このカボチャのプチギフト、中に小さなお菓子が詰まっているので、ゲストも喜んでくれそうです!…続きを読む

フレッシュピンクでハッピーオーラ満開♪ 出典:Wedding Chicks 南国リゾートで挙げるウェディングはリラックスムードが漂って憧れますよね♪  暖かな土地で陽気な人も多く、シアワセ気分も高まります。 今回は、夏ウェディング・でもテーマがまだ決まってない!というプレ花嫁さんへおくる、リゾート感たっぷりのウェディングコーデ! 出典:Wedding Chicks キュートなフレッシュピンクをテーマカラーにして、グラデーション豊かにコーデすれば、ハッピーオーラ満開♡ ブーケにあしらったロングリボンが風にゆられてフォトジェニックですよね。 ビジューで覆われたヌーディーなサンダルもリゾートウェディングを盛り上げます♪ 人気のウォーターカラー・デコ 出典:Wedding Chicks 透明感があり、淡い色合いがやさしい雰囲気のウォーターカラーはインビテーションや席次表などのペーパーアイテムに最適です♡ プチプライスで手軽に材料を揃えられるので、お式の前に練習してDIYするのも楽しそう♪ トロピカルなフルーツ&フラワー 出典:Wedding Chicks トロピカルなウェディングにぴったりのテーブルナンバー。 パイナップルに番号札を立てるなんてフルーティな香りが溢れてきそうで素敵なアイディアですよね。 フラワーアレンジメントとの相性も抜群です♪ ナチュラルな素材で自然と調和する♡ 出典:Wedding Chicks…続きを読む

ピンクはいつまでも女子の味方♡ 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers Photography 女の子に愛され続ける色、ピンク。 ウェディングでもやっぱりピンクのコーディネートに心惹かれてしまう…♡ そんなプレ花嫁さんに参考にしてほしいのが、ピンクにゴールドをプラスしたコーディネート。 ゴールドはシルバーよりも目立つような気がして、なんだか気がひけるって思いがちですが、ピンクと組み合わせることで、上品であたたかい雰囲気が演出できるんです♡ ピンクのお花で彩って、ゴールドのアイテムをアクセントに 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers Photography 真っ白なテーブルクロスに映えるピンク色をベースにしたフラワーアレンジ。 ゴールドのフレームでテーブルナンバーを縁取って、ゴージャスで上品なイメージに早変わり。 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers Photography テーブルランナーにゴールドのファブリックを。 お花のボリュームが少なくても、華やかな空間に見せてくれます。 出典:WeddingChicks/ Photography:Emily Magers…続きを読む

ウェディングのテーマカラー選びはとっても大事☆ 出典:Ruffled/ Photography:MICHELLE MARCH ウェディングを準備する際、はじめに決めておくことは全体のコンセプトと、テーマカラーです! テーマカラーは、式の印象を左右する大事な要素☆ しっかり決めておくと、統一感が出ておしゃれになりますし、その後の細かなアイテム選びも迷わないのでおすすめです♪ 今回は、2016年ファッションシーンでも大注目の青みピンク=フューシャピンクとエメラルドグリーンをテーマカラーにした、ジョアンとネイトの式をご紹介します。 存在感のあるブーケで、全員の視線を独り占め♡ 出典:Ruffled/ Photography:MICHELLE MARCH 花嫁のブーケは、ペオニー、キンポウゲ、バラ、ダリアなど主役級のお花たちをミックス♡ かなりボリュームを出して、存在感のあるものにしています。 出典:Ruffled/ Photography:MICHELLE MARCH ここでもベースとなっているのはフューシャピンクとグリーンですね♪ 新婦のジョアンは、何度もフローリストと打ち合わせをしたそうです! 自分の理想が形になっていくのは嬉しいものですよね♡ ブライズメイドたちの衣装やブーケにもこだわってみて♪ 出典:Ruffled/ Photography:MICHELLE MARCH ブライズメイドのドレスも、テーマカラーにあわせて、新婦のジョアンがチョイスしたグリーンを☆…続きを読む

14歳の頃から付き合っていた彼とついにゴールイン! 出典:Ruffled /Photography:PRISCILA VALENTINA 今回ご紹介するのは、14歳の頃から交際しているダニエラとエリックの結婚式。 12年間の交際を経て、ついに結婚式を挙げることに!♡ 今回のパーティーのテーマは “ボヘミアンで少しラスティック、ヴィンテージの要素が入ったイメージ” と話す新婦ダニエラ。 ふたりによるDIYアイテム盛りだくさんの一日、チェックしていきましょう* ナチュラルなソフトピンク×グレーの衣装 出典:Ruffled /Photography:PRISCILA VALENTINA 男性がグレーのスーツで女性のブライズメイトがナチュラルピンクなんて、絶対にパーフェクトの組み合わせだと思ったの! と話すダニエラ。 少し淡くてヴィンテージチックな雰囲気が、今回のパーティーのコンセプトにぴったりです。 ブライズメイドひとりひとりの個性に合わせてドレスのデザインが違うのも、うれしいポイント* ブートニア&ブーケにはボヘミアンなグリーンを取り込んで 出典:Ruffled /Photography:PRISCILA VALENTINA ボヘミアンな要素に必ず必要なグリーン。 今回もサキュレントやワイルドフラワーで、ブートニアに上手に取り入れています。 出典:Ruffled…続きを読む

1 2 3