キーワード: ブライズメイド

肩の力が抜けた大人の余裕♪ 気負わないパーティがゲストを心から笑顔に☆ 今回レポートするBenteとChristopherのウェディングの舞台となったのは、NY州最東端の街モントークのヨットクラブ。 https://vimeo.com/112492502 出典:NSTpictures ふたりの式が何より素敵なのは、常に自然体のふたりとゲストのリラックスした笑顔。 ふだん通りのふたりが一番素敵だってことを教えてくれる大人なふたりのパーティを早速チェック! エレガントなワンショルダードレスにシューズで遊び心をプラス 出典:NSTpictures ナチュラルにおろしたダウンヘアにシンプルなベールを少し低めの位置で飾り、ワンショルダードレスを着こなしたBente。 装飾を極力省いたシンプルビューティは、しなやかなで無駄のないBenteの細いボディにとてもよく映えます。 自分らしいファッションスタイルを、花嫁の日も忘れずない彼女。 シューズは大人花嫁の最愛ブランド「ジミーチュウ」ですが、ピンクのパンチングレザーをチョイスして、ちょっぴり遊び心をプラス。 ローズペタルにキャンドルライトが最高にロマンティック♡ 出典:NSTpictures チャペルの中はキャンドルライトと暖炉の炎の柔らかい光に照らされて、大人ロマンティックな雰囲気。 バージンロードには淡いピンクのローズペタルを散りばめて♡ ブライズメイドのドレスはお揃いにしないのが大人花嫁の余裕! 出典:NSTpictures ブライズメイドたちにはそれぞれ自分の好きな服装で出席してもらうスタイル。 柔らかい灯りに照らされた落ち着いた雰囲気の中で和やかに♡ ゲスト全員がふたりのテーブルを訪ねて祝福する演出が素敵♡ 出典:NSTpictures 日本では、カップルが各テーブルを回るキャンドルサービスが一般的ですが、BenteとChristopherの披露宴ではゲストが輪になってふたりの元を訪れて祝福する演出が! ゲストとふたりがとても近く、温かい雰囲気が素敵ですね♡ いつも通り自然体のふたりがとてもエレガントな大人ウェディング、みなさんもムービーでぜひチェックしてみてください♪続きを読む

新婦が大好きな1920年代のエレガンスがイメージソース♡ 出典:Ruffled 今回レポートするBlakeleyとMattの結婚式の会場は、 シアトルの美しいホテルThe Arctic Club。 結婚式と披露宴の舞台となった、こちらのエレガントなドーム型の天井を備えた広間で有名なホテルなんです。 歴史ある建物が奏でる正統派の美しさを、Blakeleyがモダンにしあげたセンスがとってもステキな 2人のウエディングご紹介します☆ キラキラ輝くグリッター&ビーズアイテムで今っぽくアレンジ Blakeleyの理想ウェディングのイメージソースは「1920年代の普遍的で贅沢なエレガンス」 今回会場に選んだThe Arctic Clubが放つオーセンティックな美しさを ブライズメイドのドレスや会場のデコレーションに、ゴールドのグリッターやビーズをアクセントを使うことで 華やかに今っぽくスタイリングしました♡ 全てが整った会場を目にして ふたりは思わず涙・・・! 会場選びからデコレーションまで、 好きなものを大切にセレクトしてつくりあげたウェディングは理想通りのものに♡ 式直前、全てが整った会場を見たBlakeleyとMattは、 感激で涙が止まらなかったそう♡ 自分たちが主役なんだから、他の人がどう思うかではなく、 自分の直感信じて、全ての決断を楽しんで! とアドバイスをくれたBlakeley 決めていかなきゃいけないことがたくさんあって、結婚式の準備は大変というイメージもありますが…続きを読む

ボヘミアンでラスティック ふたりらしさを貫いたウェディング 出典:Ruffled “ボヘミアンウェディング”って知ってます?? ボヘミア地方の民族衣装にヒントを得た、 フォークロア(民族調)などの要素を取り入れたウェディングスタイル。 ヴィンテージ感の溢れるドレスにレースやフェザーをあしらったり、 木やグリーンなどのナチュラル素材をとりいれたり。 海外セレブにも大注目でBOHOスタイル(ボヘミアンとSOHO(NYのソーホー地区)を掛け合わせて) なんて呼ばれてるんです。 見た目もおしゃれで、かつ自由な演出が素敵な、ShayleeとRyanのボヘミアンウェディングをご紹介します♪ 上品なピンクドレスをダウンスタイルでナチュラルに 出典:Ruffled 繊細なレースがたっぷり施されたサーモンピンクの上品なエンパイアドレスを ラフに編んだブレードスタイルで着こなすバランスが絶妙♡ 小さなゲストも花かんむりでヘアスタイルおそろに♪ ベージュピンクとグリーンがのびやかにデコレーションされた会場 出典:Ruffled 大切な愛犬がリングベアラーに♡ 出典:Ruffled リングベアラーの大役を引き受けたのはなんと愛犬の彼! Ryanが嬉しそうにハグする姿がゲストのあたたかい拍手を誘います。 ボヘミアンの基本テーマは “自由” なんですって。 ボヘミアンテイストのドレスや会場デコレーションなど、そのおしゃれなセンスも魅力なんだけれど、 心のむくままに、自然に、自分流のボヘミアンスタイルを作っていくのも面白い。 ボヘミアンを自由にエンジョイしてみて!!…続きを読む

青空と海をバックに 憧れのオアフウェディング♡ 出典:weddingchicks 世界中の人々を魅了してやまないハワイのオアフ島 そこに構える人気のディズニーリゾートホテルにて、永遠の愛を誓い合ったSamanthaとKingston♡ 自らを“ nerds(おたく)”と呼びあうふたり(笑) そのこだわりがつくりあげた素敵なウエディングをご紹介します。 やっぱり空の下!青空と太陽は最高の舞台演出です 出典:weddingchicks ふたりの挙式は、ビーチフロントの会場で。 青い空、白い雲、揺れるヤシの木に、白い砂浜。。。 開放的なムードに終始リラックスのふたりとゲストたち。 誓いのシーンでも普段通りのふたりの笑顔が自然と溢れ出ました。 ハワイの風土に合わせた花嫁のドレスチョイス 出典:weddingchicks ドレスは装飾のほとんどないマーメイドスタイルで アクセサリーも極シンプルに。 こんなスタイルだから、ビーチや芝生、岩場などを歩く時もドレスが邪魔をしません。 長いベールは、風をうけて美しいシルエットを演出。 アウトドアで花嫁が軽やかに動き回ってゲストとふれあう姿は、颯爽として好印象ですね♪ ブーケの中にも秘密が!? 出典:weddingchicks ローズぎっしりのラウンド型ブーケ。花嫁の胸元に華やかさを運びます♡ そしてこのブーケにはこっそり大好きキャラクターのイメージをひそませているんだそう。 思いでに残る&ワクワクする仕掛けです♡…続きを読む

海外ウェディングでは欠かせないパーティの華”ブライズメイド(花嫁付添人)” 最近、日本でのウェディングでも姉妹や親しい友人にブライズメイドをお願いする花嫁も増えてきています。 自身のドレスはもちろんですが、ブライズメイドのドレス選びもきっと楽しみの一つ♪ でも、どういうドレスがいいかわからない・・・。 そんな悩みにおこたえし、今回はブライズメイド用のドレス選びをお手伝いしちゃいます 出典:Wedding Chicks Photography: Ashley West Photography 1.全員同じ生地を使ってオーダーメイド♪ 出典:Wedding Chicks Photography: Dana Cubbage Weddings 出典:Wedding Chicks Photography: Paul Von Rieter まずはベーシックに、色・素材ともに全く同じ生地を全員が使用して オーダーメイドするブライズメイドドレスのパターン。…続きを読む

1 7 8 9