キーワード: ブーケ

総レースドレスと濃色ブーケで秋のコーディネート 出典:ruffledblog Photograhy:christinablockphotography 寒い季節だからこそ取り入れてみたいのは、濃色を使ったちょっぴり大人なウェディングコーデ。 肩ひものない総レースの長袖プリンセスドレスが、花嫁の繊細さを強調しています♡ ナチュラルなヘアメイクがドレスの繊細さを際立たせ、花嫁さんのありのままの美しさを引き立てていますね♪ 出典:ruffledblog Photograhy:christinablockphotography ダーク色を中心としたゴージャスなブーケも、ドレスの大人っぽさにぴったりはまっています♡ ブーケに実や葉っぱをふんだんに使った個性的なアレンジなのに、奇抜な印象がしないのは、色遣いのワザが効いているから♪ 出典:ruffledblog Photograhy:christinablockphotography インビテーションカードもリッチなパープルを基調としていて、大人ウェディングへのご案内にふさわしいデザイン。 クラシックなバントケーキで飾るゲストテーブル♪ ちょこんとのせたベリーの彩りも素敵…♡ 出典:ruffledblog Photograhy:christinablockphotography ゲストテーブルを彩るクラシカルなバントケーキは、それ自体がテーブルフラワーのようなかわいらしい華やかさを持っています。 ちょこんと乗せられたベリーも、装花の一部のように違和感なく収まっていますね。 出典:ruffledblog Photograhy:christinablockphotography ゲストのネームカードは小ぶりなバントケーキに乗せて♡ おしゃれなウェルカムスイーツは、主役が来るまでの歓談にも、おいしい話題を提供してくれます。 全体として落ち着いた色使いには、たくさん使ったキャンドルが、ドラマティックにとてもよく合っています。 繊細なトレーンはどこで撮影する? ゲストテーブル、階段e.t.c…アイデアが広がるフォトスポット♪ 出典:ruffledblog Photograhy:christinablockphotography…続きを読む

花嫁のためのおまじない、『サムシングフォー(something four)』。 出典:ruffledblog 「なにかひとつ古いもの(Something old)、なにかひとつ新しいもの(something new)、なにかひとつ借りたもの (something borrowed)、なにかひとつ青いもの (something blue)」 そんなマザーグースの歌が由来となって広まったおまじない、”サムシングフォー(something four)”。 4つの”something”を結婚式で身に着けた花嫁は、生涯幸せな結婚生活を送ることができる♡と言われています。 欧米では200年以上から結婚式に取り入れられていて、キャサリン妃をはじめとするイギリス王室でも、このおまじないが伝統として受け継がれています♡ サムシングフォー、知ってるー!というプレ花嫁さんも多いかと思いますが、どんな風に取り入れたらいいのかぱっと浮かばない…そんなときに参考にしてほしいアイデア、お届けします♡ 1♡サムシングオールド(something old) 出典:oncewed /Photography:belathee 出典:ruffledblog /Photography:mckinley-rodgers これから始まる新生活が豊かなものとなるよう、また、一族の繁栄を願って、先祖代々受け継がれてきたものを身に着けます。 リングなどのジュエリーが一般的ですが、残念ながらウェディングドレスにマッチしないものもありますよね。 そんなときは、ブーケの持ち手の部分にお母さんからもらったネックレスを巻き付けたり、おばあちゃんのブローチをインナーに付けたり・・・ 出典:weddingchicks…続きを読む

まるで妖精たちの世界に迷い込んだかのよう…。 出典:burnett’s boards そんなガーデンウェディングのテーマカラーは、ライラックとレモン。この2色の取り合わせが、とにかくロマンティックなんです♪ テーマカラーのテーブルには、椅子でラスティック感を演出 出典:burnett’s boards ライラックのクロスで飾られたテーブルには、ウッディな椅子を合わせて素朴な雰囲気に。 デコレーションに本物のフルーツをプラスすることで、よりフレッシュでナチュラルなイメージになります♡ グラスやキャンドルもパープルのグラデで綺麗にそろえて♪。 ブーケもテーブルのお花にあわせて♪ 出典:burnett’s boards テーブルに飾ったお花と花嫁のブーケは、同じ花材を使ってトータルにスタイリング。 ただし、テーブルのアレンジメントはお花の量を増やしより華やかに。 ブーケにはグリーンの量を増やして、レーシーなドレスにラスティック感を添えています。 お花のアーチとドレスは、シンプルにグリーン+白一色 出典:burnett’s boards Photography:Olga Siyanko ブライズメイドのドレスも花嫁のドレスやベールも、白のみ。 アクセなどもあえてつけないことで、レースの贅沢な素材感が際立ち艶やか♡ アーチは白のライラックに見えますが、こちらもホワイトで統一することで葉のグリーンが引き立ちます。 ライラックの花にはこんな言い伝えも。…続きを読む

話題のラスティックにぴったりなのがフリースタイルの大ぶりブーケ♡ 出典:Wedding Chicks/Photographer:Laura Murray Photography アメリカのおしゃれ花嫁の間ではもうはずせないキーワード、”ラスティック”。 エフォートレスで自然体、シンプルでナチュラルなウェディングを目指す花嫁に人気のテイストです♪ そんなおしゃれ花嫁がセレクトしているのが、ナチュラルスタイルの大ぶりブーケ。 好きなお花を自由にMIXして、型にはめずふんわり束ねただけのスタイルが、ラスティックウェディング全体のイメージにピッタリなんです♡ 今回はそんなラスティックイメージの大ぶりブーケ、色々ご紹介します。 ポイントは小花やグリーン☆広がるラインで軽やかなイメージに 出典:Bulnett`s Boards /Photographer: pink tulip bridal bouquet 出典:ruffled メインのお花に、繊細な小花やグリーンをたっぷりあわせると、動きが出て軽やかな印象に♡ 花材をMIXすることでも、軽やかさがUP♪ 出典:ruffled /Photographer: Becca B Photography 出典:ruffled /Photographer:Linda Arredondo Photography…続きを読む

特別な1日にはお揃いモノが欲しい♡ 出典:ruffledblog /Photography:  whenhefoundher 海外のウェディングで定番のブライズメイド♡ 友達とコーディネートをばっちり揃えた写真の彼女たちは、とってもキュート♡ 結婚式という最大のハッピーイベント、みんなのテンションを思いっきり上げたい! そんな思いを叶えてくれるアイデアが「お揃い」なんです♡ ブライズメイドコーデは進化中♡ 出典:weddingchicks /Photography:  erichmcveyblog ブライズメイドといえば、全く同じデザイン・色のドレスを着るのが定番ですよね。 最近では「ドレスコード」を決めた上で、ブライズメイドそれぞれの個性に合わせて、デザイン・色を少しずつ違ったドレスを選ぶ方法も、主流になってきています♡ 出典:weddingchicks /Photography:  trentbailey 一人一人が『MY COLOR』を着るアイデアが可愛い♡ 誰がどの色にする?なんて、選ぶ時間も絶対楽しい! 出典:ruffledblog /Photography:  devlinphotos 色のトーンだけじゃなく、柄で揃えるのもおしゃれ! ガーデン挙式なら花柄をドレスコードにしてみて♡会場が一気に華やぎます! アイテムを統一するだけでも、親密度がぐんとUP♡ 出典:twobrightlights /Photography:  davidlempphotography 花嫁のブーケに使われているお花を使って、ミニブーケを用意♡…続きを読む

深いグリーンテイストの招待状 目指したのはボヘミアンタッチな”Al fresco” 出典:Ruffled /Photography:  ONELOVE PHOTOGRAPHY 太陽みたいに華やかな花嫁Taylorとちょっぴり涙もろいGrant。 キュートなふたりが叶えたのはナチュラルでボヘミアンなAl fresco(屋外でのダイニング)のウェディング。 美しい自然とピッタリ調和する、ふたりのスタイルとパーティデコレーション。 おしゃれのポイントをぜひご参考に♪ レセプション会場は森の中 色をおさえて素材感を大切に 出典:Ruffled /Photography:  ONELOVE PHOTOGRAPHY ぬくもりを感じる素材感や手書きのあたたかさ。 気取らない表情がたくさんのぞく写真デコレーション。 ナチュラルであたたかな雰囲気が会場装飾全体に流れます 好きなものだけシンプルにセレクト 出典:Ruffled /Photography:  ONELOVE PHOTOGRAPHY テーマはボヘミアン&ナチュラル。 日焼けした肌とロングヘアがアクセサリーのベール姿は、ナチュラルな美しさをうたうボヘミアンビューティのお手本のようなスタイル ブライズメイドのドレスもあえて自由に。お花の冠(クラウン)だけを揃えて森の精のような雰囲気で♡ …続きを読む

運命のブーケをお探し中の花嫁へ♡ 出典:Ruffled Photography:christinamcneill ウェディングアイテムの中でもとっても重要な『ブーケ』。 でも、こんな感じの色で…大きさはこのくらいで…って、頭の中にあるイメージをお花屋さんに伝えるのって、結構難しかったりします。 今回は、ピンク色のお花を中心に、様々なタイプのブーケ写真を集めました。 お花屋さんや彼にイメージを伝える時に、是非使ってみてくださいね♡ 人気花材No.1♡ピンクのバラ 出典:Weddingchicks いつの時代も、性別・国境関係なく多くの人々に愛されてきたバラ。 花言葉は「感謝」「上品」「恋の誓い」など。 出典:Ruffled Photography:christinamcneill ピンクの種類・お花のタイプもたくさんあります! 同じ色味だけど、少し違ったタイプのバラを混ぜてみるのもおしゃれ。 インパクトと繊細さを兼ね備える芍薬(ピオニー)も人気 出典:Ruffled Photography:laurenfairphotography 花びらのボリューム感とふんわり優しいフォルムが一目で可愛い芍薬。 ブライダルブーケに取り入れる花嫁が世界中で急増中なんです! 5月〜6月に咲く季節のお花なので、フローリストさんに相談してみて♡ コーラルピンクがキュートな花嫁を演出♡ 出典:Weddingchicks Photography:lauramurrayphotography 出典:Weddingchicks…続きを読む

1 9 10 11