キーワード: ペーパーアイテム

今や祭壇だってDIY?! アイデアとちょっとした材料だけで素敵にハンドメイド♥ 出典:queenforaday /Photographer:Megan Thiele Studios 『なかなか時間がないのだけど、いざやってみると案外楽しい…♥』のが ”手作りあるある^^” ♪ 何かを目指してコツコツやるのはやってみると思いのほか楽しかったり、日々の雑事を忘れて没頭しちゃったり、できあがれば自分だけの達成感も得られたり。 なにより、”世界にただ一つの” と思うと愛おしさも格別なものです♡ ウェディングでもちょっとした小物やプチギフトなどの手作りは定番ですよね。 でももうすこし対象を大きくして、『誓いの場所(祭壇)』を作ってみませんか?! 驚いたかもしれませんが、もちろんトンカチ使ってトントン、、なんてものではありません! 女子でもできるパターンですのでまずは『こんな感じ、なんかいいな~♡』というイメージ創りからいかがでしょうか♪ ▷ グリーンやお花を使って… 出典:queenforaday /Photographer:Megan Thiele Studios なんにもない空間に ”誓いの場” をつくること、実はいくらでもできるんです。 こちらはホワイトのファブリックと、グリーンを上手につかって実現させました。 梁に布をかけたり、または天井から吊るすことで、空間の間仕切りができます。 こちらは透け感のあるドレープを使って、目にも涼やかな、それでいてドレッシーな祭壇ができました。…続きを読む

「こんなに美しい場所は他にないから。」 出典:Ruffled /Phorography:Feather Love ケイトとタイラーは早くから、結婚式・披露宴はふたりの故郷、アメリカ南部・サウスカロライナ州チャールストンで行おうと決めていました。 ゲストに、チャールストンの古い歴史と美しい街並みを紹介したかったからです。 会場に選んだのは、青々とした芝生の広がるプランテーションハウス。 約200年前に大農園主によって建てられたお屋敷です! ケイトとタイラーはこの歴史的な建物と芝庭の美しさに魅かれ、こちらの庭と建物で挙式と披露宴を行うことにしました。 大人っぽくシックなガーデンウェディング、ふたりはどのように作っていったのでしょうか? 場所からアイディアを得て 出典:Ruffled /Phorography:Feather Love もともと式・披露宴にはこだわりたかったというケイト。 会場であるプランテーションと、チャールストンのクラシカルな街の雰囲気の両方からインスピレーションを得て全体をイメージしたと言います。 スパニッシュモス(木からフワフワ下がっているグレーの植物)がシックな雰囲気を添えています。 英国キャサリン妃もお気に入りのブランド、ジェニーパッカムのドレスは、広がりを抑えた伝統的なスタイルでシックに。 ビーズとレースがロマンチックです♡ 出典:Ruffled /Phorography:Feather Love ペーパーアイテムも、字体や色合いを工夫するだけでとてもクラシカルになりました* 出典:Ruffled /Phorography:Feather…続きを読む

ビックリ!ゲストに内緒で企画されたおうちウェディング♡ 出典:NOUBA/Photography:Kate Drennan 結婚式ってお金も時間もプレッシャーもかかる、一大事ですよね。 だからこそ得られる達成感はありますが、心配が大きすぎて結婚式を諦めるカップルもちらほら・・・。 でも、一生に一度しかないウェディング、やらないなんて勿体ない! ちょっとした工夫で、ささやかでも印象的な式を挙げることができるんです♡ 今回ご紹介するリンゼイとニックも、大掛かりな結婚式を挙げる代わりに、家族や友人を招いてのサプライズウェディングパーティーを企画しました! なんと、結婚式であることは内緒にして、「婚約祝い&新築祝い」としてゲストをご招待♪ そんなお茶目なふたりの1日をのぞいてみましょう☆ 準備は内緒で♡頼れる味方は必要* 出典:NOUBA/Photography:Kate Drennan サプライズを成功させるために、準備はひっそりと・・・♡ シンプルでモダンな新居に映えるよう、リンゼイが選んだのはカラフルでポップなデザイン。 「婚約&新築祝い」招待状は、新婦の手作り。 出典:NOUBA/Photography:Kate Drennan そして、お花の飾りつけは、信頼できる業者さんにお願い♪ 打ち合わせを重ねて、アイデアを形にしていける人を選びました。 白基調のお宅に映えるデコレーションですね! ゲストをもてなすデザートビュッフェ♪家でも出来ちゃいます! 出典:NOUBA/Photography:Kate Drennan 到着したゲストのために、マカロンやビスケット、チーズやナッツなど軽食を用意。…続きを読む

ワンランク上のコンセプトウェディング “ウェディングでのおもてなし” といえば、お料理、演出、引き出物… ふたりが選択したこだわりのアイテムたちも重要ですが、会場コーディネートそのもので、ちょっぴり特別な気分をプレゼントすることだって “おもてなし”。 今回は、正統派ウェディングにアートのエッセンスをひとさじ、大人の遊び心がくすっと楽しいコンセプトウェディングをレポートします♡ おしゃれで上質感たっぷりなコーディネートテクを見つけましょ♡ なかなかお目にかかれない!?ブーケへのこだわり まず、ご紹介したいのは新婦の持っているこのブーケ。 モダンなカラーの代表、濃いレッドカラーでまとめたこのブーケ、形がとってもアーティスティック♡ ラウンドブーケ、キャスケードブーケ、クラッチブーケなど定番ブーケの常識を覆す、斜めに広がる形のブーケは圧巻です! 真っ白で張りのある生地のマーメイドドレスにも良く合っていますね♡ ちょこっと工夫がポイント。ペーパーアイテム ふたりがDIYした招待状♡ 封筒の内側をリメイクして、ちょっとアーティスティックな要素をここでも取り入れています。 ファブリックやリバティ柄の紙を敷いたり、マスキングテープやスタンプでちょこっと工夫するだけでも「あらっ♡」と印象付けられるポイントです! 招待状自体を可愛い丸形にしたのもゲストの印象に残ってナイス♡ お食事のメニューにはタッセルを付けたリーフを添えて、ますますお食事が楽しみになる一工夫を。 決して目立ちはしませんが、ふたりのセンスが光っています♡ モダンなカラーコーディネート テーブルコーディネートは、ブルー&ホワイトの組み合わせで、モダンなカラーコーディネート。 お互いの色がはっきりと引き立ち、より上質な色に見えます♡ お花のかわりに背の高いキャンドルホルダーをたっぷり使って、正統派なラグジュアリー感を出しています。 いつも結婚式で見かけるアイテムを、高さや形などをちょっと変えるだけで、豪華に見えたり、上品に見えるカラーを使うことで、アーティスティックでモダンな印象に早変わり♡ 上質感を求めたい方にとてもおすすめなコンセプトウェディングです!…続きを読む

ちょっとした発想が、どこにもないオリジナルアイテムに大変身! 出典:NOUBA /Photography:Bri Hammond DIYってなんだか手間がかかりそう…そう思われる方も多いかもしれませんが、ちょっとしたアイデアだけでカンタンに出来ちゃう手作りだってあるんです♪ たとえば上の写真。 ブライズメイドのドレス(左)のサッシュベルトを、新郎のネクタイにしちゃったアイデア! “お揃い”がカンタンに作れちゃう、新郎コーディネートの超お手軽DIY☆ こだわりのアイテムで会場をデコレーションしよう♪ 出典:NOUBA /Photography:Jonathan Ong こちらもとっても手軽なアイデア。 どうして思いつかなかったんだろう?っていうくらい、シンプルなのにユニークな席札は、レモンに手書きでゲストの名前を書いたもの。 新郎新婦の席にも、もちろん同じものを♪ 夏のガーデンウェディングなどに、ぜひ採り入れたいフレッシュなアイデアです。 出典:NOUBA /Photography:Leo Farrell 市販のライトボックスに、文字をプリントした透明フィルムを貼り付けるだけ! 文字の書体や色は、ウェディングの雰囲気に合わせて変えてもいいですね。 ライトボックスを使ったところがナイス☆ 出典:NOUBA /Photography:The Evoke…続きを読む

ティアラモチーフ 実はこんなにとりどり たくさん☆ 小さい頃夢見たプリンセスの結婚式。。。 「お仕度を整えたお姫様は最後にそっとティアラを頭に乗せました……」 もうこのくだりだけで乙女たちは目を閉じ、憧れのため息をついたはず!! そう、ウェディングとティアラは切り離せない間柄♡ 格式やきちんと感も与えてくれる魔法アイテムのティアラですが、正統派以外のティアラ利用術もたくさんあるんです! 是非ご覧ください♡ 出典:queenforaday/Photography:Heidi Lau まずは、おきまりのペーパークラウン。 これを主役のふたりがかぶるだけで、すぐさまフレンドリーなパーティ感が♪♪ ゲストたちにもお揃い参加してもらうなら… 出典:queenforaday/Photography:Kate Harrison メニューリストの上にさりげなく「どうぞご一緒に♪」のペーパークラウンが♡ 最初から、楽しいパーティーを予感させてくれます! 日本でもパーティーグッズアイテムとして様々な楽しいペーパークラウンがとり揃います。 なかにはグリッターやラメマテリアルで華やかなものから、メッセージがどどんと乗っているクラウンまで❤ 主役が使うなら、薄い紙素材よりも、張り感のある紙やプラスチック素材を使った方が最後まで元気に活躍してくれそう♪ もちろんDIYでも簡単にできちゃいますよ! クラウンによって 放つ印象はこんなに違う 出典:queenforaday/Photography:Kate Harrison 正統派で厳粛な雰囲気も、ほっこりキュート系でも、ティアラモチーフは素材や使い方によって与える印象は七色です。 自分のウェディングシーンにピッタリマッチするアイテム、セレクトしてみてください!…続きを読む

初心者さん向け、ウェディング・ペーパーフラワー♡ 少し前からパーティーシーンを彩ってきたペーパーフラワー♡なのですが、最近ますますウェディングでのレパートリーが増幅中です♫ 日本でも雑貨屋さんなどで目にしますし、手作りキットもたくさんありますね。 こちら欧米でもやっぱり人気で、ウェディングの様々なシーンに活躍しているんです♡ ペーパーフラワーの醍醐味はやっぱりまず軽さ。 そして見た目の華やかさ・存在感にしては比較的お手頃感があります! ということで今回はペーパーフラワー大特集♡♡ サイズ、素材のご紹介や演出例だけじゃなく簡単な作り方もあるので、お楽しみください♪ 会場のメインモチーフとしてリュクスな存在感 出典:Wedding chicks photography: LH Photography こちらはペーパーフラワーから派生したフラワーデコレーションアイテム。 紙のような薄さと軽さ、素材感ですが、耐久性もあるという正にいいとこどり。 色々な種類とサイズを組み合わせて、流れるような配置がお花の柔らかい雰囲気をうまくまとめてますよね♪ あえてゴールドの枠でアウトラインを作ったことでオブジェとしての存在を主張しています♡ 小さなお運びさんたちに持ってもらうと最高にCUTE!! 出典:Wedding  chicks photography: LH Photography. こちらは上の写真と同じウェディングの中の1シーン。 crepe paper (クレープペーパー)という縮み感のあるちりめん紙素材を使って ウェディングのテーマーカラーのピンクで作りました。花嫁さんのお手製なんですよ♪…続きを読む

”ありがとう”の気持ちが伝わる手作りペーパーアイテム♡ 出典:Burnett’s Boards センスが光って楽しくて、おもてなしの心が伝わるキュートな立役者。ペーパーアイテム。 この日の花嫁、Robinはグラフィックデザイナーというだけあって、一つひとつ手作りを楽しみました。 テーブル装花も席札も☆ 切ったり、貼ったり…… 出典:Burnett’s Boards 鮮やかなフローラル柄をベースに“Let`s Eat”のプリントを貼ってユーモラスに仕上げたメニューカード。 ゲストの席札はスティックに紙を巻きつけてフラッグに。グラスに入れるのもナイスアイデアです☆ 真っ白なテーブル装花もRobinが作ったペーパーフラワーなんです。 本物のグリーンに合わせて素敵にカモフラージュなんて、さすがのセンス! 招待状もフローラルでイメージを統一 出典:Burnett’s Boards グラフィックデザイナーのRobinにとってペーパーアイテムは最も得意とするところ。 もちろんすべて、彼女自身のデザイン。見本帖のように並べてみました。 フォントの組み合わせ、大小のバランス、そして欧文のフレーズまで、さすが!のセンス♡ 黒板にはバーコーナーのサインです☆ 出典:Burnett’s Boards 黒板にふたりのおすすめドリンクやメッセージを書いて立てかけておく。 もちろん、ウェルカムボードにも応用は自由自在です。 何かに塗るとそれが黒板になるという便利なペンキもDIYショップで手に入るから(しかもピンクやブルーなどもあり!)、このアイデア、即いただきですね♡…続きを読む

 ウェディングケーキのトップに飾るのがケーキトッパー シンプルなケーキでも、飾るだけで一気に印象が変わるのがケーキトッパー。 ケーキカットは沢山写真を撮られるタイミングなので、ケーキトッパーもしっかりこだわって選んでおきたいものですよね。 今回はケーキをオシャレにランクアップしてくれるケーキトッパーを厳選してご紹介します♡ ♥︎海外花嫁の定番人気はレタードタイプのプレート ハッピーなメッセージをプレートにしたトッパーは、簡単にボリュームが出せるのが◎。 好みのメッセージや素材を選んで、ものづくりカフェやコワーキングスペースなどでレーザーカッターを借りて作るのもいいかも! “To The Moon and Back”=「あなたのことが大好き」 月に行って戻ってくるくらいの苦労は厭わないほど好き! というロマンティックな決まり文句♡ 出典:Ruffled Photography:SERA PETRAS PHOTOGRAPHY “Happily Ever After”=「末永くお幸せに」 童話の結び文句にもよく使われる表現。その後ずっと幸せに暮らしましたとさ、というのが結婚式にピッタリ! 出典:Ruffled Photography:Danielle Poff “Love Grows Here”=「愛を育みます♡」…続きを読む

キュートなサインボードでゲストをお出迎え♪ 出典:Wedding Chicks 結婚式は夫婦になる2人を表すものだって信じてるの と語るJuliana。 今回紹介する結婚式には、会場のデコレーションからペーパーアイテム、ドレス、そしてケータリングにいたるまで、2人らしさを大切にした様々なアイディアが詰まっています。 来てくれてありがとう!の気持ちをこめたサインボードも、たくさん並べるとインパクト抜群。 ひとつひとつメッセージを読んでいくのも楽しいですよね♪ ドレスだってカスタムメイド♪ 出典:Wedding Chicks ブラッシュピンクのレースとチュールを使ったキュートなドレスは、オリジナルにデザインしたカスタムメイド。 黒いベルベットのサッシュベルトで仕上げました。 ブライズメイドのドレスは、ゴールド系のスパンコール、とだけ伝えて、各自で選んできてもらったそう。 自分に合った似合うものを着て欲しかったし、みんなのファッションセンスを信じているから! 一番のお気に入りは、2人の歴史をつづったブックレット♡ 出典:Wedding Chicks 式次第の他にも、2人のHistory年表や、新郎新婦それぞれの紹介、ブライズメイドの紹介ページなどをまとめたブックレットが2人の一番のお気に入り。 制作を担当したのは、イラストレーターとしての活動を始めたばかりのお友達だそう。 こだわりのイラストメニューは花嫁さんの手描き☆ 出典:Wedding Chicks 実はフードブロガーでもあるJuliana。 彼も食べることが大好きというフーディーカップルなので、お祝いの食事は2人がよく行くお気に入りレストランをチョイス。…続きを読む