キーワード: ボヘミアン

大切な1日にするために欠かせないあの方たち…♡ 出典:NOUBA/Photography:Kait Photography これまでは海外雑誌や英語で書かれたサイトを見なければわからなかった海外のウェディングシーンが、インスタグラムやピンタレストなどの画像SNSの普及により、簡単に見られるようになりました。 とってもおしゃれでオリジナリティーに富んだアイデアは、どれもとっても参考になりますし、憧れますよね。 今日はそんな海外のウェディングの中から、ブライズメイドの役割と、日本の結婚式での取り入れ方をご紹介します♡ そもそもブライズメイドって何でしたっけ? 出典:NOUBA/Photography:Kait Photography 挙式の際に新婦のサポート役として登場する彼女たち。 結婚式を行う教会にはその幸せを妬む悪魔が潜んでいて、その悪魔から花嫁を守るために、新婦の未婚の友人や姉妹がお揃いの華やかな衣装を着て悪魔の目を惑わせたという伝統から由来しています。 何をしてもらう役割? 出典:NOUBA/Photography:Kait Photography 挙式にブライズメイドを取り入れるなら、何をしてもらうかも気になりますね。一般的に取り入れやすい内容をまとめました! ・ドレスのアテンド 花嫁のドレスは長いので移動の際等に絡まったり引っかかったりしないよう、また、後ろを向いたときにきれいに見えるようにトレーン(裾)を整えてもらいましょう! ・ブーケ・/手袋のアテンド 指輪の交換の際にブーケと手袋を預かってもらいましょう! 退場前にはめるときも手伝ってもらうと、見た目もスマートです。 ・人前式なら誓いの言葉をキリスト式風にも! 人前式で定番の誓いの言葉。新郎新婦が読み上げるのが主流ですが、ブライズメイドに質問形式で読み上げてもらうのも素敵です! いつお願いするのがベスト? 出典:NOUBA/Photography:Kait Photography…続きを読む

フェミニンにもラスティックにも☆ やっぱりレースは女の子の永遠の憧れ♡ 数あるウェディングドレスのデザインのなかでも、レースは定番の人気。 クラシカルな雰囲気にもなれば、ガーリーやフェミニン、ボヘミアンやカントリー風にも合ったり、いろいろなスタイルから選べるのも楽しいところ。 今回は、海外の最新ドレスコレクションからレースが美しいドレスをご紹介しましょう。 2016年のレース×ウェディングドレスに注目♪ レースならではのラグジュアリー感で魅せたい☆リュクスなドレス 大人っぽい雰囲気の上半身からドレスの裾に向けて、流れるようなラインのレース模様がとっても美しいデザイン♪ ほとんど肌を見せないドレスですが、全体的にレーシーなので軽い印象に。 出典:NOUBA /Dress&Photography:George Wu オフショルダーも最新トレンドのひとつ。細かいモチーフがびっしり散りばめられたレースはうっとりするほどフェミニンな印象ですが、オフショルダー×マーメイドラインで甘くなりすぎずエレガント☆ 人気のボヘミアンスタイルは、レース×お花でオトナ可愛い抜け感を目指そう♪ ボヘミアン調の袖に、ややタイトなシルエットのドレス部分の大きめレース模様がリュクスな雰囲気で、ほどよいミスマッチにも見えるドレス。 袖ありのドレスはキャサリン妃のロイヤルウェディングからのトレンドだそうです♪ 小花がドレスを覆い尽くすように、可憐なレース模様が全体に施された1枚。 上のドレスもそうですが、ボヘミアンスタイルには花冠がとってもよく合います♡ 出典:NOUBA /Photography:Fiona Vail Photography /Dress:Through the White Door…続きを読む

海外のボヘミアン・ウェディングで飾られることの多いドリームキャッチャー☆ 出典:polkadotbride /Photography:Lindy Photography ドリームキャッチャーというアイテムをご存知ですか? 日本では15年ほど前の大人気ドラマに登場したことで多くの人に知られるようになりましたね。 本来はアメリカインディアンに伝わる装飾品で、悪夢から守ってくれる魔除けのお守りだそうですが、もっと広い意味でラッキーアイテムとして一般に広まりました。 実はこれ、海外ではボヘミアンテイストのウェディングなどでよく見かけるアイテムなのです。 春夏のビーチ婚やラスティックなアウトドアウェディングにもぴったり☆ そんなドリームキャッチャーを採り入れたウェディングアイデアをご紹介しましょう♪ ウェディングアーバーに飾れば、インパクトも演出効果もたっぷり♪ 出典:queenforaday /Photography:Color Me Red 中央に大きなドリームキャッチャーを飾ったウェディングアーバー。 ボヘミアンスタイルに合わせたラグを敷いたバージンロードにも、こだわりを感じます♪ 出典:queenforaday /Photography:Marianne Wilson Photography 虹色のファブリックをたくさん使ったドリームキャッチャー・テーマのウェディングアーバーは、カラフルでとってもハッピーなイメージ☆ 出典:queenforaday /Photography:Starling and…続きを読む

カリフォルニア・パームスプリングのスパ&リゾートでリラックス結婚式♡ 出典:Ruffled 1999年にシアトルでオープンして以来、ファッショナブルな世界観で人気を集める「Ace Hotel」(エース・ホテル)。今回はカリフォルニア州パームスプリングのAce Hotelで行なわれた、Coolなウェディングをご紹介します♪ 大きなプールも備えたこちらのホテルは、古いモーテルを改修したもので、ボヘミアンでオーガニックな雰囲気のインテリアが魅力。クラシックロックや、60~70 年代のヴィンテージ家具が大好きというLaurenとLesのテイストにピッタリ♡遠くから来てくれるゲストに、バケーションのような居心地の良い時間を過ごして欲しかったのも、このホテルを選んだ大きなポイント。 クラフト感漂うエスコートカード。ヴィンテージライクなホテルの雰囲気にマッチ 出典:Ruffled イーゼルや黒板を使ったエスコートカードボードはふたりでデザイン。ホテルのヴィンテージな雰囲気にぴったりマッチするゆるい感じのデザインが逆にオシャレ☆ ふたりのお気に入りの写真をテーマにカラーデザインを 出典:Ruffled ラフに塗られたクリームが可愛いウエディングケーキの後ろに飾られているのが、結婚式のテーマカラーのインスピレーションになったふたりのお気に入りの写真。フォトグラファーDave Getzschman氏の作品で、写真をイメージしたオレンジやブルー、ピンクやパープルがブーケや、会場のお花やデコレーションに使われています。 ビールやカクテルも豊富に揃うバースペースでリラックスしたパーティーを 出典:Ruffled 人気のクラフトビールやフレッシュなカクテル、美味しい食事も味わえるAmigo Roomも洞窟のような雰囲気がクール。ゲストと一緒にリラックスした時間を過ごせるのが素敵です。 みんなで長い週末を楽しみたいから、と結婚式を木曜日に設定したふたりですが、結婚式の費用がリーズナブルになる嬉しいポイントも♪ ヒップなデザインホテルでのウェディング、みなさんもいかがですか? Wedding Location: Palm Springs, CA /Photographer:…続きを読む

深いグリーンテイストの招待状 目指したのはボヘミアンタッチな”Al fresco” 出典:Ruffled /Photography:  ONELOVE PHOTOGRAPHY 太陽みたいに華やかな花嫁Taylorとちょっぴり涙もろいGrant。 キュートなふたりが叶えたのはナチュラルでボヘミアンなAl fresco(屋外でのダイニング)のウェディング。 美しい自然とピッタリ調和する、ふたりのスタイルとパーティデコレーション。 おしゃれのポイントをぜひご参考に♪ レセプション会場は森の中 色をおさえて素材感を大切に 出典:Ruffled /Photography:  ONELOVE PHOTOGRAPHY ぬくもりを感じる素材感や手書きのあたたかさ。 気取らない表情がたくさんのぞく写真デコレーション。 ナチュラルであたたかな雰囲気が会場装飾全体に流れます 好きなものだけシンプルにセレクト 出典:Ruffled /Photography:  ONELOVE PHOTOGRAPHY テーマはボヘミアン&ナチュラル。 日焼けした肌とロングヘアがアクセサリーのベール姿は、ナチュラルな美しさをうたうボヘミアンビューティのお手本のようなスタイル ブライズメイドのドレスもあえて自由に。お花の冠(クラウン)だけを揃えて森の精のような雰囲気で♡ …続きを読む

ボヘミアンでラスティック ふたりらしさを貫いたウェディング 出典:Ruffled “ボヘミアンウェディング”って知ってます?? ボヘミア地方の民族衣装にヒントを得た、 フォークロア(民族調)などの要素を取り入れたウェディングスタイル。 ヴィンテージ感の溢れるドレスにレースやフェザーをあしらったり、 木やグリーンなどのナチュラル素材をとりいれたり。 海外セレブにも大注目でBOHOスタイル(ボヘミアンとSOHO(NYのソーホー地区)を掛け合わせて) なんて呼ばれてるんです。 見た目もおしゃれで、かつ自由な演出が素敵な、ShayleeとRyanのボヘミアンウェディングをご紹介します♪ 上品なピンクドレスをダウンスタイルでナチュラルに 出典:Ruffled 繊細なレースがたっぷり施されたサーモンピンクの上品なエンパイアドレスを ラフに編んだブレードスタイルで着こなすバランスが絶妙♡ 小さなゲストも花かんむりでヘアスタイルおそろに♪ ベージュピンクとグリーンがのびやかにデコレーションされた会場 出典:Ruffled 大切な愛犬がリングベアラーに♡ 出典:Ruffled リングベアラーの大役を引き受けたのはなんと愛犬の彼! Ryanが嬉しそうにハグする姿がゲストのあたたかい拍手を誘います。 ボヘミアンの基本テーマは “自由” なんですって。 ボヘミアンテイストのドレスや会場デコレーションなど、そのおしゃれなセンスも魅力なんだけれど、 心のむくままに、自然に、自分流のボヘミアンスタイルを作っていくのも面白い。 ボヘミアンを自由にエンジョイしてみて!!…続きを読む