キーワード: マーキーライト

出典:NST PICTURES ニューヨークといえば、マンハッタン!というのは過去のお話。 今やNYいち有名なおしゃれスポットと言っても過言ではない『ブルックリン』からウェディングレポートをお届けします♡ 『ブルックリン』ってよく聞くけど、具体的にはどんなところ? 出典:NST PICTURES ブルックリンは、歴史的には労働者階級の人が多く住んでいたニューヨークの地区で、工場や倉庫が多くあるエリアでした。 最近になって、マンハッタンなどの家賃が上がったことによって若者やアーティストたちが移り住むようになり、クリエイティブでオシャレな地区に生まれ変わったのです♡ 現在では、工場や倉庫であった時代の面影を残したまま、おしゃれにリフォームされた建物が多く見られます。 ブルックリンのストリートにはグラフィティがたくさんあり、グラフィティを見てお散歩したり、写真を撮ったりしても楽しめるエリアです♡ 街角でファーストミート! 出典:NST PICTURES ウェディングの日、新郎新婦がお互いの姿を初めて見せ合うファーストミート。 TiffianyとLucaszは、ブルックリンのおしゃれな通りで叶えました♡ 後ろからLucaszに近づいていくティファニー。 なんと一般の車がストップしてしまいました! でも、たまたまこの瞬間に居合わせたドライバーたちは、ほっこりした気持ちで1日が過ごせたに違いありませんね♡ 出典:NST PICTURES Tiffanyは、Lucaszへのプレゼントを用意していたようです。 このブルーのショッパーはまさしく、Tiffanyでしょうか…?♡ プレゼントの中身はネクタイピン! ダブル”Tiffany”のサプライズプレゼントに、Lucaszはとっても嬉しそうです♡…続きを読む

LOVEオブジェで結婚式をもっと楽しく☆ 出典:Wedding Chicks LOVEオブジェは、置くだけで簡単に場が華やかになるので、人気のウェディングアイテムです♡ 高砂やウェルカムスペース、フォトスペースなど色んなシーンで活用することができます☆ 木のオブジェは定番すぎて…という花嫁さんは、ライト付きにしてみると一層華やかになりますよ♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:PRISCILLA FREY PHOTOGRAPHY LOVEの文字がつながっている既製品も簡単に手に入るので、DIYする暇がないという場合は利用してみるのもいいですね☆ ぶつかってずれてしまう可能性もないので飾りやすいアイテムです。 頭上にラブを浮かべよう♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:PAIGE WINN PHOTO 上から吊るした板にloveの文字を置いて、写真撮影♪ アルファベットが小文字なのも意外と珍しくていいですね♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:THE BIRD & THE BEAR…続きを読む

赤が印象的な花嫁コーデを発見♪ 出典:NOUBA/Photo:Kelly Tunney プロポーズから式まで5カ月という短期間、そして新郎Marcと遠距離だった新婦Joseは、自分が中心になって結婚式の準備をリードしました☆ Joseの色使いのセンスは抜群! ドラマティックな赤を差し色にしたコーデに決めました♡ 花嫁コーデのアクセントになっているのは、真っ赤なブライダルシューズ! そして、そのシューズがよく見えるように、後ろの丈の方が長くなっているヘムスカートのドレスを選びました♪ 出典:NOUBA/Photo:Kelly Tunney 赤い大振りの花でアレンジされた花冠&ブーケはガーリーでとっても華やか♡ 純白レースのAラインドレスによく映えていますね♪ 太めサッシュベルトも女の子らしく、スタイルアップ効果も♡ 花に負けないような赤いリップに、思わずドキッとしてしまいます♪ ブライズメイドのカラーコーデもバッチリ☆ 出典:NOUBA/Photo:Kelly Tunney 大人ブライズメイドのドレスとアッシャーのスーツは濃紺でシックに。 紺色というダークな色を持ってくることで、より赤が際立つんです♡ そして子供ブライズメイドは可愛らしい白地×赤い花柄のドレスと、花嫁とおそろいの花冠でドレスアップ♪ 出典:NOUBA/Photo:Kelly Tunney シューズの色もちゃんとドレスと合っていて、大人は紺、子供は白というこだわりっぷり☆ 足元まで気を抜かないのがオシャレの秘訣です。 赤の差し色はロケフォトでも存在感アリ☆…続きを読む

今やウェディングのレギュラーアイテムの イニシャルオブジェです♡ 出典:Ruffled/Photo:ANITA MARTIN イニシャルアイテム、みなさまのバッグやお部屋にも何かしら潜んでいるのではないでしょうか♡ ウェディング界もしかりで、ふたりのイニシャルを使った”イニシャル・オブジェ” その存在感はさらに上昇中。 サイズもテイストも、種類は実に豊富! もちろんウェディング後の新居のインテリアとしても使えちゃう。 あなたはどんなテイストがお好み? 最強お手軽DIYアイテムといえば、やっぱりバルーン 出典:Ruffled/Photographer:Lev Kuperman あっと言う間にできちゃって、インパクト大・ウェディング感ばっちり♡のバルーンオブジェ。 海外ウェディングでは、挙式の場所からレセプション会場の距離が近い場合、新郎新婦とゲストが一緒にパレードみたいに歩いちゃうこともしばしば。 こんなイニシャルバルーンや”JUST MARRIED”ガーランドなどを手にしていると、町行く人々が祝福の言葉をかけてくれて素敵な思い出になっちゃいますね♡ フローラルオブジェでゲストを華やかにお出迎え 出典:Ruffled/ 受付などゲストの視線が集まる場所に、こんなロマンティック過ぎるオブジェはいかがでしょう? 出典:Ruffled/Photographer: AMY WALLEN PHOTOGRAPHY 少し余裕をもたせたボリューム感でのアレンジだとこんな仕上がり♪ 意外と華やかな花材とカントリーテイストは似合います♡…続きを読む

Winter Weddingを、シーサイドで…?! 出典:NST PICTURES 海といえば、夏の風物詩。 あつーい日差しの中で泳いだり、ビーチでくつろいだり、と、夏ならではの楽しみ方は魅力的ですが、それ以外の季節でも、海はわたしたちに素敵なひとときを与えてくれます。 今回はロードアイランド州の海辺から、ロマンティックな大人ウェディングをレポートします♡ 親友たちといっしょに撮影* 出典:NST PICTURES せっかくのキレイな景色、楽しまなきゃ損! 新婦モリーと新郎ジュアンは、ドレスアップをしてシーサイドをお散歩。 出典:NST PICTURES あいにく曇りのお天気で、風も少し強そうな感じ… でも、そんな冬らしいお天気の中で寄り添うふたりは、とっても美しく映ります。 ビーチに到着した時に、少し太陽が見えました! 誰もいない冬のビーチだからこそ、思いっきり! 出典:NST PICTURES 海外の映画やドラマで見るような、誰もいないビーチでのパーティー、ちょっと憧れますよね♡ ふたりは、ブライズメイド&アッシャーたちのためにプロセッコのボトルを用意♡ プロセッコとは、イタリア産のワインに使われるブドウの品種名のこと。 主にスパークリングワインに使用されていることから、プロセッコ=スパークリングワインという意味合いでよく使われています♡ 出典:NST…続きを読む

おしゃれにさりげなく仲良しアピール♡ 出典:Wedding Chicks /Photo: MATT LIEN 日本でのウェディングでもかなり見かけるようになってきた『イニシャルオブジェ』。 人気の秘密は、初心者でもDIYしやすいことや、写真撮影に映えること♪ ふたりのオリジナルを取り入れられるのも大きな魅力ですね。 そこで今回は、様々なシーンで活躍してくれるイニシャルオブジェの活用法をチェックしていきましょう! メインテーブルの前に置いてオシャレ度アップ♡ 出典:Wedding Chicks /Photo:The Bird The Bear まずは定番☆メインテーブルの新郎新婦が座る前に置くパターンです♡ 写真撮影されることが一番多い新郎新婦の座席。 その前にテーマになじむイニシャルオブジェを置いておけば、センスの良さをアピール出来ちゃいます♡ ウェルカムスペースやゲストブックテーブルのデコレーションとして☆ 出典:Ruffled ゲストブックテーブルにちょこんと置いておくのも定番の使い方♡ ふたりのイニシャルが仲良く並んでいることで、ゲストにも親しみを感じてもらえるかも☆ また木のブロックを買ってきて、このように自分でレースやテープ、ペンキで簡単にDIYすることが出来ます♪…続きを読む

テーマはずばり…レトロ!最高にご機嫌なウェディング♡ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova 1950年代のヴィンテージカー、電球のサイン、レトロミュージック・・・ と聞いてワクワクしちゃうおしゃれなプレ花嫁さんに、超おすすめなのが《古き良きレトロウェディング》です。 今回ご紹介する新婦カテリーナと新郎アレクセイが選んだウェディングテーマは、レトロ×ガーリーの無敵コーディネート♩ 全て赤と白のテーマカラーに統一された、こだわりのコーディネートは必見です! 目指すはオードリー・ヘップバーン♡レトロな花嫁スタイル 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova 新婦カテリーナの憧れのイメージは、誰もが知る大女優オードリー・ヘップバーンのヴィンテージスタイル。 なんとウェディングドレスのイメージを自らスケッチしたそうです! その甲斐あって、ガーリーな膝下丈の純白ドレスは、レトロのテーマに完璧にマッチしています♪ 細目のサッシュリボンも可愛いですね。 足元が見える丈なので、ウェディングシューズも選び抜いたものを。 大きなハートのモチーフがついたヴィヴィアンウェストウッドのパンプスがキュートです☆ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova もちろんブライズメイドもレッド&ホワイトでドレスアップ。レトロな映画のワンシーンのようですね! 主役気分を満喫!おっきなアルファベットサインがレトロおしゃれ♡ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina…続きを読む