キーワード: ラスティック

着物じゃない、和の結婚式…? ウェディングで和風、というと、どうしても着物のイメージ。 そうでなくても、和柄のドレスなどを連想するかもしれませんが、海外ならではのデコレーションアイデアは、なんと絞り染め! 和のイメージにとらわれない使い方が、とってもスタイリッシュ♪ ビーチ婚にもぴったり♪ 白×ブルーの絞り染めをテーマに☆ 出典:weddingchicks /Photography:lieslcheney “絞り染め”を着るのではなく、飾るのが今回のテーマ。 白とブルーの絞り染めは爽やか、ウッディなアイテムにもマッチするので、ビーチ・ウェディングにも合いますね♪ ナプキンはもちろん絞り、アレンジ次第でスタイリッシュにもビーチ風にも♪ 出典:weddingchicks /Photography:lieslcheney 1枚だけ使った絞りのナプキンでほどよいバランス☆ そして、メニューと一緒に留めた細いサテンリボンが和風になりすぎるのを防いで、和のナプキンと洋のテーブルコーデをうまくまとめてくれています。 出典:weddingchicks /Photography:lieslcheney こちらはもう少し絞り染めを多く取り入れたテーブルセッティングの例。 パレオなどに使われているタイダイ染め(絞って染めるので、広義では絞り染めと同じ)をイメージしているためでしょうか、どことなくハワイアンやビーチを連想させます。 絞り染めにカラーを合わせたウェディングケーキ3種☆ 出典:weddingchicks /Photography:lieslcheney まずは、シンプルでラスティックなイメージのケーキ。ブラウンからグレイッシュなブルーへのグラデーションはなかなかレアで素敵です♪ 出典:weddingchicks /Photography:lieslcheney こちらはケーキ自体にブルーは使われていませんが、添えてあるマカロンで色味を統一して。どこかインダストリアルな雰囲気がクール☆…続きを読む

話題のラスティックにぴったりなのがフリースタイルの大ぶりブーケ♡ 出典:Wedding Chicks/Photographer:Laura Murray Photography アメリカのおしゃれ花嫁の間ではもうはずせないキーワード、”ラスティック”。 エフォートレスで自然体、シンプルでナチュラルなウェディングを目指す花嫁に人気のテイストです♪ そんなおしゃれ花嫁がセレクトしているのが、ナチュラルスタイルの大ぶりブーケ。 好きなお花を自由にMIXして、型にはめずふんわり束ねただけのスタイルが、ラスティックウェディング全体のイメージにピッタリなんです♡ 今回はそんなラスティックイメージの大ぶりブーケ、色々ご紹介します。 ポイントは小花やグリーン☆広がるラインで軽やかなイメージに 出典:Bulnett`s Boards /Photographer: pink tulip bridal bouquet 出典:ruffled メインのお花に、繊細な小花やグリーンをたっぷりあわせると、動きが出て軽やかな印象に♡ 花材をMIXすることでも、軽やかさがUP♪ 出典:ruffled /Photographer: Becca B Photography 出典:ruffled /Photographer:Linda Arredondo Photography…続きを読む

オリジナルのワインでゲストをおもてなし 出典:Ruffled ほのかなレトロ感を纏って、舞台はここNY。 都会的でシックなラスティックウエディングがしたかったの というReneeとJohnが会場に選んだのは、 マンハッタンにいながらにして自分のワインが作れる会員制の会場。 あったかくて懐かしい、そこがまたCOOLなマンハッタンウェディング、早速お届けします。  都会的要素とクラシカルな要素がスタイリッシュにMIX 出典:Ruffled ふたりらしさを大切に、そして招待したゲストに、みんながこのパーティの大切な一部だと感じてもらえるように。 そんなパーティを目指したというRenee。 彼女が求める温かさと都会的な雰囲気。そして家族、ゲストを大切にした親密な空気がパーティ全体に流れます。 ガラス越しに見えるNYを行きかう人々の横顔と喧噪、そしてスタイリッシュにパーティを楽しむゲスト。 この空気、やっぱりNYオリジナル。 ブライズメイドのドレスは“Cuteに♡” がオンリールール! 出典:Ruffled お揃いの衣装に身を包んだグルームズメンとブライズメイド。セレモニー感が高まって素敵ですよね♪ でもふたりからのオーダーは… 男性はグレーのタキシード。でも女の子たちは自分がcuteに見えるドレス でね♪ 自分スタイルをセレクトした色とりどりのブライズガールたちの笑顔がはじけてます☆ 両親のウェディングで活躍したケーキトップ 2度目の大役!! 出典:Ruffled 懐かしさ漂うケーキトップはかつて、新郎の両親のウェディングケーキを飾ってくれたもの。 大切にとっておいた両親の気持ちも一緒にのせて、今度は洗練のネイキッドケーキをデコレーション! 受け継ぐこと、歴史あるものに価値を置く欧米らしい思いやりスタイルです。…続きを読む

ボヘミアンでラスティック ふたりらしさを貫いたウェディング 出典:Ruffled “ボヘミアンウェディング”って知ってます?? ボヘミア地方の民族衣装にヒントを得た、 フォークロア(民族調)などの要素を取り入れたウェディングスタイル。 ヴィンテージ感の溢れるドレスにレースやフェザーをあしらったり、 木やグリーンなどのナチュラル素材をとりいれたり。 海外セレブにも大注目でBOHOスタイル(ボヘミアンとSOHO(NYのソーホー地区)を掛け合わせて) なんて呼ばれてるんです。 見た目もおしゃれで、かつ自由な演出が素敵な、ShayleeとRyanのボヘミアンウェディングをご紹介します♪ 上品なピンクドレスをダウンスタイルでナチュラルに 出典:Ruffled 繊細なレースがたっぷり施されたサーモンピンクの上品なエンパイアドレスを ラフに編んだブレードスタイルで着こなすバランスが絶妙♡ 小さなゲストも花かんむりでヘアスタイルおそろに♪ ベージュピンクとグリーンがのびやかにデコレーションされた会場 出典:Ruffled 大切な愛犬がリングベアラーに♡ 出典:Ruffled リングベアラーの大役を引き受けたのはなんと愛犬の彼! Ryanが嬉しそうにハグする姿がゲストのあたたかい拍手を誘います。 ボヘミアンの基本テーマは “自由” なんですって。 ボヘミアンテイストのドレスや会場デコレーションなど、そのおしゃれなセンスも魅力なんだけれど、 心のむくままに、自然に、自分流のボヘミアンスタイルを作っていくのも面白い。 ボヘミアンを自由にエンジョイしてみて!!…続きを読む