キーワード:

冬でも自然を楽しめるウェディング 出典:NST PICTURES 冬になると、寒い、風が冷たい…という理由で、どうしてもウェディングのロケーションは屋内に限られてきてしまいます。 でもでも、冬だけど屋外でウェディングがしたいっ!!というご希望を叶えたカップルが♡ 出典:NST PICTURES ニューヨーク郊外の自然に囲まれた「バターミルク・フォールズ・イン」というスパ施設をロケーションとして選んだ、新婦Abbyと新郎Bryan。 日本で「スパ」というと温泉施設をイメージしますが、アメリカではもっと広い意味で”健康的な生活を送ることができる場所”として、人気があるんです。 出典:NST PICTURES 「バターミルク・フォールズ・イン」は、牧場や散歩ができるコース、プール、レストランや宿泊施設を完備。 自然を感じながらゆっくりと過ごせる施設になっているようです♡ 今回はふたりが叶えた、森の中のテントを利用したセミアウトドアウェディングをレポート。 暖かなライトに包まれて 出典:NST PICTURES 屋外に張られたテントの中に、挙式スペースを準備! テントといっても、かなりしっかりとした造りのもので、広さもあるので安心して大人数で楽しむことができますね♡ 出典:NST PICTURES 日没の時刻が早まる冬、薄暗くなってきたら、パーティーを行うテントまでの道に明かりを。 松明のような感じの、オシャレなライトです♡ テント内も、キャンドルライトでしっかりと明かりを灯して。 無数のキャンドルがゲストをパーティー会場まで誘います♡…続きを読む

* 温度や空気を美しく表現するケーキ 出典:Ruffled/Photo:Romance Weddings 新しい年を迎えて、一段と寒さも本格的。空は益々クリアなブルー。 空気も澄んで、輪郭が際立つ冬の美しい風景には、思わず心洗われます❄ 冬の美しさが感じられるのは外の景色だけじゃなく、実はケーキにだってできちゃうのです。 ”冬的たたずまい”にも何パターンかあるので、テーマごとに分けて一挙ご紹介♡ * 一面のホワイト。冷たい空気が立ち昇る 出典:Ruffled/Photo:Les Anagnou Photography ケーキナイフで模様をつけて、あとはベリーとグリーンをほんのちょっと。 白の美しさを引き立てるためにも、デコレーションは最小限が◎なのです。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 多肉植物のスモーキーグリーンが、真っ白なクリームにマッチ。 清らかで凛とした空間を提供できます。 出典:Ruffled/Photo:Arma Fotografie 思い切って、ホワイトonly3段ケーキ。 静謐な佇まいに、思わずゲストたちも目を留めてくれるはず? さりげなく繊細な葉脈が浮き出るリーフでデコレーション。 大人ウエディングにもピッタリです。…続きを読む

雪の中でのロマンティックウェディング 出典:NSTPICTURES 2017年も残り1ヶ月。 いよいよ寒い冬がやってきました! 冬は寒いけれど、冬には冬のいいところもあります♡ 特に雪が積もると、外に出て遊びたくなりますよね! 今回は、ハドソン川のそばの結婚式場でウェディングを叶えたLee-anとKerryをご紹介します♡ 窓の外には一面に広がる雪 ウェディング・イン・ザ・スノー! 出典:NSTPICTURES ウェディングの日の朝、式場の周りには積もった雪が♡ お天気も快晴で、爽やかな1日のはじまりです! 出典:NSTPICTURES 寒さも忘れてしまうぐらいのキレイでロマンチックな雪景色ですね♡ ウェディングでも、自分らしさを大切に♡ 出典:NSTPICTURES 新郎のKerryは、ハットをかぶって個性を演出。 スーツもネイビー×ブラックで、ダンディなコーディネート♡ 出典:NSTPICTURES カジュアルになりすぎず、あくまでもフォーマルにコーディネートできているケリー、さすがです! 出典:NSTPICTURES 新婦Lee-anは、ブライズメイドたちにドレスを用意していました。 美しいネイビーで、ひとりひとり違ったデザインがレディーな雰囲気♡ 冬のウェディングには、深めの色がお似合いですね* 特別な日に、思い出のギフトを…続きを読む

秋のほっこりウェディング 出典:NST PICTURES そろそろ冬の訪れが感じられる季節♪ 冬の景色は美しくて素敵ですが、寒さを理由にアウトドアの楽しみ方が限られてしまうのが残念ですよね。 今回は、秋から冬に変わっていくちょうど今の季節、自然の中でロマンチックなウェディングを叶えた新郎新婦をご紹介します♡ 森の中で行うロマンティックな式 出典:NST PICTURES 建物の中でなく、あえて外で式を挙げることにしたHilaryとDaniel。 ちょっと肌寒い時期なので、新婦Hilaryはファー素材の上着をオン♡ 出典:NST PICTURES ショート丈のドレスとマッチしたオシャレな上着なので、式で着ていても全く違和感ないですね♡ 出典:NST PICTURES 会場は、木々に囲まれた中にある芝生スペースの上に、ホワイトをベースにセッティング♡ ホワイトにペイントされた木のドアがすごくかわいいですね♡ これなら自分たちでDIYで1から作れてしまうかも!? ドリンクレセプションも屋外で♡ 出典:NST PICTURES 秋のはじめの日中だったら、寒すぎることもなく、秋の空気の匂いや景色を気持ちよく楽しめそうですね♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

出典:NST PICTURES 秋が深まってきましたね♡ ウェディングでも季節らしさを表現したいところ。 そして、肌寒い時期のウェディングなら、防寒対策もしっかりと! 今回は、JenniferとKaustubhのウェディングムービーから、秋冬ウェディングの参考になるアイデアをご紹介します♡ ブライズメイドのみんなにも気遣いを 出典:NST PICTURES 秋冬のウェディングとなると、ドレスだけではどうしても少し寒くなってしまいますよね。 建物の中では暖房が効いていますが、お庭などで撮影する時などにはやはり羽織るものが必要。 もちろん、ドレスやヘアアレンジに合ったものを選びたいですよね♡ 出典:NST PICTURES Jenniferとブライズメイドたちは、ふわふわのファーボレロをチョイス。 丈が長めのものだとドレスとのバランスを取るのが難しくなりがちですが、ミニ丈だとドレスとのバランスもばっちり♡ ファー素材なので防寒もしっかりできます。 ブライズメイドのみんなに、ドレスだけでなく羽織りものも用意しておいたJenniferは”デキる花嫁”ですね♡ ワインレッドのお花であたたかなムードに♡ 出典:NST PICTURES 大きなブーケを手にバージンロードを進む新婦Jennifer♡ レッド〜ワインレッド系のフラワーをメインにチョイスしてアレンジメント♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

Winter Weddingを、シーサイドで…?! 出典:NST PICTURES 海といえば、夏の風物詩。 あつーい日差しの中で泳いだり、ビーチでくつろいだり、と、夏ならではの楽しみ方は魅力的ですが、それ以外の季節でも、海はわたしたちに素敵なひとときを与えてくれます。 今回はロードアイランド州の海辺から、ロマンティックな大人ウェディングをレポートします♡ 親友たちといっしょに撮影* 出典:NST PICTURES せっかくのキレイな景色、楽しまなきゃ損! 新婦モリーと新郎ジュアンは、ドレスアップをしてシーサイドをお散歩。 出典:NST PICTURES あいにく曇りのお天気で、風も少し強そうな感じ… でも、そんな冬らしいお天気の中で寄り添うふたりは、とっても美しく映ります。 ビーチに到着した時に、少し太陽が見えました! 誰もいない冬のビーチだからこそ、思いっきり! 出典:NST PICTURES 海外の映画やドラマで見るような、誰もいないビーチでのパーティー、ちょっと憧れますよね♡ ふたりは、ブライズメイド&アッシャーたちのためにプロセッコのボトルを用意♡ プロセッコとは、イタリア産のワインに使われるブドウの品種名のこと。 主にスパークリングワインに使用されていることから、プロセッコ=スパークリングワインという意味合いでよく使われています♡ 出典:NST…続きを読む

赤を効かせて*クリスマス花嫁コーディネート 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY クリスマス真っ只中、いよいよホリデーシーズンですね♡ 色んな場所がイルミネーションやクリスマスモチーフでデコレーションされて、お出かけするのも楽しい時期。 結婚式を挙げるなら、是非クリスマステーマを取り入れていきたいところ☆ 街の飾りつけに負けないように、これでもか!というくらい、前面にテーマを押し出していくくらいがちょうどいいですよ♪ 来年のクリスマスに近い日取りでウェディングを計画しているプレ花嫁さんは、今から少しずつ準備していきましょう♡ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY 花嫁ルックも、雪を思わせるような透き通った白いドレス&肌と、真っ赤な口紅でコントラストを効かせると一気に冬っぽくなりますね☆ また外に出る場面では、無理をして青ざめてしまうのは勿体ないので、ケープやストール、カーディガンなども活用しましょう。 もちろん、真っ赤な色をセレクトすれば、クリスマスのテーマカラーにもピッタリですね☆ ペーパーアイテムや小物にもクリスマス感を☆ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY ウェディングの雰囲気づくりは、招待状から始まっています! 受け取ったゲストの気分もクリスマスに向けて盛り上がるようなペーパーアイテムデザインにしたいところです☆ ヒイラギのモチーフをあえて赤一色でデザインすることで、大人っぽい招待状に仕上がっています♪ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA…続きを読む

ブーケは好きな色で!冬にも鮮やかなピンクが映える♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY カナダ・トロントに住むNiveenとRob。 もともと夏のガーデンウェディングをするつもりでしたが、新居を購入したことで急きょ予定変更! 半年で準備しなくてはいけなかった結婚式でしたが、オフシーズンの冬のメリットも活かして、素敵な一日を迎えることができました♪ そんなふたりの装花アイデアを見ていきましょう♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY 冬に人気の白系でまとめたウェディングではなく、明るい色を使いたかったと語る新婦Niveen。 その希望どおり、鮮やかなピンクのグラデーションでまとめたブーケが出来上がりました☆ 冬らしさは実をアレンジすることでプラスしています。 お花の色味と合わせたリボンも可愛いですね♪ アマランサスが垂れ下がるシャンデリアにため息♡ 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY 会場のシャンデリアからアマランサスが垂れ下がり、とても幻想的♡ 室内にいることを忘れそうになってしまいます。 最初の希望どおりに冬でも「ガーデンウェディング」を実現させることができました! 出典:Ruffled/Photo:OLIVE PHOTOGRAPHY ゴールドの大きなチェアサインも目立ちますね☆ 冬だからって、白や銀色でまとめる必要はないわ。 わたしたちのテーマカラーは、全く違ってゴールド、ネイビー、ピンク、パープルにしたの。…続きを読む

冬と言えば雪!可愛い結晶にきゅん 出典:Polka Dot Bride/Photo:Emma Sandstorm 冬は一般的に結婚式のオフシーズンと言われますが、冬ならではの良さもたくさん! 冬らしさ全開の可愛いモチーフを使って、最高のウェディングにしちゃいましょう♡ 雪の結晶はどんなシーンにも使える万能アイテムです♪ ヘッドアクセサリーにシルバーの雪の結晶を使うのも素敵ですね! また外での撮影があるときは、寒さを我慢せず、逆にファーのケープやニットの手袋などを付けて防寒&見た目の可愛さを狙いましょう☆ 出典:Ruffled テーブルコーデの飾りつけにも、雪の結晶オブジェが大活躍! 白やシルバーを基調にしたデコレーションで、銀世界を連想させるような素敵な飾りつけにしましょう♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:JULIE WILLIAMS 一面の雪を思わせる白一色のウェディングケーキ♡ ケーキトッパーは、雪だるまのカップルと雪の結晶で! みんながほっこりしちゃうキュートなケーキです♪ キャンドルで心の中をぽかぽかに♡ 出典:Polka Dot Bride/Photo:Aubrey Strawberry Photography…続きを読む

バーガンディーを差し色にした冬らしいブーケ☆ 出典:Wedding Chicks 「バーガンディー」色とは、ワインレッドの深みをさらに増したような色☆ 大人っぽくて上品な色なので、結婚式のシーンにもとてもよく合うカラーです。 特に晩秋から冬にかけての時期にピッタリ! 今回はそんなバーガンディーカラーのアイテムをご紹介していきます。 出典:Wedding Chicks/Photo:Rossella Putino Photographys 白や淡いピンクのお花の中に、バーガンディーカラーのお花をアレンジするだけで、ぐっとブーケが引き締まり、ドラマティックな印象になります☆ バーガンディーの比率を変えることで、ブーケの持つ雰囲気も変わってくるので、どのくらいの大人っぽさにしたいのか配分を考えてみるといいですね♪ 出典:Ruffled/Photo:KATE ANN PHOTOGRAPHY こちらは、大人可愛いニュアンスカラーのローズに、色の深いプロテアや実などをアレンジしたブーケ♡ 長く垂れ下がる実が印象的で、秋から冬の花嫁さんにピッタリのブーケです♪ バーガンディーが主役のドラマティックなブーケ♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Bit of Ivory Photography 出典:Polka…続きを読む