キーワード: 可愛い

紙さえあれば簡単に出来ちゃう☆ 出典:Wedding Chicks 見た目がとっても華やかなので、デザートビュッフェのバックドロップやフォトスペースなどで大活躍する人気アイテム、ペーパーファン。 飾り付けのイメージと一緒に、DIYプランを立ててみましょう♡ デザートビュッフェの飾りつけ(ビビットカラー) 出典:Wedding Chicks オレンジ系統のグラデーションでまとめたペーパーファンは、明るく元気なイメージ! 大小さまざまなペーパーファンを飾り付けて、Happyな雰囲気に♡ また、ケーキも同じ系統の色味のお花で飾り付ければ、統一感も出ます。 出典:Wedding Chicks/Photo:Ryan Price ピンク、水色、白でまとめられたデザートテーブル☆ スイーツもペーパーファンも装花もテーマカラーに沿っています♪ ペーパーファンには、ドット柄も使っていてポップでキュートなデザートビュッフェになっています♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:JOSH MCCULLOCK PHOTOGRAPHY ピンクやオレンジのペーパーファンが、シンプルデザインの白いケーキを映え立たせています☆ デザートビュッフェの飾りつけ(ニュアンスカラー) 出典:Ruffled/Photo:JESSICA SCOTT…続きを読む

* 春ウェディング オンブレカラーで迎えましょ♡ 出典:Ruffled/Photographer:emilymarchphotography 今回ご紹介するのは “オンブレ” なウェディングアイデア。 初耳の方もいらっしゃるでしょうか♡ フランス語で “段階的に濃淡をつけたグラデーション” の意味なんです。 自然と明るいカラーに目が惹かれちゃう春はもうすぐ♡ こんな時期は、色を幾重にもぼかして柔らかい色の移り変わりを表現すると、世界が一段深まって見えたりするから不思議… おひさまの色が1トーン明るくなった春にこそ、ぜひ取り入れて欲しいのがオンブレなのです♡ ▶ そこはかとなく淡いオンブレドレスは上品な世界 出典:Ruffled/Photographer:Megan Welker Photography 淡いサクラ貝を敷き詰めたような大人フェミニンなこちらのドレス。 ソメイヨシノにも似た、この儚くて繊細なピンクにはDNA的にもきゅんとしてしまうはず。。。 出典:Ruffled/Photographer:EMILY MARCH PHOTOGRAPHY シルバーグレーのオムブレドレス。 着るだけでぐっとシックに、大人花嫁にしてくれる1着です。…続きを読む

ショルダーにふわりとリボンでロマンティックに♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Tanya Mutalipova 女の子なら小さい頃、誰もが好きだった「リボン」。 人生で最高に可愛くなりたい結婚式の日に、気になるのはやっぱりリボン付きのドレスですね♡ そこで今回は、リボンがデザインされたキュートなドレスをご紹介していきます♪ まずは肩にリボンが付いているタイプ♡ ショルダーをふわっとリボンで結べば、お姫様のようなキュートな花嫁さんになることができます☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Orange Photographie 長めに垂らせば、少し大人っぽい印象に変わりますね☆ バックのBIGリボンでインパクト大♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Onelove Photography 腰の幅よりもちょっと大きめのでかリボンで、バックスタイルをエレガントに♪ 後ろに大きなリボンがあることで、ウエストが細く見える効果も期待できますね♪ 出典:Polka Dot Bride 大きめリボンは光沢のある素材のドレスなら、子供っぽくならず、むしろモードな印象にすることもできます☆ 二次会などで、このようにインパクトのあるデザインにしてみてもいいですね♪ バックスタイルを最高にキュートに見せてくれるリボンデザイン☆…続きを読む

テーマはずばり…レトロ!最高にご機嫌なウェディング♡ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova 1950年代のヴィンテージカー、電球のサイン、レトロミュージック・・・ と聞いてワクワクしちゃうおしゃれなプレ花嫁さんに、超おすすめなのが《古き良きレトロウェディング》です。 今回ご紹介する新婦カテリーナと新郎アレクセイが選んだウェディングテーマは、レトロ×ガーリーの無敵コーディネート♩ 全て赤と白のテーマカラーに統一された、こだわりのコーディネートは必見です! 目指すはオードリー・ヘップバーン♡レトロな花嫁スタイル 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova 新婦カテリーナの憧れのイメージは、誰もが知る大女優オードリー・ヘップバーンのヴィンテージスタイル。 なんとウェディングドレスのイメージを自らスケッチしたそうです! その甲斐あって、ガーリーな膝下丈の純白ドレスは、レトロのテーマに完璧にマッチしています♪ 細目のサッシュリボンも可愛いですね。 足元が見える丈なので、ウェディングシューズも選び抜いたものを。 大きなハートのモチーフがついたヴィヴィアンウェストウッドのパンプスがキュートです☆ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova もちろんブライズメイドもレッド&ホワイトでドレスアップ。レトロな映画のワンシーンのようですね! 主役気分を満喫!おっきなアルファベットサインがレトロおしゃれ♡ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina…続きを読む

リボンでつくるガーランドをDIYしよう! 出典:Polka Dot Bride /Photography:Akimbo 世界中の花嫁さんに人気のガーランド♡ テーブルやチェア、壁に飾り付けるだけで簡単に華やかになって、とっても可愛いですよね! 今回ご紹介するのはリボンでつくるガーランド。作り方はとっても簡単です。 結婚式のテーマカラーに合わせて手作りしちゃいましょ* ▷▷MATERIALS&TOOLS 出典:Polka Dot Bride /Photography:Akimbo 用意するものは、 *はさみ *布地 *メジャー *鉛筆 *リボン *アイロンテープ *アクリル絵の具 *絵の具用の筆 ▶︎▶︎HOW TO…続きを読む

出典:NOUBA /Photography:Lara Hotz イラストレーターのカップル、ブライオニーとシモンは、故郷のシドニーで結婚式を挙げました。 特別さを出しながらも、リラックスした結婚式を挙げたい!と思っていたふたり。 久しぶりに会えた家族や友人達に囲まれて、素敵な一日を過ごせたようです。 小物のデザインも自分でしたという新郎シモン。 ガーリーテイストの結婚式に積極的に賛成してくれる旦那さんだと嬉しいですね♪ 直前になって揉めないように、式のイメージやテーマは早めに話し合うことをお勧めします! ロケーションフォトは衣装の雰囲気と合わせて 出典:NOUBA /Photography:Lara Hotz ショートベールとミディ丈ウェディングドレスの組み合わせは、とってもキュートで少女のよう♪ ちょっぴり個性的なスタイルになるので、印象的な花嫁になれること間違いなし♡ 式本番でやるのはちょっと…と思われる方は、二次会で取り入れてみてもいいかもしれませんね! 出典:NOUBA /Photography:Lara Hotz カフェやキッチン、ガーデンなどガーリースタイルと相性がいいところでのロケーションフォトもお勧めです♪ 仲の良さがバッチリ伝わってくるふたりのポーズも真似してみて♡ 出典:NOUBA /Photography:Lara Hotz ショート丈のドレスは足元が目立つので、ブライダルシューズはこだわりの一足を♡…続きを読む

出典:Ruffled /Photography:Tiffany Hughes 正統派ガーリーでクラシカルなキュートルックって、老若男女を惹きつける魅力がありますよね。 ミモレ丈のワンピースや、水玉模様、ギンガムチェックなど、オードリー・ヘップバーンやブリジット・バルドーに代表されるお上品で女の子らしいファッションが流行した1950年代。 親しみやすいコーディネートを叶えるためのウェディングテーマにぴったりかも♡ ヴィンテージ香る50’sインスパイア 出典:Ruffled /Photography:Tiffany Hughes 袖が長めのクラシカルな雰囲気のドレスは、50年代の趣のある雰囲気を感じます。 レースやフリルのないすっきりとした大人のデザインに対して、スカートの丈が短めになっているのがキュートさをプラスしてくれています♡ 出典:Ruffled /Photography:Tiffany Hughes ここで注目したいのが、花嫁の鮮やかなシャーベットミントのパンプス♡ 新郎の蝶ネクタイと揃えていることで、ふたりのコーデをバランスよく見せてくれています。 このようにじぶんたちの好きな色をお互いの小物のどこかに差し色で取り入れて、さりげなくこだわりをアピールしたいですね♡ ハイセンスなコーディネートはさりげない部分へのこだわりにある 出典:Ruffled /Photography:Tiffany Hughes そして、花嫁が座った姿に注目してみましょう。 じつは、とっても可愛らしいスモーキーピンクのパニエが隠れていました♡ ドレスは膝丈なので上品さもありつつ、パニエでキッチュな可愛らしさも表現できている、まさにガーリーな花嫁ルック!…続きを読む

自分も知らなかった ”もっと可愛い自分” に出会うチャンスこそが ウェディングなのです☆ 出典:NOUBA/Photography:One Fine Day さて、私たち女子は一体全体、今までの人生で何枚写真をとってきたのでしょう!? 携帯でいつでもシューティングできる時代になってから久しく…その数はちょっと想像できません。 『可愛く写りたい。。。。。。♡』 そんな当たり前、かつ切実な想いがゆえ、気づくといつも同じ表情やアングルで写真におさまっていることってないでしょうか…?? 海外花嫁たちのFREEな心のままの、自分丸出し!感情大放出!!のカワイイ瞬間を、ぜひぜひご参考いただきたくお届けいたします♡ 花嫁のハジけた笑顔よりカワイイものなんてないんです!! 出典:NOUBA/Photography:Todd Hunter McGaw この笑顔、この場の全員が恋しちゃいますね♡ 見られることを意識しないで、どうぞ口をパカッとあけて力いっぱい笑ってみてください。 女の子はみんな絶対可愛いのです! しかし照れ笑いも捨てがたい…♪ 出典:NOUBA/Photography: Beck Rocchi 彼とのキスシーンを写真におさめられるなんて、ウェディングが最初で最後というカップルさん、実は多いのではないでしょうか?? 照れちゃっても顔を隠さないで!! 当日は彼といっぱいハグ&キスしてカワイイ私をシューティングしてもらいましょう♡…続きを読む

特別な1日にはお揃いモノが欲しい♡ 出典:ruffledblog /Photography:  whenhefoundher 海外のウェディングで定番のブライズメイド♡ 友達とコーディネートをばっちり揃えた写真の彼女たちは、とってもキュート♡ 結婚式という最大のハッピーイベント、みんなのテンションを思いっきり上げたい! そんな思いを叶えてくれるアイデアが「お揃い」なんです♡ ブライズメイドコーデは進化中♡ 出典:weddingchicks /Photography:  erichmcveyblog ブライズメイドといえば、全く同じデザイン・色のドレスを着るのが定番ですよね。 最近では「ドレスコード」を決めた上で、ブライズメイドそれぞれの個性に合わせて、デザイン・色を少しずつ違ったドレスを選ぶ方法も、主流になってきています♡ 出典:weddingchicks /Photography:  trentbailey 一人一人が『MY COLOR』を着るアイデアが可愛い♡ 誰がどの色にする?なんて、選ぶ時間も絶対楽しい! 出典:ruffledblog /Photography:  devlinphotos 色のトーンだけじゃなく、柄で揃えるのもおしゃれ! ガーデン挙式なら花柄をドレスコードにしてみて♡会場が一気に華やぎます! アイテムを統一するだけでも、親密度がぐんとUP♡ 出典:twobrightlights /Photography:  davidlempphotography 花嫁のブーケに使われているお花を使って、ミニブーケを用意♡…続きを読む