キーワード:

席札は…レモン?!インパクト大のおもてなし♡ 出典:NOUBA /Photography:Jonathan Ong 夏のウェディングのテーマカラーとして人気なのが、爽やかで明るいレモンイエロー☆ カラーを取り入れるだけでも素敵ですが、実際にレモンをテーマにしたデコレーションをすれば、統一感がパワーアップすること間違いなし! というわけで、レモンが効果的に使われているデコアイディアをご紹介していきます♡ 出典:Wedding Chicks 出典:Polka Dot Bride まずは、披露宴会場の必須アイテム、「席札」です。 レモンに直接ゲストの名前を書いたり、ヘタ部分にカードをつけたり☆ 出典:Wedding Chicks インパクト大のレモン席札、会場もパッと明るくなって素敵ですね! レモンをデザインしたペーパーアイテム☆ 出典:Ruffled/Photography:Jen Wojcik Photography カットしたレモンをイメージしたペーパーアイテムです。 夏にピッタリのイエローと水色の組み合わせがオシャレですね♪ 出典:Ruffled/Photography:Jen…続きを読む

お気に入りのサングラスをかけて、最高の一日を楽しもう♪ 出典:Burnetts Boards/Photo:Hello Miss Lovely 降り注ぐ日差しがまぶしい真夏のウェディング♡ ビーチサイドでの挙式や、アウトドアウェディングなど、屋外で楽しむことも多いですよね! そこで、参考にして欲しいのがサングラスコーディネート。 クールにもポップにも、キュートにもなれて、印象は自由自在♡ お気に入りのサングラスをかけて、素敵写真をたくさん残しましょう♪ ロケーションフォトはサングラスでビシッと決めましょ♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Everly Studios あら不思議♡サングラスをかければ、自然とカッコいいポージングが出来るんですね! 新郎新婦のクールな一面、見せつけちゃいましょう。 出典:Ruffled/Photo:Love me Do ビーチサイドだけではなく、このようにシティでのロケフォトや、草原の中のロケフォトでも決まりますよ☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Miguel Varona 一生残る写真です! 恥ずかしさや照れは捨てて、モデルさんになったつもりで、雑誌のように素敵な写真を撮ってもらいましょう☆…続きを読む

夏のウェディングには、ゲストに喜ばれるうちわ型プログラムを用意して☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Natasja Kremers あっつーい夏のウェディング☆ 参加してもらうゲストたちに、何か仰げるものがあると親切ですよね。 そこで、今回ご紹介するのは 〈うちわ型プログラム(fan program)〉 です! 出典:Ruffled/Photo:Heidi Vail 式次第やプログラムは結婚式に必須のアイテムですが、それをうちわにしてしまおうという斬新なアイディア♪ 見た目も可愛くて、実用的♡ 取り入れない手はないですよね! DIYもしやすいスクエア型は、アイスキャンディーみたいな可愛さ♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:Anna Marks 一番準備しやすい王道の形が四角型のプログラム☆ 見た目もアイスキャンディーみたいで、涼しい感じがしますね♪ テーマカラーに沿ったデザインで統一感を出しましょう。 出典:Ruffled/Photo: Nadia…続きを読む

マリンストライプの招待状で、ゲストの期待度を高めちゃおう☆ 出典:Wedding Chicks ストライプ柄は常に人気ですが、夏のウェディングシーンでは特に大活躍してくれます♪ マリンストライプをテーマにすれば、会場も爽やかでおしゃれに統一することができるので、夏の花嫁さんには有効に活用して頂きたいと思います♡ まずは、ゲストの第一印象を左右する招待状から♪ ぱっと開けた瞬間に、鮮やかなストライプが目に飛び込んでくるので、ゲストの期待も高まります。 出典:Wedding Chicks 山型のシェブロンストライプも人気です♪ 普通のストライプよりも動きが出て、しかも波型にも見えるので、夏らしさがよく出ますよね☆ また、薄い色の組み合わせも涼し気ですね。 ウェディングブーケを、ストライプのリボンでくるり♡ 出典:Ruffled サマーウェディングにおすすめしたいのが、マリンストライプのブーケリボン♪ ワンポイントなので取り入れやすいのに、夏らしさがぐぐっとアップする一工夫です☆ 出典:Ruffled 特に明るいピンクや白などのブーケとは相性抜群なので、リボンには是非こだわってみてくださいね! バージンロードもマリンストライプに変身? 出典:Ruffled なんとバージンロードまで、マリンストライプにしちゃいました☆ 勇気がいる装飾かもしれませんが、ビーチサイドや、ウッドデッキでのカジュアルウェディングには、相性が良いですね♪ 写真映えもするので、海沿いでの堅苦しくない結婚式で、取り入れてみるのも良いかもしれません! 人とは違う個性的な夏挙式をしたい方は必見です☆…続きを読む

ビーチウェディングにピッタリ!海の生物をかたどったアイテム☆ 出典:Wedding Chicks/Photo:Anja Schneemann サマーウェディングの定番は、みんな大好きなビーチサイド♡ せっかく特別な場所で、結婚式を挙げるんだったら、招待状をはじめとしたペーパーアイテムから海気分を出していきましょう! 海の生物をモチーフにしたアイテムだったら、開けた瞬間から夏を感じられますね♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:White Loft Studio 一番取り入れやすいのが貝やヒトデ、イルカなどですが、ロブスターやタツノオトシゴなど、ちょっと目立つモチーフもおすすめですよ♡ ボーダーマリンでさわやかオシャレに♪お好きなカラーで自由自在にアレンジ 出典:Burnett Boards/Photo:Jenna Henderson マリンスタイルのボーダーは、さわやかで扱いやすい柄☆ 色の組み合わせ次第で、元気な印象も可愛い印象も自由自在に演出できます♪ 出典:Polka Dot Bride/Photo:Jenna Henderson 単色使いならシンプルかつオシャレに仕上がります。 邪魔にならないのに存在感もあって、どんなスタイルにも合わせやすいのがボーダーの魅力です♡…続きを読む

淡いブルーとホワイトで柔らかい印象に♪長めのリボンがおしゃれ♡ 出典:Wedding Chicks 日本では、梅雨の代名詞となっているアジサイ☆ ですが、あまりアジサイを使ったフラワーアレンジを見たことはないかもしれません。 実はブルーやピンク、パープルのグラデーションを出せるアジサイは、ウェディングにもおすすめのお花です♡ 様々な色があることから、「移り気」という式にふさわしくない花言葉もありますが、雨に打たれながらも美しく咲き誇ることから、「辛抱強い愛情」や「元気な女性」、さらに小花が集まって咲くことから「家族団欒」という素敵な花言葉もあるんですよ♡ 出典:Burnetts Boards 淡いブルーと、ホワイトのお花をミックスしたブーケはとってもロマンティックです! 淡い色を引き締めるために、長めのリボンを垂らすとよりおしゃれです♪ アジサイのラウンドブーケで、最高キュートな花嫁さんに♡ 出典:Wedding Chicks 濃いめのパープルだと、白いドレスに映えますね。 出典:Burnetts Boards アジサイ、バラ、チューリップを使ったピンクのグラデーションブーケは、可愛さ満点♡ ふわふわでボリュームのあるアジサイは、主役にしても、他のお花とあわせても、素敵なラウンドブーケの出来上がり♡ アジサイの色は、様々なバリエーションがあるので、お好みの色合いを選べるのも魅力です♪ ナチュラルスタイルもお任せ!アジサイの存在感もバッチリ出して♪ 出典:Polka Dot Bride 可愛いだけじゃなく、ちょっとこなれたオシャレブーケにもアジサイは大活躍♪…続きを読む

サンドセレモニーってどんなもの?その意味って? 出典:Wedding Chicks 出典:Wedding Chicks 結婚式での『サンドセレモニー』という演出、知っていますか? 海外では取り入られることも多いのですが、日本ではまだ珍しい演出かもしれません☆ サンドセレモニーとは、新郎新婦を表す別々の砂を一つのボトルなどに入れ、これからは一つの家族として生きていくことを意味する儀式です。 砂は一度混ぜてしまうと、もう二度と分けることは出来ません。 今まで別々の人生を歩いてきた二人が、結婚という絆で家族となることを表す感動的なセレモニーなんです♡ 砂の色やボトルのデザインなどは自由自在!結婚式のイメージに合わせて♪ 出典:Wedding Chicks サンドセレモニーには特に厳格な決まりがあるわけではないので、自分たちならではのアレンジが出来るのが魅力です♪ たとえばシックな結婚式なら、水色や緑のボトルに、新郎新婦の好きな色の砂を入れれば、引き締まった印象のおしゃれなサンドセレモニーにすることもできますよ☆ 出典:Wedding Chicks ピンクやパープルなど、テーマに合わせて用意してみましょう* DIYで砂に色を付けるなら、アクリル絵の具がおすすめです! 入れるのはボトルじゃなくてもOK! ずっと残ることまで考えて♪ 出典:Wedding Chicks 砂を入れるのはボトルじゃなくてもいいんです! サンドセレモニーは、式の後もずっと形として残るものなので、思い出として新居に飾るのも素敵です♪ 出典:Wedding…続きを読む

フレッシュピンクでハッピーオーラ満開♪ 出典:Wedding Chicks 南国リゾートで挙げるウェディングはリラックスムードが漂って憧れますよね♪  暖かな土地で陽気な人も多く、シアワセ気分も高まります。 今回は、夏ウェディング・でもテーマがまだ決まってない!というプレ花嫁さんへおくる、リゾート感たっぷりのウェディングコーデ! 出典:Wedding Chicks キュートなフレッシュピンクをテーマカラーにして、グラデーション豊かにコーデすれば、ハッピーオーラ満開♡ ブーケにあしらったロングリボンが風にゆられてフォトジェニックですよね。 ビジューで覆われたヌーディーなサンダルもリゾートウェディングを盛り上げます♪ 人気のウォーターカラー・デコ 出典:Wedding Chicks 透明感があり、淡い色合いがやさしい雰囲気のウォーターカラーはインビテーションや席次表などのペーパーアイテムに最適です♡ プチプライスで手軽に材料を揃えられるので、お式の前に練習してDIYするのも楽しそう♪ トロピカルなフルーツ&フラワー 出典:Wedding Chicks トロピカルなウェディングにぴったりのテーブルナンバー。 パイナップルに番号札を立てるなんてフルーティな香りが溢れてきそうで素敵なアイディアですよね。 フラワーアレンジメントとの相性も抜群です♪ ナチュラルな素材で自然と調和する♡ 出典:Wedding Chicks…続きを読む

総レースのドレスで特別な日をより一層素敵に♪ 出典:NOUBA/ Photography:Trent & Jessie レースをふんだんに使った華奢なドレスは、花嫁をより一層美しく見せてくれます! レースがふちどってくれるので、デコルテラインがキレイに見えますね♡ 実は、花嫁のドレス姿の最重要ポイントとも言えるのがデコルテ周り。 顔にも近いので、一番ケアしたいところでもあります! 出典:Ruffled/ Photography:Emily katharine そこで、デコルテ周りに特徴のあるドレスを海外おしゃれ花嫁さんのスナップ写真から集めてみました! 体形やなりたいイメージを考えて、自分にもっとも合ったドレスを選びましょう♡ ちょっと大胆に!?深いVネックで胸のラインがキレイに見えます♡ 出典:Wedding Chicks 出典:Wedding Chicks/Photography:Ashley Monogue 深いVネックで、胸のラインがキレイに見えるちょっとセクシーなデザイン☆ ですが、レースのVネックなら、いやらしくなることなく女性らしさが出せます♡ 大人花嫁さんや、ナイトウェディングをされる方ににおすすめのムーディーなドレスですね♪ ワンショルダーのアシンメトリーなドレスを楽しもう♪ 出典:Polka…続きを読む

水辺で幻想的なウェディング 出典:NOUBA/ Photography:Kait Photography 壮大な景色が広がる山々に囲まれた、静かな湖水に佇む「シークレッツ・オン・ザ・レイク」。 宿泊も出来て、アウトドアアクティビティも充実していてハネムーンにもぴったりの施設♩ 今回は、オーストラリアのカップル・デニースとアレックスのウェディングをレポートします。 ひまわりをふんだんに使って、大自然の中で叶えた結婚式、どんな1日になったのでしょうか♡ プロポーズも自然あふれる屋外で 出典:NOUBA/ Photography:Kait Photography ふたりが結婚することになったきっかけは、シドニー旅行。 アレックスが手配したハイヤーからは、なぜかデニースのお気に入りソングばかり流れてきて…♡ 終点の国立公園で、手紙に気持ちを託し、片膝を立ててエンゲージリングを差し出しました♡ 自然が大好きなデニースにとってロケーションもばっちり、答えはもちろん、イエス! シンプルで、気ままで…そんなふたりらしさを大切にしたいね、と、ウェディングも大自然の真ん中で行うことに決めました! スイート&フェミニン♡夢見るボヘミアン・ブライド 出典:NOUBA/ Photography:Kait Photography 繊細なレースがロマンティックな気分を盛り上げるツーピース。 透け感のあるフェミニンなスタイルは今年のトレンドでもありますね♪ 出典:NOUBA/ Photography:Kait…続きを読む