キーワード: 大人ウェディング

夕焼け空とウェディング 出典:NST PICTURES 暑い日々もそろそろ終わりを迎え、涼しい風を楽しめる季節になってきました♡ NYのカップル・RenilkaとRamonは、そんな心地良い風に吹かれながら、ニューヨークで夢のウェディングを叶えました! 大人な新郎新婦や、可愛いよりは “カッコいい” ウェディングを叶えたい方、必見です♡ 海外でも大人気!ルーフトップ・ウェディング♡ 出典:NST PICTURES レニルカとラモンがウェディングの会場としてチョイスしたのは、ニューヨークのクイーンズ地区にある “TERRACE ON THE PARK”。 テーブルの上にはゴージャスなお花とキャンドルがたっぷりと* まさに大人のパーティー空間。優雅な気分を楽しめそう♡ 出典:NST PICTURES 会場は最上階のペントハウスで、テラスに出ると街が一望できます♡ ふたりのウェディングは夕刻から。 素晴らしい夕焼け空をバックに、圧倒される景観♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

出典:NST PICTURES 歴史のある建物には、新しいものには出せないオーラや魅力がありますよね♡ 今回はニュージャージー州の歴史的な高級邸宅の貸し切りで行われた、エレガントなウェディングをレポート♡ 歴史的な高級邸宅「Park Savoy Estate」とは? 出典:NST PICTURES 新婦カイルと新郎アーロンが選んだ会場は、Park Savoy Estate。 ニュージャージー州にある、1870年代に建てられた歴史のある邸宅です。 出典:NST PICTURES ヨーロッパにはより古い邸宅で現存しているものがたくさんありますが、アメリカはヨーロッパと比較するとかなり若い国と言えます。 1800年代に建てられたものというと、歴史的な建物になるのです! 出典:NST PICTURES Park Savoy Estateも、もちろんリフォームを重ねてきて残されてきましたが、柱などは建てられた当時のまま残されているとのこと。 多くの人に愛され、数々のドラマが生まれた場所で結婚式をするなんて、とってもロマンティックです♡ 暖炉の火から温もりを。ほっこりウェディング♡ 出典:NST…続きを読む

空気がひんやりしてくると、ボルドーの深い赤が恋しくなっちゃうのです♡ 出典:Burnetts Boards/Photo: Peaches & Mint 肌寒くて、ストールをかけるとホッとする。いよいよそんな季節になってきました! こんな時期にはなぜか恋しくなっちゃうのが、ワインを思わせるようなボルドーカラー♡ テーマカラーとして全体コーデにしても、1アイテムに絞ってスパイス的に使っても印象的。 是非ご参考下さい! まずはブーケやクラウンに取り入れて♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Julia Winkler ボルドーカラーのお花にはグリーンよりも赤味のあるこんなリーフがマッチします♡ 実ものやツボミなど取り混ぜると益々雰囲気がでます。 出典:Weddingchicks/Photo:Jenna Henderson 出典:Ruffled/Photo:SARA LYNN PHOTOGRAPHIC ボルドーテーマのブーケだったら外せないのが、アマランサスやダリア♡ 大輪のダリア、目を引く長さアマランサス、どちらも存在感があって印象的。 しっとりとしたダークカラーは、和装花嫁さんにおススメです! ボルドー小物をちょこっとプラス♪…続きを読む

ブーケにもしっかり冬仕度を♡ 出典:Ruffled/Photography:debbielourens 早朝や夜など、すっかり空気がひんやりしてきたこの頃。 街はクリスマスを感じさせるアイテムがお目見えしだして、道行く人たちも冬の準備でなんだかそわそわ…忙しくも楽しい季節ですね! ということで、今回は冬ウェディングをイメージ中の花嫁さんに、Winter bouquetのご紹介です。 「冬ってやっぱりお花には厳しい季節。だからブーケが心配。。。」そんな花嫁さん、是非ご参考ください♡ 冬のシーンにぴったりくる静的なものから、逆に見るだけであたたかみを与えてくれるもの、グリーン系や実ものどっさりブーケまで幅広くご紹介します。 深い赤をキーモチーフに  しっとりとした装い 出典:Ruffled/Photography:Emily Millay Photography 寒い冬の空気に 深みのあるレッドは絶妙に寄り添います。 ガーデンローズ、ラナンキュラス、アネモネを小ぶりなサイズで。 風に揺れるワインカラーのロングリボンが更に趣をプラス♡ 静かなグリーンと実もので潔く束ねて 出典:Juno&Joy/Photography: Emily G 賑やかな色や音が息をひそめる冬の景色には、グリーンモチーフのブーケはいかがでしょう。 グリーンながらお花のような華やかさのある多肉植物、コロコロしたブルーベリー、そして枯れ感のあるグリーンで全体をまとめると、冬の息遣いを感じながらもセンスフルに纏まります。 ハーブのブーケはリズミカルな動きでオリジナルな存在感を 出典:Juno&Joy/Photography:Annie…続きを読む

インパクトヘッドドレスがドレス姿を決める☆ 花嫁となる日の装い、どんなスタイルにしようかな♪ 女の子が一番綺麗になる日。誰もがドレス選びに夢中になりますよね。 でも実は、花嫁姿を一瞬で何倍も素敵に見せてしまうマジックアイテムがあるんです。 それが”ヘッドドレス”。 ヘッドドレスとは、頭部につける装飾具全般のこと。 帽子、カチューシャ、クラウン(王冠)、ティアラなどなど、たくさん種類があります。 ベールやお花と組み合わせることも多く、そのバリエーションはアイデア次第で無限♪。 海外花嫁のヘッドドレスはとても自由。そのテクニックとともにご紹介します! 1 大ぶりのオーガンジーフラワーを大胆に 出典:oncewed 1点で女優のようなオーラを約束してくれる、おおぶりなお花のヘッドドレス。 こんなに大きなお花なのに重たく感じないのは、オーガンジーという透け感のある素材を選んでいるから。 ポイントは、大きい物ほど、アシンメトリーにアレンジすること。目の錯覚効果で小顔効果も期待できます。 また、大ぶりヘッドドレスは、ビスチェなどのデコルテが美しくあいているドレスにあわせるのがオススメ。 逆に長袖やハイネックなど、肌の露出の少ないドレスだと窮屈にみえてしまうのでご注意を。 2 ベールをヘッドスカーフのようにアレンジ 出典:oncewed 出典:oncewed 次に海外では時々見かけるけど、日本の花嫁ではほぼ見ない、というのがこのベールテクニック。 このスタイルは、かなりファッションにこだわりがある花嫁さんに多く、オシャレ上級者向けスタイル。 全体に少しヴィンテージトーン感が漂います。 上の写真のようにすべてを束ねるのは、足さばきよく振舞いたいガーデンでの挙式などでおすすめ。 2枚目のように、上のほうでたばねると、ベールの華やかな印象も残せます。 3 キラキラ、ビジューなきらめきを添えて…続きを読む