キーワード:

“可愛い”を卒業したいプレ花嫁さんへ。 出典:NST PICTURES 自分のウェディングドレスを選ぶのにもいろいろと悩んでしまいますが、 ブライズメイドたちにどんなドレスを着てもらうか♡、ということだって、大きな悩みどころ。 今回はモノトーンのコーディネートで、ゴージャスなウェディングを叶えたMoniqueとMickelをご紹介します♡ カラーコーディネートに迷ったら…ブラックはいかが?♡ 出典:NST PICTURES 新婦Moniqueは、ブライドメイドたちにブラックのドレスを用意しました♡ 結婚式に黒なんて、必要以上に地味になったり、暗い印象になるのでは?と不安に思うプレ花嫁さんもいらっしゃるかもしれません。 けれど、工夫して取り入れることで、ウェディングらしい上品さやエレガントな雰囲気を盛り上げてくれる色でもあります♡ 出典:NST PICTURES ブライズメイドとアッシャーたちはブラックコーデ、そして主役のふたりはホワイトコーデなので、とても引き立つ組み合わせ♡ Moniqueのブライズメイドたち、すごく洗練されていてゴージャスなセレブみたいですよね♡ 出典:NST PICTURES 新婦の装いに目を向けても、少しクールでかっこいい女性の印象。 Moniqueのイメージにもマッチした、ブライドメイドたちのドレスコーデ、ステキですね!♡ ゴールドをひとさじプラスして、ウェディングらしさを演出 出典:NST PICTURES 会場のフラワーや小物、インテリアに至るまでホワイトとゴールドで統一しているMonique。 全部ではなくポイントで取り入れると、やりすぎないくらいに高級感が演出できるゴールドは優秀ですね!…続きを読む

出典:NST PICTURES どういうドレスアップをしたいか、どんなスタイルのドレスが自分に似合うのか…? 自分のことは、大体わかってる♡という花嫁さんが多いかと思いますが、一方新郎さんによってはお衣裳に関心がない場合も…! おしゃれ花嫁のみなさんにとっては、当日は新郎さんにも最高に似合うおしゃれな装いでキメてほしいところですよね* 今回は、新郎さんへのアドバイスで参考にしたいNicoleとLeeのウェディングをご紹介します♡ NY州Glen Islandでのウェディング 出典:NST PICTURES NicoleとLeeがウェディングロケーションとして選んだのは、ニューヨーク州郊外にあるグレン・アイランド島♡ 元々はセレブのリゾート地だったというグレン・アイランド。 島から見える海の眺めは抜群で、すごく癒されそうです♡ リゾート地だったというのも納得の景色! お天気にも恵まれて、すごく気持ち良さそうですね♡ 新郎の衣裳といえば?! 出典:NST PICTURES 新婦はほぼ100%ホワイトのドレスで決まりですが、新郎の衣裳のカラーはそれぞれ。 “ブラックやグレーなどのダークカラーが無難” と選ばれる方も多いですが、特にこれからの季節オススメなのがホワイト♡ 爽やかさとフォーマル感を演出できて、おしゃれ度も高いんです♡ 白のフォーマルコーディネートは結婚式以外ではなかなか着る機会がない、というのも選ぶポイントです* 出典:NST PICTURES…続きを読む

願い、想いを叶えるWedding 出典:NST PICTURES 今回ご紹介するのは、あのヤンキースの本拠地、ニューヨーク・ブロンクスで行われたWedding! LizaもMartyも、ふたりとも女性のカップルです。 以前、日本でも女性同士の結婚式が話題になりましたが、世界中で増えつつある同性のウェディング、ちょっと気になるところ! 感謝と愛につつまれたその様子をレポートします♡ Mrs×Mrsコーデ 出典:NST PICTURES 女性同士の結婚式と聞くと、ふたりともウェディングドレスを着るのかな、と思われた方がいらっしゃるかもしれません。 もちろんその選択をするカップルもいますが、LizaとMartyは、それぞれウェディングドレスとパンツスーツをチョイス。 出典:NST PICTURES ドレスではなくスーツという選択、ふたりの個性に合わせたコーディネートが素敵です* ふたりとも全身ホワイトでキメてますね! 出典:NST PICTURES ブライズメイドは、全員お揃いのスカイブルー色のドレスを着用♡ お支度部屋からふたりのお手伝いをします。 出典:NST PICTURES メイクもドレスもばっちり、とっても幸せそうなLiza♡ 照明にこだわって、夢のような世界を 出典:NST…続きを読む

やっぱり気になるNY Wedding 出典:NST PICTURES ピンクやブルーは可愛いけど、自分のキャラクターじゃない…。 そんなクールな花嫁から支持を集めるモノトーンコーディネート。 ブラック&ホワイトというと、究極のシンプル。だからこそオシャレにキメるのは難しいものですよね。 ニューヨークブライド・Marielleのコーディネートから、ヒントを見つけてみましょう♡ 華やかさ&高級感はおまかせ!ブラック&ホワイトの使い方♡ 出典:NST PICTURES 一言でブラックやホワイトといっても、その濃淡のバリエーションは様々。 Marielleはコントラストがはっきりと映る、華やかでリッチな印象にコーディネートしています。 そして、随所に”M&D”ふたりのイニシャルロゴを散りばめました! 出典:NST PICTURES 香水のロゴのような気品のあるデザインですね♡ パーティー会場へ向かう扉やペーパーアイテムに大胆に使うことで、モノトーンをオリジナル感のあるコーディネートに昇華しています。 ドレスコードを指定して、統一感を♡ 出典:NST PICTURES マリエルとデニスは、招待したゲストの方々に「ブラック」のドレスコードをご案内していたようです。 まるでハリウッド映画の中に飛び込んだような完璧な世界が出来上がっていますね。 出典:NST PICTURES…続きを読む

最高にハッピーな一日のテーマカラーはズバリ白!潔さが素敵です♡ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  白を中心にしたウェディングって意外とレアかも? 今回は、共通の友人を通じて知り合い、お互いすぐに夢中になったキャロリンとアンドリューのウェディングをご紹介していきます♡ 白とグリーンだけをテーマカラーにしたウェディングは、潔くて素敵ですね♪ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  会場は緑がまぶしい丘の上の教会☆ そして、この日のためにカスタマイズしたウェディングドレスは、ウエストの部分をちらりと露出させたモダンなデザインです! 花嫁ブーケもブライズメイドブーケも白!リラックスムードが心地よい♡ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  ブーケは白いお花オンリーのアレンジ♡ 無造作に束ねたナチュラルなブーケに仕上がりました。 ひと巻きしてあるリボンも真っ白というこだわりっぷり♡ 出典:NOUBA/Photographer:Willow & Co  グリーンのボリュームも多いので、白一色なのに見ごたえのあるブーケになっていますね! 出典:NOUBA/Photographer:Willow &…続きを読む

青空のもと、大好きな会場で愛を誓います♡ オーストラリアのクイーンズランド州で、ジェシカとデイビッドは素敵な式を挙げました☆ 美術大学で恋に落ち、プロポーズはなんとたくさんのキャンドルで飾られたツリーハウスで。 そんなふたりが選んだのは、余暇地として人気の高いモントビルに新しくオープンしたThe Chapelという会場。 完成する前に見学に来て、ひとめぼれしたの。石レンガやスワロフスキーのクリスタルが散りばめられたステンドグラスが素敵で、こんなところは他に見たことがなかった。この会場でいち早く結婚式を挙げられてとってもラッキーだった☆ と語る新婦ジェシカ。 運命の場所で式を挙げたふたりの一日を詳しくみていきましょう! こだわりの一着!VERA WONGのガウンで存在感を放って VERA WANG(ヴェラウォン)と言えば、世界中の花嫁の憧れのブランドですよね♡ マライア・キャリーやジェニファー・ロペスなど海外セレブが挙式で着たり、ゴシップガールのブレアが選んだのもこちらのブランド。 ジェシカが選んだのはVERA WONGのロングスリーブのガウンドレス。 ヴィンテージ風で、透け感がとてもおしゃれです! 星の刺繍が施されたロングヴェールはドレスと完璧にマッチしていますね! ヴェールも花嫁の印象を決める重要な一要素です♪ ショート、ミディアム、ロングや素材など意外と種類豊富なので、真剣に選びたいですね。 オールホワイトのブーケで、モダンクラシックを追求 ドレスとヴェールが決まったら、次はブーケです☆ ジェシカが選択したのは、いつの時代でも大人気、オールホワイトの純白ブーケ。 モダンクラシックの花嫁の完成です♪ 印象がボケてしまわないように、ある程度のボリュームを出しています。 フラワーガールや、ブライズメイドも同じブーケを持っているので、一体感があって良いですね♪…続きを読む

出典:NST PICTURES 今回ご紹介するのはアメリカ・ボストンのスペシャルユニークなウェディング♡ ボストンといえば、マーク・ザッカーバーグやナタリー・ポートマンが卒業した世界の名門ハーバード大学、世界中の古美術が集まるボストン美術館など、歴史の古い数々の魅力をもつ街。 そんな中でも “ボストン公共図書館” は、150年以上前から存在するアメリカ最古の図書館! なんと、こちらの図書館ではウェディングが可能なんです♡ まるでタイムスリップしたかのようなロケーションで結婚式を挙げた、ケイティーとケントのふたりのユニークなウェディングの様子に迫ります。 まるで映画の中にいるような世界観 出典:NST PICTURES 古く、歴史のある建物の中というだけで完璧な世界観が出来上がっています。 どの場所を背景にしても、映画のワンシーンのように見えます♡ ボストン公共図書館に合わせて、オーソドックスでシンプルな二人の装いが雰囲気にぴったり。 白いブーケもとても上品です。どこから見ても、美しく洗練されていますね♡ こんなお庭でお姫様だっこされてみたい…♡ ウェディングを彩るお花たち 出典:NST PICTURES 図書館の荘厳な雰囲気に華やかさをプラスする色とりどりの花にも注目♪ 会場とふたりの装いがオーソドックスなので、その分カラフルなお花を散らしました。 ブライズメイドのプレーンな装いに映えるよう計算された 深緑のグリーン×鮮やかなお花 のボタニカルなブーケがとっても素敵♡…続きを読む

出典:Ruffled まだまだ寒い日は続きますが、そろそろ春服が気になってくる時期♡ 待ちに待った春を迎える前に、春を代表する《チューリップ》のウェディングアレンジをチェックしておきましょう! キュートな雰囲気づくりはお手の物 出典:NOUBA /Photography:I Love Wednesdays チューリップといえば、透明感があって、可憐で、キュートなイメージ。 パステルカラーだけどその立ち姿はシンプルだから、抜け感のあるラブリーな世界観をつくるのにぴったり。 出典:Ruffled 出典:Weddingchicks /Photography:Nancy Ray ピンクのチューリップの花言葉は “愛の芽生え” ♡ 結婚式にぴったりすぎて、ちょっと驚き! フラワーベースも丸みのあるものが雰囲気に合いますね♡ 出典:Weddingchicks フラワーベースの中にパステルカラーのタブレットを詰めて、とことん可愛いアレンジも素敵! ホワイトは洗練されたオトナ婚にも 出典:Ruffled なんと、白のチューリップを取り入れる海外のオトナ花嫁が続出中。 フォルムのシンプルさ、葉っぱや茎のまっすぐな凛々しさがその理由なんです。…続きを読む

まるで雪の世界* ロマンチックな冬のホワイトウェディング 出典:Burnett’s Boards /Photography:Liane V Bergen Photography ルーシーとテイラーは決めていました。 ゲストが素敵な体験をすることだけに予算を使う! 限られた条件でもアイデア次第で、ゴージャスでとびきり楽しい結婚式にできるはず、と。 選んだ会場はアートギャラリー。日程はニューイヤーズイブ♡ 作品が引き立つ真っ白な空間は、最小限のデコレーションがかえってサマになる。 挙式セレモニーも印象的なオブジェを祭壇にして、個性的でかっこいい! 控えめのテーブルデコが秘密のパーティのよう 出典:Burnett’s Boards /Photography:Liane V Bergen Photography 過剰に飾りすぎないところが親密で幻想的。ゲストの目にもかえって新鮮です。 ピュアな白をに温かみのあるゴールドを加えて、冬らしいメルヘンを演出。 さりげなく“オーガニックで可愛いもの”をコレクション♡ 出典:Burnett’s Boards…続きを読む