キーワード:

冬でも自然を楽しめるウェディング 出典:NST PICTURES 冬になると、寒い、風が冷たい…という理由で、どうしてもウェディングのロケーションは屋内に限られてきてしまいます。 でもでも、冬だけど屋外でウェディングがしたいっ!!というご希望を叶えたカップルが♡ 出典:NST PICTURES ニューヨーク郊外の自然に囲まれた「バターミルク・フォールズ・イン」というスパ施設をロケーションとして選んだ、新婦Abbyと新郎Bryan。 日本で「スパ」というと温泉施設をイメージしますが、アメリカではもっと広い意味で”健康的な生活を送ることができる場所”として、人気があるんです。 出典:NST PICTURES 「バターミルク・フォールズ・イン」は、牧場や散歩ができるコース、プール、レストランや宿泊施設を完備。 自然を感じながらゆっくりと過ごせる施設になっているようです♡ 今回はふたりが叶えた、森の中のテントを利用したセミアウトドアウェディングをレポート。 暖かなライトに包まれて 出典:NST PICTURES 屋外に張られたテントの中に、挙式スペースを準備! テントといっても、かなりしっかりとした造りのもので、広さもあるので安心して大人数で楽しむことができますね♡ 出典:NST PICTURES 日没の時刻が早まる冬、薄暗くなってきたら、パーティーを行うテントまでの道に明かりを。 松明のような感じの、オシャレなライトです♡ テント内も、キャンドルライトでしっかりと明かりを灯して。 無数のキャンドルがゲストをパーティー会場まで誘います♡…続きを読む

秋のほっこりウェディング 出典:NST PICTURES そろそろ冬の訪れが感じられる季節♪ 冬の景色は美しくて素敵ですが、寒さを理由にアウトドアの楽しみ方が限られてしまうのが残念ですよね。 今回は、秋から冬に変わっていくちょうど今の季節、自然の中でロマンチックなウェディングを叶えた新郎新婦をご紹介します♡ 森の中で行うロマンティックな式 出典:NST PICTURES 建物の中でなく、あえて外で式を挙げることにしたHilaryとDaniel。 ちょっと肌寒い時期なので、新婦Hilaryはファー素材の上着をオン♡ 出典:NST PICTURES ショート丈のドレスとマッチしたオシャレな上着なので、式で着ていても全く違和感ないですね♡ 出典:NST PICTURES 会場は、木々に囲まれた中にある芝生スペースの上に、ホワイトをベースにセッティング♡ ホワイトにペイントされた木のドアがすごくかわいいですね♡ これなら自分たちでDIYで1から作れてしまうかも!? ドリンクレセプションも屋外で♡ 出典:NST PICTURES 秋のはじめの日中だったら、寒すぎることもなく、秋の空気の匂いや景色を気持ちよく楽しめそうですね♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

出典:NST PICTURES 秋が深まってきましたね♡ ウェディングでも季節らしさを表現したいところ。 そして、肌寒い時期のウェディングなら、防寒対策もしっかりと! 今回は、JenniferとKaustubhのウェディングムービーから、秋冬ウェディングの参考になるアイデアをご紹介します♡ ブライズメイドのみんなにも気遣いを 出典:NST PICTURES 秋冬のウェディングとなると、ドレスだけではどうしても少し寒くなってしまいますよね。 建物の中では暖房が効いていますが、お庭などで撮影する時などにはやはり羽織るものが必要。 もちろん、ドレスやヘアアレンジに合ったものを選びたいですよね♡ 出典:NST PICTURES Jenniferとブライズメイドたちは、ふわふわのファーボレロをチョイス。 丈が長めのものだとドレスとのバランスを取るのが難しくなりがちですが、ミニ丈だとドレスとのバランスもばっちり♡ ファー素材なので防寒もしっかりできます。 ブライズメイドのみんなに、ドレスだけでなく羽織りものも用意しておいたJenniferは”デキる花嫁”ですね♡ ワインレッドのお花であたたかなムードに♡ 出典:NST PICTURES 大きなブーケを手にバージンロードを進む新婦Jennifer♡ レッド〜ワインレッド系のフラワーをメインにチョイスしてアレンジメント♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 今回ご紹介するのは、オーストラリアでアートイベントが行われる場所として人気の会場、「PSAS」でのウェディング。 1907年に建てられた、レンガと鉄がレトロで大人な雰囲気を醸し出す会場です。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 工業エリアにある会場は、木の梁が見える大きな天井や、ペンキが半分剥がれかけたレンガの壁、磨き上げられたコンクリートの床がアーバンな雰囲気。 パーティーで出会ったBecとMattは、その瞬間を再現するかのようなリラックスしたウエディングを希望していました。 そこで、立食のカクテルパーティースタイルのウエディングを計画。 誰もが笑顔になれちゃう楽しい一日をチェックしていきましょう♡ アーバン×ナチュラルのベストマッチ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera BecはデコルテのVラインとオフショルダーが印象的で、ヘルシーな色っぽさを持つドレスをチョイス♡ 胸元にアクセサリーはつけず、デコルテの美しさを引き立たせています。 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera 手に持つのは、たっぷりのグリーンが目をひくブーケ。 中央にはフワフワした真っ白なピオニーがアレンジされ、色合いはシンプル&ナチュラルながら、ボリューム感のあるブーケになっています。 ふたりのウェディングのテーマである「ナチュラル&オーガニック」と、硬質な印象の会場とは真逆のように思えますが、実はお互いを引き立たせるベストマッチ♡ 仲間たちと賑やかに♡ 出典:NOUBA/Photo:Liz Jorquera ブライズメイドとアッシャーと一緒に、会場の壁をバックに賑やかに☆ 会場から一歩外に踏み出すだけでも、全然雰囲気が違うので、時間が許す限り思い出の写真を撮るといいですね☆…続きを読む

紅葉の季節♡カラフルなリーフに囲まれて 出典:NST PICTURES まもなくやってくる紅葉シーズン♡ 今回は、赤や黄色に色づいた美しい木々に囲まれた中で、ロマンティックなウェディングを叶えたAmandaとJosephをご紹介します♡ 思わず息を飲んでしまうほどキレイ! NYの教会、Monastery Church of the Sacred Heart 出典:NST PICTURES ふたりが結婚式を行ったのは、ニューヨークにある歴史ある教会「Monastery Church of the Sacred Heart」。 キリスト教のローマ・カトリック教会のもので、カラフルでゴージャスな内装が特徴です。 西洋美術や教会建築などに興味がある方にとっては、特に面白いのでは?♡ 出典:NST PICTURES 家族やブライズメイド、アッシャーをはじめ、ゲスト全員が待つ静粛な雰囲気。…続きを読む

秋のお花・ダリア 出典:Wedding Chicks/Photo: LAURA GOLDENBERGER PHOTOGRAPHY 「エレガントと品位」、「華麗」、「優雅」など、その見た目にふさわしい花言葉を持つダリア♪ 暑さが苦手で、秋になると大きなお花を咲かせます。 ダリアの特徴は、色の種類がとっても豊富なこと♡ 存在感があり華やかですが、他のお花との相性もよい使い勝手の良いお花です☆ 一輪でも存在感のあるダリア 出典:Wedding Chicks/Photo:LAURA GOLDENBERGER PHOTOGRAPHY たくさんの花びらがふわっと開くダリアは、一輪挿しでも存在感抜群です! 更に背の高い花瓶に入れれば、これだけでテーブルがパッと華やかになりますね♪ 淡いピンクのダリアは癖がなく、使いやすい色味です☆ 出典:Ruffled/Photo:CANDICE ADELLE PHOTOGRAPHY 小さめのダリアで可愛らしくまとめた装花。 丸っこいボールのような咲き方をしているピンクのダリアもキュートですね☆ ダリアはゴージャスなだけではなく、可愛い雰囲気も作れちゃうんです♪ 出典:Burnetts…続きを読む

バーガンディーを差し色にした冬らしいブーケ☆ 出典:Wedding Chicks 「バーガンディー」色とは、ワインレッドの深みをさらに増したような色☆ 大人っぽくて上品な色なので、結婚式のシーンにもとてもよく合うカラーです。 特に晩秋から冬にかけての時期にピッタリ! 今回はそんなバーガンディーカラーのアイテムをご紹介していきます。 出典:Wedding Chicks/Photo:Rossella Putino Photographys 白や淡いピンクのお花の中に、バーガンディーカラーのお花をアレンジするだけで、ぐっとブーケが引き締まり、ドラマティックな印象になります☆ バーガンディーの比率を変えることで、ブーケの持つ雰囲気も変わってくるので、どのくらいの大人っぽさにしたいのか配分を考えてみるといいですね♪ 出典:Ruffled/Photo:KATE ANN PHOTOGRAPHY こちらは、大人可愛いニュアンスカラーのローズに、色の深いプロテアや実などをアレンジしたブーケ♡ 長く垂れ下がる実が印象的で、秋から冬の花嫁さんにピッタリのブーケです♪ バーガンディーが主役のドラマティックなブーケ♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Bit of Ivory Photography 出典:Polka…続きを読む

ネイビー×ピンクはシックで上品な最高の組み合わせ☆ 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM 結婚式が決まったら、まず最初に決めるべきは”テーマカラー”。 テーブルクロスやお花など、色の組み合わせがすっきりしていると、それだけでおしゃれな印象に♡ 簡単なようで悩んでしまうテーマカラー、どんな方にもおすすめな組み合わせがあります! それは”ネイビー×ピンク”♡ ネイビーは上品でクラシックなイメージ、そこにピンクを加えることで華やかさがプラスされます* 今日ご紹介するのはニュージャージー州のおしゃれ花嫁・ベッカのコーディネート。 テイラーもファンのKedsをブライダルシューズに選んだ彼女のコーデ、早速チェックしていきましょう! 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM ネイビー×白だとマリンな印象があり、夏のイメージが強いですが、そこにゴールドを投入すると途端にシックになります。 こんな素敵な招待状をもらったら、ウェディングへの期待が高まりますね♪ 切手はピンクのお花がデザインされているものを。こだわりが感じられますね! 出典:Ruffled/Photo:DANFREDO PHOTOS + FILM 結婚式がちょうどハロウィンの時期だったため、さりげなくパンプキンで季節感を出しています☆ このカボチャのプチギフト、中に小さなお菓子が詰まっているので、ゲストも喜んでくれそうです!…続きを読む

ニュアンスカラーのロマンティックなブーケ♪ 出典:Burnetts Boards/Photo:Anastasiya Belik Photography 出典:Ruffled ニュアンスカラーとは、原色などの鮮やかな色とは異なり、はっきり何色!と言えないような淡いふんわりとした色のことを指します。 洋服のトレンドにもなっていますね☆ そのような淡い色のお花を組み合わせて作るブーケは、微妙なグラデーションがとってもオシャレ♡ スモーキーなピンクやベージュなどがトレンド感を演出してくれます。 秋感全開☆ニュアンスカラー×木の実のブーケ 出典:Wedding Chicks/Photo:Kari Crowe Photography 出典:Burnett Boards/Photo:Kari Crowe Photography ニュアンスカラーのローズと、赤やオレンジの木の実を組み合わせて、秋ムード全開の素敵なブーケの出来上がり♡ 秋の花嫁にぴったりのアレンジですね! 大人っぽい色彩ですが、ラウンドブーケだと少し可愛らしさもプラスされます☆ 無造作に束ねられたブーケなら、よりモードでかっこいい花嫁さんになりますね。 紅葉を思わせるアンティークカラーも人気☆ 出典:Burnett…続きを読む

白いカボチャでさりげなくハロウィンを意識☆ 出典:Wedding Chicks/Photo:NOI TRAN PHOTOGRAPHY ハロウィンと言えば、カボチャのジャック・ランタンを思い浮かべる方も多いですよね♡ 秋、特に10月ウェディングなら、ちらっとでもハロウィン要素を取り入れると季節感が出ます☆ ただ、全体の雰囲気を壊したくないという場合におすすめなのが、白いカボチャを使ったデコレーション♪ テーブルに置いて、席札やテーブルナンバーの代わりにしても可愛いですし、ウェルカムスペースに飾るのもオシャレです。 カボチャの丸っぽい形が愛らしく、色も白なので周りとよく馴染むので、取り入れやすいアイテムです! でかカボチャでゲストの視線をくぎ付け!とっても秋らしいデコレーション♡ 出典:Wedding Chicks ウェルカムボードの代わりとして、BIGなカボチャを重ねてみてはいかがでしょう? パッと目を引くこと間違いなしです! 文字の部分も流行りの多肉植物を使って、とってもオシャレなサインの完成です♪ 丸みのあるフォルムが可愛いですね♡ 出典:Ruffled/Photo:With Love & Embers イニシャルサインはスタイリッシュなブラック☆ その周りに形も大きさも色も異なるカボチャを並べることで、色とりどりのゴージャスなディスプレイになります♪ 写真の背景としても大活躍してくれます。 トリック・オア・トリート!スイーツでハロウィン感を演出♡…続きを読む