キーワード: 花冠

ハワイらしい新郎新婦コーデがしたい♡ 出典:Polka Dot Bride ハワイと言えば、首からかけるお花飾り「レイ」が人気♡ 白いお花を使ったレイは、ウエディングドレスやタキシードともよく馴染みつつ、リゾート気分も盛り上げてくれる万能アイテムです♪ 出典:Burnetts Boards Photo:Amber Johnson Photography せっかくのリゾートなら、カラフルに!と思うなら、鮮やかなピンクのお花をタップリ使うと、ぐっと華やかな雰囲気に♪ 花冠、レイ、ブーケ、装花を全部お揃いにすると、統一感もバッチリでフォトジェニックです。 出典:NOUBA Photo:Gabriella Katalin あくまで大人っぽいコーディネートを目指すなら、グリーンを主にすると素敵です♡ 白いウエディングドレスや、ダークなタキシードにもぐっと映える鮮やかな緑。 ハワイでは、花婿はマイレの葉っぱを使った「マイレレイ」を逆Uの字に肩からかけるのが伝統です。 トロピカルなお花たち! 出典:NOUBA せっかくならリゾート気分高まる、トロピカルなお花を取り入れたいですよね♪ ブーゲンビリアは、鮮やかなピンク色で、花嫁に大人気のお花です! ブーケなどの他、ウエディングケーキの装花に取り入れても華やかです♪ 出典:Burnetts…続きを読む

キュート&セクシーなオフショルドレスに恋しちゃう♡ 出典:Wedding Chicks/Photo: DANIELLE BACON ウェディングドレスの肝とも言えるデコルテ周りのデザイン。 オフショルダーは、肩やデコルテ周りを華奢に見せてくれると人気の高いデザインです♡ クラシカルなイメージの強いオフショルドレスですが、ルーズな袖にすることで、可愛いだけなく、セクシーな要素もプラスされます♪ 出典:Wedding Chicks/Photo: DANIELLE BACON ピンク、白、グリーンがテーマカラーのロマンティックなウェディングには、オフショルドレスがよく似合います♡ 花冠やラウンドブーケとの相性もバッチリですね! お茶目なポーズで楽しもう♪ 出典:Wedding Chicks/Photo: DANIELLE BACON 淡いピンクのドレスをまとったブライズメイドたちと一緒にパチリ☆ 後ろ向きで肩を寄せ合う中、新婦だけが後ろを振り返り、いたずらっぽい表情を浮かべています♪ オフショルドレスは、バックショットもちょっとセクシーで素敵ですね♡ 出典:Wedding Chicks/Photo: DANIELLE…続きを読む

ジューンブライドさんにもぴったりです♡ 出典:NOUBA/Photo:Petar Jurica 日本では梅雨のイメージが強いあじさい。 小花が寄せ集まって咲く姿や、カラーバリエーションの豊富さから、ウェディングシーンでも活躍してくれるんですよ♪ 1〉 挙式会場の装飾として☆ 出典:Burnetts Boards/Photo:Asia Pimentel Photography ボリュームがあって存在感があるので、挙式会場の入り口を彩るにもピッタリです! あじさいの青色と、白いお花の組み合わせが爽やかで、ビーチウェディングに最適です☆ 出典:Ruffled/Photo:MUIR ADAMS PHOTOGRAPHY 白いアジサイと淡いピンクのお花でアレンジされた、ボリュームたっぷりのウェディングアーチ♪ 上からはシャンデリアも垂れ下がり、とてもフォトジェニックなアーチになっていますね。 2〉 ゲストテーブルのセンターピースとして 出典:Polka Dot Bride/Photo:The Tsudons あじさいオンリーのセンターピースで全体の統一感を出しています。…続きを読む

いてくれるだけで会場を笑顔にしてくれる存在♡ 出典:Burnettsboards/Photo: Natasja Kremers 今回は、小さなお客様コーディネートのご紹介です☆ お子さんゲストの予定がない方も、思わず笑顔になっちゃうエンジェルたちの写真の数々をお楽しみいただけたら…♡ 以前はウェディングに招待されるとなると、いわゆるフォーマルドレスのチョイスが無難でしたよね。 でも最近はプレーンなワンピに小物をプラスしたり、鮮やかカラーで遊んでみたりと、大人顔負けのおチビさんファッション♪ なにより、大人と違って、何をどう着ても可愛くおさまります! しばし目の保養をお楽しみください♡ *1 フラワーガールの大役をお願いするなら 出典:Ruffled/Photo:LEO CABAL 花嫁お出ましの前に、バージンロードにお花を散らしながら歩くのが、古来からのフラワーガールのお仕事。 お花でその場を清めるという大切な意味合いがあります。 軽やかなオレンジ色のプリーツワンピにサンダル・花冠と、軽めアイテムのあわせ技。 キッズにやさしい着心地も叶えながら、上手にパーティー用に仕上がってます! 出典:Polkadotbride/Photo:Fete NY,Jonas Peterson こちらは大人っぽいパターンワンピをお揃いで♡ 手をつないで入場してくれるだけで、周りは自然とほっこりムード。 ウェディングの後も日常使いできるお洋服が、キッズママにはありがたい♪ 出典:Ruffled/Photo:BRETT AND…続きを読む

毛先まで気を抜かない!きっちり編みのサイドヘア 出典:Ruffled/Photography:DANFREDO PHOTOS + FILMS 髪を片側に寄せて下ろしたサイドダウンヘアは、人気のブライダルヘアスタイル♡ 肩周りや首筋が見えるので、女性らしさもアピールできます♪ 出典:Ruffled/Photography:DANFREDO PHOTOS + FILMS 毛先まできちんとまとめたスタイルはきちんと感も出るので、どんなシーンにも合いますよ☆ リーフにダークなバラをアレンジした冠をつけて大人っぽくまとめています。 Polka Dot Bride/Photography:Studio Sixty Photography 髪をサイドできゅっと細めに編み込んだヘアスタイルです☆ ニュアンスカラーの大きめ花冠が引き立っていますね♪ 出典:Wedding Chicks/Photography:Jennifer Blair Photography フィッシュボーンできっちりまとめた清楚なヘアスタイル♡…続きを読む

指先だけじゃなくて ”手首” にも華をお願いします♡ 出典:Nouba/Photographer:Justin Hill いまや花嫁さんにネイルは当たり前。マリッジリングも指先に輝いて、手の美しさはパーフェクト♡ でももっと華やかにするなら、”手首周り”はいかがでしょう?? 日本でも時々見かけるようになった”リストブーケ”は 当然目を引く可愛さを演出してくれますし、日常使いもできるバングルやブレスレットも、意外や意外、ウェディングドレスにマッチするんです♡ * 生花を使ったリストブーケは注目の可愛さ♡ 出典:Polka Dot Bride/Photographer:Jill Thomas リストブーケ(Wrist Bouquet)は、文字通り手首につける小さなブーケ♡ 本来のブーケは持つと手の自由を奪われますが、その意味では両手を使えて且つ常に手元を華やかさをキープできる、お役立ちアイテムなのです。 * 個性的なリストブーケは圧倒的存在感 出典:Weddingchicks/Photographer:Meg Ruth Photo 手首からにょきっと生えたような立体的なリストブーケ…。 生命力あふれる元気な雰囲気、リズムもあります!…続きを読む

ゆるふわヘアは花嫁を 極上CUTEに導いてくれます♡ 出典:Ruffled/Photographer:Lindsey Orton Photography ウェディングのきちっとしたフォーマル感も素敵ですが、女子力をぐっとあげてくれるダウンヘアやゆるふわなヘアスタイルも捨てがたい…!! そんなプレ花嫁さんにお届けしたい今回のゆるふわヘアスタイル特集♪ ヘアスタイルがゆるふわだと、ウェディング自体にも緊張や気負いが抜けてリラックスできちゃうかも。 * ゆるまとめスタイル with ヘッドピース 出典:burnettsboards/Photographer:Ekaterina Golovacheva 出典:Wedding Chicks/Photographer:allyburnette 低めシニヨンに大き目のヘッドピースでアクセントを♡ 顔の横にお花を持ってくると華やかさもアップです♪ おくれ毛もウェーブをあててやわらかな印象を。 出典:Ruffled/Photographer:LOFT PHOTOGRAPHY 遠目に一見カスミソウにも見えるちっちゃなクリアヘッドピースが可憐なこちら。 ざっくりまとめたまとめ髪やおくれ毛が、肩のラインやデコルテをより艶っぽく見せています♡ 出典:Ruffled/Photographer:JOJO PHOTOGRAPHY…続きを読む

いよいよ暖かくなってきて春爛漫* 出典:NOUBA/ Photography:Jonathan Ong 道端のあちこちにもお花や可愛いグリーンが芽吹いてきて、自然と気分UPしちゃう最近ではないでしょうか?? 春夏は特にお花やグリーンを使ったウェディングアイテムがおススメです。 なんといっても草花の勢いが違いますから!! ということで、今回はフラワークラウン特集です♪ ”今が旬なの!” とばかりのリアルなお花たちと一緒に、ウェディングと春をエンジョイしましょう♥ まずはお花いっぱいの ボリュームコースから♡ 出典:Wedding chicks/ Photographer:Kelly Ewell Photography お花をみっちりとしきつめて作ったクラウンは存在感大! マーガレット×カスミソウという親しみのある花材のお陰でボリューミーなのになんだかほっこり♡ 出典:Wedding chicks/ Photographer:Taryn Christine Photography 一方、お花同士をちょっと離すと、個のお花が際立って映えます。 リズムもだせてまた違う趣です。…続きを読む

ふたりのやりたいことを叶えよう 出典:Ruffled /Photography:Lara Hotz 私たちはオーストラリアの大自然を愛してるの!壮大でナチュラルな美しさが広がるこの景色からウェディングのインスピレーションを得たわ♪ そう語るのはボヘミアンなムードのアンティークレース調ドレスを着こなす新婦のクレア。 弓矢に双眼鏡をフォトアイテムに用意! 一風、風変わりな出で立ちですが、コンセプトを思い切り表現していてキマってます♡ 出典:Ruffled /Photography:Lara Hotz それと最高にリラックスしたフェスティバルな感じをミックスしたの。60’sのエッセンスも少し加えて。私たちふたりとも映画監督のウェス・アンダーソンが好きなの♡ だからちょっと変わった感じにしたいと思って、『ムーンライズ・キングダム』と『ピクニックatハンギング・ロック』が出会ったって感じかな! シンメトリーな画面構成が話題となった1965年をテーマにした『ムーンライズ・キングダム』は知る人ぞ知るおしゃれ映画。 監督のウェス・アンダーソンは、2014年に大変話題となった『グランド・ブタペスト・ホテル』も手がけている粋な人物ですよね! 出典:Ruffled /Photography:Lara Hotz そんなコンセプトのもと、楽しい1日となったふたりのウェディングを覗いてみましょう! こだわりの装花&スタイリング 出典:Ruffled /Photography:Lara Hotz フローリストによる想像力豊かなスタイリングは、花嫁のブーケや花婿のブートニアはもちろん、会場のいたるところにバランス良く配置されています。 花嫁とブライズメイドの髪からお花がぽっと咲いたようなスタイリングは誰もが認める可愛さです♡ 出典:Ruffled…続きを読む

テーマをはっきり決めないのが自分たちらしさ☆ 出典:NOUBA/ Photography:Studio Something 世界旅行中、イタリアのチンクエテッレの絶景を見ながら、カーラにプロポーズしたアレックス☆ 故郷オーストラリアに戻ってきて、結婚式を挙げることになりました。 テーマにはこだわらず、ただ温かくてファジーな結婚式を挙げたいと思っていたふたり。 ファジーとは、直訳すると “あいまいな” “ぼやけた” という意味。 つまりファジーなウェディングとは、堅苦しくなく、カジュアルな雰囲気の結婚式のことを言います☆ そんなふたりの1日をご紹介していきましょう♩ 会場そのものの美しさを活かして 出典:NOUBA/ Photography:Studio Something 豪華さや派手さは求めず、家族や本当に親しい友人たちだけ招待したふたり。 リラックスした雰囲気の中であたたかな式を挙げたいという希望から、選んだのは温室♡ 素朴でロマンティックな温室の中にある、花のアーチの下で愛を誓いました。 出典:NOUBA/ Photography:Studio Something 式のための装飾はほぼせず、会場の美しさをそのまま活かしました。 開放感があって素敵な空間ですね♪…続きを読む