キーワード: 花嫁

背中を反らせてしなやかに 出典:Burnetts Boards Photo:1783photography 美しく見せるには、猫背は絶対にNG! どちらかというと、背中を反らせると腰からスカートのラインにキレイにつながります♡ 少し辛い体勢かもしれませんが、頑張ってポージングしてみてください! 出典:Ruffled Photo:Jessica cooper photography 新郎に腰を抱きしめられているときには、そこを支点にして背中を反らせるとやりやすいですね♪ 背中にまで意識を配ると、それだけで美しい立ち姿になるのでおススメです☆ ブーケを持つときは、ひし形を意識 出典:Ruffled Photo:CHRISTA TAYLOR PHOTOGRAPHY ウエディングのときは、ブーケを前で持つ姿でいることが多いですよね。 ただ、だらんと持つのではなく、腕のラインがひし形になるように少し脇から浮かせるのがポイント♡ 出典:Ruffled ひし形にすると二の腕が華奢に見え、ウエストと手の間に隙間が出るので、くびれ効果も♡ ブーケを持つときは、これを基本姿勢にしておくといいですよ♪ 見返り美人は腰をひねって…続きを読む

ドレスに合わせておしゃれ花嫁に* 出典:Ruffled/Photo:TREE OF LIFE FILMS & PHOTOGRAPHY 指輪交換など、手先が注目されるシーンが多い結婚式♡ グローブも、ドレスと同じくらいこだわりたいところ♪ カジュアルな結婚式でも、グローブをするだけで少しカチッと感が出るので、印象にメリハリをつけるためにもおススメのアイテムです♡ 透け感レースのグローブで清楚な花嫁さん☆ 出典:Wedding Chicks 透け感のあるレースのグローブは、ふわふわ清楚なウエディングドレスにピッタリ☆ 軽やかなショートグローブなので、着脱もしやすく気軽に取り入れられます♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:LUCIA FATIMA つけていることを忘れてしまいそうな、透け感レースのグローブ♡ 出典:Wedding Chicks/Photo:LUCIA FATIMA 乙女度が一気にアップする魔法のアイテムです。 コットンレースのグローブは ナチュラルなアウトドアウェディングにもお似合い♡…続きを読む

真っ赤なアマランサスが印象的なブーケ 出典:Ruffled/Photo:SHANE AND LAUREN PHOTOGRAPHY 小花が穂状に垂れ下がる「アマランサス」は、オシャレなウェディング装花には必須のアイテム♡ このアマランサスを片側からだけたくさん垂らせば、あっという間に左右非対称の独特なブーケの出来上がり♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:KENDRA SUE PHOTOGRAPHY アマランサスやグリーンが無造作にとび出ているデザインブーケ。 向かって左側は淡いピンクや白の花材、右側は真っ赤な花材を多めにし、あえて左右でアンバランスにしています☆ グリーン×ホワイトのナチュラルブーケは形を工夫して 出典:NOUBA/Photo:@sally_eagle_bridal グリーンとホワイトでまとめたナチュラルブーケは人気があり、特に珍しくはありませんよね。 そこで、よくある丸い形ではなく、アシンメトリーな形にすれば、オリジナリティ溢れるブーケになるんです♡ 出典:Ruffled/Photo:ALICIA WILEY PHOTOGRAPHY シダ植物が印象的なこちらのブーケは、平行四辺形風にまとめられたユニークなデザイン☆ 出典:Ruffled/Photo:PASHA BELMAN グリーンを長めに垂らすことで、三角形のようなフォルムになっています。 ぴょこんととび出た実がキュート♡…続きを読む

ツーピースドレスはこなれたオシャレ感が素敵♡ 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin ツーピースドレスとは、トップスとスカートが分かれているドレスのこと。 昨年ごろから、海外花嫁を中心に支持を集めているデザインです。 お腹がちらりと見えるので、着崩した自然体の雰囲気がありつつ、フェミニンなエレガントさも香るのでとてもオシャレなんです♡ ウェディングドレスはワンピースが大半なので、ほかの人とは少し違う花嫁になりたい方におススメ♪ お色直しや二次会で着ても良いですね! 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin シドニー郊外で式を挙げたオシャレ花嫁Elsaも、レースが美しいツーピースドレスをチョイス。 ラフでアットホームな結婚式というコンセプトに、惚れ惚れするほどぴったりですね♡ 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin ロケーションフォトではライダースを羽織って、遊び心をプラス☆ ロケーションフォトの時には、ライダースを羽織って変化をつけています♡ 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin お色直しまでいかなくても、ジャケットを一枚プラスするだけで大分イメージが変わりますね♪ カッコいいライダースと、ヴァレンティノのロックスタッズのパンプスがよく似合っています♡ 前が短くて後ろが長いテールスカートなので、シューズがしっかり見えるようにしてあるのが流石ですね。 前撮りや後撮りで参考にしたいコーディネートと雰囲気です♡ ビーチサイドレストランでのアットホームなパーティー 出典:NOUBA/Photo:Matt Godkin…続きを読む

花嫁らしい清楚なリストレットブーケ 出典:Polka Dot Bride/Photo:Caroline Tran,Mastin Studio 真っ白のお花のリストレットブーケで、手元まで気を抜かない完璧花嫁さん♡ 大ぶりのお花を縦長にアレンジすることで、手首が華奢に見えるという嬉しい効果もあります☆ 出典:NOUBA/Photo:Justin Hill カジュアルなアーバンウェディングでは、ブーケを持たずに、このリストレットブーケだけという選択肢もGOOD☆ シンプルで大人花嫁さんにもおすすめ。 会場装花やドレスと合わせた淡いイエローのお花がさりげなくてオシャレです。 丸い実が可愛いリストレットブーケ 出典:Polka Dot Bride ニュアンスカラーのバラをアレンジしたボリュームのあるリストレットブーケは、存在感抜群☆ 丸い実が女の子らしくて可愛いですね♪ 出典:Wedding Chicks/Photo: LAURA MOLL PHOTOGRAPHY…続きを読む

出典:NOUBA /Photo:Willow & Co. 最小限のものしか持たない『ミニマリスト』が近年話題になっています。 その流れによって、海外花嫁さんの中には、スッキリとクールに、かつおしゃれでミニマルなコーディネートを楽しむ人も増えています♡ 式本番では、ちょっと寂しいかもと思うかもしれませんが、前撮りや後撮りでミニマリストブライドに変身してみてはいかがでしょうか? ハネムーン先でのセルフ後撮りでも使えるコーディネート、ぜひ参考にしてみて♡ キャミタイプのロングドレスをさらっと着こなす 出典:NOUBA /Photo:Brooke Adams Photography ロングドレスでも、胸周りのサイズをしっかり合わせなくてはいけないビスチェタイプと異なり、キャミタイプならさらっとカジュアルに着こなすことが出来るのでお勧めです☆ 装飾のないドレスは、ラインがキレイなものを選ぶのがポイント♪ 出典:Ruffled /Photo:JULIA ELIZABETH PHOTOGRAPHY ウエスト部分でブラウジングさせると、高い位置でウエストがマークされるのでスタイルアップ効果抜群☆ 余計な小物などを使わない代わりに、こんなテクニックでオシャレ度を上げていきましょう♪ 出典:Wedding Chicks 深いスリットの入ったロングワンピは、遊び心を出したい花嫁さんにピッタリ♡ 当日着るのには勇気が入りそうなデザインは、前撮りや後撮りでチャレンジしてみましょう♡…続きを読む

シンプルなバードケージベールは素材感で勝負♪ 出典:NOUBA/Photo:The Simple Things Studio バードケージとは英語で 「鳥かご」 という意味です。 鳥かごのように顔周りだけをふわっと覆うデザインで、ショートベールの中でも一番短いベールです♪ 長いベールと比べて、ややカジュアルな印象になりますが、顔が隠れるか隠れないかというデザインは、個性的でおしゃれと海外花嫁さんの間では大人気♡ シンプルなバードケージベールは、素材感で雰囲気が変わります☆ ざっくりとした編み目だと、大人カジュアルなイメージになりますね♪ 出典:Burnetts boards/Photo:Jamie and Jesse Loren 逆にきめの細かい繊細ベールだと、ぐんとクラシカル&エレガントな雰囲気に☆ 刺繍やビジュー付きのバードケージベールもおすすめ♡ 出典:NOUBA/Photo:Earthbound Images 小さな刺繍が散りばめられたバードケージベールは、髪にアクセサリーがついているみたいでオシャレです☆ シンプルなヘアスタイルとの相性が良さそうです! 出典:Ruffled/Photo:SLOAN PHOTOGRAPHERS…続きを読む

前はシンプル、バックスタイルは華やか♡の大人花嫁に 出典:Ruffled/Photo:Erich McVey 後ろ側に垂らすバックカチューシャは、大人可愛いとじわじわ人気上昇中のアイテム♡ その中でも人気なのが、何と言ってもリーフモチーフです! 細身のリーフモチーフは、繊細で可憐なのにどこか大人っぽいという万能デザインなんですね♪ 後ろの編み込みの上に垂らすのがポイントです。 出典:Ruffled/Photo:JOJO PHOTOGRAPHY AND FILM こちらはゆるいシニヨンスタイルに、スワロフスキーの付いたリーフモチーフのヘッドアクセサリーをオン☆ 前から見たらシンプルなヘアなのに、振り返ると手の込んだスタイルになっていて、そのギャップがとてもオシャレです♪ 出典:Polka Dot Bride 低めの位置でまとめたお団子と、サイドからバックにかけて流れる葉っぱのモチーフが大人っぽさを醸し出していますね☆ ごちゃごちゃせずに、すっきりまとめたスタイルは、とても上品に仕上がっています♡ リーフモチーフのカチューシャで妖精のような花嫁に♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:CHYMO & MORE Photography カチューシャは、女の子をガーリーに見せてくれる人気のヘアアクセ♪…続きを読む

今ここにいる自分は、家族の愛と支えがあったから…❤ 出典:Weddingchicks/Photo:Erich McVey 欧米では家族との愛情表現がとってもオープンで、見ていて気持ちが良くなるほど♡ 家やオフィスに家族の写真を飾ったり、普段の日常からなにげなくハグやキスをして愛情を伝えあいます。 そんな海外カップルたち、ウェディングでもファミリーフォトを飾ったり、当日にメモラブルな1枚を残そうと家族でたくさん写真をとります。 ということで、今回は素敵な”FAMILY PHOTO”の撮り方、飾り方をご紹介しちゃいます!! *シューティング#1 両親のウェディングと同じ場所で❤ 出典:Burnetts Boards/Photo:Byron Loves Fawn 出典:Polka dot bride/Photo:Davina + Daniel Photography ”パパとママが愛を誓った同じ場所で、同じアングルでファミリーフォトを残したい”というカップルも♡ 2代続いて…なんて、素敵ですね。 *シューティング#2 両親への感謝の瞬間…❤ 出典:Polka dot…続きを読む

イメージ通りの花嫁姿になりたい! 出典:Ruffled 結婚式前の花嫁さんは考えることが盛りだくさん! ヘアスタイルにこだわる花嫁さんは多いですが、意外と後回しになりそうなのがベールのこと。 古代から「花嫁を邪悪な力から守る」とされていて、意味合い的にも欠かせないアイテムですが、そのベールをつける位置で、花嫁のイメージは全く変わってくるんです! 今回はベールのつける位置でのイメージの違いをご紹介していきますので、しっかりイメトレして、ベストのポジションにつけてもらうようにしましょう♡ 王道は「ゴールデンポイント」!正面から見えない絶妙なところにベールをオン♡ 出典:Ruffled まずは、王道からおさえていきましょう☆ ベールを頭のトップからやや後ろにつけるのが、一番スタンダードなつけ方です! 横から見ると、後頭部のラインにかけてキレイな流れが出来ます。 出典:Ruffled 正面から見てもギリギリでベールが出ない絶妙なポイント。 誰にでも似合う黄金バランスでエレガントな雰囲気なので、ゴールデンポイントとも呼ばれています♡ トップにつけるベール♡ボリューム感が出て華やかです 出典:Ruffled /Photo:Sara Lynn Photographic ゴールデンポイントから少しフロントに寄せてつけるベール☆ 前からもふわっとしたベールが見えるので、ボリュームが出て、華やかな雰囲気を出すことができます。 出典:NOUBA /Photo:Lauren Campbell 頭のてっぺんから、ベールが優しく花嫁さんを包み込んでくれているようですね☆…続きを読む