キーワード:

ニューヨークのランドマーク・自由の女神を背景に 出典:NST PICTURES 世界中の人から愛されている自由の女神のそばでウェディングができたら… とってもロマンティックで最高ですよね♡ 自由の女神はアメリカの象徴的な建物で、全人類の自由、弾圧や抑圧からの解放を示すモニュメント。 勇気と愛を持った女性の像が持つパワーは、ウェディングにも幸せをもたらしてくれそうです♡ 今回は、そんな自由の女神が望めるロケーションでウェディングを叶えたNikkiとSteveの1日をご紹介します♡ NY唯一のロケーション?!The Liberty Warehouseでのウェディング 出典:NST PICTURES 今やNY観光では外せない超人気のエリア・ブルックリンと、ニュージャージー州のジャージー・シティの間にあるリバティ・アイランドにたたずむ自由の女神。 自由の女神自体が見える場所はたくさんあるのですが、自由の女神が正面を向いているのが見れるのは、 なんとニューヨークの中で、Liberty Warehouseだけとのこと! なんとも贅沢なロケーションです♡ ウェディングでの「誓いの言葉」自分なりにアレンジを加えて 出典:NST PICTURES 欧米のウェディングは日本で言う人前式に近いスタイルで、 挙式中に新郎新婦が「Vow」という誓いの言葉をお互いに伝えるのが一般的。 NikkiとSteveは、自分たちの気持ちを加えてアレンジしてみました♡ まずは新婦Nikkiから、Steveへこんな誓いを。…続きを読む

冬でも自然を楽しめるウェディング 出典:NST PICTURES 冬になると、寒い、風が冷たい…という理由で、どうしてもウェディングのロケーションは屋内に限られてきてしまいます。 でもでも、冬だけど屋外でウェディングがしたいっ!!というご希望を叶えたカップルが♡ 出典:NST PICTURES ニューヨーク郊外の自然に囲まれた「バターミルク・フォールズ・イン」というスパ施設をロケーションとして選んだ、新婦Abbyと新郎Bryan。 日本で「スパ」というと温泉施設をイメージしますが、アメリカではもっと広い意味で”健康的な生活を送ることができる場所”として、人気があるんです。 出典:NST PICTURES 「バターミルク・フォールズ・イン」は、牧場や散歩ができるコース、プール、レストランや宿泊施設を完備。 自然を感じながらゆっくりと過ごせる施設になっているようです♡ 今回はふたりが叶えた、森の中のテントを利用したセミアウトドアウェディングをレポート。 暖かなライトに包まれて 出典:NST PICTURES 屋外に張られたテントの中に、挙式スペースを準備! テントといっても、かなりしっかりとした造りのもので、広さもあるので安心して大人数で楽しむことができますね♡ 出典:NST PICTURES 日没の時刻が早まる冬、薄暗くなってきたら、パーティーを行うテントまでの道に明かりを。 松明のような感じの、オシャレなライトです♡ テント内も、キャンドルライトでしっかりと明かりを灯して。 無数のキャンドルがゲストをパーティー会場まで誘います♡…続きを読む

出典:NST PICTURES 秋が深まってきましたね♡ ウェディングでも季節らしさを表現したいところ。 そして、肌寒い時期のウェディングなら、防寒対策もしっかりと! 今回は、JenniferとKaustubhのウェディングムービーから、秋冬ウェディングの参考になるアイデアをご紹介します♡ ブライズメイドのみんなにも気遣いを 出典:NST PICTURES 秋冬のウェディングとなると、ドレスだけではどうしても少し寒くなってしまいますよね。 建物の中では暖房が効いていますが、お庭などで撮影する時などにはやはり羽織るものが必要。 もちろん、ドレスやヘアアレンジに合ったものを選びたいですよね♡ 出典:NST PICTURES Jenniferとブライズメイドたちは、ふわふわのファーボレロをチョイス。 丈が長めのものだとドレスとのバランスを取るのが難しくなりがちですが、ミニ丈だとドレスとのバランスもばっちり♡ ファー素材なので防寒もしっかりできます。 ブライズメイドのみんなに、ドレスだけでなく羽織りものも用意しておいたJenniferは”デキる花嫁”ですね♡ ワインレッドのお花であたたかなムードに♡ 出典:NST PICTURES 大きなブーケを手にバージンロードを進む新婦Jennifer♡ レッド〜ワインレッド系のフラワーをメインにチョイスしてアレンジメント♡ 出典:NST PICTURES…続きを読む

ハートモチーフに囲まれた幸せウェディング 出典:NOUBA/Photo:Kate Pardey エクレクティックとは、「あれこれ取捨していい所を取っている」という意味☆ オーストラリアのカップル、AnnaとAaronのウェディングは、とにかく自由で何でもあり♡ 好きな人たちとモノに囲まれて、笑顔あふれる素敵な一日になりました♪ 数日前から家族と一緒に泊まり込んで、会場を飾りつけ☆ 手作り感あふれる色とりどりのフラッグが可愛いですね♪ 赤いハートのキャンディもフォトジェニックです♡ 出典:NOUBA/Photo:Kate Pardey 大好きなブライズメイド、アッシャーとお揃いのハートのサングラスをかけて☆ お茶目でとっても楽しそう♪ カラーを一色にするのではなく、パステルカラーでゆるっとコーディネートすることでカジュアルな雰囲気に。 色はバラバラでも、スカートの丈やウエストのしぼりを同じにしているので、シルエットには統一感がありますね。 男性陣がブートニアの代わりにハートのワッペンをお揃いでつけているのもキュート♡ アットホームなリラックスムードの挙式 出典:NOUBA/Photo:Kate Pardey 新婦Annaは白×赤でコーディネート。 ふわっと広がったミディ丈スカートのウェデイングドレスと、赤い花冠、ブーケ、ブライダルシューズが、ガーリーかつヴィンテージ風でとても素敵です♡ 出典:NOUBA/Photo:Kate Pardey ゲストに見守られ、大木の前で誓いの言葉を交わしました☆ 背後のドリームキャッチャー風のリース&リボンが場を更に引き立てています。…続きを読む

Redを1さじ、お試しあれ♡ 出典Weddingchicks/Photographer: CLAIRE MARIKA PHOTOGRAPHY ”RED”の持つ変幻自在なパフォーマンスを今回はご紹介♡ 見せ方使い方次第で、POPにも、ラグジュアリーにも、ヴィンテージ風にだって使えちゃうんです♪ ウェディングテーマに合わせて、是非お好きな赤を楽しく遊んでみてください♡ ▶ セクシーな大人系RED♡ 出典:Ruffled/ 赤といえば、セクシーを表すアイコンカラー♡ 赤のレーシーなトップスに彼もメロメロです。 フランクなガーデンウェディングや、アフターパーティーなら、こんな個性の光るセパレートドレスにトライしても♡ ▶ エキゾチックで賑やかRED♡ 出典:Burnettsboards/ こちらメキシカンテイストが目にも楽しいREDな小物たち。 柄系RED小物はちょっとした場のインパクトにもってこい☆ 空間をちょっと遊ばせたい時に取り入れてほしいイチオシのテイストなのです。 ▶ 重みのあるヴィンテージRED♡ 出典:Weddingchicks/Photographer:BRAEDON PHOTOGRAPHY 少しくすんだ赤ならこんな空間に♡ ビンテージREDには、ゴールドが好相性。中世のお城のダイニングテーブルにお呼ばれした気分です♪ 出典Weddingchicks/Photographer: CLAIRE…続きを読む

赤を効かせて*クリスマス花嫁コーディネート 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY クリスマス真っ只中、いよいよホリデーシーズンですね♡ 色んな場所がイルミネーションやクリスマスモチーフでデコレーションされて、お出かけするのも楽しい時期。 結婚式を挙げるなら、是非クリスマステーマを取り入れていきたいところ☆ 街の飾りつけに負けないように、これでもか!というくらい、前面にテーマを押し出していくくらいがちょうどいいですよ♪ 来年のクリスマスに近い日取りでウェディングを計画しているプレ花嫁さんは、今から少しずつ準備していきましょう♡ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY 花嫁ルックも、雪を思わせるような透き通った白いドレス&肌と、真っ赤な口紅でコントラストを効かせると一気に冬っぽくなりますね☆ また外に出る場面では、無理をして青ざめてしまうのは勿体ないので、ケープやストール、カーディガンなども活用しましょう。 もちろん、真っ赤な色をセレクトすれば、クリスマスのテーマカラーにもピッタリですね☆ ペーパーアイテムや小物にもクリスマス感を☆ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA PHOTOGRAPHY ウェディングの雰囲気づくりは、招待状から始まっています! 受け取ったゲストの気分もクリスマスに向けて盛り上がるようなペーパーアイテムデザインにしたいところです☆ ヒイラギのモチーフをあえて赤一色でデザインすることで、大人っぽい招待状に仕上がっています♪ 出典:Ruffled/Photo:SARA D’AMBRA…続きを読む

冬と言えば雪!可愛い結晶にきゅん 出典:Polka Dot Bride/Photo:Emma Sandstorm 冬は一般的に結婚式のオフシーズンと言われますが、冬ならではの良さもたくさん! 冬らしさ全開の可愛いモチーフを使って、最高のウェディングにしちゃいましょう♡ 雪の結晶はどんなシーンにも使える万能アイテムです♪ ヘッドアクセサリーにシルバーの雪の結晶を使うのも素敵ですね! また外での撮影があるときは、寒さを我慢せず、逆にファーのケープやニットの手袋などを付けて防寒&見た目の可愛さを狙いましょう☆ 出典:Ruffled テーブルコーデの飾りつけにも、雪の結晶オブジェが大活躍! 白やシルバーを基調にしたデコレーションで、銀世界を連想させるような素敵な飾りつけにしましょう♪ 出典:Wedding Chicks/Photo:JULIE WILLIAMS 一面の雪を思わせる白一色のウェディングケーキ♡ ケーキトッパーは、雪だるまのカップルと雪の結晶で! みんながほっこりしちゃうキュートなケーキです♪ キャンドルで心の中をぽかぽかに♡ 出典:Polka Dot Bride/Photo:Aubrey Strawberry Photography…続きを読む

バーガンディーを差し色にした冬らしいブーケ☆ 出典:Wedding Chicks 「バーガンディー」色とは、ワインレッドの深みをさらに増したような色☆ 大人っぽくて上品な色なので、結婚式のシーンにもとてもよく合うカラーです。 特に晩秋から冬にかけての時期にピッタリ! 今回はそんなバーガンディーカラーのアイテムをご紹介していきます。 出典:Wedding Chicks/Photo:Rossella Putino Photographys 白や淡いピンクのお花の中に、バーガンディーカラーのお花をアレンジするだけで、ぐっとブーケが引き締まり、ドラマティックな印象になります☆ バーガンディーの比率を変えることで、ブーケの持つ雰囲気も変わってくるので、どのくらいの大人っぽさにしたいのか配分を考えてみるといいですね♪ 出典:Ruffled/Photo:KATE ANN PHOTOGRAPHY こちらは、大人可愛いニュアンスカラーのローズに、色の深いプロテアや実などをアレンジしたブーケ♡ 長く垂れ下がる実が印象的で、秋から冬の花嫁さんにピッタリのブーケです♪ バーガンディーが主役のドラマティックなブーケ♡ 出典:Burnetts Boards/Photo:Bit of Ivory Photography 出典:Polka…続きを読む

秋花嫁さんにひっぱりだこのダリア 出典:Ruffled/Photo:ALEXANDRA WALLACE ダリアは初夏から秋にシーズンを迎えるお花♡ 種類は実に多様で、お花の大きさや花びらの形、そして色などバラエティ豊かです。 赤、オレンジ、黄色、白、ピンク、紫などがあるので、自分の好きな色でアレンジできるのも魅力です♪ 実は、ダリアの歴史を見てみると、中世のフランス革命時期に大流行していた記述があるんです! そのことから、「不安定」「裏切り」などのネガティブな花言葉もあるのですが、「華麗」「感謝」「豊かな愛情」など結婚式にピッタリのものがあるので、あまり気にしなくても良いでしょう☆ 白いダリアは柔らかい雰囲気のブーケにぴったり 出典:NOUBA/Photo:Mitch Pohl 出典:Ruffled/Photo:Emily Wren 白のダリアは、柔らかく女性らしい雰囲気を出すのが得意♡ 同じく真っ白の花材と合わせるのもキレイですし、薄めの色のお花と一緒にアレンジしても可愛らしくなります♪ ダリアの花びらのふわふわ感や、まあるい形を思い切り活かしたアレンジがおススメですよ☆ 明るい花嫁さんにはクリーム色~黄色のダリア♡ 出典:Ruffled/Photo:ALYSSA MARIE ダリアのカラーバリエを活かせば、グラデーションのアレンジも思うままに出来ちゃいます♡ クリーム色や、淡い黄色、淡いオレンジなどを組み合わせて、ふんわりと、でもとても明るい色調のダリアブーケが完成♪ さりげなく多肉植物もアレンジすると、今っぽくて素敵ですよ。 出典:Ruffled/Photo:Tuan H. Bui…続きを読む

テーマはずばり…レトロ!最高にご機嫌なウェディング♡ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova 1950年代のヴィンテージカー、電球のサイン、レトロミュージック・・・ と聞いてワクワクしちゃうおしゃれなプレ花嫁さんに、超おすすめなのが《古き良きレトロウェディング》です。 今回ご紹介する新婦カテリーナと新郎アレクセイが選んだウェディングテーマは、レトロ×ガーリーの無敵コーディネート♩ 全て赤と白のテーマカラーに統一された、こだわりのコーディネートは必見です! 目指すはオードリー・ヘップバーン♡レトロな花嫁スタイル 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova 新婦カテリーナの憧れのイメージは、誰もが知る大女優オードリー・ヘップバーンのヴィンテージスタイル。 なんとウェディングドレスのイメージを自らスケッチしたそうです! その甲斐あって、ガーリーな膝下丈の純白ドレスは、レトロのテーマに完璧にマッチしています♪ 細目のサッシュリボンも可愛いですね。 足元が見える丈なので、ウェディングシューズも選び抜いたものを。 大きなハートのモチーフがついたヴィヴィアンウェストウッドのパンプスがキュートです☆ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina Kholodova もちろんブライズメイドもレッド&ホワイトでドレスアップ。レトロな映画のワンシーンのようですね! 主役気分を満喫!おっきなアルファベットサインがレトロおしゃれ♡ 出典:Wedding Chicks/Photography:Polina…続きを読む