キーワード: ロケーション撮影

心地よさ×スタイリッシュの絶妙バランス♡ 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan シドニーの花嫁、Kristelleが選んだのは、流れるラインが美しいロングスリーブのドレス。 花嫁コーデのテーマは「洗練されたボヘミアンスタイル」 まさにそのテーマどおり、フリンジデザインやボリュームたっぷりのイヤリングを身につけて。 ボヘミアンな雰囲気が漂いつつも、全体的にとてもエレガントにまとまっていますね。 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan 腰のあたりまで深く開いたバックスタイルで、全方位抜かりない女性らしさが印象的なドレスに、 ブーケはグリーン一色で少し尖った雰囲気に。 さまざまな形の葉っぱをミックスしているので、寂しくならず、逆に存在感を放っています。 ゆるいポニーテールでカジュアルさもプラスして、ハンサムな花嫁に仕上がってますね♡ 挙式&パーティー会場の統一感☆ 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan KristelleとMylesが結婚式を準備するにあたって、最初に選んだのがパーティー会場! ユニークなパーティーにしたかったというふたりは、むき出しのレンガが印象的なヨーロッパ風のレストランに一目ぼれしたそう。 内階段があり、二層に分かれている内装は珍しいですよね。 会場が決まったら、あとは全部そこからイメージが膨らんだようです♡ 上から垂らしたライトやフライングリースがおしゃれですよね…♡ 出典:NOUBA/Photo:Damien Milan 結婚式場もパーティー会場に合う雰囲気の教会をチョイス!…続きを読む

出典:NST PICTURES ニューヨーカーにとって憩いの場であるセントラルパーク。 長さ4kmにも及ぶ超巨大な公園では、ランニングに励んだり、芝生の上でヨガをする人も。 マンハッタンの中心なのに自然に囲まれているので、忙しさをちょっぴり忘れて、ほっこりできそうなロケーションなんです。 ニューヨークを観光するなら、一度は足を運ぶべき人気スポット♡ 映画やドラマのロケ地としても本当に多く使われているので、名前を聞いたことがある方も多いのではないかと思います! 今回は、そんな多くの人に愛されてきたセントラルパークで、都会にいながらリラックスしたウェディングを叶えたエラームとディワスをご紹介します♡ 高層ビルと自然が混ざりあう、ここにしかない景色 出典:NST PICTURES 映画『ティファニーに朝食を』『魔法にかけられて』『セックスアンドザシティ』など多くの舞台となり、昔も今もフォトジェニックな景色を見せてくれるセントラルパーク。 大きな公園なので、その敷地の中には、様々なモニュメントや橋、池、美術館(!)などがあります。 その中で、ふたりが式のロケーションとして選んだのは「Ladies Pavilion」。 出典:Centralpark.com 池のそばにひっそりとたたずんでいて、おとぎ話の世界から飛び出してきたかのような可愛らしい場所ですね♡ 出典:NST PICTURES こちらのメリーゴーランドも、セントラルパークのランドマーク的存在♡ ちょっとレトロで懐かしい感じのするメリーゴーランドですね! 『本物の愛とはね…♡』牧師さんが語る、愛についてのレクチャー! 出典:NST PICTURES 式の中で、エラームとディワスの牧師さんは、ふたりに向けて本物の愛とは何かについて熱く語ってくれました♡…続きを読む

出典:NST PICTURES ウェディングが決まって、どんな雰囲気の、どんなテーマの結婚式にしよう…♡と考えはじめたプレ花嫁さん♡ お部屋や式場の雰囲気にも合わせたいし、じぶんの好きなテイストも入れたいし。。。と、考えれば考えるほど、決められなくなってしまう方も! そんな時のおすすめは、ネイビー! 今回は、ネイビーをテーマカラーにして爽やかマリンなウェディングを実現した、カイリーとタイラーのウェディングをご紹介します♡ 優秀カラー・Navyで統一感! 出典:NST PICTURES オールシーズン使えて、比較的コーディネートしやすいカラーであるネイビー。 おしゃれ花嫁のカイリーは、ブライドメイドたちに、ネイビーのドレスを用意♡ 出典:NST PICTURES アクセサリーやシューズはシルバーで統一しています♡ アッシャーのスーツもブルーがかった薄いグレーのもの。 こんな衣装をもらったら、ウェディングのあともお出かけで着れそう♡うれしいプレゼントですね* 出典:NST PICTURES ピンクやオレンジのお花が映えます♡ イエローの小さなバラでつくられたブートニアも可愛いですね* 海辺やプール付き邸宅でウェディング予定で、マリンな演出をしたいプレ花嫁さんはもちろんですが、ゲストとしてお呼ばれしたときにも頭の片隅に置いておきたいカラーです! ネイビーのテーブルコーディネート 出典:NST PICTURES ネイビーをバランスよく取り入れて、夏らしくマリンなテーブルを演出しました。…続きを読む

一生に一度のウェディングフォト♡心に残る1枚を♪ 出典:NOUBA/Photography: Jonathan Ong プレ花嫁のTO DOリストはいっぱい! 「写真ぐらいはカメラマンさんにすべてお任せしたい!」 「でもでもウェディングフォトはしっかり素敵に残したい~~~△□*#!!!」 そんな狂おしい気持ち、おそらくすべての皆さんがお持ちかと…☆ ご存知の通り、写真はちょっとした工夫で驚くほど素敵になります。 今回ご紹介のTIPSを頭の片隅に置いて、当日、奇跡の出会いのような写真をぜひゲットしてください♡♡ その1*少し離れて見つめあう♡ 出典:NOUBA/Photography: Jason Vandermeer 出典:NOUBA 出典:NOUBA/Photography: Alex Kwong ちょっと離れてふたりが見つめあうシーンって、こう見るとなんともフォトジェニック♡ 実は欧米ではよく使われるフォトスタイルなんです! ウェディングという、ふたりの新たな出発やこれからの未来を感じさせる、そんな一枚になるかも。 背景は少し意外な場所でも面白いですよ♪ その2*キスの3秒前でゆっくり見つめあう♡ 出典:NOUBA/Photography:LJM Photography 出典:NOUBA/Photography:Alex…続きを読む

婚約記念♥にシューティング! 出典:Wedding Chicks Photography: Rachel Solomon Photography 海外ではエンゲージメント(=婚約)は結婚と同じくらい重要なイベント。 その証拠に、オリジナリティ溢れる、アイデア満載のエンゲージメントシュート(=撮影)を行うカップルがとても多いんです。 今回はその撮影アイデアをご紹介します♪ 二人の思い出の場所やお気に入りのデートスポットで 出典:Once Wed Photography: Eric Kelley 結婚前、つまり、まだ恋人同士のふたりの様子を残す特別な機会。 ウェディングのデコレーションやペーパーアイテムにも写真を入れたいのに、 ふたりの写真があまりないなぁ・・・というカップルにオススメです☆ 人気スポットは公園! 多くのカップルに選ばれる人気スポットは自然公園。 休日にふたりがよく過ごす思い出の場所として選ばれてるみたい。 出典:Wedding Chicks Photography: Rachel…続きを読む