キーワード: モノトーン

長年にわたるパートナーシップをお祝い♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger オーストラリアの同性カップルKevinとChristian。 本当は正式な結婚を望んでいる2人でしたが、同性婚が認められていなかったため、2017年11月に15周年の記念パーティーを行いました (この直後12月に、オーストラリアでも同性婚がついに認められました!)。 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger それぞれ、ブルー&グレーのトーンと、紫&ベージュのトーンでまとめたスーツで爽やか&オシャレに決めています♪ 中の柄シャツとシューズでリンクコーデし、ワイルドフラワーでまとめた印象的なお揃いのブーケを持って一体感も出ていますね♡ お互いへの気持ちを手紙にしたためて♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 単なる食事だけではなく、セレモニーとして、お互いへの気持ちを手紙にして読みあいました♡ まるで美しい庭園のような装花とロウソクの光に囲まれ、気持ちが盛り上がる舞台セッティングもバッチリ♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 15年分の想いのこもった手紙の内容を聞いて、思わず涙してしまう一幕も♡ 節目節目に、こうして普段なかなか言えないお互いへの気持ちを伝えあえたら、本当に素敵ですね♪ クールなペーパーアイテム 出典:NOUBA/Photo:Shoshana Kruger 活版印刷風デザインのペーパーアイテムは、とてもスタイリッシュでクール☆ 男性カップルならではのダークなトーンがとても素敵です♡ 出典:NOUBA/Photo:Shoshana…続きを読む

出典:NST PICTURES 身につけるものはブラックじゃないと落ち着かない!という方もいらっしゃると思います♡ でもウェディングでは、ブラックは何となく避けた方がいいような気がしますよね…? そんなブラックファンの方々必見なのが、今回ご紹介するハリーとジェイソンのウェディングです♡ クールかつお祝い事らしいゴージャスさをしっかりと出している、おしゃれブライド・ハリーからインスピレーションをもらいましょ♡ 大切なのは華やかさ!パーティーらしくゴージャスに♡ 出典:NST PICTURES ハリーは、ブライズメイドたちにブラックのドレスを用意。 ブラックはコーディネートがしやすく、モードな印象も与えます。 年齢を気にせず身につけられるのも良いですね◎ 出典:NST PICTURES 結婚式にブラックを取り入れると、暗い印象になってしまうかな?と心配になってしまう方もいらっしゃるかと思います。 でも大丈夫♡ ハリーのブライズメイドたちのように、キラキラ輝く素材にしたり、アクセサリーをインパクトが強くキラキラなものにしたりと工夫することで、お祝い事らしいゴージャスなドレスアップができます! ウェディングの小物でブラックを選ぶ時も、そんな基準で取り入れてみるといいかもしれません♡ 自分らしさは変えずに、ブライドらしく♡ロックな花嫁の出来上がり! 出典:NST PICTURES 新婦ハリーは、ロックでクールな雰囲気を持っています。 自分らしいドレスアップがしたいけれど、一生に一度だけのウェディングドレスを着るチャンス。 せっかくなので、花嫁らしいフェミニンなムードにしたいですよね♡ 彼女は、その両方のバランスを取ったドレスアップをしています!…続きを読む

やっぱり気になるNY Wedding 出典:NST PICTURES ピンクやブルーは可愛いけど、自分のキャラクターじゃない…。 そんなクールな花嫁から支持を集めるモノトーンコーディネート。 ブラック&ホワイトというと、究極のシンプル。だからこそオシャレにキメるのは難しいものですよね。 ニューヨークブライド・Marielleのコーディネートから、ヒントを見つけてみましょう♡ 華やかさ&高級感はおまかせ!ブラック&ホワイトの使い方♡ 出典:NST PICTURES 一言でブラックやホワイトといっても、その濃淡のバリエーションは様々。 Marielleはコントラストがはっきりと映る、華やかでリッチな印象にコーディネートしています。 そして、随所に”M&D”ふたりのイニシャルロゴを散りばめました! 出典:NST PICTURES 香水のロゴのような気品のあるデザインですね♡ パーティー会場へ向かう扉やペーパーアイテムに大胆に使うことで、モノトーンをオリジナル感のあるコーディネートに昇華しています。 ドレスコードを指定して、統一感を♡ 出典:NST PICTURES マリエルとデニスは、招待したゲストの方々に「ブラック」のドレスコードをご案内していたようです。 まるでハリウッド映画の中に飛び込んだような完璧な世界が出来上がっていますね。 出典:NST PICTURES…続きを読む

モノトーンコーデの結婚式がおしゃれ♡ 出典:Wedding Chicks /Photography:Jamie Lauren Photography ブラックをコーディネートに取り入れることって、結婚式ではよろしくないのかしら? とお思いのプレ花嫁さん♡ いえいえ、黒を使ったウェディングはもはや新定番とも言えます! お色直しのドレスにブラックのチョイスだってあり!ですし、なんと海外では、黒いウェディングケーキが流行中…?! 普段のファッションで実感するように、とってもシックでモダンな空気を演出してくれるモノトーン。 この色合いをベースにすることで、大人らしい、且つおしゃれな結婚式を演出することができちゃいます♡ キラッキラのゴールドの力を借りて、より華やかに 出典:Wedding Chicks /Photography:Jamie Lauren Photography ホワイトのドット柄が可愛いテーブルクロスはポップな印象を受けますが、カトラリーやお皿、ナプキン、キャンドルはすべてをゴールドに統一します。 シルバーではなくゴールドを選ぶことで、モノトーンを基調としていても、断然華やかに見えますね♡ 欧米で大注目のブラックケーキ?! 出典:Wedding Chicks /Photography:Jamie Lauren Photography…続きを読む

ウェディングのテーマには、大好きな色やモチーフを選びたい! 最高に幸せでスペシャルな一日にしたい結婚式、じぶんらしさが伝わるコーディネートをしたいし、ウェディングらしい華やかさも欲しい♡ 今回は、大好きなファンタジー『Wizard Of Oz – オズの魔法使い』をテーマに選んだ、あるカップルのウェディングをご紹介します! 出典:ruffledblog /Photography:sarahkathleen オズの魔法使いといえばダークな雰囲気の物語を想像するけど、私たちの結婚式はウェディングらしい明るいイメージにしたかったの。だから、エメラルド・黒・白をテーマカラーに選んで、カラフルなお花と小物を散りばめてみたわ。 そんな新婦が選んだウェディングドレスのカラーは… 出典:ruffledblog 胸元のスタッズが今どき&腰のサテンリボンが華やかな『ブラック』! リップと赤いヒールがキュートなアクセントになっています。 セレクトするのに少し勇気が必要なカラーですが、日本でもお色直しドレスとしてブラックを選ぶ花嫁も!♡ アクセサリーなどで軽やかさ・華やかさを出せば、重厚感なしにおしゃれな花嫁の出来上がり♡ ウェルカムドリンク・スイーツもテーマカラーを基調に 出典:ruffledblog フラワーは白、グリーンをたっぷり使ってカジュアル感をプラス。 出典:ruffledblog 新郎・新婦の席にはふんわり可愛いオーガンジーのチェアデコレーションを忘れずに…♡ ふたりらしさが伝わるウェディングテーマを選びましょ♡ 出典:ruffledblog 「可愛らしく」「大人っぽく」「とにかくカジュアルに!」などなど、カップルの数だけ存在するウェディングテーマ。 ふたりらしさがあふれるテーマを選んで、楽しく印象深いスペシャルな一日にしましょ♡続きを読む