キーワード: ニューヨーク

NYの夜景をバックに大人ウェディング 出典:NST PICTURES 都会の夜景はキラキラと輝いていて、どれだけ見ていても飽きませんよね♡ 今回は、ニューヨークの夜景を背景にロマンティックなウェディングを実現させたトカイアとガブリエルをご紹介します♡ NYの夜景を撮影!ベストスポットはどこ? 出典:NST PICTURES 昼間も十分魅力的なニューヨークの景色ですが、夜景だとロマンチック度がぐんと上がります! ウェディングドレスを着て、そんなニューヨークの夜景を背景に撮影できたら…もう最高ですよね♡ トカイアとガブリエルは、そんな世界中の花嫁たちの夢を実現させました♡ ふたりがウェディングの舞台に選んだのは、実はニューヨークではなく、ニュージャージー州のジャージーシティ。 ニュージャージー州のジャージーシティは、川を挟んでマンハッタンの向かい側に位置しています。 つまり、ジャージーシティのリバーサイドであれば、ニューヨークの高層ビルを背景にいい感じの写真が撮れちゃうのです♡ 出典:NST PICTURES 素晴らしいアイデアで、素敵なロケーションをゲストと楽しんだふたり。 最高の思い出になること間違いなしですね♡ ティンバーンスターを天井にかざって 出典:NST PICTURES 会場のデコレーションには、日本でも人気のある大きめのティンバーンスターを。 海外のクリスマスマーケットでは、スターの飾りそのものがライトになっているアイテムも売っていたりします。 IKEAや雑貨屋さんでも揃えている可能性があるので、探してみると良いかもしれませんね! 出典:NST…続きを読む

NY高層ビルを背景に、アーバンウェディング 出典:NST PICTURES 映画や海外ドラマでよく見るニューヨーク、憧れますよね♡ 自然いっぱいのセントラルパーク、最先端のおしゃれでヒップなエリア、高層ビルに囲まれたハイクラスなエリアがあったりと、色々な顔を持った街。 エステールとロバートは、そんなニューヨークの中心の高層ビルで夢のウェディングを実現させました♡ 大切な日には、自分のルーツを表現する衣裳で 出典:NST PICTURES イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの主に4つの地域で構成されているイギリス。 今は1つの国ですが、それぞれの地域はかつて独立国だった時代があり、異なる文化を持っています。 新郎ロバートは、その中でもスコットランドに自身のゆかりがあるよう。 出典:NST PICTURES ウェディングの衣裳にスコットランドの民族衣装をチョイスしました♡ 男性用のスコットランドの民族衣装は、ボトムがスカートになっています。 ロバートの着ているスコットランドの民族衣装、どこかで見たことがある!という方もいらっしゃるかもしれません♡ 民族衣装を着る機会はそう多くありませんし、節目の日には自分のルーツをかえりみるということは素敵ですね♡ 出典:NST PICTURES スコットランドなどの地域の伝統的な楽器である、バグパイプで生演奏も。 実際に音色を聞いたことがある方は、なかなかいないのではないでしょうか? 珍しい体験や演出を用意することは、それだけでゲストを楽しませるプレゼントになりますね♡ 非現実的なひとときを♡ドリーミーな空間を創り出して 出典:NST…続きを読む

出典:NST PICTURES ニューヨークのブルックリンといえば、クリエイティブな人々が集まっているイメージですよね! 今回はそんなブルックリンで結婚式を挙げたおしゃれカップル・AliとMarkのウェディングをご紹介します♡ 会場が一気にカラフルに、華やかに!フラワーで会場を埋め尽くし♡ 出典:NST PICTURES AliとMarkが会場としてチョイスしたのは『Brooklyn Winery(ブルックリン・ワイナリー)』。 木素材を活かした、シンプルでオシャレなワイナリーのテイスティングルームです! 出典:NST PICTURES ワイナリーのドア一面を、アーチフラワーでデコレーション。 明るく華やかにふたりとゲストを迎えてくれました* テーブルの上には、小瓶に入れたワイルドフラワーがたくさん。 出典:NST PICTURES ナチュラル&リラックス系の会場が、そのイメージをキープしつつもパーティー仕様になりました♡ 着たいドレスを着ちゃいます♡ 出典:NST PICTURES 新婦Aliは、白いウェディングドレスではなく、星柄のドレスをチョイス! 周りの方の意見などを考慮しなければいけないケースもありますが、まずは自分が着たいドレスを選ぶことが大切です♡ そのセンス見習いたい♡ウエディングアイテム 出典:NST…続きを読む

出典:NST PICTURES ニューヨーカーにとって憩いの場であるセントラルパーク。 長さ4kmにも及ぶ超巨大な公園では、ランニングに励んだり、芝生の上でヨガをする人も。 マンハッタンの中心なのに自然に囲まれているので、忙しさをちょっぴり忘れて、ほっこりできそうなロケーションなんです。 ニューヨークを観光するなら、一度は足を運ぶべき人気スポット♡ 映画やドラマのロケ地としても本当に多く使われているので、名前を聞いたことがある方も多いのではないかと思います! 今回は、そんな多くの人に愛されてきたセントラルパークで、都会にいながらリラックスしたウェディングを叶えたエラームとディワスをご紹介します♡ 高層ビルと自然が混ざりあう、ここにしかない景色 出典:NST PICTURES 映画『ティファニーに朝食を』『魔法にかけられて』『セックスアンドザシティ』など多くの舞台となり、昔も今もフォトジェニックな景色を見せてくれるセントラルパーク。 大きな公園なので、その敷地の中には、様々なモニュメントや橋、池、美術館(!)などがあります。 その中で、ふたりが式のロケーションとして選んだのは「Ladies Pavilion」。 出典:Centralpark.com 池のそばにひっそりとたたずんでいて、おとぎ話の世界から飛び出してきたかのような可愛らしい場所ですね♡ 出典:NST PICTURES こちらのメリーゴーランドも、セントラルパークのランドマーク的存在♡ ちょっとレトロで懐かしい感じのするメリーゴーランドですね! 『本物の愛とはね…♡』牧師さんが語る、愛についてのレクチャー! 出典:NST PICTURES 式の中で、エラームとディワスの牧師さんは、ふたりに向けて本物の愛とは何かについて熱く語ってくれました♡…続きを読む

出典:NST PICTURES 何組もの夫婦のはじまりに立ち会っている、結婚式の司祭の方。 それぞれのカップルにそれぞれのストーリーがあって、何度立ち会っても感動してしまうもののようです* 今回は、そんな司祭さんも思わず涙がこぼれたDanielleとMatthewのウェディングをご紹介します。 NYウェディングの洗練されたコーディネートも必見です♡ 心地よい風に見守られる屋上Wedding 出典:NST PICTURES DanielleとMatthewが選んだ結婚式のロケーションは、高層ビルの屋上! ニューヨークの景色が一望できる上に、太陽の下で風に吹かれながらお天気を満喫することもできます。 出典:NST PICTURES 会場に到着した花嫁Danielleとブライズメイドたちは、一足お先にシャンパンを開けちゃいました♡ 見ているこちらもテンションが上がってしまいます♡ ユダヤウェディングに欠かせない「ケトゥーバ」って? 出典:NST PICTURES ふたりの結婚式はユダヤ教のスタイルで行われました。 宗教的な婚礼儀式として、証人と一緒に「ケトゥーバ」へのサインを行いました。 これは両家の間で交わされる婚礼証書のようなもので、結婚生活における約束事がたっぷりと(!)書かれているんです! 最近は「いつまでも愛し合うこと」「家族を大切にすること」など、誠実でいることを約束事として書く夫婦が多いんだとか◎ 「わたしたちが結婚するなんて、想像してた?」 出典:NST PICTURES…続きを読む

NY花嫁からトレンドを盗んで☆ 出典:NST PICTURES 世界の中心・ニューヨークマンハッタン。 今日は、マンハッタンの中でも近年人気の高い、トライベッカ地区でのウェディングをご紹介したいと思います♡ 出典:NST PICTURES トライベッカ地区は日本にも出店している「サラベス」ほか、「ノブ・ニューヨーク」など、ミシュランレストランも軒並み並ぶ、とってもおしゃれな街。 ニューヨークへハネムーンの際はぜひ訪れてみてください♡ 今年もルーフトップの季節がやってきました! 出典:NST PICTURES お花見やピクニックなど、そろそろ屋外で楽しめることをしたいなーと考えている方も多いのではないでしょうか? 今回の新婦ペイジと新郎アンドリューは、ニューヨークが一望できるTribeca Rooftop(トライベッカ・ルーフトップ)を会場にチョイス♡ 出典:NST PICTURES 大好きなニューヨークの街を背景に、永遠の愛を誓えるなんてニューヨークファンには最高のロケーションですね♡ 日本にもルーフトップでウェディングが実現できる場所がないか、探してみたいところですね♡ レースをたくさん取り入れてエレガントに!♡ 出典:NST PICTURES 新婦ペイジは、レース素材のドレスでエレガントでありながらもセクシーなドレスアップ♡ ボディラインにぴったりと沿うデザインで、全体的にレースがたっぷりとあしらわれています。 出典:NST…続きを読む

共感?驚き?NYウェディングレポ 出典:NST PICTURES 「結婚」に対する想いや考え方は、男性・女性ともに変化し続けています。 特に最近は、ニューヨークのような都市に住む人を中心に「結婚をしなくてもいい」と考える人が増えていると言われています。 今回は、そんな中で結婚をするという選択をしたニューヨーカーのステファニーとニコラスのウェディングをレポート。 現代のニューヨーカーたちが持つ結婚に対する考え方をご紹介したいと思います♡ 「ありのままの私を受け入れてくれてありがとう。」誓いは自分の言葉で 出典:NST PICTURES かすみ草やウッディなデコレーションで親しみのある風合いの挙式コーディネート。 外はゴージャスな夜景が広がっていますが、コントラストが効いてあたたかみのある雰囲気 そんなふたりの挙式では、お互いへ誓いの言葉を読み上げる一コマが。 ニック、私のすることを批判しないで、ありのままを受け入れてくれて、ありがとう。 朝なのにディナーみたいにいっぱい重いものを食べてても、 デザートにタコスを食べても何も言わないでくれて、本当に助かってる。 出典:NST PICTURES スタイル抜群で美人さんのステファニーですが、実は食べることが大好きなようです♡ 食べ物のことは一例に過ぎませんが、『ありのままの自分を受け入れてくれる人』と結婚するって、最高の幸せですね♡ 一生の愛を見つけた奇跡。 出典:NST PICTURES 新郎ニコラスのお友達は、ふたりに対してステキなスピーチを披露♡ 今の時代、他にまだいい人がいるんじゃないか、って思って結婚に踏み切れない人がたくさんいる。…続きを読む

ニューヨーク・ラグジュアリー婚♡ 出典:NST PICTURES 読書が大好きだったり、新郎新婦どちらかが教職に就いている!という方も多いのではないでしょうか。 今回は、インテリジェンスなカップル、新婦ケイトリンと新郎ジョンのウェディングをご紹介いたします♡ 会場は、ニューヨークにある会員制クラブ「University Club of New York」。 早速その1日にクローズアップしていきましょう☆ University Club of New Yorkとは? 出典:NST PICTURES 200年近い歴史のあるUniversity Club of New York。 特定の大学に属する会員制クラブではなく、ニューヨークに位置する大学の卒業生たちが、卒業後も交流できる場を作りたい、との思いから設立されたクラブだそう。 出典:NST…続きを読む