Banner Flower Left

[ Webサイト移転のお知らせ ] BG Bridal Galleryがリニューアルしました!新しいサイトはこちらです♡

Banner Flower Right

クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪

生花、ドライフラワー、グリーンや麦など、お好きな素材で思いのままに♪

クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪ でご紹介
出典:NOUBA/Photography:CJ Williams

リース、というとクリスマスリースを思い浮かべる方が多いとは思いますが、何もリースはクリスマスだけのデコレーションではありません。ウェディングのデコレーションにもぴったり♪

壁にかけるのはもちろん、吊るしたりテーブルに置いてテーブルデコレーションにしたり、使い方もいろいろ。

素材だって、生花やグリーンはもちろん、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、ベリー類や麦、そしてリボンなどの装飾も思いのまま。

そんな自由度の高いデコレーションアイテム、リースを手作りしてみませんか?

リースを作る前に、何を準備すればいい?

クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪ でご紹介
出典:NOUBA/Photography:CJ Williams

一番大切なのはあなたのアイデアやイメージかもしれませんが、まずは最低限必要となるものを簡単にご紹介しましょう。

用意するもの:
◇市販のリース台
◆お好きな植物(グリーン、お花、麦、木の実、ベリー類など)
◇その他リボンやチャームなど、お好きなアイテム
◆針金や糸、ボンド、グルーガンなど接着に使用するもの
◇はさみ、ニッパー、ペンチなど切断に使うもの

リース台にはいろいろな種類がありますが、人気なのはツルを輪の形にまとめたものかもしれません。

お花屋さんやホームセンター等でお好きな素材やサイズのものを選んでください。

また、リース台は手作りすることも可能です。針金や段ボール、発泡スチロールなどを輪に成形することができればリース台として使うことができます。

たくさんのお花やグリーン類を飾れば台は見えなくなりますが、隙間が空いてしまう不安がある場合には、土台の色をあらかじめグリーンやブラウンなど飾る植物などにあわせて目立たない色に染色しておくとよいでしょう。

お花やグリーンなどの植物類は、生のものよりドライのものの方が長くもつのでオススメですが、もちろんフレッシュなものを使っても◎

では、基本のリースの作り方をご紹介しましょう♪

クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪ でご紹介

イメージは固まりましたか?

では、具体的な作り方をご紹介しましょう。

1. ベースとなる素材(グリーンなど)を決めたら、リース台に巻き付けていきます。

たくさん巻けば巻くほど、全体的にしっかりとまとまった印象になりますし、リッチなイメージになります。

2. アクセントにする素材(お花や木の実、ベリー類や麦など)をバランスよく配置したら、決めた位置に接着していきます。

クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪ でご紹介
出典:NOUBA/Photography:CJ Williams

3. リボンやチャームなどの飾りを最後に取り付ければ出来上がり♪

実際に接着してしまう前にリースの上に配置してみて、位置を決めてから着けるといいですね。

飾り方のアイデアは無限!? どんな使い方もできちゃうリースのデコレーション☆

クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪ でご紹介
クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪ でご紹介

リースの飾り方に決まりなんてありません。

壁やドアにかけるのが一番ポピュラーな飾り方ですが、上の写真のように上から吊るすのも素敵♪

クリスマスだけじゃない! ウェディングにもリースのデコレーション☆ ゴールド×ブラックで作るシックな雰囲気の手作りリース♪ でご紹介
出典:NOUBA/Photography:CJ Williams

センターピースとしてテーブルの中央に置いたり、たくさん並べるのもいいかもしれませんね♪

小さめなリースを手作りして、ゲストへ贈るプチギフトのラッピングの上に飾ってもいいですし、リースそのものをプチギフトにしても◎。

色鮮やかな生花を使うのも素敵ですが、ここでご紹介したようなドライな素材を使えばいつまでも新居に飾っておくこともできます。

こんなシックなリース、あなたも手作りしてみませんか?

facebook twitter googlepinterestmail

ページトップへ